ERIKO NAKANO

J-GLOBAL         Last updated: Oct 1, 2018 at 15:05
 
Avatar
Name
ERIKO NAKANO
Affiliation
Tohoku University

Published Papers

 
Inui K, Masamune A, Igarashi Y, Ohara H, Tazuma S, Sugiyama M, Suzuki Y, Miyoshi H, Yamamoto S, Takeyama Y, Nakano E, Takuma K, Sakagami J, Hayashi K, Kogure A, Ito T, Mukai T, Maetani I, Nagahama M, Serikawa M, Ueki T, Furuya K, Isayama H, Moriyama I, Shigeno M, Mizukami K, Nanashima A, Oana S, Ikehata A, Watanabe N, Hirooka Y, Ogoshi K, Sasaki Y, Iwata Y, Kudo Y, Nakayama A, Nakamura M
Pancreas   47(6) 708-714   Jul 2018   [Refereed]
Nabeshima T, Kanno A, Masamune A, Hayashi H, Hongo S, Yoshida N, Nakano E, Miura S, Hamada S, Kikuta K, Kume K, Hirota M, Unno M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(3) 357-362   Feb 2018   [Refereed]
Masamune A, Kikuta K, Hamada S, Nakano E, Kume K, Inui A, Shimizu T, Takeyama Y, Nio M, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology   53(1) 152-160   Jan 2018   [Refereed]
Masamune A, Kikuta K, Nabeshima T, Nakano E, Hirota M, Kanno A, Kume K, Hamada S, Ito T, Fujita M, Irisawa A, Nakashima M, Hanada K, Eguchi T, Kato R, Inatomi O, Shirane A, Takeyama Y, Tsuji I, Shimosegawa T, Research Committee of Intractable Pancreatic Diseases in Japan.
Journal of gastroenterology   52(8) 992-1000   Aug 2017   [Refereed]
Masamune A, Nakano E, Niihori T, Hamada S, Nagasaki M, Aoki Y, Shimosegawa T
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   16(5) 814-818   Sep 2016   [Refereed]
Zou WB, Boulling A, Masamune A, Issarapu P, Masson E, Wu H, Sun XT, Hu LH, Zhou DZ, He L, Fichou Y, Nakano E, Hamada S, Kakuta Y, Kume K, Isayama H, Paliwal S, Mani KR, Bhaskar S, Cooper DN, Férec C, Shimosegawa T, Chandak GR, Chen JM, Li ZS, Liao Z
Gastroenterology   150(7) 1558-1560.e5   Jun 2016   [Refereed]
Miura S, Kanno A, Masamune A, Hamada S, Hongou S, Yoshida N, Nakano E, Takikawa T, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Yoshida H, Katayose Y, Unno M, Shimosegawa T
Endoscopy   48(6) 536-545   Jun 2016   [Refereed]
Takikawa T, Kanno A, Masamune A, Hongo S, Yoshida N, Nakano E, Miura S, Hamada S, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(9) 1097-1102   2016   [Refereed]
Nakano E, Geisz A, Masamune A, Niihori T, Hamada S, Kume K, Kakuta Y, Aoki Y, Matsubara Y, Ebert K, Ludwig M, Braun M, Groneberg DA, Shimosegawa T, Sahin-Tóth M, Witt H
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   309(8) G688-94   Oct 2015   [Refereed]
Nakano E, Kanno A, Masamune A, Yoshida N, Hongo S, Miura S, Takikawa T, Hamada S, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Nakayama K, Fujishima F, Shimosegawa T
World journal of gastroenterology   21(33) 9808-9816   Sep 2015   [Refereed]
Masamune A, Nakano E, Hamada S, Kakuta Y, Kume K, Shimosegawa T
Gut   64(8) 1345-1346   Aug 2015   [Refereed]
Miura S, Kanno A, Masamune A, Hamada S, Takikawa T, Nakano E, Yoshida N, Hongo S, Kikuta K, Kume K, Hirota M, Yoshida H, Katayose Y, Uuno M, Shimosegawa T
Surgical endoscopy   29(7) 1862-1870   Jul 2015   [Refereed]
Nakano E, Masamune A, Niihori T, Kume K, Hamada S, Aoki Y, Matsubara Y, Shimosegawa T
Digestive diseases and sciences   60(5) 1297-1307   May 2015   [Refereed]
Nakano E, Masamune A, Kume K, Kakuta Y, Shimosegawa T
Pancreas   43(7) 1125-1126   Oct 2014   [Refereed]
Masamune A, Nakano E, Hamada S, Takikawa T, Yoshida N, Shimosegawa T
Scandinavian journal of gastroenterology   49(3) 323-331   Mar 2014   [Refereed]
Masamune A, Nakano E, Kume K, Takikawa T, Kakuta Y, Shimosegawa T
Gut   63(2) 366   Feb 2014   [Refereed]
[A case of metastatic colorectal cancer with hyperammonemic encephalopathy induced by 5-FU in a patient continuously treated with XELOX therapy].
