Yoshitomo Morinaga

J-GLOBAL         Last updated: Aug 30, 2019 at 10:47
 
Avatar
Name
Yoshitomo Morinaga

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
2006
 - 
2010
Department of Laboratory Medicine, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
 
Apr 1995
 - 
Mar 2001
Medical School, Nagasaki University
 

Published Papers

 
Miyazaki T, Fukushima K, Hashiguchi K, Inoue Y, Mihara T, Sawai T, Suyama N, Kobayashi T, Kondo A, Fukuda Y, Harada Y, Sasaki E, Kaku N, Ide S, Takazono T, Saijo T, Kosai K, Morinaga Y, Nakamura S, Yamamoto K, Imamura Y, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(9) 702-707   Sep 2019   [Refereed]
Yanagihara K, Matsumoto T, Aoki N, Sato J, Wakamura T, Kiyota H, Tateda K, Hanaki H, Ohsaki Y, Fujiuchi S, Takahashi M, Akiba Y, Masunaga S, Takeuchi K, Takeda H, Miki M, Kumagai T, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Ishigaki S, Kobayasi N, Takasaki J, Mezaki K, Iwata S, Katouno Y, Inose R, Niki Y, Kawana A, Fujikura Y, Kudo M, Hirano T, Yamamoto M, Miyazawa N, Tsukada H, Aso S, Yamamoto Y, Iinuma Y, Mikamo H, Yamagishi Y, Nakamura A, Ohashi M, Kawabata A, Sugaki Y, Seki M, Hamaguchi S, Toyokawa M, Kakeya H, Fujikawa Y, Mitsuno N, Ukimura A, Miyara T, Hayasi M, Mikasa K, Kasahara K, Koizumi A, Korohasi N, Matumoto T, Yosimura Y, Katanami Y, Takesue Y, Wada Y, Sugimoto K, Yamamoto T, Kuwabara M, Doi M, Simizu S, Tokuyasu H, Hino S, Negayama K, Mukae H, Kawanami T, Yatera K, Fujita M, Kadota J, Hiramatsu K, Aoki Y, Magarifuchi H, Oho M, Morinaga Y, Suga M, Muranaka H, Fujita J, Higa F, Tateyama M
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(9) 657-668   Sep 2019   [Refereed]
Yamashita Y, Nagaoka K, Kimura H, Suzuki M, Konno S, Fukumoto T, Akizawa K, Kaku N, Morinaga Y, Yanagihara K
Antimicrobial agents and chemotherapy      Jun 2019   [Refereed]
Miyazaki T, Nakamura S, Hashiguchi K, Kobayashi T, Fukushima K, Fukuda Y, Kondo A, Inoue Y, Koga H, Sasaki E, Nagayoshi Y, Higashiyama Y, Yoshida M, Takazono T, Saijo T, Morinaga Y, Yamamoto K, Imamura Y, Mikushi S, Izumikawa K, Yanagihara K, Kohno S, Mukae H
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      May 2019   [Refereed]
Okada Y, Kaku N, Kosai K, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(4) 262-266   Apr 2019   [Refereed]
Yamakawa H, Kosai K, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Tsubouchi T, Kaneko Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(4) 240-246   Apr 2019   [Refereed]
Kawamoto Y, Kosai K, Yamakawa H, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of microbiological methods      Mar 2019   [Refereed]
Morinaga Y, Sawayama Y, Hidaka M, Mori S, Taguchi J, Takatsuki M, Eguchi S, Miyazaki Y, Yanagihara K
The Tohoku journal of experimental medicine   247(3) 179-187   Mar 2019   [Refereed]
Nagaoka K, Konno S, Murase K, Kikuchi T, Morinaga Y, Yanagihara K, Nakagawa I
Microbiology resource announcements   8(9)    Feb 2019   [Refereed]
Kawamoto Y, Kosai K, Yamakawa H, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Diagnostic microbiology and infectious disease   92(4) 275-278   Dec 2018   [Refereed]
Nagaoka K, Yamashita Y, Kimura H, Suzuki M, Konno S, Fukumoto T, Akizawa K, Morinaga Y, Yanagihara K, Nishimura M
The Journal of infectious diseases      Dec 2018   [Refereed]
Igarashi Y, Tashiro S, Enoki Y, Taguchi K, Matsumoto K, Ohge H, Suzuki H, Nakamura A, Mori N, Morinaga Y, Yamagishi Y, Yoshizawa S, Yanagihara K, Mikamo H, Kunishima H
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(11) 907-914   Nov 2018   [Refereed]
Kaku N, Hashiguchi K, Iwanaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Kosai K, Uno N, Morinaga Y, Kitazaki T, Hasegawa H, Miyazaki T, Fukuda M, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(9) 734-738   Sep 2018   [Refereed]
Nishimura F, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Takeda K, Uno N, Kosai K, Hasegawa H, Yanagihara K
Japanese journal of infectious diseases   71(4) 281-285   Jul 2018   [Refereed]
Murata M, Kosai K, Yamauchi S, Sasaki D, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Antimicrobial agents and chemotherapy   62(4)    Apr 2018   [Refereed]
Yamakawa H, Kosai K, Kawamoto Y, Akamatsu N, Matsuda J, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of microbiological methods   145 47-49   Feb 2018   [Refereed]
Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Tateno H, Tomaru T, Tanaka A, Morita S, Nakamura M, Kato H, Annaka M, Masuda Y, Itakura Y, Inamatsu T, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   24(2) 88-91   Feb 2018   [Refereed]
Kosai K, Kaku N, Uno N, Saijo T, Morinaga Y, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
The open microbiology journal   12 321-322   2018   [Refereed]
Higashino M, Murata M, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Takeda K, Kaku N, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of medical microbiology   66(10) 1476-1482   Oct 2017   [Refereed]
Okada Y, Uno N, Sato S, Mori S, Sasaki D, Kaku N, Kosai K, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Vaccine   35(42) 5662-5665   Oct 2017   [Refereed]
Kosai K, Iwanaga Y, Akamatsu N, Okada Y, Kaku N, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(10) 674-677   Oct 2017   [Refereed]
Takeda K, Kaku N, Morinaga Y, Kosai K, Uno N, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(9) 598-603   Sep 2017   [Refereed]
Kaku N, Kosai K, Takeda K, Uno N, Morinaga Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
Antimicrobial agents and chemotherapy   61(7)    Jul 2017   [Refereed]
Kaku N, Morinaga Y, Takeda K, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
