髙橋 重成

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/28 15:40
 
アバター
研究者氏名
髙橋 重成
 
タカハシ ノブアキ
所属
京都大学
部署
白眉センター
職名
特定准教授
学位
工学博士(京都大学)
科研費研究者番号
70604635

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
京都大学  白眉センター  特定准教授
 
2015年6月
 - 
2019年3月
ハーバード大学医学大学院  細胞生物学分野  専任講師
 
2014年6月
 - 
2015年6月
ハーバード大学医学大学院  細胞生物学分野  博士研究員
 
2010年12月
 - 
2014年5月
京都大学  先端医工学研究ユニット  助教
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2010年11月
京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 博士課程(期間短縮にて学位取得)
 
2006年4月
 - 
2008年3月
京都大学大学院 工学研究科 合成・生物化学専攻 修士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
京都大学 工学部 工業化学科
 

受賞

 
2014年2月
井上科学振興財団  井上研究奨励賞
受賞者: 高橋 重成
 
2013年3月
日本生理学会  佐川喜一賞
受賞者: 高橋 重成
 
2012年12月
日本生化学会  鈴木紘一メモリアル賞
受賞者: 高橋 重成
 
2011年9月
日本生化学会 鈴木紘一メモリアル賞
受賞者: 高橋 重成
 
2011年8月
The Society for Neuroscience in USA "Hot topic" Research
受賞者: 高橋 重成
 

論文

 
Harris IS, Endress JE, Coloff JL, Selfors LM, McBrayer SK, Rosenbluth JM, Takahashi N, Dhakal S, Koduri V, Oser MG, Schauer NJ, Doherty LM, Hong AL, Kang YP, Younger ST, Doench JG, Hahn WC, Buhrlage SJ, DeNicola GM, Kaelin WG Jr, Brugge JS
Cell metabolism   29(5) 1166-1181   2019年5月   [査読有り]
Takahashi N, Chen HY, Harris IS, Stover DG, Selfors LM, Bronson RT, Deraedt T, Cichowski K, Welm AL, Mori Y, Mills GB, Brugge JS
Cancer cell   33(6) 985-1003   2018年6月   [査読有り]
Mori Y, Takahashi N, Kurokawa T, Kiyonaka S
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   93(7) 464-482   2017年   [査読有り]
Miyake T, Nakamura S, Meng Z, Hamano S, Inoue K, Numata T, Takahashi N, Nagayasu K, Shirakawa H, Mori Y, Nakagawa T, Kaneko S
Frontiers in physiology   8 878   2017年   [査読有り]
Miyake T, Nakamura S, Zhao M, So K, Inoue K, Numata T, Takahashi N, Shirakawa H, Mori Y, Nakagawa T, Kaneko S
Nature communications   7 12840   2016年9月   [査読有り]
Ogawa N, Kurokawa T, Fujiwara K, Polat OK, Badr H, Takahashi N, Mori Y
The Journal of biological chemistry   291(8) 4197-4210   2016年2月   [査読有り]
Shibata T, Takahashi K, Matsubara Y, Inuzuka E, Nakashima F, Takahashi N, Kozai D, Mori Y, Uchida K
Scientific reports   6 21261   2016年2月   [査読有り]
Mori Y, Takahashi N, Polat OK, Kurokawa T, Takeda N, Inoue M
Pflugers Archiv : European journal of physiology   468(1) 85-97   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Mori Y, Takahashi N, Ogawa N, Gudermann T
Pflugers Archiv : European journal of physiology   468(1) 1-2   2016年1月   [招待有り]
Shimizu S, Yonezawa R, Hagiwara T, Yoshida T, Takahashi N, Hamano S, Negoro T, Toda T, Wakamori M, Mori Y, Ishii M
European journal of pharmacology   742 22-30   2014年11月   [査読有り]
Takahashi N, Hamada-Nakahara S, Itoh Y, Takemura K, Shimada A, Ueda Y, Kitamata M, Matsuoka R, Hanawa-Suetsugu K, Senju Y, Mori MX, Kiyonaka S, Kohda D, Kitao A, Mori Y, Suetsugu S
