三田村 宗樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/26 16:14
 
アバター
研究者氏名
三田村 宗樹
 
ミタムラ ムネキ
所属
大阪市立大学
部署
大学院理学研究科 生物地球系専攻
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪市立大学)
科研費研究者番号
00183632

研究分野

 
 
  • 地球惑星科学 / 地質学 / 都市地質学
  • 地球惑星科学 / 地質学 / 第四紀地質学

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪市立大学 都市防災教育研究センター 兼任研究員
 
2007年4月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院理学研究科 教授
 
1998年4月
 - 
2007年3月
大阪市立大学 大学院理学研究科 助教授
 
1997年10月
 - 
1998年3月
大阪市立大学 理学部 助教授
 
1993年10月
 - 
1997年9月
大阪市立大学 理学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1983年
大阪市立大学 理学研究科 地質学
 
 
 - 
1981年
大阪市立大学 理学部 地学科
 

受賞

 
1995年
日本地質学会賞
 

論文

 
生田 英輔, 三田村 宗樹, 重松 孝昌, 佐伯 大輔, 河本 ゆう子
都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   5 41-44   2018年11月
三田村 宗樹, 森田 剛光, Dinesh Shrestha
都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   5 13-18   2018年11月
Enhancing Prediction Performance of Landslide Susceptibility Model Using Hybrid Machine Learning Approach of Bagging Ensemble and Logistic Model Tree
Applied Sciences   8(1046) 1-22   2018年6月   [査読有り]
三田村 宗樹, 梅田 隆之介
都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   4 25-32   2017年11月
Nirei Hisashi, Kazaoka Osamu, Uzawa Masaaki, Hiyama Tomoyo, Satkunas Jonas, Mitamura Muneki
EPISODES   40(3) 263   2017年9月   [査読有り]

Misc

 
三田村 宗樹
地質ニュース   (654) 36-39   2009年2月
原口 強, 三田村 宗樹, 升本 眞二
応用地質   50(6) 374-375   2010年2月
小松原 琢, 関西地質調査業協会データベース作成委員会, 三田村 宗樹
地質ニュース   (675) 14-18   2010年11月
三田村 宗樹
大阪市立大学史紀要   4 138-146   2011年10月
三田村 宗樹
応用地質   53(5)    2012年12月
三田村 宗樹, 宇都 忠和, 栃本 泰浩
中央復建C.技報   (45) 18-21   2015年1月
淡路島内田頁岩の化学的性質(共著)
災害科学研究所報告      1990年
御輿 久美子, 三田村 宗樹, 毛利 一平, 小川 淳, 後藤 薫
Biomedical research on trace elements   7(3) 249-250   1996年12月
和泉層群頁岩の鉱物組成と物理的性質(共著)
災害科学研究所報告      1990年
関西地盤の地形・地質と層序の概要(共著)
関西地盤   25-32    1992年
関西地盤の地層構成と地質構造(共著)
関西地盤   33-82    1992年
関西地方の深部地下構造(共著)
関西地盤   179-212    1992年
大阪府高槻市域の地下水水質分布と地下構造
日本地質学会第4回環境地質学シンポジウム   87-92   1994年
大阪狭山市狭山池北堤体の崩壊跡断面について
第5回環境地質学シンポジウム講演論文集   45-50   1995年
大阪堆積盆地の上部更新統と六甲変動
京都大学防災研究所都市耐震センター研究報告   (18) 1-9   1996年
ため池における地震関連現象に関わる一考察
第四紀   (30) 73-80   1998年
大阪周辺のボーリングコアの砒素濃度(共著)
85-88   1998年
大阪平野地下の地質構造図の作成
コア精密対比による京阪神の地下地質・地下構造の高精度解読シンポジウム論文集   101-115
鳥羽市相差の湿地堆積物に見出されるイベント堆積物と環境変遷
月刊地球   24(10) 692-697
三重県鳥羽市相差の湿地堆積物に見出されるイベント堆積物-有孔虫を用いた津波堆積物の認定-
月刊地球   24(10) 698-703