Nakano E, Kuroki M, Kanno N, Matsumura Y, Miura A, Kikuchi Y, Hirakawa H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40(13) 2581-2584   Dec 2013   [Refereed]
Witt H, Beer S, Rosendahl J, Chen JM, Chandak GR, Masamune A, Bence M, Szmola R, Oracz G, Macek M Jr, Bhatia E, Steigenberger S, Lasher D, Bühler F, Delaporte C, Tebbing J, Ludwig M, Pilsak C, Saum K, Bugert P, Masson E, Paliwal S, Bhaskar S, Sobczynska-Tomaszewska A, Bak D, Balascak I, Choudhuri G, Nageshwar Reddy D, Rao GV, Thomas V, Kume K, Nakano E, Kakuta Y, Shimosegawa T, Durko L, Szabó A, Schnúr A, Hegyi P, Rakonczay Z Jr, Pfützer R, Schneider A, Groneberg DA, Braun M, Schmidt H, Witt U, Friess H, Algül H, Landt O, Schuelke M, Krüger R, Wiedenmann B, Schmidt F, Zimmer KP, Kovacs P, Stumvoll M, Blüher M, Müller T, Janecke A, Teich N, Grützmann R, Schulz HU, Mössner J, Keim V, Löhr M, Férec C, Sahin-Tóth M
Nature genetics   45(10) 1216-1220   Oct 2013   [Refereed]
Takikawa T, Masamune A, Hamada S, Nakano E, Yoshida N, Shimosegawa T
Biochemical and biophysical research communications   437(3) 433-439   Aug 2013   [Refereed]
Takikawa T, Kanno A, Masamune A, Hamada S, Nakano E, Miura S, Ariga H, Unno J, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Yoshida H, Katayose Y, Unno M, Shimosegawa T
World journal of gastroenterology   19(31) 5182-5186   Aug 2013   [Refereed]
Masamune A, Hamada S, Kikuta K, Takikawa T, Miura S, Nakano E, Shimosegawa T
Scandinavian journal of gastroenterology   48(5) 602-609   May 2013   [Refereed]
Masamune A, Nakano E, Kume K, Kakuta Y, Ariga H, Shimosegawa T
Gut   62(4) 653-654   Apr 2013   [Refereed]
Kikuta K, Masamune A, Hamada S, Takikawa T, Nakano E, Shimosegawa T
Biochemical and biophysical research communications   433(3) 292-297   Apr 2013   [Refereed]
Nakano E, Kuroki M, Kanno N, Hiramoto K, Matsumura Y, Miura A, Kikuchi Y, Hirakawa H, Matsuda M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   108(12) 2050-2055   Dec 2011   [Refereed]
[Successful management with partial splenic embolization (PSE) of splenomegaly and thrombocytopenia caused by oxaliplatin-based chemotherapy for advanced colorectal cancer].
