黒崎秀仁

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/29 16:56
 
アバター
研究者氏名
黒崎秀仁
 
クロサキヒデト
通称等の別名
Hideto Kurosaki
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
西日本農業研究センター 傾斜地園芸研究領域 園芸環境工学グループ
職名
主任研究員
学位
農学博士(筑波大学)

プロフィール

西日本農業研究センター 上級研究員
UECS研究会 会長
専門は施設園芸。施設園芸向け環境制御システムの共通規格であるUECSの普及推進を行ってきました。最新の環境制御技術を低コストに導入できる方法を研究しています。また、新しい植物生体計測技術の開発に従事しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
西日本農業研究センター
 

論文

 
トマトの低段密植栽培に対応した自動着果処理技術の開発
黒崎秀仁
筑波大学大学院 生命環境科学研究科      2017年   [査読有り]
黒崎 秀仁, 安場 健一郎, 岡安 崇史, 星 岳彦
農業情報研究   25(1) 19-28   2016年
本研究ではArduinoを利用して構築したUECS(ユビキタス環境制御システム)ノードにおけるUDPパケットの受信処理能力について調査を行った.調査の結果,実験で使用したATmega系16 MHzのCPUで動作する機種間に性能差はなく,搭載するEthernetコントローラーICがパケット処理能力を決定していた.約200 byteのUDPパケットを与え,全てのCPUリソースをパケット受信に費やす場合,W5100,W5500搭載機でそれぞれ最大327,576 packets/secの受信が可能...
黒崎 秀仁, 大森 弘美, 岩崎 泰永
農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers   76(6) 541-548   2014年11月
黒崎 秀仁, 大森 弘美, 高市 益行, 岩崎 泰永
農業機械学会誌   74(6) 490-497   2012年
トマト花房にホルモン剤をスポット散布する着果処理ロボットを開発することを目的に,着果処理実験機を試作し,基礎実験を行った。実験機は3軸のマニピュレータとカメラ,LED照明,噴霧装置,制御用コンピュータで構成し,夜間に動作する設計とした。開花数の判定実験では,花房がカメラ側に露出している条件で検出した花弁の面積に閾値を設け,処理適期の3花開花期の判定成功率は93%であった。着果処理実験では,花房がカメラ側に露出している条件では手作業と同等の着果率であったが,主茎の背後の花房では着果率は低下した。
黒崎 秀仁, 大森 弘美, 高市 益行, 佐々木 英和
農作業研究   45(4) 203-211   2010年12月
トマトのハイワイヤー誘引栽培におけるつる下ろし作業は,作業者にとって大きな負担となっている.本研究では模擬実験により,作業者と誘引線の位置関係によって生じる筋力負担の差を表面筋電位の測定によって検証した.まず,実際のつる下ろしの際に生じる持ち上げ負荷を調査した結果,6ヶ月間の平均値は45Nであった.次につる下ろし作業を想定した模擬実験を行い,被験者の積分筋電位(iEMG)を算出した.10箇所の筋肉部位のiEMGを比較した結果,作業台車のステップから誘引線までの高さ(誘引線高さ)の変化に対し...

Misc

 
大森 弘美, 黒崎 秀仁, 岩崎 泰永
農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers   78(2) 164-172   2016年3月
大森 弘美, 黒崎 秀仁, 岩崎 泰永
農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers   78(1) 64-72   2016年1月
安場 健一郎, 多根 知周, 田中 義行, 後藤 丹十郎, 吉田 裕一, 黒崎 秀仁, 岡安 崇史, 星 岳彦
農業情報研究   25(1) 12-18   2016年
情報通信によって環境制御を実施するユビキタス環境制御システム(UECS)用のJavaクラスライブラリの開発を行った.ライブラリはUECSの通信規約を実装しており,開発者は複雑なUECSの通信規約を意識することがない.本ライブラリを用いて気温のデータを自動的に受信して換気扇を操作するプログラムを作成したところ,45行で記述できた.ライブラリを使用しない場合の3.6%のプログラム行数で制御可能であったことから,本ライブラリはUECSのプログラム作成に係る労力を大幅に削減可能であった.また,Ja...
岩崎 泰永, 梅田 大樹, 黒崎 秀仁
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(26) 65-67   2015年5月
大森 弘美, 黒崎 秀仁, 岩崎 泰永
農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers   77(2) 113-121   2015年3月