書籍等出版物

 
地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画 ~課題と展望
三田村 宗樹 (担当:共著, 範囲:災害リスク認識へむけた地形・地盤特性の把握)
大阪公立大学共同出版会   2019年3月   
新関西地盤 -奈良盆地-
三田村 宗樹 (担当:共著, 範囲:第Ⅰ編 地域の地盤 2.4 丘陵地域の地層構成)
KG-NET 関西圏地盤研究会   2018年9月   
コミュニティ防災の基本と実践
三田村 宗樹 (担当:共著, 範囲:第2部1章1, 2, 3, 6節)
大阪公立大学共同出版会   2018年3月   ISBN:978-4-907209-84-1
秀吉と大坂 城と城下町
三田村 宗樹 (担当:共著, 範囲:第2部ボーリングデータからみる大坂城本丸地区における地盤の推移)
和泉書院   2015年9月   ISBN:978-4-7576-0763-7
いのちを守る都市づくり[アクション編]
三田村 宗樹 (担当:共著, 範囲:第3章 災害を想定する)
大阪公立大学共同出版会   2013年3月   ISBN:978-4-901409-98-8

講演・口頭発表等

 
ネパールにおける防災教育と避難施設運営の支援
三田村宗樹・森田剛光・Shrestha D.
地区防災計画学会2018年度第5回大会   2019年3月2日   
本丸地区とその周辺の地盤状況
三田村 宗樹
シンポジウム「豊臣大坂城研究の最前線」   2018年12月15日   
盆地の成り立ち 丘陵地 [招待有り]
三田村 宗樹
奈良盆地の地盤情報を学ぶ 講習会   2018年9月28日   
大阪府河内平野西部のボーリングコア(桜宮東コア)の有孔虫分析による完新世の水域環境変遷
大城遥一・梅田隆之介・辻本 彰・三田村宗樹
日本第四紀学会2018年大会   2018年8月24日   
台湾西南部 菜寮渓流域の更新統層序の再検討
岩嵜広大・張 鈞翔・河村 愛・三田村宗樹
日本第四紀学会2018年大会   2018年8月24日   
大阪市阿倍野区における地区防災教室の実施と防災意識の変化―地区防災教室ネットワークによる防災行動マネジメントに向けて―
生田英輔・三田村 宗樹・佐伯大輔
地区防災計画学会第4回大会   2018年3月   
大阪府河内平野西部のボーリングコア(桜宮東コア)の貝形虫と堆積物分析による完新世の水域環境の変遷
梅田隆之介,三田村宗樹,入月俊明,瀬戸浩二
汽水域研究発表会   2018年1月   
大阪平野における帯水層蓄熱(ATES)に関わる帯水層評価
三田村 宗樹
日本地質学会第124年学術大会   2017年9月   
大阪層群最下部相当の帯水層での自然水位観測とその評価
三田村宗樹, 大桑悠汰, 宮堺恒夫, 平田武志
日本応用地質学会関西支部平成29年度研究発表会   2017年5月   
アクティブラーニング型災害対応訓練での活用を目的とした防災教育向け拡張現実(AR)アプリの開発
吉田大介・三田村宗樹・森一彦・生田英輔
地区防災計画学会   2017年3月   
公立大学防災センター連携によるコミュニティ防災教室ネットワークの構築
森一彦・三田村宗樹・重松孝昌・渡辺一志・佐伯大輔・生田英輔・吉田大介・志垣智子
地区防災計画学会   2017年3月   
Social implementation of community disaster management system for improvement of daily life behaviours
the 4th International Conference on Urban Disaster Reduction (4ICUDR)   2016年12月   
Assessment on Potential Area for Aquifer Thermal Energy Storage (ATES) in Osaka Plain
三田村 宗樹
Proc. Int. Symp. GIS - IDEAS 2016, Hanoi, Vietnam   2016年11月   
隠岐島後重栖湾のコア堆積物と貝形虫分析に基づく古環境復元
梅田隆之介・入月俊明・・横地由美・河野重範・藤原勇樹・野村律夫・瀬戸浩二
日本第四紀学会   2016年9月   