Hiramoto K, Kuroki M, Nakano E, Kanno N, Matsumura Y, Miura A, Kikuchi Y, Hirakawa H
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38(5) 835-839   May 2011   [Refereed]
Hiramoto K, Kuroki M, Nakano E, Kanno N, Matsumura Y, Miura A, Kikuchi Y, Hirakawa H, Matsuda M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   108(4) 650-657   Apr 2011   [Refereed]
Shoji H, Kuroki M, Nakano E, Hiramoto K, Matsumura Y, Miura A, Kikuchi Y, Hirakawa H, Matsuda M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   108(1) 80-87   Jan 2011   [Refereed]

Misc

 
【胆膵EUSを極める-私ならこうする(There is always a better way)-】 診断 EUS-FNA 私はこうする
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 滝川 哲也, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 下瀬川 徹
胆と膵   38(臨増特大) 973-981   Oct 2017
超音波内視鏡下穿刺吸引法(endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration:EUS-FNA)には、さまざまな穿刺針や穿刺方法があり、おのおのの特徴をよく理解したうえで施行する必要がある。十分な組織採取量が得られることから、穿刺針はフランシーン形状のものを用いることが多い。穿刺法は、knocking the door法で行い、吸引は凝血塊の混入を防ぐためslow-pull法を用いている。病理検体の処理は正確な病理診断を行ううえで鍵となるた...
【膵・胆道癌の早期診断を目指せ!】 主膵管発生の上皮内癌 膵上皮内癌をいかに診断するか
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 滝川 哲也, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 下瀬川 徹
肝・胆・膵   75(3) 589-594   Sep 2017
乾 和郎, 正宗 淳, 五十嵐 良典, 大原 弘隆, 田妻 進, 杉山 政則, 鈴木 裕, 三好 広尚, 山本 智支, 竹山 宜典, 中野 絵里子, 宅間 健介, 阪上 順一, 林 香月, 木暮 敦子, 伊藤 哲也, 向井 強, 前谷 容, 長濱 正亞, 芹川 正浩, 植木 敏晴, 古家 乾, 伊佐山 浩通, 森山 一郎, 重野 賢也, 水上 一弘, 七島 篤志, 小穴 修平, 池端 敦, 渡邉 典子, 廣岡 芳樹, 大越 惠一郎, 佐々木 洋治, 岩田 恵典, 工藤 寧, 中山 中, 中村 雅史
膵臓   32(4) 714-726   Aug 2017
膵石症の一次治療に関する全国調査で125施設1834例(男1479、女355)を集計した。ESWL103例(5.6%)、ESWLと内視鏡併用446例(24.3%)、内視鏡261例(14.2%)、外科治療167例(9.1%)、その他358例(19.5%)、無治療499例(27.2%)であった。症状消失率はESWL(内視鏡治療併用を含む)85.7%、内視鏡単独80.8%、外科治療92.8%と外科治療で高かった。早期偶発症はESWL8.0%、内視鏡単独4.5%、外科治療27.1%、後期偶発症はE...
腎細胞癌の胆嚢転移の1例
鍋島 立秀, 菅野 敦, 正宗 淳, 森川 孝則, 中野 絵里子, 三浦 晋, 藤島 史喜, 海野 倫明, 下瀬川 徹
胆道   31(3) 640-640   Aug 2017
【ERCPのエキスパートを目指して】 トラブルシューティング ERCP後膵炎の予防と対処
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
消化器内視鏡   29(5) 946-951   May 2017
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)は胆膵疾患の診断や治療に欠かせない手技であるが、偶発症として膵炎の危険性を常に念頭におく必要がある。ERCP後膵炎発症の危険因子として、若年者、女性、Oddi括約筋機能不全疑い、ERCP後膵炎の既往、再発性膵炎などがあげられている。その予防法は、予防的膵管ステント留置やwire-guided cannulationなど内視鏡手技に関連するものと、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やニトログリセリン製剤などの薬物療法に大別される。輸液療法によるERCP...
