森 友久

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 15:33
 
アバター
研究者氏名
森 友久
 
モリ トモヒサ
所属
星薬科大学
部署
薬理学教室
職名
准教授
学位
博士(薬学)(星薬科大学)

経歴

 
1995年4月
 - 
2003年6月
明治製菓株式会社 薬品総合研究所 研究員
 
2003年7月
 - 
2006年4月
東京女子医科大学 法医学教室 助手
 
2005年12月
 - 
2010年12月
National Institutes of Health/ National Institute of Drug Abuse Visiting Fellow
 
2006年5月
 - 
2008年11月
東京女子医科大学 法医学教室 准講師
 
2011年1月
 - 
2011年4月
University of Nebraska Medical Center: Department of Pharmacology and Experimental Neuroscience Instructor
 
2011年5月
 - 
現在
星薬科大学 准教授
 

委員歴

 
2001年4月
 - 
現在
日本薬理学会  評議員・代議員
 
2012年4月
 - 
現在
日本緩和医療薬学会  評議員・認定委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会  評議員・国際学術委員
 
2015年9月
 - 
現在
pmda  専門委員
 
2015年9月
 - 
現在
Frontiers in Neuroscience  Review Editor
 
2016年10月
 - 
現在
日本アルコールアディクション医学会  編集委員・国際委員会委員
 

受賞

 
2013年10月
日本依存精神医学会 柳田 知司賞
 
2006年1月
日本犯罪学会 学術奨励賞
 
2008年
National Institute on Drug Abuse Travel Award
 

論文

 
Tomohisa M, Junpei O, Aki M, Masato H, Mika F, Kazumi Y, Teruo H, Tsutomu S
Synapse (New York, N.Y.)   69(11) 526-532   2015年11月   [査読有り]
Matsumoto K, Umemoto H, Mori T, Akatsu R, Saito S, Tashima K, Shibasaki M, Kato S, Suzuki T, Horie S
European journal of pharmacology   771 220-228   2016年1月   [査読有り]
Mori T, Itoh T, Yoshizawa K, Ise Y, Mizuo K, Saeki T, Komiya S, Masukawa D, Shibasaki M, Suzuki T
Addiction biology   20(4) 724-732   2015年7月   [査読有り]
Takasu K, Ogawa K, Nakamura A, Kanbara T, Ono H, Tomii T, Morioka Y, Hasegawa M, Shibasaki M, Mori T, Suzuki T, Sakaguchi G
British journal of pharmacology   172(8) 2148-2164   2015年4月   [査読有り]
Mori T, Ohya J, Itoh T, Ise Y, Shibasaki M, Suzuki T
Synapse (New York, N.Y.)   69(3) 166-171   2015年3月   [査読有り]
Funada M, Mori T, Maeda J, Tsuda Y, Komiya S, Shimizu N, Kamei J, Suzuki T
European journal of pharmacology   742 89-93   2014年11月   [査読有り]
Mori T, Komiya S, Ohya J, Uzawa N, Sugiyama K, Saitoh Y, Shibasaki M, Suzuki T
European journal of pharmacology   740 160-167   2014年10月   [査読有り]
Shibasaki M, Ishii K, Masukawa D, Ando K, Ikekubo Y, Ishikawa Y, Shibasaki Y, Mori T, Suzuki T
European journal of pharmacology   738 360-367   2014年9月   [査読有り]
Kanbara T, Nakamura A, Shibasaki M, Mori T, Suzuki T, Sakaguchi G, Kanemasa T
Neuroscience letters   580 119-124   2014年9月   [査読有り]
Mori T, Uzawa N, Kazawa H, Watanabe H, Mochizuki A, Shibasaki M, Yoshizawa K, Higashiyama K, Suzuki T
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   350(2) 403-411   2014年8月   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
シグマ受容体シャペロンによる細胞保護作用およびμ-受容体機能調節の機序解明
科学研究費助成機構: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 森 友久
麻関連化合物を中心とした脱法ドラッグにおける精神薬理作用発現の機序解明に関する研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 船田 正彦
違法ドラッグ等の薬物依存のトレンドを踏まえた病態の解明と診断・治療法の開発(H25-医薬-一般-020)
日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 鈴木 勉
次世代の“包括的緩和医療”を支える最先端基礎/臨床融合型研究の基盤形成
研究期間: 2015年4月 - 2008年3月    代表者: 成田 年