大阪市立大学でのコミュニティ防災教室の取り組みと空間情報ツールの活用 [招待有り]
三田村 宗樹
日本情報地質学会   2016年6月   
ボーリングデータからみる大坂城本丸地区における地盤状況と断層
三田村 宗樹
日本応用地質学会関西支部平成28年度soukai・研究発表会   2016年5月   
和歌山平野における第四紀後期の花粉化石群集と古植生
山田英明・此松昌彦・三田村宗樹
日本地質学会2015年長野大会   2015年9月   
ボーリングデータベースをからみた近江盆地の地盤特性
北田奈緒子・伊藤浩子・大島昭彦・三田村宗樹
第50回地盤工学研究発表会   2015年9月   
ベトナムのボーリングデータにもとづく3次元地質モデリング
米澤 剛・野々垣 進・櫻井健一・三田村宗樹・升本眞二・ベンカテッシュ ラガワン・スアン ルアン ツォン・根本達也
第26回日本情報地質学会   2015年6月   
大阪府泉北丘陵南部における航空写真を用いた地形変化量の算出
根本達也・吉田隆二・升本眞二・三田村宗樹・比嘉友彰
第26回日本情報地質学会講演会   2015年6月   
新谷 毅, 益田 晴恵, 三田村 宗樹, 根本 達也, 岡崎 香生里
日本地球化学会年会要旨集   2015年   
大阪平野は厚さ1500mに達する堆積物からなる構造盆地である。大阪層群と呼ばれるこの堆積物には豊富な地下水が賦存している。私たちは大阪府域の地下水の水質の3次元可視化を目的として研究を進めてきた。その結果、大阪平野中央部の大阪層群最下層から基盤岩にかけて高塩濃度地下水が多く分布することが明らかになりつつある。本報告ではその高塩濃度地下水の起源について検討した。<BR>大阪府南部や北部の山間には、二酸化炭素を含む塩水が湧出することが以前から知られており、有馬温泉の高濃度塩水との共通性が指摘さ...
平成23年台風12号による奈良地域の大規模斜面崩壊に関する付加体地質素因について
三田村宗樹・栃本泰浩・宇都秀幸・東田 淳・村橋吉晴・岡島信也・山下大輔・加藤智久
Kansai Geo-Symposium 2014   2014年11月   
大規模斜面崩壊の地質的背景 平成23年台風12号による奈良県十津川村濁谷・野尻地区の斜面災害
三田村宗樹・宇都忠和・栃本泰浩・東田 淳・宇都秀幸・村橋吉晴・岡島信也・山下大輔・加藤智久・松村法行
第49回地盤工学研究発表会   2014年7月   
災害リスク学習のためのWeb-GISの開発
根本達也・吉田大介・三田村宗樹・重松孝昌・森 翔大・ラガワン ベンカテッシュ・升本眞二
日本情報地質学会研究発表会   2014年6月   
中条 武司, 三田村 宗樹, 奥平 敬元, 菅森 義晃
日本地質学会学術大会講演要旨   2014年   
米澤 剛, トラン ティ アン, 櫻井 健一, 三田村 宗樹, 升本 眞二, 根本 達也, 野々垣 進, ラガワン ベンカテッシュ
情報地質 = Geological data processing   2013年6月18日   
森川 徳敏, 戸崎 裕貴, 高橋 浩, 安原 正也, 風早 康平, 仲間 純子, 三田村 宗樹, 益田 晴恵
日本地球化学会年会要旨集   2012年   
ヘリウムによる地下水年代測定を行う上での課題は,帯水層へのヘリウムの蓄積速度が帯水層ごとに異なることにある.地下水中へのヘリウムの蓄積は,帯水層岩石中のU・Th系列核種のα壊変により生成される?SUP?4?/SUP?Heに加えて,深部からのヘリウムフラックス量の見積もりが必要とされる.大阪平野浅層から深層にいたる地下水を対象にヘリウム濃度・同位体の分布を把握した結果,堆積盆地最下部の温泉帯水層には深部から上昇したヘリウムが蓄積されていると思われるのに対し,上部の帯水層に賦存する大多数の地下...
竹村 恵二, 三田村 宗樹, 末廣 匡基
日本地質学会学術大会講演要旨   2012年   
廣瀬 孝太郎, 吉田 広人, 服部 まやこ, 入月 俊明, 三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   2012年   
三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   2012年   
