Tetsuya Yano

J-GLOBAL         Last updated: Jan 17, 2020 at 16:03
 
Avatar
Name
Tetsuya Yano

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Saitama Prefectural University
 
Jun 2011
 - 
Mar 2018
Keio university school of medicine
 
Apr 1997
 - 
May 2011
Toranomon Hospital
 

Education

 
Apr 2014
 - 
Mar 2017
Tokyo Medical and Dental university
 
Apr 2010
 - 
Mar 2012
Tokyo Medical and Dental university
 

Published Papers

 
He J, Yamane M, Shibata S, Fukui M, Shimizu E, Yano T, Mukai S, Kawakami Y, Li S, Tsubota K, Ogawa Y
Cornea   37(4) 486-494   Apr 2018   [Refereed]
Yano T, Soejima Y, Nakajima Y, Akashi T, Sawabe M
Journal of medical and dental sciences   64(1) 1-8   2017   [Refereed]
Yano T, Soejima Y, Sawabe M
Microscopy (Oxford, England)   65(3) 269-273   Jun 2016   [Refereed]
矢野 哲也, 井下 尚子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   50(3) 169-175   May 2011
目的:下垂体腫瘍に対し捺印細胞診を行い、腺腫細胞の特徴を明らかにし、術中迅速診断に有用であるか検討を行った。方法:下垂体腺腫摘出94例から術中迅速組織診検体を用いて捺印標本を作製し、その組織像と比較検討した。成績:下垂体腺腫86例(91.5%)で下垂体腺腫の確認が可能であった。また、組織亜型分類では、fibrous bodyや分泌顆粒などの特徴的な細胞内構造物に加え、細胞形状、細胞結合性、核の位置などの細胞所見を総合的に捉えることによって、3群(GH-PRL-TSH群、ACTH群、FSH-...
佐藤 孝之, 藤井 丈士, 矢野 哲也, 吉田 文子, 中山 大子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   48(4) 187-191   Jul 2009
背景:悪性黒色腫は欧米に比べて日本では罹患率が低く、日常の細胞診断業務のなかで体腔液中に出現した細胞像を経験することは少ない。体腔液中に腫瘍細胞が出現した悪性黒色腫症例をさかのぼって検索してその臨床的背景と細胞学的特徴を検討した。症例:1989〜2008年の約20年間に虎の門病院病理部において悪性黒色腫の組織診断が付されたのは406件/256名であり、経過中に体腔液細胞診が施行された13名のうち、悪性黒色腫細胞の体腔液中への出現は6名(2.3%)にみられた。6例の内訳は胸水5例/腹水1例で...

Misc

 
【標本のクオリティーを上げる 固定の原理と技術】 電子顕微鏡試料の固定原理と技術
矢野 哲也, 永井 俊弘
Medical Technology   40(6) 611-617   Jun 2012
電子顕微鏡試料作製に際しての化学固定では、一般的に光学顕微鏡用固定剤よりも固定力の強いものが多く用いられるが、それらは浸透性に劣るため検体を細切することが必須である。また、二重固定を行うことによってそれぞれの固定剤の効果を補完している。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
尿・胸水中に腫瘍細胞が出現した外陰部Paget病の3例
佐藤 孝之, 藤井 丈士, 後藤 大輔, 中村 信之, 矢野 哲也, 吉田 文子, 中山 大子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   Sep 2010   
胸膜脱落膜様中皮腫の1例
遠藤 奈美江, 藤井 丈士, 藤元 祐子, 荒川 揚子, 矢野 哲也, 重政 善子, 吉田 文子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   Mar 2010   
微小乳頭パターンを伴う浸潤性乳管癌の細胞学的検討
藤元 祐子, 藤井 丈士, 後藤 大輔, 佐藤 孝之, 矢野 哲也, 吉田 文子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   Mar 2010   
子宮体部粘液性腺癌の4例
後藤 大輔, 藤井 丈士, 荒川 揚子, 矢野 哲也, 遠藤 奈美江, 重政 善子, 吉田 文子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   Sep 2009   
肝穿刺吸引細胞診で原発推定困難であった肺多形癌(紡錘細胞癌)の1例
佐藤 孝之, 藤井 丈士, 大田 泰徳, 松坂 恵介, 矢野 哲也, 吉田 文子, 大橋 健一
日本臨床細胞学会雑誌   Mar 2009