慢性膵炎の進展予防を目的とした治療 その適応と限界 当施設における膵石症治療の現状
菊田 和宏, 正宗 淳, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
膵臓   32(3) 362-362   May 2017
壊死性膵炎における内視鏡的ネクロセクトミーの治療成績と合併症に関する検討
粂 潔, 菅野 敦, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 吉田 直樹, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 正宗 淳, 下瀬川 徹
膵臓   32(3) 535-535   May 2017
EUS-FNAにより組織採取が可能であった膵漿液性嚢胞腫瘍の3例
鍋島 立秀, 菅野 敦, 正宗 淳, 本郷 星仁, 吉田 直樹, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 藤島 史喜, 海野 倫明, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   59(Suppl.1) 1108-1108   Apr 2017
アルコール性臓器障害発症の分子機序と治療への応用 アルコール性慢性膵炎患者における膵炎関連遺伝子異常の網羅的解析
中野 絵里子, 正宗 淳, 下瀬川 徹
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A119-A119   Mar 2017
当院における膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)症例の検討
鍋島 立秀, 菅野 敦, 正宗 淳, 本郷 星仁, 吉田 直樹, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 元井 冬彦, 海野 倫明, 藤島 史喜, 下瀬川 徹
日本消化器病学会雑誌   114(臨増総会) A283-A283   Mar 2017
【今日から役立つ肝胆膵疾患の遺伝子診断学】 臨床応用中の遺伝子診断 遺伝性膵炎の遺伝子検査の実際
正宗 淳, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
肝・胆・膵   74(2) 203-209   Feb 2017
全エクソーム解析による新規膵炎関連候補遺伝子の同定
中野 絵里子
日本膵臓病研究財団研究報告書   23回 1-6   Dec 2016
膵炎関連遺伝子として、これまでにPRSS1遺伝子やSPINK1遺伝子、CTRC遺伝子などが同定されてきた。しかし、いまだ原因不明の遺伝性膵炎や特発性膵炎症例が存在し、明らかとなっていない遺伝的背景の存在が疑われる。近年、新たな疾患関連遺伝子検索に次世代シークエンサーが用いられており、これまでのサンガー法と比較し解析効率が向上している。今回我々は、新規膵炎関連候補遺伝子同定のため、次世代シークエンサーを用いて解析対象を限定するターゲットリシークエンス解析と全エクソーム解析を行った。日本人慢性...
【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 膵管Intervention 膵管狭窄困難例への対処
菅野 敦, 正宗 淳, 中野 絵里子, 鍋島 立秀, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆と膵   37(臨増特大) 1333-1337   Nov 2016
症状を有する膵管狭窄症例は、内視鏡的治療の適応となることが多い。膵管狭窄はさまざまな原因で起こりうるが、治療を行ううえで、その原因を正しく診断することがもっとも重要である。膵管狭窄の内視鏡的治療は、ガイドワイヤーによる狭窄部の突破、狭窄部の拡張、ステント挿入などのいくつかの段階を要する。膵管狭窄に対する安易な内視鏡治療は、膵管損傷などの重篤な偶発症を招くため、多くの症例を経験する必要がある。(著者抄録)
【Interventional EUSのすべて】 膵実質病変におけるEUS-FNAの実際
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
消化器内視鏡   28(10) 1593-1599   Oct 2016
超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)には、さまざまな穿刺針や穿刺方法があり、各々の特徴を理解したうえで施行する必要がある。また、病理検体処理の方法は病理診断能を左右する重要な過程であり、内視鏡医と病理部門が密な連携をとって、各施設における最適な方法を行うことが重要である。(著者抄録)
当施設における悪性胃十二指腸狭窄に対する内視鏡的ステント留置術の検討
中野 絵里子, 菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   58(Suppl.1) 681-681   Apr 2016
中野 絵里子, 正宗 淳, 新堀 哲也, 粂 潔, 青木 洋子, 下瀬川 徹
膵臓   31(1) 54-62   Feb 2016
1996年に遺伝性膵炎の疾患関連遺伝子としてカチオニックトリプシノーゲン(PRSS1)遺伝子変異が同定されて以降、いくつかの膵炎関連遺伝子が報告されてきた。しかし、いまだ原因遺伝子が明らかでない遺伝性膵炎家系や、若年発症の特発性膵炎患者が存在する。近年、様々な疾患で遺伝的背景の検索が次世代シークエンサーを用いて行われるようになりつつある。従来の遺伝子変異解析法と比較し、次世代シークエンサーは大量のゲノム情報を高精度かつ安価に解析することが可能である。我々は、PRSS1遺伝子などの既知の膵炎...