Nature communications   5 4994   2014年9月   [査読有り]
Takahashi N, Mori Y
Acta physiologica (Oxford, England)   210(4) 705-707   2014年4月   [招待有り]
Kozai D, Kabasawa Y, Ebert M, Kiyonaka S, Firman., Otani Y, Numata T, Takahashi N, Mori Y, Ohwada T
Molecular pharmacology   85(1) 175-185   2014年1月   [査読有り]
Shimizu S, Takahashi N, Mori Y
Handbook of experimental pharmacology   223 767-794   2014年   [査読有り][招待有り]
Yonemitsu T, Kuroki C, Takahashi N, Mori Y, Kanmura Y, Kashiwadani H, Ootsuka Y, Kuwaki T
Scientific reports   3 3100   2013年10月   [査読有り]
Numata T, Ogawa N, Takahashi N, Mori Y
Pflugers Archiv : European journal of physiology   465(8) 1075-1085   2013年8月   [査読有り][招待有り]
Takahashi N, Kozai D, Mori Y
Frontiers in physiology   3 324   2012年   [査読有り][招待有り]
Takahashi N, Kozai D, Kobayashi R, Ebert M, Mori Y
Cell calcium   50(3) 279-287   2011年9月   [査読有り][招待有り]
Takahashi N, Kuwaki T, Kiyonaka S, Numata T, Kozai D, Mizuno Y, Yamamoto S, Naito S, Knevels E, Carmeliet P, Oga T, Kaneko S, Suga S, Nokami T, Yoshida J, Mori Y
Nature chemical biology   7(10) 701-711   2011年8月   [査読有り]
Mori Y, Kajimoto T, Nakao A, Takahashi N, Kiyonaka S
Advances in experimental medicine and biology   704 373-389   2011年   [招待有り]
Takahashi N, Mori Y
Frontiers in pharmacology   2 58   2011年   [査読有り][招待有り]
Yamamoto S, Takahashi N, Mori Y
Progress in biophysics and molecular biology   103(1) 18-27   2010年9月   [査読有り][招待有り]
Bogeski I, Kummerow C, Al-Ansary D, Schwarz EC, Koehler R, Kozai D, Takahashi N, Peinelt C, Griesemer D, Bozem M, Mori Y, Hoth M, Niemeyer BA
Science signaling   3(115) ra24   2010年3月   [査読有り]
Yamamoto S, Shimizu S, Kiyonaka S, Takahashi N, Wajima T, Hara Y, Negoro T, Hiroi T, Kiuchi Y, Okada T, Kaneko S, Lange I, Fleig A, Penner R, Nishi M, Takeshima H, Mori Y
Nature medicine   14(7) 738-747   2008年7月   [査読有り]
Takahashi N, Mizuno Y, Kozai D, Yamamoto S, Kiyonaka S, Shibata T, Uchida K, Mori Y
Channels (Austin, Tex.)   2(4) 287-298   2008年7月   [査読有り]
Yoshida T, Inoue R, Morii T, Takahashi N, Yamamoto S, Hara Y, Tominaga M, Shimizu S, Sato Y, Mori Y
Nature chemical biology   2(11) 596-607   2006年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
がん細胞はワサビ受容体を発現することで酸化ストレス耐性を亢進させている
高橋 重成
実験医学   2018年10月   
がん細胞は感覚受容の分子機構をハイジャックすることで酸化ストレス耐性機能を亢進させている
高橋重成、森泰生、Joan S. Brugge
新着論文レビュー   2018年6月   
TRPV4イオンチャネルのアンキリンリピート ドメインとPI(4,5)P2の相互作用による新たな制御機構
末次志郎, 高橋重成, 伊藤弓弦, 竹村和浩, 嶋田 睦, 北尾彰朗, 森 泰生
生物物理   2015年7月   
TRPA1チャネルを介した酸素・活性酸素種センシング
植田誉志史、高橋重成、森泰生
実験医学   2012年10月   
TRP チャネルを介する新しい酸素センシング機構
高橋重成, 植田誉志史, 森泰生
実験医学   2012年5月   

社会貢献活動

 
酸素がもたらす生物の進化
【講師】  京都大学地球環境学堂  第28回 はんなり京都 嶋臺塾「極地を生きるちから」  2013年11月
極限環境の生命について竹内 洋岳 氏 (プロ登山家)との公開討論
【パネリスト, コメンテーター】  京都大学地球環境学堂  第28回 はんなり京都 嶋臺塾「極地を生きるちから」  2013年11月