The Journal of antimicrobial chemotherapy   72(4) 1123-1128   Apr 2017   [Refereed]
Nagaoka K, Yanagihara K, Morinaga Y, Kurosaka Y, Hoshino K, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(3) 131-135   Mar 2017   [Refereed]
Nagaoka K, Yanagihara K, Morinaga Y, Kohno S
Anaerobe   43 99-101   Feb 2017   [Refereed]
Nagaoka K, Yanagihara K, Harada Y, Yamada K, Migiyama Y, Morinaga Y, Izumikawa K, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(2) 69-73   Feb 2017   [Refereed]
Kawamoto Y, Morinaga Y, Kimura Y, Kaku N, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   23(1) 51-55   Jan 2017   [Refereed]
Kosai K, Kaku N, Uno N, Saijo T, Morinaga Y, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
The open microbiology journal   11 92-97   2017   [Refereed]
Kaku N, Morinaga Y, Takeda K, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Mukae H, Yanagihara K
International journal of medical microbiology : IJMM   306(6) 421-428   Sep 2016   [Refereed]
Murata M, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Uno N, Kosai K, Hasegawa H, Okada M, Moriuchi H, Yanagihara K
Japanese journal of infectious diseases   69(5) 439-441   Sep 2016   [Refereed]
Hasegawa H, Bissonnette RP, Gillings M, Sasaki D, Taniguchi H, Kitanosono H, Tsuruda K, Kosai K, Uno N, Morinaga Y, Imaizumi Y, Miyazaki Y, Yanagihara K
Cancer science   107(8) 1124-1133   Aug 2016   [Refereed]
Takeda K, Imamura Y, Takazono T, Yoshida M, Ide S, Hirano K, Tashiro M, Saijo T, Kosai K, Morinaga Y, Nakamura S, Kurihara S, Tsukamoto M, Miyazaki T, Tashiro T, Kohno S, Yanagihara K, Izumikawa K
Medical mycology   54(2) 120-127   Feb 2016   [Refereed]
Kimura Y, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Yamaryo T, Kawakami K, Matsuo H, Kosai K, Uno N, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   22(1) 14-18   Jan 2016   [Refereed]
Yoshida M, Takazono T, Tashiro M, Saijo T, Morinaga Y, Yamamoto K, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Sawai T, Nishino T, Izumikawa K, Yanagihara K, Mukae H, Kohno S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(21) 3211-3214   2016   [Refereed]
Hirayama T, Takazono T, Horai Y, Tashiro M, Saijo T, Kosai K, Morinaga Y, Kurihara S, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Tsukamoto M, Izumikawa K, Yanagihara K, Kawakami A, Kohno S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(9) 1213-1217   2016   [Refereed]
Migiyama Y, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Yamada K, Nagaoka K, Morinaga Y, Akamatsu N, Matsuda J, Izumikawa K, Kohrogi H, Kohno S
Japanese journal of infectious diseases   69(2) 91-96   2016   [Refereed]
Yanagihara K, Kadota J, Aoki N, Matsumoto T, Yoshida M, Yagisawa M, Oguri T, Sato J, Ogasawara K, Wakamura T, Sunakawa K, Watanabe A, Iwata S, Kaku M, Hanaki H, Ohsaki Y, Watari T, Toyoshima E, Takeuchi K, Shiokoshi M, Takeda H, Miki M, Kumagai T, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Kobayashi N, Takasaki J, Mezaki K, Konosaki H, Aoki Y, Yamamoto Y, Shoji M, Goto H, Saraya T, Kurai D, Okazaki M, Niki Y, Yoshida K, Kawana A, Saionji K, Fujikura Y, Miyazawa N, Kudo M, Sato Y, Yamamoto M, Yoshida T, Nakamura M, Tsukada H, Imai Y, Tsukada A, Kawasaki S, Honma Y, Yamamoto T, Ban N, Mikamo H, Sawamura H, Miyara T, Toda H, Sato K, Nakamura T, Fujikawa Y, Mitsuno N, Mikasa K, Kasahara K, Sano R, Sugimoto K, Asari S, Nishi I, Toyokawa M, Miyashita N, Koguchi Y, Kusano N, Mihara E, Kuwabara M, Watanabe Y, Kawasaki Y, Takeda K, Tokuyasu H, Masui K, Negayama K, Hiramatsu K, Aoki Y, Fukuoka M, Magarifuchi H, Nagasawa Z, Suga M, Muranaka H, Morinaga Y, Honda J, Fujita M
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(6) 410-420   Jun 2015   [Refereed]
Tsushima Y, Uno N, Sasaki D, Morinaga Y, Hasegawa H, Yanagihara K
Journal of virological methods   212 76-79   Feb 2015   [Refereed]
Morinaga Y, Yamano S, Akamatsu N, Kaku N, Nagaoka K, Migiyama Y, Harada Y, Hosogaya N, Yamamoto Y, Tasaki O, Yanagihara K, Kohno S
Japanese journal of infectious diseases   68(5) 376-380   2015   [Refereed]
Morinaga Y, Yanagihara K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1237 65-72   2015   [Refereed]
Taniguchi H, Hasegawa H, Sasaki D, Ando K, Sawayama Y, Imanishi D, Taguchi J, Imaizumi Y, Hata T, Tsukasaki K, Uno N, Morinaga Y, Yanagihara K, Miyazaki Y
Cancer science   105(12) 1601-1608   Dec 2014   [Refereed]
[The Test Performance and the Differences between Sites of Blood Collection Using the Point of Care Testing-Enabled Blood Glucose Analyzer].
Nishimura F, Nakamichi S, Murata M, Shibuya M, Morinaga Y, Yanagihara K
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   62(9) 839-844   Sep 2014   [Refereed]
Yamada K, Morinaga Y, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Uno N, Nakamura S, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Mikamo H, Kohno S
Pulmonary pharmacology & therapeutics   28(2) 165-170   Aug 2014   [Refereed]
Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Yamada K, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Nakamura S, Izumikawa K, Kohno S
Antimicrobial agents and chemotherapy   58(7) 4131-4137   Jul 2014   [Refereed]
Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Yamada K, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Matsuda J, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Yamamoto Y, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(6) 350-355   Jun 2014   [Refereed]
Nagaoka K, Yanagihara K, Harada Y, Yamada K, Migiyama Y, Morinaga Y, Izumikawa K, Kakeya H, Yamamoto Y, Nishimura M, Kohno S
Respirology (Carlton, Vic.)   19(4) 556-562   May 2014   [Refereed]
[Classification and clinical findings of myelodysplastic syndromes].