【新たに定義された"肝門部領域胆管癌"の診断と治療】 治療方針決定のための診断法 EUS・IDUSを用いた肝門部領域胆管癌の診断
菅野 敦, 正宗 淳, 三浦 晋, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹, 深瀬 耕二, 海野 倫明
胆と膵   37(1) 37-44   Jan 2016
胆道癌取扱い規約が改訂され、UICC分類に則って肝門部領域胆管癌が新たに定義された。肝門部領域胆管癌は手術を中心に考えられた定義であり、広範囲肝切除を中心に術式が立案される。超音波内視鏡(endoscopic ultrasonograpy:EUS)と管腔内超音波検査(intraductal ultrasonography:IDUS)は、胆管癌の進展度診断に必須の検査であるが、今回の定義変更により、術前診断におけるEUSとIDUSの役割がさらに重要になった。(著者抄録)
膵原発Mixed acinar-endocrine carcinoma(MAEC)の1例
中野 絵里子, 菅野 敦, 正宗 淳, 本郷 星仁, 吉田 直樹, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 下瀬川 徹, 深瀬 耕二, 元井 冬彦, 海野 倫明, 笠島 敦子
東北医学雑誌   127(2) 186-187   Dec 2015
【大きく変化する神経内分泌腫瘍(NET)の概念と治療】 診断 EUS-FNAによる膵神経内分泌腫瘍診断の実際
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
最新医学   70(10) 1955-1965   Oct 2015
消化管や膵臓に発生する神経内分泌腫瘍(NEN)の報告数が増加している.2010年に,細胞分裂所見とKi67標識率に基づいて分類される新しいNENのWHO病理分類が公表された.超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)を用いた膵NEN(PNEN)の診断における有用性が報告され,組織学的診断のみならず,悪性度診断にも応用されている.EUS-FNAを用いてPNENの診断を行うためには十分な組織量が必要であり,穿刺方法や検体処理法を工夫する必要がある.(著者抄録)
若手に役立つ議論・オピニオンリーダーからのメッセージ 胆管狭窄をどのように診断するか? IgG4関連硬化性胆管炎の診断
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
肝臓クリニカルアップデート   1(2) 215-222   Oct 2015
【ERCPマスターへのロードマップ】 基本編 経乳頭的胆管・膵管生検 細胞診
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆と膵   36(臨増特大) 947-954   Oct 2015
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(Endoscopic retrograde cholangio-pancreatography:ERCP)下細胞診および生検は、膵・胆道疾患の診断上必要であり、胆道腫瘍の良悪性診断や水平方向進展診断の他、膵上皮内癌や膵管内乳頭粘液性腫瘍の診断を行ううえで重要な役割を担っている。さまざまなデバイスの特徴を理解し、安全かつ効率的に膵・胆道疾患の病理組織学的診断を行うことが重要である。(著者抄録)
肝門部悪性胆道狭窄に対する内視鏡的Self-expandable metallic stent挿入後Re-interventionの検討
三浦 晋, 菅野 敦, 正宗 淳, 中野 絵里子, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆道   29(3) 532-532   Aug 2015
当科における術後腸管症例の胆道疾患に対するERCP
菅野 敦, 正宗 淳, 中野 絵里子, 三浦 晋, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆道   29(3) 543-543   Aug 2015
