Shiromaru Mizue

J-GLOBAL         Last updated: Sep 29, 2018 at 09:30
 
Avatar
Name
Shiromaru Mizue
E-mail
shiro.msapmed.ac.jp
Affiliation
Sapporo Medical University
Section
School of Health Sciences
Research funding number
90300053

Research Areas

 
 

Published Papers

 
BGMの患者・看護師への影響に対する看護師の実感
合田 恵理香, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ
日本クリティカルケア看護学会誌   13(3) 61-69   Oct 2017   [Refereed]
ICUに入院中の患者のストレス緩和にBGMを活用している施設があるが、患者と同じ空間・時間に同じBGMを聴く看護師に、自分自身や患者へのBGMの影響をどのように感じているか明らかにした研究は充分ではない。そこで本研究は患者と同じ空間・時間に同じBGMを聴くICU看護師が、BGMの影響をどのように感じているか明らかにすることを目的とし、ICU看護師10名に半構造化面接を行った。その結果、看護師が実感した患者への影響は【BGMによってもたらされる患者の日常性と心身の回復】【患者に対するBGMの...
村田香織, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ
北日本看護学会誌   20(1) 1‐11   Sep 2017   [Refereed]
門林道子, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ, 佐藤幹代
保健医療社会学論集   28(1) 44‐55   Jul 2017   [Refereed]
木村恵美子, 城丸瑞恵
死の臨床   40(1) 161‐167-167   Jun 2017   [Refereed]
船木沙織, 城丸瑞恵
日本看護歴史学会誌   (30) 61‐73   Jun 2017   [Refereed]
婦人科がんリンパ節郭清術後患者のリンパ浮腫予防のセルフケア実施状況と関連する要因
水間 八寿子, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ, 牧野 夏子
日本がん看護学会誌   31 165-171   Apr 2017
大塚知子, 牧野夏子, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ, 澄川真珠子
札幌保健科学雑誌   (6) 35‐41-41   Mar 2017   [Refereed]
急性期看護実習におけるICU見学実習の学びを、教育目標分類学を活用して明らかにすることを目的に、A大学看護学科3年生21名の見学実習レポートに記載された学びを、認知領域、精神運動領域、情意領域に分類し、質的帰納的に分析した。その結果、認知領域では【医療者間の連携】【看護師に必要な能力・役割】【患者・家族への看護援助】【倫理問題】に関する4つの理解が、情意領域では【患者・家族の特徴】【看護師としてのあり方】【病棟環境】【医療者間の連携】【看護師に必要な能力・役割】【患者・家族への看護援助】【...
牧野夏子, 門間正子, 内田裕美, 神田直樹, 田口裕紀子, 春名純平, 皆川ゆり子, 城丸瑞恵
札幌保健科学雑誌   (6) 42‐46-46   Mar 2017   [Refereed]
看護学生を対象とした認定看護師・専門看護師の資格取得に関する公開セミナー「認定看護師・専門看護師のシゴト-資格取得から実際の活動-」を2013年度〜2015年度に年1回、計3回開催し、その評価を、セミナーの参加学生延べ42名への自由記述(「感想」)を含む質問紙調査(回答39名)から検討した。自由記述の内容分析から、【認定看護師・専門看護師の違いや資格取得、活動の実際の理解の深まり】【将来について考える機会・きっかけ】【実際に認定看護師・専門看護師の話を聞く貴重な機会】の3カテゴリーが抽出された。
春名純平, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ
日本救急看護学会雑誌   19(1) 42‐51   Jan 2017   [Refereed]
Details of Particulars of Benefit Finding through the Experiences of Breast Cancer Patients Analysis on Breast Cancer Journals Written by Patients
Migiwa Nakada, Mizue Shiromaru, Satomi Mizutani
Open Journal of Nursing   (7) 98-110   Jan 2017   [Refereed]
村中沙織, 城丸瑞恵, 澄川真珠子
日本救急看護学会雑誌   18(2) 39‐46   Jul 2016   [Refereed]
仲田みぎわ, 城丸瑞恵, 佐藤幹代, 門林道子, 水谷郷美, 本間真理, いとう たけひこ
死の臨床   39(1) 185-191   Jun 2016   [Refereed]