Tsuruda K, Hasegawa H, Fuchigami M, Uno N, Morinaga Y, Miyazaki Y, Yanagihara K
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   62(4) 359-368   Apr 2014   [Refereed]
Izumikawa K, Tashiro T, Tashiro M, Takazono T, Kosai K, Morinaga Y, Kurihara S, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Tsukamoto M, Kakeya H, Hayashi T, Yanagihara K, Nagayasu T, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(3) 208-212   Mar 2014   [Refereed]
Izumikawa K, Izumikawa K, Takazono T, Kosai K, Morinaga Y, Nakamura S, Kurihara S, Imamura Y, Miyazaki T, Tsukamoto M, Yanagihara K, Hara K, Kohno S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(3) 181-185   Mar 2014   [Refereed]

Misc

 
高齢者の肺炎予防に対してワクチン接種以外で注目されている予防方法は? プロバイオティクスによる予防効果が得られる人がいる可能性はあるが、その特定が課題
森永 芳智, 青柳 哲史
日本医事新報   (4963) 51-52   Jun 2019
【クロストリディオイデス(クロストリジウム)ディフィシル感染症-抗菌薬関連下痢症の主役!】検査法と診断の考え方
森永 芳智
薬事   61(5) 775-779   Apr 2019
<Points>CDIの発症には、トキシン産生のC.difficile株が関わる。また、トキシン産生株・非産生株にかかわらず腸管に定着していることがある。定着株でも検査で検出されるため、CDIを疑って検査をする場合には下痢の症状があることが必須である。通常診療では抗原検査(イムノクロマト法)をまず行い、グルタミン酸脱水素酵素検査が陽性でトキシン検査が陰性の場合には、利用可能であれば遺伝子検査(NAAT検査)が有用である。アウトブレイク時には、最初からNAAT検査を行うことや培養検査を応用す...
【血流感染症の抗菌薬選択-救命のためのターニングポイント】血流感染症の検査と診断 真の原因菌同定のためのポイント
海端 悟, 森永 芳智, 柳原 克紀
感染と抗菌薬   22(1) 3-8   Mar 2019
血液培養検査は、敗血症、感染性心内膜炎などの診断において欠かすことができない検査である。敗血症性ショックでは抗菌薬投与開始までの時間が遅れると生存率が低下するため、速やかに血液培養を行い、治療を開始することが望まれる。血液培養の適切な採取時期、血液培養陽性時に原因菌と汚染菌の判別は患者への適切な治療に繋がる。抗菌薬の選択を実践するために必須の検査である血液培養検査に加えて、敗血症マーカーも発熱性疾患との鑑別に有用である。また、近年では遺伝子検査も急速に広まりつつあり、今後利用できる情報が増...
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌対策UP TODATE 検出面での進歩と課題
森永 芳智, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   67(2) 208-209   Mar 2019
腸内細菌叢Dysbiosisがグラム陰性耐性菌腸管定着に及ぼす影響
村田 美香, 森永 芳智, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 柳原 克紀, 武 優希, 佐々木 大介, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄
日本化学療法学会雑誌   67(2) 227-227   Mar 2019
Escherichia coliのLevofloxacin耐性機序および耐性化因子の解明
村田 美香, 小佐井 康介, 本田 章子, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 柳原 克紀, 松本 成良, 佐々木 大介, 青山 伸樹
日本化学療法学会雑誌   67(2) 227-228   Mar 2019
肝炎およびレトロウイルス測定試薬8項目を用いた全自動化学発光免疫測定装置Alinity iの日常検査への導入検討
石原 香織, 宇野 直輝, 田浦 茉弥, 川良 洋城, 篠原 真歩, 坂本 啓, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
医学と薬学   76(4) 511-516   Mar 2019
全自動化学発光免疫測定装置Alinity iシステム(以下、Alinity i)を用いたHBV・HCV・HIV・HTLV関連試薬8項目(HBs抗原、HBs抗体、HBe抗原、HBe抗体、HBc抗体、HCV抗体、HIV抗原・抗体、HTLV抗体)の基礎的性能評価、およびルーチン使用時におけるAlinity iの機器性能評価を行った。本検討においてAlinity iにおけるHBV・HCV・HIV・HTLV関連試薬8項目は良好な基礎性能を示した。またAlinity iはルーチン稼動において機器の操作...
統合失調症と人格障害患者に肺結核を合併した1例 結核罹患率が高い長崎県における問題
泉川 公一, 田代 将人, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 柳原 克紀, 高園 貴弘, 山本 和子, 今村 圭文, 宮崎 泰可, 迎 寛
結核   94(3) 299-299   Mar 2019
GeneXpert MTB/RIFと院内日常抗酸菌検査結果の比較
森永 芳智, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀, 赤松 紀彦, 松田 淳一
結核   94(3) 312-312   Mar 2019
遺伝子診断の進歩がもたらす感染症診療の変化 遺伝子検査を導入する際の課題と工夫
森永 芳智, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   67(Suppl.A) 151-151   Mar 2019
最新のC.difficile感染症診療 ASTにおけるCDIを考える 適性検査と最新の診断検査
森永 芳智, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   67(Suppl.A) 161-161   Mar 2019
医療機関における薬剤耐性菌の現状 MRSA
賀来 敬仁, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 森永 芳智, 大曲 貴夫, 泉川 公一, 山本 善裕, 三鴨 廣繁, 賀来 満夫, 大石 和徳, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   67(Suppl.A) 249-249   Mar 2019
マウス腸内環境における常在腸内細菌科細菌とESBL産生大腸菌定着持続性の検討
村田 美香, 森永 芳智, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 柳原 克紀, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄, 武 優希
日本化学療法学会雑誌   67(Suppl.A) 260-260   Mar 2019
医療機関における薬剤耐性菌の現状 ESBL、CRE
賀来 敬仁, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 森永 芳智, 大曲 貴夫, 泉川 公一, 山本 善裕, 三鴨 廣繁, 賀来 満夫, 大石 和徳, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   67(Suppl.A) 261-261   Mar 2019
話題のくすり フィダキソマイシン
森永 芳智, 柳原 克紀
日本病院薬剤師会雑誌   55(2) 222-225   Feb 2019
微生物検査の進歩と日常診療への応用 C.difficile感染症診断における課題と進歩
森永 芳智, 柳原 克紀
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回 [シンポ-10   Feb 2019
迅速な薬剤耐性菌対策につなげるための基礎を構築する 薬剤耐性菌検出面から貢献できること
森永 芳智, 柳原 克紀
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回 [委員会-3   Feb 2019
日本でのESBL産生菌およびCREの現状
賀来 敬仁, 森永 芳智, 大曲 貴夫, 泉川 公一, 山本 善裕, 三鴨 廣繁, 賀来 満夫, 大石 和徳, 柳原 克紀
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回 [O-085]   Feb 2019
ギムザ染色液汚染による末梢血塗抹検査での菌血症偽アウトブレイク事例
比嘉 莉華子, 椎木 創一, 八幡 照幸, 柳原 克紀, 森永 芳智
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回 [P-310]   Feb 2019