膵・胆管合流異常に併発した肝門部胆管癌術後5年目に発生した膵内遺残胆管癌の1例
中野 絵里子, 菅野 敦, 正宗 淳, 三浦 晋, 廣田 衛久, 森川 孝則, 林 洋毅, 海野 倫明, 藤島 史喜, 下瀬川 徹
胆道   29(3) 660-660   Aug 2015
【膵における超音波検査を今見直す】 膵腫瘍性病変における造影EUSによる鑑別診断
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 滝川 哲也, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆と膵   36(7) 691-698   Jul 2015
電子型超音波内視鏡や超音波造影剤の進歩により、造影超音波内視鏡検査が可能になり、組織内の血流をリアルタイムに観察することができるようになった。造影ハーモニック超音波内視鏡は、詳細な血流の観察のみならず、定量的な血流解析による膵腫瘍診断への応用が期待されている。また、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診・組織診(endoscopic ultrasonography-fine needle aspiration:EUS-FNA)が普及したが、穿刺による播種の問題は解決しておらず、より侵襲の少ない造影超...
糖尿病とがん 糖尿病は膵癌のリスクファクターかつバイオマーカーである
正宗 淳, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
糖尿病合併症   29(1) 61-64   Jun 2015
膵疾患の分子病態 Basics and Applications 次世代シークエンサーを用いた膵炎関連遺伝子の網羅的解析
中野 絵里子, 正宗 淳, 粂 潔, 下瀬川 徹
膵臓   30(3) 252-252   May 2015
S-1単独療法が著効した多発肝転移を伴う膵腺房細胞癌の1例
吉田 直樹, 菅野 敦, 正宗 淳, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 滝川 哲也, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 上野 正道, 下瀬川 徹
膵臓   30(3) 522-522   May 2015
当施設における悪性胃十二指腸狭窄に対する内視鏡的ステント留置術の検討
中野 絵里子, 菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 三浦 晋, 滝川 哲也, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.1) 783-783   Apr 2015
Choledochoceleを合併した異所性胆管開口の1例
滝川 哲也, 菅野 敦, 正宗 淳, 本郷 星仁, 吉田 直樹, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   57(Suppl.1) 957-957   Apr 2015
【肝胆膵診療のNew Horizon】 膵疾患 慢性膵炎 膵炎の原因遺伝子はどこまで解ったか
正宗 淳, 中野 絵里子, 粂 潔, 新堀 哲也, 青木 洋子, 下瀬川 徹
肝・胆・膵   69(6) 1115-1121   Dec 2014
次世代シークエンサーを用いた新規膵炎原因遺伝子の同定
中野 絵里子
日本膵臓病研究財団研究報告書   21回 5-10   Dec 2014
慢性膵炎患者160例を対象に、末梢血または口腔粘膜ぬぐい液からゲノムDNAを抽出し、膵消化酵素や膵発現蛋白など計76の膵炎原因候補遺伝子について次世代シークエンス解析を行った。結果、70の遺伝子で非同義変異・同義変異を含む計713個の遺伝子異常・多型が同定された。これらのうち代表的なものとして、CFTR遺伝子で非同義多型10個と同義多型6個が同定され、非同義多型の中には新規多型が2個、同義多型の中には新規多型が3個あった。また、非同義多型のうちc.4056G>C(p.Q1352H)多型は1...