神田直樹, 門間正子, 中井夏子, 皆川ゆり子, 田口裕紀子, 城丸瑞恵
北海道医療大学看護福祉学部紀要   22(22) 31-38   Dec 2015   [Refereed]
水谷郷美, 城丸瑞恵
日本手術看護学会誌   11(2) 278-284   Sep 2015   [Refereed]
鈴木ゆか, 城丸瑞恵
日本救急看護学会雑誌   117(2) 67-75   Aug 2015   [Refereed]
水谷郷美, 城丸瑞恵
日本手術看護学会誌   10(2) 238-242   Sep 2014   [Refereed]
萩原綾香, 渡辺雅幸, 城丸瑞恵, いとう たけひこ
死の臨床   37(1) 131-135   Jun 2014   [Refereed]
佐藤公美子, 奥宮暁子, 城丸瑞恵
日本看護歴史学会誌   27(27) 76-83   May 2014   [Refereed]
合田恵理香, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ
札幌保健科学雑誌   3(3) 59-64   Mar 2014   [Refereed]
皆川ゆり子, 神田直樹, 門間正子, 中井夏子, 田口裕紀子, 城丸瑞恵
札幌保健科学雑誌   (3) 51-58   Mar 2014   [Refereed]
Psychosocial Characteristics of Fathers Who Abused Theire Children as Seen by Public health Nurses
Izumi Ueda,Hisako Izumi,Kazuko Saeki,Kyoko Namikawa,Mizue Shiromaru
Open Journal of Nursing   1-7   2014   [Refereed]
服部兼敏, 城丸瑞恵, 大河原知嘉子, 西川まり子, 猪下光, 井田歩美, 小平朋江, 水谷郷美, 柴崎美紀
日本看護科学学会学術集会講演集   33rd 208   Dec 2013
Murakami R, Shiromaru M, Yamane R, Hikoyama H, Sato M, Takahashi N, Yoshida S, Nakamura M, Kojima Y
Journal of clinical nursing   22(7-8) 939-947   Apr 2013   [Refereed]
水谷郷美, いとう たけひこ, 城丸瑞恵, 小平朋江, 佐藤幹代, 門林道子, 本間真理
札幌保健科学雑誌   (2) 57-60   Mar 2013   [Refereed]
看護系大学生のキャリア発達に関する実態調査 認定看護師、専門看護師、修士・博士に対する認識と資格取得に必要と考える事項および情報源
田口 裕紀子, 門間 正子, 皆川 ゆり子, 神田 直樹, 中井 夏子, 城丸 瑞恵
札幌保健科学雑誌   (2) 11-18   Mar 2013   [Refereed]
看護系大学生の認定看護師、専門看護師、修士・博士に対する認識と資格所得に必要と考える事項および情報源について調査を行った。A大学看護学科の1から4年生185人を対象とした。調査内容は、希望する医療職種、認定看護師、専門看護師、修士・博士に対する認識、資格所得に必要と考える事項、資格所得に必要と考える情報源であった。これらの質問に自記式のアンケート調査で回答してもらった。有効回答数は73であったため、73人を分析対象とした。認定看護師、専門看護師は、半数が役割を知っており、6割から7割の学生...
Research trends on Catecholamine's syringe exchange method
Saitou Saori, Shiromaru Mizue
Research trends on Catecholamine's syringe exchange method   16(4) 561-556   2013   [Refereed]
Fact-finding Survey on the Career Maturity of Nurses working in the Critical Care Fields
16(6) 831-837   2013   [Refereed]
クリティカルケア看護領域における看護師・学生のキャリア開発の意思決定 キャリア開発に必要な支援を考える
神田 直樹, 城丸 瑞恵, 田口 裕紀子, 中井 夏子, 皆川 ゆり子, 門間 正子
日本救急看護学会雑誌   14(3) 123-123   Oct 2012   [Refereed]
大高 庸平, 城丸 瑞恵, いとう たけひこ
昭和医学会雑誌   70(4) 302-314   Aug 2010   [Refereed]
現在、日本において乳がん患者は急速に増加している。治療法の1つであるホルモン療法は、副作用が少ないとされているが、一方でホットフラッシュなどの出現があり、これによって患者のQOLの低下が予測される。本研究は乳がん患者のQOL向上に向けて、手術やホルモン療法を受ける患者の具体的な心理を患者の語りからテキストマイニングを用いて探索的に明らかにすることを目的とした。対象は10人の乳がん患者である。半構造化面接によって得られた逐語録を、テキストマイニングソフトウェアにて分析した。全体頻度として用い...