北田 奈緒子, 井上 直人, 竹村 恵二, 三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   2012年   
升本 眞二, 生賀 大之, 櫻井 健一, 野々垣 進, 岩村 里美, 根本 達也, 三田村 宗樹, ラガワン ベンカテッシュ, 塩野 清治
情報地質 = Geological data processing   2011年6月15日   
前田 俊介, 益田 晴恵, 三田村 宗樹, 岡林 克樹, Ashraf Ali Seddique
日本地球化学会年会要旨集   2011年   
ヒ素汚染地下水が拡大を続けているアジア諸国の中でも,ガンジスデルタ流域は深刻な健康被害が多発し続けている.この地域の地下水ヒ素汚染の発生メカニズムは,微生物活動による地下水の還元に伴う鉄酸化鉱物の分解とそれに吸着したヒ素の溶出だと信じられている.しかし,バングラデシュ,ダッカ東部にあるショナルガオで,私たちは活発な地下水涵養域における好気的地下水環境で高濃度のヒ素汚染地下水が形成されることに気付いた.この涵養域でのヒ素汚染地下水は,ヒ素汚染発生の最初期の観察ができるので貴重である.本研究で...
益田 晴恵, 前田 俊介, 岡林 克樹, 三田村 宗樹, 中屋 眞司, 森川 徳敏
日本地球化学会年会要旨集   2011年   
バングラデシュ・ショナルガオのヒ素汚染地下水出現地域の活発な地下水涵養域の地下水の年代測定をヘリウム同位体とCFC類を用いて行った。その結果,もっとも高濃度(1.2mg/L)のヒ素を含む地下水の年代がもっとも若く1980年代前半であった。1970年代より以前に涵養された地下水のヒ素濃度は低い傾向がある。また,高濃度のヒ素汚染地域の地下には,不透水層である粘土層が欠如しており,ヒ素汚染された完新世の帯水層と下位の更新世の帯水層が直接接している。これらの結果から,この地域のヒ素汚染地下水は,更...
梁 熙俊, 三田村 宗樹, 小林 正雄
研究発表会講演論文集   2010年   
生賀 大之, 升本 眞二, 櫻井 健一, 野々垣 進, ニンサワット サラウット, 岩村 里美, 三田村 宗樹, 塩野 清治
情報地質 = Geological data processing   2009年6月18日   
生賀 大之, 升本 眞二, 櫻井 健一, 三田村 宗樹, 塩野 清治, 野々垣 進, サラウット ニンサワット, 岩村 里美
日本地質学会学術大会講演要旨   2009年   
吉川 周作, 辻本 彰, 村上 晶子, 三田村 宗樹, 長岡 信治, 山崎 秀夫
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年9月15日   
北田 奈緒子, 伊藤 浩子, 井上 直人, 竹村 恵二, 三田村 宗樹, 大島 昭彦
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年9月15日   
板井 啓明, 高橋 嘉夫, 益田 晴恵, 三田村 宗樹, 丸岡 照幸, Ashraf AliI Seddique, Kazi Matin Ahmed
日本地球化学会年会要旨集   2008年   
ヒ素による地下水汚染は、近年世界の各地で発見されている。他の微量有害元素と比較して、ヒ素がとりわけ問題視されるのは、天然由来のヒ素による汚染と考えられる事例が多いためである。ヒ素は、汚染地域においても堆積物中の濃度は地殻の平均レベルであり、かつ安定同位体を持たないことなどから、堆積物中の濃度・同位体分布から水―岩石反応の履歴を追うのが難しい元素である。そこで我々は、堆積物中のヒ素の化学形態に着目し、X線吸収微細構造(XAFS)や選択的抽出法を用いた堆積物中のヒ素の化学状態の把握、および室内...
益田 晴恵, 牧野 和哉, 岡林 岳志, 三田村 宗樹, 中屋 眞司
日本地球化学会年会要旨集   2008年   
大阪市内の30mより浅い深度の地下水について酸素と水素の同位体比と一般水質分析を行い,地下水涵養源を追跡した。その結果,上町台地では雨水を涵養源とする良好な地下水が得られること,上町台地より西側の沖積低地では,河川や海水を涵養源として,浅層地下水の水質が形成されていること,河川に沿って海岸線から3km程度内陸まで地下水の塩水化が進んでいることが明らかになった。