長崎県耐性菌ネットワークにおける耐性菌検出状況
森永 芳智, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 柳原 克紀
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回 [P-701]   Feb 2019
感染防止対策加算を取得している医療施設における感染制御の実態調査
泉川 公一, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 大曲 貴夫, 山本 善裕, 三鴨 廣繁, 賀来 満夫, 大石 和徳, 柳原 克紀
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回 [P-704]   Feb 2019
微生物検査に見られる自動化の方向性と将来展望 BD-MAX
森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 250-250   Dec 2018
微生物検査を薬剤耐性グラム陰性菌対策に活かすには 薬剤耐性グラム陰性菌の日常検査の現状とその活用
森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 285-285   Dec 2018
微生物検体処理システムWASPを用いた最適な尿培養検査プロトコルの確立
川元 康嗣, 賀来 敬仁, 木村 由美子, 森永 芳智, 小佐井 康介, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 柳原 克紀
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 366-366   Dec 2018
自動多項目遺伝子検出VerigeneシステムEnteric Pathogens Nucleic Acid Test(EPパネル)の有用性
岡田 侑也, 赤松 紀彦, 森永 芳智, 松田 淳一, 吉田 麻衣子, 村田 美香, 海端 悟, 碇 比呂子, 倉橋 舞, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 386-386   Dec 2018
TRC法を用いた新規インフルエンザ迅速診断法についての検討
賀来 敬仁, 橋口 浩二, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 須山 隆之, 宇野 直輝, 森永 芳智, 北崎 健, 長谷川 寛雄, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 394-394   Dec 2018
悪性リンパ腫患者の便から分離された硫化水素産生Escherichia coli
赤松 紀彦, 村田 美香, 碇 比呂子, 岡田 侑也, 倉橋 舞, 吉田 麻衣子, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学会雑誌   29(Suppl.1) 488-488   Dec 2018
質量分析法による菌種同定が有用であった非結核性抗酸菌によるCVカテーテル感染症の一例
赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀
JARMAM   28(2) 118-118   Dec 2018
【小児医療における診断・治療の進歩2018】診断技術 微生物検査における質量分析(MALDI-TOF MS)の導入と臨床へ及ぶインパクト
森永 芳智, 柳原 克紀
小児科   59(12) 1631-1638   Nov 2018
<文献概要>質量分析は菌種名の同定に用いる新しい解析方法である.質量分析を利用できる施設では,同定結果が出るまでの時間が1日以上短縮し,より正確な同定結果が提供される.より正確で速い同定検査となるため,的確な抗菌薬への変更や,コンタミネーションの早期の判断が可能となる.また,感染症診療の適正化は治療期間や入院期間の短縮にも寄与する.導入時のコストは必要となるが,ランニングコストなど抑制される医療費も多く,医療経済面から総合的に評価することが必要である.現在は薬剤感受性の評価はできないが,新...
Clostridioides(Clostridium)difficile感染症 診療ガイドライン
國島 広之, 大毛 宏喜, 鈴木 広道, 中村 敦, 松元 一明, 三鴨 廣繁, 森 伸晃, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 吉澤 定子, 公益社団法人日本化学療法学会,一般社団法人日本感染症学会,CDI診療ガイドライン作成委員会
日本化学療法学会雑誌   66(6) 645-690   Nov 2018
遺伝子検査の導入による新しい感染症診療
柳原 克紀, 森永 芳智, 岩永 祐季, 山川 壽美, 岡田 侑也, 木村 由美子, 赤松 紀彦, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 小佐井 康介
日本化学療法学会雑誌   66(6) 729-737   Nov 2018
感染症診療における微生物検査に、遺伝子検査の導入が進んでいる。これまで行われてきた研究レベルの解析で課題であった標準化・簡素化の課題が整理され、臨床検査として業務に取り入れやすくなった。遺伝子検査は高い特異性と優れた検出感度をもたらすだけでなく、培養を基本とする検査が苦手としていたウイルス、寄生虫、細菌関連毒素など検出対象を拡げることにもつながる。過剰診断の可能性やコスト面での課題はこれから理解を深めるべき点であるものの、早期により正確に診断できるため、感染症治療効果や抗菌薬の適正使用への...
【高齢者における感染症up date】高齢者の血流感染症における耐性菌の検出状況
赤松 紀彦, 森永 芳智, 柳原 克紀
Geriatric Medicine   56(11) 1075-1078   Nov 2018
高齢者における薬剤耐性菌による感染症の状況をみるために、長崎大学病院での血液培養からの分離株情報を基に主要な耐性菌の検出状況と年齢との関係を調べた。カルバペネム耐性緑膿菌(P.aeruginosa)については年齢で大きな差はなかったが、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生菌、キノロン耐性E.coliは、当院においても60歳以上での分離率が高かった。このように、高齢者では耐性菌による感染症を起こす割合が高い。耐性菌の分離状況は、施設の患者...
間接蛍光抗体法による全自動蛍光抗体法分析装置「HELIOS」の性能評価と運用方法の検討
石原 香織, 川良 洋城, 篠原 真歩, 田浦 茉弥, 西村 典孝, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 森永 芳智, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
臨床病理   66(補冊) 139-139   Oct 2018
当院の生物学的偽陽性と自己抗体の関連性評価
松本 成良, 西村 典孝, 幸下 和矢, 尾崎 綾香, 岩永 祐季, 古賀 寛枝, 能田 一夫, 臼井 哲也, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 森永 芳智, 柳原 克紀
臨床病理   66(補冊) 140-140   Oct 2018
全身性エリテマトーデス患者に発症した多発性脳梗塞の1例
木村 由美子, 川浪 のぞみ, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 森永 芳智, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
臨床病理   66(補冊) 144-144   Oct 2018
次世代HTLV-1クロナリティ解析法の開発
山内 俊輔, 斎藤 益満, 長谷川 寛雄, 佐々木 大介, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 森永 芳智, 今泉 芳孝, 宮崎 泰司, 柳原 克紀
臨床病理   66(補冊) 214-214   Oct 2018
本態性血小板血症の経過中にPure erythroid leukemiaに移行した一症例
渕上 麻衣, 鶴田 一人, 長谷川 寛雄, 佐藤 信也, 賀来 敬仁, 宇野 直輝, 森永 芳智, 波多 智子, 宮崎 泰司, 柳原 克紀
臨床病理   66(補冊) 241-241   Oct 2018
2010年および2012年臨床分離好気性グラム陽性菌および嫌気性菌の薬剤感受性サーベイランス
阿南 直美, 山城 秀仁, 高橋 俊司, 菅野 のぞみ, 賀来 満夫, 森兼 啓太, 高野 操, 塩谷 譲司, 中島 啓喜, 小野 由可, 藤田 信一, 千田 靖子, 稲垣 健二, 片山 孝文, 松尾 収二, 河野 久, 西 功, 草野 展周, 能勢 資子, 原 文子, 田仲 祐子, 宮本 仁志, 平松 和史, 柳原 克紀, 森永 芳智, 前田 士郎, 上地 幸平, 吉田 立
The Japanese Journal of Antibiotics   71(5) 193-223   Oct 2018   [Refereed]
2010年および2012年に全国医療施設の各種臨床材料から分離された好気性グラム陽性菌(31菌属種、2012株)および嫌気性菌(23菌属種、389株)の各種抗菌薬に対する感受性の調査を行った。MRSAではsulfamethoxazole trimethoprimが最も低いMIC90を示し、Methicillin感性S.epidermidisではカルバペネム系抗菌薬(CBPs)のMIC90が0.125μg/mL以下であった。Methicillin感性Coagulase-negative St...