城丸 瑞恵
Annual report of the Economic Society,Tohoku University   70(3) 407-418   Oct 2009   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
秋田谷結奈, 仙石泰仁, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ
北海道作業療法   1 May 2018   
他部門研修における新人看護職員の学びの考察
梶川 景子, 首藤 英里香, 濱田 奈緒子, 北越 孝栄, 岡本 佳代子, 澤田 佳代, 正岡 経子, 林 佳子, 田畑 久江, 梅田 聖子, 城丸 瑞恵, 大日向 輝美, 萩原 直美
日本看護学会論文集: 看護管理   Apr 2018   
平成27年度にA病院の他部門研修を受講した新人看護師69名(看護師65名、助産師4名、男性12名、女性57名、平均年齢23.1歳)を対象に、チーム医療研修の一環として実施した他部門研修における新人看護師の学びについて、研修終了レポートの内容を分析することにより考察を試みた。レポートの記載内容から「他部門研修の学び」を記述した一文を一記憶単位として抽出し、意味内容の類似性に従って、カテゴリー、サブカテゴリーを抽出した。分析の結果、20のサブカテゴリー、「他職種の役割機能の理解」「他職種への感...
Intravenous tPA(IV-tPA) for Patients with Acute Stroke: Roles Doctors Expect Nurses to play and Issues with In-hospital System for Smooth and rapid Administration
Mika Takahashi1 , Mizue Shiromaru,Migiwa Nakada,Natsuko Makino
The 21th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars   Jan 2018   
Anticipatory Grief Among Nurses who Care for Terminal Cancer Patients in a Palliative Care Unit
Arisa Matsuura, Mizue Shiromaru,Migiwa Nakada
The 21th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars   Jan 2018   
Thinking processes of expert nurses of cancer palliative care for providing daily life assistance considering the safety and comfort of patients
Emiko Kimura, Mizue Shiromaru,Migiwa Nakada
The 21th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars   Jan 2018   
A大学成人看護実習における学生の健康管理状態、身体活動量、体組成の変化
大塚 知子, 澄川 真珠子, 城丸 瑞恵, 牧野 夏子, 仲田 みぎわ
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2017   
A needs survey for people with breast cancer surgery after leaving hospital
Takehiko Ito, Mizue Shiromaru, Migiwa Nakada, Akinori Sato and Masaya Kawada
TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017   21 Oct 2017   
村田香織, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ
北日本看護学会学術集会プログラム・抄録集   1 Sep 2017   
救急看護師が実践するOncologic Emergency患者とその家族へのケア
春名 純平, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ
日本救急看護学会雑誌   Sep 2017   
北海道の地方都市の救急看護師が抱える困難に対するアクションリサーチ法を用いた介入の評価
神田 直樹, 田口 裕紀子, 門間 正子, 牧野 夏子, 春名 純平, 内田 裕美, 皆川 ゆり子, 津川 久仁江, 城丸 瑞恵
日本救急看護学会雑誌   Sep 2017   
北海道の地方都市の救急看護師が抱える困難に対するアクションリサーチ法を用いた介入の実際
田口 裕紀子, 神田 直樹, 門間 正子, 牧野 夏子, 春名 純平, 内田 裕美, 皆川 ゆり子, 津川 久仁江, 城丸 瑞恵
日本救急看護学会雑誌   Sep 2017   
松浦 有沙, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ
5 Sep 2017   
婦人科がんリンパ節郭清術後患者のリンパ浮腫予防のセルフケア実施状況と関連する要因
水間 八寿子, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ, 牧野 夏子
日本がん看護学会誌   Apr 2017   
婦人科癌リンパ節郭清術後患者のリンパ浮腫予防のセルフケア実施状況とそれに関連する要因を明らかにすることを目的に、北海道内の3施設の婦人科外来に通院中の当該患者を対象に質問紙調査を行い、176名(平均年齢54.4±11.2歳)より有効回答を得た。その結果、リンパ浮腫予防のセルフケアの実施は、専門外来を受診している、リンパ浮腫の診断を受けている、むくみの自覚のある者が有意に多く、リンパ浮腫を発症している、あるいは自覚症状の有無が関連していた。
Students' Learning from Study Visits to ICU and ACCEC (Advanced Critical Care & Emergency Center) as Part of Practical Training in Adult Nursing
Tomoko Otsuka ,Natsuko Makino,Mizue Shiromaru,Masuko Sumikawa
The 20th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars)   10 Mar 2017   
Influences of BGM on the families of patients in ICUs as viewed by nurses
Erika Goda, Mizue Shiromaru,Migiwa Nakada
The 20th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars)   10 Mar 2017   
Study on the Effects of In-hospital System for Revascularization Therapy of Acute Stroke Patients
Mika Takahashi , Mizue Shiromaru
The 20th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars)   10 Mar 2017   
TEXT MINING ANALYSIS OF BOOKS BY  PATIENTS OF BREAST CANCER: FOCUSIN,  ON THE EXPRESSIONS OF WISH AND DEMAND
ITO Takehiko, SHIROMARU Mizue, NAKADA Migiwa, &  MIZUTANI Satomi.