【慢性膵炎-新しい概念と診断・治療の展開】 慢性膵炎関連遺伝子異常
正宗 淳, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
臨床消化器内科   29(5) 521-527   Apr 2014
遺伝性膵炎や若年発症の特発性膵炎など,遺伝的背景を有すると考えられる慢性膵炎症例は少なくない.膵炎発症に関連する遺伝子異常としては,遺伝性膵炎の原因遺伝子であるカチオニックトリプシノーゲンや膵分泌性トリプシンインヒビターといった,トリプシンの活性化と不活性化に関わる遺伝子異常が中心となる.しかし最近では,消化酵素の分泌障害から膵腺房細胞に小胞体ストレスを起こし膵炎を発症するという,新しいタイプの膵炎関連遺伝子異常も報告されている.遺伝子解析が,症例の病態解析や治療方針決定に重要な情報を与え...
【新しい視点にたった膵内外分泌相関】 膵星細胞と膵島細胞の相関
菊田 和宏, 正宗 淳, 濱田 晋, 滝川 哲也, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
胆と膵   35(4) 339-342   Apr 2014
膵性糖尿病は慢性膵炎や膵癌などの膵疾患において二次的にみられる糖尿病で、膵病変の進行に伴いβ細胞が破壊されるか機能的に障害されることにより生じると考えられているが、そのメカニズムには不明な点が多い。今回、膵線維化に中心的役割を担う膵星細胞がβ細胞に与える影響について検討した。β細胞株RIN-5F細胞とラット活性化膵星細胞を非接触条件下で共培養したところ、RIN-5F細胞のインスリン発現、分泌が低下し、RIN-5F細胞にアポトーシスが誘導された。膵線維化は膵性糖尿病の進展と単に相関しているの...
正宗 淳, 中野 絵里子, 粂 潔, 新堀 哲也, 青木 洋子, 下瀬川 徹
膵臓   29(1) 51-58   Feb 2014
1996年、遺伝性膵炎の原因としてカチオニックトリプシノーゲン(PRSS1)遺伝子変異が同定されて以降、種々の膵炎関連遺伝子異常が報告されてきた。これまでは膵分泌性トリプシンインヒビター(SPINK1)遺伝子など、トリプシンの活性化・不活性化に関わる遺伝子異常が中心であった。最近、遺伝子異常の結果、膵腺房細胞内に小胞体ストレスを起こすことが、新たな膵炎発症機序として注目されている。家族歴の濃厚な遺伝性膵炎でさえ約30%の家系で原因遺伝子は不明である。次世代シークエンサーは、従来型に比較し一...
中野 絵里子, 菅野 敦, 正宗 淳, 三浦 晋, 滝川 哲也, 有賀 啓之, 海野 純, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 坂田 直昭, 元井 冬彦, 江川 新一, 海野 倫明, 藤島 史喜, 石田 和之, 下瀬川 徹
膵臓   28(5) 627-635   Oct 2013
症例は68歳男性。早期胃癌に対する加療時に施行したスクリーニング目的のCTにて、膵尾部に遅延濃染を呈する30mm大の腫瘤を認めた。血清IgG4値が258mg/dlと高値であり自己免疫性膵炎(AIP)も疑われたが、EUS-FNAにて腺癌の組織像を認め、膵尾部癌の診断で膵体尾部切除術を施行した。病理組織学的所見では、膵癌組織に加えて周囲に著明な線維化とリンパ球形質細胞浸潤を認めた。あわせて閉塞性静脈炎と著明なIgG4陽性形質細胞浸潤というAIPに類似した組織像も認めた。術後、血清IgG4値は1...
【糖尿病患者の健康寿命を延ばす-先手を打つ実臨床】 癌で手遅れにしないために 糖尿病患者における消化器癌の動向
正宗 淳, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
糖尿病診療マスター   11(5) 468-471   Jul 2013
【疾患ゲノム研究のLandscape】 胆膵疾患とゲノム 膵炎関連遺伝子の解析
正宗 淳, 中野 絵里子, 下瀬川 徹
肝・胆・膵   67(1) 121-127   Jul 2013