質量分析法による菌種同定が有用であったMycobacterium mucogenicumによるCVカテーテル感染症の1例
赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀
結核   93(9) 515-515   Sep 2018
当院におけるbinary toxin陽性C.difficileについての検討
賀来 敬仁, 岡田 侑也, 森永 芳智, 木村 由美子, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
日本臨床腸内微生物学会誌   20(1) 81-81   Aug 2018
2010年及び2012年臨床分離好気性グラム陰性菌の薬剤感受性サーベイランス
阿南 直美, 山城 秀仁, 高橋 俊司, 菅野 のぞみ, 賀来 満夫, 森兼 啓太, 高野 操, 塩谷 譲司, 中島 啓喜, 小野 由可, 藤田 信一, 千田 靖子, 稲垣 健二, 片山 孝文, 松尾 収二, 河野 久, 西 功, 草野 展周, 能勢 資子, 原 文子, 田仲 祐子, 宮本 仁志, 平松 和史, 柳原 克紀, 森永 芳智, 前田 士郎, 上地 幸平, 吉田 立
The Japanese Journal of Antibiotics   71(4) 129-156   Aug 2018   [Refereed]
全国の17医療施設における日常検査において、種々の臨床材料から2010年、2012年に各々分離された好気性グラム陰性菌18菌属種、2562株を用いた。腸内細菌科細菌におけるextended spectrum β-lactamase(ESBL)産生株の検出率は、E.coli、K.pneumoniae、K.oxytocaにおいて、2010年は10.3%、3.7%、12.1%、2012年は22.5%、4.6%、9.6%であった。E.coliにおいて、ceftazidime、cefepimeのMI...
カンジダ腹膜炎に腹膜線維症が及ぼす影響とミカファンギンの治療効果についてのマウスモデルを用いた検討
芦澤 信之, 宮崎 泰可, 賀来 敬仁, 田代 将人, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 西條 知見, 島村 真太郎, 森永 芳智, 山本 和子, 今村 圭文, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂, 迎 寛
Medical Mycology Journal   59(Suppl.1) 94-94   Aug 2018
【肺炎をめぐる最近の話題】 肺炎の診断法
岩永 祐季, 森永 芳智, 柳原 克紀
臨床と微生物   45(4) 317-321   Jul 2018
肺炎診療において、原因菌を同定することはきわめて重要なことである。今回、病院検査室における微生物検査の一般的な流れと、各ステップにおけるポイントや注意点について解説する。(著者抄録)
より良い感染症診断のために呼吸器内視鏡検査ができること〜大きく変化する微生物診断法に対応した気管支鏡検査の実際 ゲノミクス・プロテオミクスと呼吸器感染症
森永 芳智, 柳原 克紀
気管支学   40(Suppl.) S167-S167   May 2018
【マイクロバイオームと感染症研究の進歩】 呼吸器領域感染症を取り巻くマイクロバイオータの役割
森永 芳智
最新医学   73(4) 530-537   Apr 2018
無菌的とされてきた我々の下気道にも、多様な細菌叢が形成されていることが明らかになっている。常に微生物の曝露を受けながら恒常性を保つ下気道細菌叢は、上気道からの影響も受けつつ我々の呼吸器官の健康維持に貢献している。そこには微生物間の協力・競争関係、宿主との共存・排除関係などが複雑に絡み合い、呼吸器感染症の病態形成にも影響を及ぼすマイクロバイオータとしての機能が存在している。(著者抄録)
CDI診療ガイドライン CDI診療のための微生物学的知識
森永 芳智, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 161-161   Apr 2018
質量分析法による菌種同定が有用であったMycobacterium mucogenicumによるCVカテーテル感染症の一例
赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 259-259   Apr 2018
ヒト気道上皮細胞のMUC5AC過剰産生に対するソリスロマイシンの抑制効果について
太田 賢治, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 森永 芳智, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   66(Suppl.A) 312-312   Apr 2018
【薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが示す方向性〜新規抗菌薬・診断法の開発を含めて〜】 薬剤耐性(AMR)時代に求められる診断法
森永 芳智, 柳原 克紀
医薬ジャーナル   54(3) 819-823   Mar 2018
<文献概要>感染症診療における診断の質は,薬剤耐性(AMR)対策に直結する重要な要素である。抗原検査の対象微生物の拡大や性能の向上,遺伝子検査の普及など,検出面での質は高まっており,これらはAMR微生物検出ならびに適正な抗菌薬の使用を促進する。しかしながら,一連の診断プロセスの中で,患者選別やサンプリングの質などの,検査室で検査が行われる前の過程の質が結果に与えるインパクトも大きく,検出手法と検査前過程の質を同時に向上することが重要である。
耐性菌対策 各職種の役割新展開 耐性菌対策に携わる医師の役割
森永 芳智, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   66(2) 243-243   Mar 2018
耐性菌対策-各職種の役割新展開- 耐性菌対策に携わる医師の役割
森永 芳智, 柳原 克紀
感染症学雑誌   92(2) 186-186   Mar 2018
緑膿菌LPSによるムチン産生亢進に対する新規マクロライド誘導体ソリスロマイシンの効果
川元 康嗣, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 武田 和明, 小佐井 康介, 柳原 克紀
緑膿菌感染症研究会講演記録   51回 61-64   Dec 2017
【成人肺炎診療ガイドライン2017 -残された課題と研究的視点を含めて-】 誤嚥性肺炎 下気道感染症における嫌気性菌の関わりと自然免疫の加齢に伴う変化
森永 芳智, 柳原 克紀
化学療法の領域   34(1) 49-56   Dec 2017
社会の高齢化とともに増加する誤嚥性肺炎の病態には,嫌気性菌だけでなく加齢にともなう生体側の変化もかかわっている。加齢は,嚥下機能の低下だけではなく炎症反応や免疫機能にも変化をもたらし,下気道への微生物の侵入と除去のバランスを崩している。一方,嫌気性菌は病原因子が明らかな細菌もあるが,本来は細菌叢を形成する共生微生物であり,病態へどのように関与するのかが注目されている。一般細菌と嫌気性菌との共存による肺炎への影響,肺炎と常在細菌叢との関連など,視野を広げて嫌気性菌と宿主を捉えていくことが必要...