The 20th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars)   9 Mar 2017   
城丸瑞恵, いとう たけひこ, 門林道子, 佐藤幹代, 仲田みぎわ, 水谷郷美
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
内田裕美, 牧野夏子, 門間正子, 神田直樹, 城丸瑞恵
日本看護学教育学会誌   Jul 2016   
Clinical Application of Caring for Cancer Survivors through Writing to Originated a Sociological Study
Michiko Kadobayashi ,Migiwa Nakada,Mikiyo Sato,Mari Honma,Takehiko Ito,Mizue Shiromaruromaru Mizue
3rd ISA Forum of Sociology   11 Jun 2016   
臨床と研究をつなぐ 看護大学の挑戦(第1回) 札幌医科大学保健医療学部看護学科の挑戦的・ユニークな取組み
城丸 瑞恵
Best Nurse   Apr 2016   
BGM use for passive music therapy as a nursing approach in the ICU
Erika Goda ,Mizue Shiromaru、Migiwa Nakada
EAFONS 2016   Mar 2016   
Proguram evaluation for cancer survivors on clinical application of writin
Michiko Kadobayashi,Mizue Shiromaru,Migiwa Nakada,Mari Honma,Mikiyo Sato,Takehiko Ito:
EAFONS 2016   Mar 2016   
水間八寿子, 城丸瑞恵, 仲田みぎわ, 牧野夏子
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
Educational Effectiveness of Using the Online Database of the “Health and Illness Narratives DIPEx-Japan
Shiromaru Mizue
18th East Asia Forum of Nursing Scholars (EAFONS   Feb 2015   
Why do authors publish their own Tobyo-ki? Focus on books written by breast cancer patients .
Michiko Kadobayashi, , Mizue Shiromaru,, Migiwa Nakada, , Takehiko Ito, PhD, Satomi Mizutani,, Mikiyo Sato, , Mari Honma, , Tomoe Kodaira
he 17th East Asian Forum of Nursing Scholars   Feb 2015   
Narratives about chemotherapy in tobyo-ki: From autobiographies written by women with breast cancer.
izue Siromaru , Satomi Mizutani, Takehiko Ito,  Migiwa Nakada, Mikiyo Sato Michiko Kadobayashi, Tomoe Kodaira , Mari Honma
the 18th East Asian Forum of Nursing Scholars   Feb 2015   
患者の語りWebサイト・闘病記・手記 ナラティヴ教材と患者体験学を展望して
いとう たけひこ, 小平 朋江, 城丸 瑞恵, 仲田 みぎわ, 佐藤 幹代, 森田 夏実, 吉川 恵美子[和田], 水谷 郷美, 門林 道子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2014   
Characteristics of TOBYO-KI written by breast cancer patients and machining of writing for authors.
Kadobayashi, M., Shiromaru, M., Sato, M., Honma, M., Nakada, M., & Ito, T
the 17th East Asian Forum of Nursing Scholars   Feb 2014   
Emotional characteristics of stories of women who have experienced breast cancer depending on the presence or absence of metastase
Mizue Shiromaru,,Satomi MIZUTANI, Takehiko ITO
EAFONS2013 The 16th EAFONS   21 Feb 2013   
Positive changes due to disease experience noted in personal journals written by breasts cancer patients
Shiromaru, M., Mizutani, S., Sato, M., Kadobayashi, M., Honma, M., Kodaira, T., Nakada, M., & Ito, T.
the 17th East Asian Forum of Nursing Scholars (   Feb 2014   
:Aspect of work that cause fatigue to nurse working in emergency and critical care: differences between those with less than five years of nursing and those with  longer experience
atsuko Makino, Mizue Shiromaru, Shigeyuki Saitoh, Masako Monma
EAFONS 2016   
Difficulties experienced by nurses engaged in emergencu care in the provinces of Hokkaido
Junpei Haruna,Mizue Shiromaru,Yukiko Taguchi, Yuriko MInakagawa、Hiromi Uchida Natsuko Makino,Naoki Kanda,Hiromi Orita、Kunie Tsugawa,Masako Monma
EAFONS 2016