Kiwako YAMAMOTO-HANADA

J-GLOBAL         Last updated: Oct 14, 2019 at 22:04
 
Avatar
Name
Kiwako YAMAMOTO-HANADA
Affiliation
National Center for Child Health and Development

Published Papers

 
Kiwako Yamamoto-Hanada, Limin Yang, Mayako Saito-Abe, Miori Sato, Yusuke Inuzuka, Kenji Toyokuni, Koji Nishimura, Makoto Irahara, Fumi Ishikawa, Yumiko Miyaji, Tatsuki Fukuie, Masami Narita, Hirohisa Saito, Yukihiro Ohya
Allergology International      Oct 2019   [Refereed]
Journal of Dermatology      Oct 2019   [Refereed]
Ryota Koseki, Wataru Morii, Emiko Noguchi, Moena Ishikawa, Limin Yang, Kiwako Yamamoto-Hanada, Masami Narita, Hirohisa Saito, Yukihiro Ohya
Journal of Human Genetics   64(9) 911   Sep 2019   [Refereed]
Nihon Shoni Arerugi Gakkaishi. The Japanese Journal of Pediatric Allergy and Clinical Immunology      Aug 2019   [Refereed]
Hiroshi Kitazawa, Kiwako Yamamoto-Hanada, Mayako Saito-Abe, Tadayuki Ayabe, Hidetoshi Mezawa, Kazue Ishitsuka, Mizuho Konishi, Shoji F. Nakayama, Takehiro Michikawa, Ayako Senju, Mayumi Tsuji, Koichi Kusuhara, Masafumi Sanefuji, Shouichi Ohga, Masako Oda, Hiroshi Mitsubuchi, Takahiko Katoh, Akihiko Ikegami, Natan Mise, Kenji Matsumoto, Hirohisa Saito, Yukihiro Ohya
Allergology International      Jul 2019   [Refereed]

Misc

 
気管支喘息 吸入指導 加圧噴霧式定量吸入器+スペーサーによる吸入手技を習得できた1歳6ヵ月男児例
豊國 賢治, 宮地 裕美子, 犬塚 祐介, 西村 幸士, 苛原 誠, 石川 史, 佐藤 未織, 齋藤 麻耶子, 山本 貴和子, 福家 辰樹, 野村 伊知郎, 大矢 幸弘
日本小児臨床アレルギー学会誌   17(2) 248-248   Jul 2019
子どもの特性を生かしたプロのサポート 児の特性を活かしてスキンケア手技の獲得に成功したADHD合併アトピー性皮膚炎の男児例
島田 真実, 豊國 賢治, 宮地 裕美子, 山本 貴和子, 犬塚 祐介, 西村 幸士, 苛原 誠, 石川 史, 佐藤 未織, 齋藤 麻耶子, 福家 辰樹, 野村 伊知郎, 大矢 幸弘
日本小児臨床アレルギー学会誌   17(2) 258-258   Jul 2019
救急外来での喘息教育の実行可能性および有用性の検証
大西 志麻, 山本 貴和子, 植松 悟子
日本小児救急医学会雑誌   18(2) 285-285   Jun 2019
【変わりつつあるアトピー性皮膚炎の常識-最新の知識と治療の極意】(第I章)最新の知識 病態の新しい考え方 食物アレルギーとの関係 小児科から
山本 貴和子, 大矢 幸弘
皮膚科の臨床   61(6) 765-770   May 2019
<文献概要>最新の知識 ◆乳児期早期のアトピー性皮膚炎はその後の食物アレルギーの発症リスクが非常に高い。◆乳児湿疹を放置しない。◆アトピー性皮膚炎診断基準としてThe U. K. Working Party's Diagnostic Criteriaが世界的によく使われる。
【変わりつつあるアトピー性皮膚炎の常識-最新の知識と治療の極意】(第II章)治療の極意 患者とのコミュニケーション アトピー性皮膚炎患者のステロイドフォビアへの説明
齋藤 麻耶子, 山本 貴和子, 大矢 幸弘
皮膚科の臨床   61(6) 974-978   May 2019
<文献概要>治療の極意 ◆患者がフォビアとなった経緯について把握するとともに,フォビアの患者が抱いている危惧や不安を理解し,科学的根拠に基づいてその危惧や不安に対応する。◆ステロイド外用薬に関して「処方しっぱなし」を避け,患者との信頼関係を構築しながら,寛解導入・維持ができているかを医師が経過を確認しながら治療を進める。