MALDI-TOF MSの臨床現場での活用事例 MALDI-TOF MSのポテンシャルと実際の活用
森永 芳智, 小佐井 康介, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 179-179   Dec 2017
大腸菌のレボフロキサシン耐性機序および耐性化因子の解明
村田 美香, 小佐井 康介, 本田 章子, 松本 成良, 佐々木 大介, 青山 伸樹, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 416-416   Dec 2017
HTLV-1定量検査におけるデジタルPCR法とリアルタイムPCR法の比較
佐々木 大介, 長谷川 寛雄, 吉田 彩香, 松本 成良, 山内 俊輔, 山川 壽美, 山川 智弘, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 479-479   Dec 2017
Small colony variantの出現に対する抗菌薬の影響
安武 豪, 賀来 敬仁, 木村 由美子, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 482-482   Dec 2017
MRSA肺炎の発症における菌側因子の特徴
太田 賢治, 賀来 敬仁, 木村 由美子, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   28(Suppl.1) 482-482   Dec 2017
【診断と治療のABC[129]呼吸器感染症】 (第1章)呼吸器感染症総論 呼吸器感染症の原因微生物
村田 美香, 森永 芳智, 柳原 克紀
最新医学   別冊(呼吸器感染症) 21-28   Dec 2017
呼吸器感染症の原因微生物は多岐にわたる。患者に合った適切な治療を行うためには、原因となる代表的な微生物を把握し、できる限り原因の特定を行うことが重要である。呼吸器感染症の原因微生物の中には、日常的な細菌検査では検出が困難なものも含まれるため、検査に臨床側からの情報や検査依頼が必要になる場合もある。また、微生物検査は、検体採取の過程が検査結果を大きく左右する。検体の採取方法、微生物検査の特徴を知ることで、呼吸器感染症の診断・治療の質を高めることができる。(著者抄録)
臨床微生物質量分析計検査法ハンドブック
高橋 孝, 満田 年宏, 永沢 善三, 豊川 真弘, 石井 良和, 小松 方, 田中 香お里, 長野 則之, 春木 宏介, 藤本 修平, 浅原 美和, 大楠 清文, 清祐 麻紀子, 佐伯 裕二, 曲渕 裕樹, 三鴨 廣繁, 森永 芳智, 柳原 克紀, 山岸 由佳, 渡 智久, 松山 由美子, 吉田 欣史, 一般社団法人日本臨床微生物学会検査法ガイド等作成委員会,MALDI-TOF MS検査ガイド作業部会
日本臨床微生物学雑誌   27(Suppl.2) 1-55   Sep 2017
耐性菌検査法ガイド
高橋 孝, 満田 年宏, 永沢 善三, 豊川 真弘, 石井 良和, 小松 方, 田中 香お里, 長野 則之, 春木 宏介, 藤本 修平, 川上 小夜子, 佐藤 智明, 静野 健一, 鈴木 里和, 鈴木 匡弘, 中村 竜也, 馬場 尚志, 三澤 成毅, 森永 芳智, 山崎 勝利, 和知野 純一, 日本臨床微生物学会検査法ガイド等作成委員会,耐性菌検査法ガイド作成作業部会
日本臨床微生物学雑誌   27(Suppl.3) 1-135   Sep 2017
高感度インフルエンザ抗原迅速検査システムの有用性
岩永 祐季, 小佐井 康介, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 長谷川 寛雄, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
感染症学雑誌   91(5) 747-751   Sep 2017
インフルエンザウイルスの検出において銀増幅により感度を高めたイムノクロマト法(IC法)の有用性を検討した。2014年12月から2015年1月迄に長崎大学病院においてインフルエンザ抗原検査が依頼された検体を対象に、従来法と銀増幅IC法で測定を行い、結果を比較した。解析対象となった203検体に対して両検査法の一致率は94.1%(191/203)であった。陽性率は銀増幅法15.8%(32/203)、従来法10.8%(22/203)であり前者で有意に高かった。本検討では従来法の結果のみを依頼者へ返...
全自動遺伝子解析装置Verigene systemによる迅速・簡便なClostridium difficileトキシン検出法の有用性
岩永 祐季, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 塚本 千絵, 川元 康嗣, 村田 美香, 碇 比呂子, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀
JARMAM   27(2) 103-103   Aug 2017
肺炎および菌血症疑い症例におけるプロカルシトニンの有用性
山川 智弘, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀
感染症学雑誌   91(3) 460-460   May 2017
血液疾患を有する患者におけるβ-Dグルカンの比較検討
木村 由美子, 小佐井 康介, 太田 賢治, 賀来 敬仁, 森永 芳智, 柳原 克紀
感染症学雑誌   91(臨増) 228-228   Mar 2017
呼吸器感染症における培養検査結果とプロカルシトニンについての検討
賀来 敬仁, 森永 芳智, 小佐井 康介, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
感染症学雑誌   91(臨増) 251-251   Mar 2017
腸管感染症診療における同時多項目病原体遺伝子検査の臨床的有用性
川元 康嗣, 小佐井 康介, 高木 理博, 山内 俊輔, 松田 淳一, 田代 将人, 森永 芳智, 泉川 公一, 有吉 紅也, 柳原 克紀
感染症学雑誌   91(臨増) 257-257   Mar 2017
当院におけるClostridium difficile分離株の分子疫学的解析
岡田 侑也, 賀来 敬仁, 川元 康嗣, 西村 典孝, 松田 淳一, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄
感染症学雑誌   91(臨増) 318-318   Mar 2017
アジスロマイシン予防投与による緑膿菌肺炎の重症化抑制
賀来 敬仁, 森永 芳智, 武田 和明, 小佐井 康介, 今村 圭文, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
日本化学療法学会雑誌   65(2) 242-243   Mar 2017
ウイルス、細菌、真菌 カルバペネム耐性腸内細菌に与えるクラリスロマイシンの効果
柳原 克紀, 東野 真志, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 森永 芳智
The Japanese Journal of Antibiotics   70(Suppl.A) 26-26   Mar 2017
緑膿菌VAPマウスモデルにおけるアミカシンとME1100(アルベカシン)の吸入療法の比較
賀来 敬仁, 武田 和明, 小佐井 康介, 森永 芳智, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 迎 寛, 柳原 克紀
緑膿菌感染症研究会講演記録   50回 119-122   Dec 2016
(第49回)緑膿菌VAPマウスモデルにおける専門噴霧器を用いたアルベカシン吸入薬(ME1100)の有効性
賀来 敬仁, 森永 芳智, 武田 和明, 小佐井 康介, 中村 茂樹, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 河野 茂, 柳原 克紀
緑膿菌感染症研究会講演記録   50回 155-158   Dec 2016
ESBL産生Klebsiella pneumoniaeにおけるキノロン耐性機序の解析
村田 美香, 森永 芳智, 東野 真志, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   27(Suppl.) 447-447   Dec 2016
ESBL産生Klebsiella pneumoniaeにおけるキノロン耐性機序の解析
村田 美香, 森永 芳智, 東野 真志, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀
臨床病理   64(補冊) 1-14   Sep 2016
サイトメガロウイルスモニタリングにおける抗原測定法とDNA定量法の比較検討
森 沙耶香, 森永 芳智, 西村 典孝, 村田 美香, 海端 悟, 佐々木 大介, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 宇野 直輝, 田口 潤, 長谷川 寛雄, 宮崎 泰司, 柳原 克紀
臨床病理   64(8) 881-886   Aug 2016
PCR法によるサイトメガロウイルス(CMV)DNA定量の感度を検討した。化学療法または骨髄・末梢血幹細胞移植が施行された血液疾患患者の血漿検体を対象に、PCR法によるCMV DNA定量法の感度をC7-HRP法と比較した。その結果、PCR法は抗原測定法よりも早期かつ高感度にCMVを検出できることが明らかになった。2法の結果の一致率は66.0%で、PCR法はC7-HRP法よりも2倍高い陽性率を示した。
マクロライド新規誘導体ソリスロマイシンによるムチン産生抑制効果の検討
川元 康嗣, 森永 芳智, 武田 和明, 賀来 敬仁, 小佐井 康介, 柳原 克紀
The Japanese Journal of Antibiotics   69(Suppl.A) 57-60   Mar 2016
ソリスロマイシンのムチン過剰発現に対するムチン産生抑制効果について検討し、抑制効果をマクロライド系抗菌薬と比較した。H292細胞をリポ多糖(LPS)で刺激することでLPS濃度依存的に培養上清中のムチン(MUC5AC)の蛋白量が上昇した。また、MUC5ACのmRNAはLPS刺激3時間後に24.9倍に上昇し、その後は減少していった。これらの結果からLPSはMUC5ACを蛋白レベルならびにmRNAレベルで誘導することが明らかになった。LPSにより誘導されるMUC5AC過剰発現に与えるソリスロマイ...