吉川 周作, 辻本 彰, 村上 晶子, 三田村 宗樹, 長岡 信治, 山崎 秀夫
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年   
三田村 宗樹, 吉川 周作
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年   
北田 奈緒子, 伊藤 浩子, 井上 直人, 竹村 恵二, 三田村 宗樹, 大島 昭彦
日本地質学会学術大会講演要旨   2008年   
塚田 豊, 三田村 宗樹, 吉川 周作, 大島 昭彦, 北田 奈緒子, 三瓶 良和
日本地質学会学術大会講演要旨   2007年9月1日   
板井 啓明, 高橋 嘉夫, 益田 晴恵, 三田村 宗樹, Seddique Ashraf
日本地球化学会年会要旨集   2007年   
バングラデシュで見られるような、堆積物中からヒ素が自然溶出するような事例において、これまでに溶出の誘引となる反応
セディキ アシュラフ・アリ, 益田 晴恵, 三田村 宗樹, 篠田 圭司, 山中 寿朗, 板井 啓明, 丸岡 照幸, アーメド カジ・マティン
日本地球化学会年会要旨集   2007年   
調査対象地域であるショナルガオはバングラデシュ中央部の完新世と更新世の地層境界にあり,完新世堆積物中の不圧地下水に高濃度のヒ素汚染が見られる。本研究では,擾乱させないで採取した堆積物コアの鉱物と化学組成を分析し,ヒ素の原因物質を明らかにし,また,このヒ素が地下水中へ移動するメカニズムを検討した。
佐野 正人, 遠藤 彰博, 束原 純, 塚田 豊, 三田村 宗樹, 藤田 法彦
研究発表会講演論文集   2007年   
北田 奈緒子, 伊藤 浩子, 竹村 恵二, 三田村 宗樹, 大島 昭彦
研究発表会講演論文集   2007年   
塚田 豊, 三田村 宗樹, 吉川 周作, 大島 昭彦, 北田 奈緒子, 三瓶 良和
日本地質学会学術大会講演要旨   2007年   
北田 奈緒子, 竹村 恵二, 三田村 宗樹, 大島 昭彦
日本地質学会学術大会講演要旨   2007年   
塚田 豊, 三田村 宗樹, 吉川 周作, 大島 昭彦, 北田 奈緒子, 三瓶 良和
研究発表会講演論文集   2007年   
板井 啓明, 益田 晴恵, 高橋 嘉夫, 三田村 宗樹, 丸岡 照幸, 日下部 実, Seddique Ashraf, Kazi Matin Ahmed
日本地球化学会年会要旨集   2006年   
近年世界各地において、ヒ素による地下水汚染が数多く報告されている。これらは人為汚染ではなく、地球化学的物質循環プロセスにおいて自然に発生すると考えられており、表層環境におけるヒ素の挙動は大きな注目を浴びている。ヒ素は地下水環境中においてヒ酸(+5)、亜ヒ酸(+3)という複数の酸化状態を取るため、化学挙動を正確に把握するためには各々の化学種について溶解―沈殿反応、吸脱着反応を正しく理解する必要がある。近年精力的に進められている室内実験により、ヒ素の物理化学的性質についての理解が進む一方、天然...
塚田 豊, 三田村 宗樹, 大島 昭彦
日本応用地質学会関西支部研究発表会論文集   2006年   
吉川 周作, 三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   2006年   
梶山 敦司, 原口 強, 三田村 宗樹
情報地質   2005年6月25日   
板井 啓明, 益田 晴恵, 三田村 宗樹, 日下部 実, 千葉 仁
日本地球化学会年会要旨集   2004年   
近年世界の様々な地域から報告されている天然由来のヒ素による地下水汚染について、世界で最も規模の大きなヒ素汚染地域であるバングラデシュを対象に調査を行った。調査地域は首都ダッカの南東25kmに位置し、非常に顕著な汚染地域であるSonargaon地域である。雨季、乾季の二回にわたって地下水のサンプリングを行い、その化学・同位体組成を調べた。これらの結果から考察されるヒ素汚染地下水の形成機構について説明する。また汚染の季節的変化についても言及する。
野々垣 進, 三田村 宗樹, 塩野 清治, 升本 眞二
情報地質   2003年6月15日   
岡橋 久世, 秋元 和實, 三田村 宗樹, 吉川 周作, 七山 太
