講演・口頭発表等

2014年5月

三大栄養素比率の異なる食事に対するカーボカウント法による血糖値の推移

第57回日本糖尿病学会年次学術集会
  • 芝山伸男
  • ,
  • 高橋利和

記述言語
日本語
会議種別
口頭発表(一般)

各栄養素の比率の異なる食事に対してカーボカウント法による血糖値の変化を検討した1事例の紹介。ある一定以上の脂質の多い食事をした場合、炭水化物だけの計算では、血糖値が高くなった。強化療法を行っている場合は、12~24時間後にかけて、脂質の影響があるため、そのことを考慮したインスリン量の調整をする必要があると考えられた。