当院におけるClostridium difficile分離株の病原性遺伝子保有状況
岡田 侑也, 賀来 敬仁, 川元 康嗣, 西村 典孝, 木村 由美子, 山川 壽美, 村田 美香, 武田 和明, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 宇野 直輝, 小佐井 康介, 長谷川 寛雄, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本嫌気性菌感染症学会雑誌   46(1) 43-43   Mar 2016
全自動遺伝子解析装置Verigene systemによる迅速・簡便なClostridium difficileトキシン検出法の有用性
岩永 祐季, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 塚本 千絵, 川元 康嗣, 村田 美香, 碇 比呂子, 小佐井 康介, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本嫌気性菌感染症学会雑誌   46(1) 45-45   Mar 2016
バイオフィルムを形成したCandida parapsilosis及びCandida tropicalisに対する新規抗真菌剤T-2307の抗真菌活性
山下 皓平, 西川 博, 福田 淑子, 満山 順一, 高園 貴弘, 今村 圭文, 西條 知見, 田代 将人, 小佐井 康介, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂
Medical Mycology Journal   56(Suppl.1) 97-97   Sep 2015
長崎大学病院で臨床検体より分離されたCandida guilliermondii菌株の検討
平山 達朗, 宮崎 泰可, 高園 貴弘, 西條 知見, 島村 真太郎, 今村 圭文, 田代 将人, 小佐井 康介, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂
Medical Mycology Journal   56(Suppl.1) 97-97   Sep 2015
SPECT/CTイメージングによる肺アスペルギルス症の病態解析
吉田 將孝, 芦澤 信之, 平山 達朗, 大島 一浩, 武田 和明, 井手 昇太郎, 峰松 明日香, 田代 将人, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 西條 知見, 島村 真太郎, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 今村 圭文, 塚本 美鈴, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂
Medical Mycology Journal   56(Suppl.1) 106-106   Sep 2015
慢性進行性肺アスペルギルス症における予後規定因子の検討
武田 和明, 高園 貴弘, 今村 圭文, 吉田 將孝, 井手 昇太郎, 田代 将人, 小佐井 康介, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂
Medical Mycology Journal   56(Suppl.1) 106-106   Sep 2015
慢性閉塞性肺疾患マウスモデルを用いたアスペルギルス感染実験の検討
吉田 將孝, 泉川 公一, 平野 勝治, 武田 和明, 井手 昇太郎, 峰松 明日香, 田代 将人, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 中村 茂樹, 今村 圭文, 塚本 美鈴, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   55(Suppl.1) 89-89   Oct 2014
病原真菌Candida glabrataのvacuolar H+-ATPaseが酸化ストレス応答に及ぼす影響
西川 博, 宮崎 泰可, 峰松 明日香, 山内 俊輔, 田代 将人, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 中村 茂樹, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 泉川 公一, 石松 祐二, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   55(Suppl.1) 101-101   Oct 2014
α-glucanaseはAspergillus fumigatusの刺激による宿主免疫細胞からのサイトカイン産生を高める
井手 昇太郎, 今村 圭文, 矢野 成和, 武田 和明, 吉田 將孝, 平野 勝治, 田代 将人, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 島村 真太郎, 森永 芳智, 中村 茂樹, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 泉川 公一, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   55(Suppl.1) 106-106   Oct 2014
Aspergillus fumigatusによる気道上皮細胞からのMUC5ACの発現誘導とマクロライド系抗菌薬による発現の抑制
平野 勝治, 泉川 公一, 大島 一浩, 吉田 將孝, 武田 和明, 賀来 敬仁, 梶原 俊毅, 井手 昇太郎, 峰松 明日香, 岩永 直樹, 田代 将人, 高園 貴弘, 森永 芳智, 中村 茂樹, 今村 圭文, 宮崎 泰可, 塚本 美鈴, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   55(Suppl.1) 108-108   Oct 2014
ガイドライン改訂に伴う慢性肺アスペルギルス症の病型と予後の検討
武田 和明, 高園 貴弘, 井手 昇太郎, 吉田 将孝, 平野 勝治, 田代 将人, 小佐井 康介, 森永 芳智, 中村 茂樹, 今村 圭文, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   55(Suppl.1) 109-109   Oct 2014
病原真菌Candida glabrataにおけるVacuolar H+-ATPaseの役割
峰松 明日香, 宮崎 泰可, 武田 和明, 吉田 將孝, 井手 昇太郎, 岩永 直樹, 平野 勝治, 梶原 俊毅, 細萱 直希, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 中村 茂樹, 栗原 慎太郎, 今村 圭文, 塚本 美鈴, 泉川 公一, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   54(Suppl.1) 97-97   Sep 2013
α-glucanaseがAspergillus fumigatusの成長と宿主細胞に与える影響
井手 昇太郎, 今村 圭文, 矢野 成和, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 中村 茂樹, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 泉川 公一, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   54(Suppl.1) 102-102   Sep 2013
マウス侵襲性肺アスペルギルス症モデルに対する補助療法としてのグレリンの有用性について