日本地質学会学術大会講演要旨   2002年   
廣瀬 孝太郎, 佐藤 裕司, 三田村 宗樹, 安原 盛明, 吉川 周作
日本地質学会学術大会講演要旨   2002年   
廣瀬 孝太郎, 後藤 敏一, 吉川 周作, 三田村 宗樹, 岡橋 久世
日本地質学会学術大会講演要旨   2001年   
岡橋 久世, 秋元 和貴, 三田村 宗樹, 廣瀬 孝太郎, 吉川 周作, 内山 美恵子, 原口 強
日本地質学会学術大会講演要旨   2001年   
安原 盛明, 入月 俊明, 吉川 周作, 三田村 宗樹, 七山 太
日本地質学会学術大会講演要旨   2001年   
小林 岳, 三田村 宗樹, 吉川 周作, 加藤 茂弘, 兵頭 政幸
日本地質学会学術大会講演要旨   2001年   
岡林 久世, 吉川 周作, 三田村 宗樹, 兵頭 政幸, 内山 高, 内山 美恵子
日本地質学会学術大会講演要旨   2000年   
北田 奈緒子, 斎藤 礼子, 井上 直人, 三田村 宗樹, 中川 康一
日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan   1998年10月9日   
北田 奈緒子, 斎藤 礼子, 溝上 寿子, 竹村 恵二, 三田村 宗樹
日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan   1998年10月9日   
三田村 宗樹, 吉川 周作
日本地質学会学術大会講演要旨   1998年   
平岡 義博, 三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   1996年   
升本 眞二, 三田村 宗樹
日本情報地質学会講演会講演予稿集 = Annual meeting abstracts   1995年   
吉川 周作, 三田村 宗樹, 里口 保文, 内山 高, Sunardi Edi, 槻木 玲美, 橋本 定樹, 山本 岩雄, 田中 里志, 山崎 博史, 佐藤 隆春, 市川 秀之
日本地質学会学術大会講演要旨   1995年   
三田村 宗樹, 吉川 周作, 里口 保文, 内山 高, Sunardi Edi, 橋本 定樹, 山本 岩雄, 田中 里志, 山崎 博史, 佐藤 隆春, 市川 秀之
日本地質学会学術大会講演要旨   1995年   
橋本 定樹, 吉川 周作, 三田村 宗樹, 川邊 孝幸
日本地質学会学術大会講演要旨   1994年   
三田村 宗樹, 松山 紀香, 三木 紀子, 岩崎 好規
日本地質学会学術大会講演要旨   1992年   
三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   1990年   
林田 精郎, 三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   1987年   
三田村 宗樹
日本地質学会学術大会講演要旨   1984年   
Physical Property and Formation Process of Holocene Clay in Osaka Plain, Southwest Japan
The XIX INQUA (International Union for Quaternary Research) Congress   

担当経験のある科目

 

Works

 
生駒市域水理地質図・説明書
1989年
12万5千分の1「大阪とその周辺地域の第四紀地質図」
1991年
関西地盤研究
1989年
地下水地盤環境に関する研究
2000年

競争的資金等の研究課題

 
大阪平野の地盤構造の研究
都市周辺の環境地質学的研究

社会貢献活動

 
防災士養成講座
【講師】  大阪市立大学  2018年9月29日
ネパール・カトマンズでの防災まち歩き
【助言・指導】  NPO法人 NEPA  2018年3月19日 - 2018年3月23日
植物園公開講座「大阪平野の地層からみる森の変遷と人の暮らし」
【講師】  大阪市立大学  2018年3月3日
宮城県立多賀城高校住吉大社周辺地域まち歩き
【講師】  宮城県立多賀城高校  2017年11月29日
阿倍野区防災まち歩き
【助言・指導】  大阪市阿倍野区役所  2017年5月14日