武田 和明, 今村 圭文, 井手 昇太郎, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 中村 茂樹, 栗原 慎太郎, 塚本 美鈴, 宮崎 泰可, 泉川 公一, 柳原 克紀, 田代 隆良, 寒川 賢治, 河野 茂
Medical Mycology Journal   54(Suppl.1) 102-102   Sep 2013
イトラコナゾール低感受性アスペルギルスによる侵襲性肺アスペルギルス症に対するITCZ吸入治療の効果
平野 勝治, 泉川 公一, 吉田 將孝, 大島 一浩, 武田 和明, 梶原 俊毅, 井手 昇太郎, 峰松 明日香, 岩永 直樹, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 中村 茂樹, 今村 圭文, 宮崎 泰可, 塚本 美鈴, 柳原 克紀, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   54(Suppl.1) 103-103   Sep 2013
気管支鏡検査で生前に肺ムーコル症と診断できた成人T細胞白血病(ATL)の一例
吉田 將孝, 泉川 公一, 平野 勝治, 大島 一浩, 武田 和明, 井手 昇太郎, 岩永 直樹, 峰松 明日香, 梶原 俊毅, 細萱 直希, 高園 貴弘, 小佐井 康介, 森永 芳智, 栗原 慎太郎, 中村 茂樹, 今村 圭文, 塚本 美鈴, 柳原 克己, 田代 隆良, 河野 茂
Medical Mycology Journal   54(Suppl.1) 109-109   Sep 2013
グラム染色を見直す 多様化する診断法の中から見えるグラム染色の意義
森永 芳智, 柳原 克紀
感染症学雑誌   87(2) 244-244   Mar 2013
臨床検査カレッジ ユニバーサル・バイオマーカー ユニバーサル・バイオマーカーとしての可溶性(s)IL-2Rの可能性
上平 憲, 松田 一之, 山村 政臣, 酒井 瑠美子, 猪口 直子, 鶴田 一人, 森永 芳智, 佐々木 大介, 宇野 直輝, 長谷川 寛雄, 柳原 克紀, 浅野 寛道
医療と検査機器・試薬   35(6) 917-925   Dec 2012
インターロイキン-2R II(IL-2R II)を用いて測定した可溶性IL-2R(sIL-2R)の新たな臨床的有用性の展開の可能性について検討した。濃度の異なる2サンプルの同時および日差再現は前者で10回の平均値515.2±16.5U/mL、CV3.2%と1951±44.8U/mL、CV2.3%、後者で5日毎の5回平均値517.2±14.3U/mL、CV2.82%、1943±65.5U/mL、CV3.7%であった。希釈直線性は高濃度サンプルを1/2希釈し、各希釈分画を二等分して測定した。結...
【高用量抗菌薬をどう使いこなすか-新規承認薬を含めて】 なぜ高用量が必要とされているのか 高用量化の背景と今後の展開
森永 芳智, 柳原 克紀
感染と抗菌薬   15(4) 315-319   Dec 2012
我が国で使用されている抗菌薬の多くは、海外での一般的な用量と比較して少なかった。この用量は安全性を優先したものであるが、一方で耐性菌誘導の懸念や治療効果が不十分な症例が問題となっていた。このような臨床現場の声に加え、近年、学問的な薬理効果の裏付けが進んだこともあり、高用量化は現代の感染症治療に必要な戦略として認知されてきた。さらに産官学を含めた連携も進み、高用量での承認が追加され、既存の抗菌薬の効果を最大限に引き出すことが可能となってきている。(著者抄録)
メタロβラクタマーゼ(MBL)産生緑膿菌による人工呼吸器関連肺(VAP)モデルにおけるMBL阻害薬ME1071の有効性
山田 康一, 柳原 克紀, 荒木 伸子, 原田 陽介, 長岡 健太郎, 右山 洋平, 森永 芳智, 泉川 公一, 掛屋 弘, 山本 善裕, 上平 憲, 河野 茂
緑膿菌感染症研究会講演記録   46回 118-123   Dec 2012
6週齢の雄ddY SPFマウスに臨床分離したMBL産生緑膿菌株を経気道的に投与し、人工呼吸器関連肺炎(VAP)モデルを作成した。このVAPマウスにビアペネム(BIPM)100mg/kgを単独、またはBIPM(100mg/kg)とME1071(100mg/kg)を併用投与し、12時間毎に1日2回、7日間腹腔内投与した。非治療群(対照群)には生理食塩水を同様に投与し、7日後の生存率、感染30時間後の肺内生菌数、肺病理組織像、気管支肺胞洗浄液(BALF)中の細胞数、好中球数、サイトカインを比較検...
臨床検体を用いた腸管感染症迅速遺伝子検出キットの検討
川元 康嗣, 森永 芳智, 塚本 千絵, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   22(4) 146-146   Dec 2012
グラム染色にて菌糸様構造物を認めたアレルギー性気管支肺真菌症の1例
木村 由美子, 伊藤 有紀, 川元 康嗣, 塚本 千絵, 赤松 紀彦, 松田 淳一, 森永 芳智, 柳原 克紀
日本臨床微生物学雑誌   22(4) 278-278   Dec 2012
【感染症医薬品開発の現況】 診断用試薬・機器分野でのイノベーション 微生物迅速診断法の開発
森永 芳智, 柳原 克紀
最新医学   67(11) 2558-2565   Nov 2012
感染症の迅速診断に応用できる新しい技術が開発されてきた.質量分析装置は迅速性と経済性を兼ね備えた微生物同定機器で,ルーチンワークとしての利用も期待されている.また遺伝子検査も汎用性に優れた方法で,微生物の検出以外にも工夫次第で薬剤耐性遺伝子や病原遺伝子の検出が可能である.診断方法の選択肢が広がる一方で,我々はその特徴をよく理解し,結果を正確に解釈して利用しなければならない.(著者抄録)
【肺炎診療の新しい潮流】 肺炎診療における最新の耐性菌トレンド
森永 芳智, 柳原 克紀
成人病と生活習慣病   42(11) 1297-1302   Nov 2012
・肺炎球菌の80%以上がマクロライド耐性である。ペニシリン耐性とキノロン耐性の検出頻度は数%であるが、感性であっても、MIC値の経年的な上昇傾向があり、すでに耐性遺伝子変異を保有した株もみられている。・インフルエンザ菌ではβ-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性株が増加し、中間耐性と併せると40〜50%程度を占める。・黄色ブドウ球菌でのMRSAの頻度は変わらないが、バンコマイシン低感受性株が散見されている。また、従来の院内感染型のMRSAとは異なる臨床経過で、重症化することがある市中感染型M...

Conference Activities & Talks

 
Molecular and Epidemiological Analysis of Drug Resistant Bacteria in Japan [Invited]
Yoshitomo Morinaga
The 14th NUS-Nagasaki Joint Symposium and 2nd Medical Sciences Cluster Infectious Disease Symposium, Singapore   2019   
Laboratory automationin bacteriological tests [Invited]
Yoshitomo Morinaga
17th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection, Hong Kong, China   2018   
Management of drug-resistant gram negative infections [Invited]
Yoshitomo Morinaga
18th International Congress on Infectious Disease, Buenos Aires, Argentina   2018