清水信貴

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/23 06:04
 
アバター
研究者氏名
清水信貴
所属
近畿大学
部署
医学部 泌尿器科
職名
医学部講師
学位
医学博士(近畿大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
2015年6月
近畿大学医学部 泌尿器科 医学部講師
 
2015年6月
 - 
2017年3月
ピッツバーグ大学 泌尿器科
 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学医学部 泌尿器科 医学部講師
 

受賞

 
2015年4月
日本泌尿器科学会  坂口賞
 
2014年4月
大阪泌尿器科臨床医会 学術奨励賞
 

論文

 
Shimizu N, Wada N, Shimizu T, Suzuki T, Takaoka EI, Kanai AJ, de Groat WC, Hirayama A, Hashimoto M, Uemura H, Yoshimura N.
Neuroscience Letters   683 100-103   2018年6月   [査読有り]
Shimizu N, Doyal M.F.,Goins W.F.,Kadekawa K.,Wada N.,Kanai A.J.,De Groat W.C.,Hirayama A.,Uemura H.,Glorioso J.C., Yoshimura N.
Neuroscience   364 190-201   2017年   [査読有り]
Wada N, Shimizu T, Shimizu N, de Groat WC, Kanai AJ, Tyagi P, Kakizaki H, Yoshimura N.
Neurourol Urodyn   doi: 10.1002/nau.23539. [Epub   2018年3月   [査読有り]
Shimizu T, Majima T, Suzuki T, Shimizu N, Wada N, Kadekawa K, Takai S, Takaoka E, Kwon J, Kanai AJ, de Groat WC, Tyagi P, Saito M, Yoshimura N.
Exp Physiol.   30. doi: 10.1113/EP086951. [E   2018年3月   [査読有り]
Miyazato M., Kadekawa K., Kitta T., Wada N.,Shimizu N., de Groat. W. C., Birder L.A.,Kanai A.J.,Saito S.,Yoshimura N.
Urol. Clin. N. Am.   44 491-505   2017年   [査読有り]

Misc

 
清水信貴
臨床泌尿器科   72(2)    2018年2月   [依頼有り]
パーキンソン病の排尿・蓄尿障害に対する両側視床下核刺激術の効果
中野 直樹, 渡邉 啓, 種子田 護, 松本 成史, 清水 信貴, 植村 天受
機能的脳神経外科   46(1) 68-69   2007年5月
パーキンソン病(PD)例は潜在的に排尿・蓄尿機能が低下しており,ある統計では37~71%の症状を有していると報告されている2)。特に夜間は,日常生活動作に支障となる動作緩慢が出現しやすい時間帯である。したがって,夜間排尿は深刻な障害である。脳深部刺激術後,これらの排尿・蓄尿機能障害が軽快する例も少なくはない。
排尿に関して,尿流動態検査(Urodynamics)が泌尿器科で行われ,客観的な検査法である。今回我々は,泌尿器科と共同で,視床下核刺激電極留置術(DBS)前後のUrodynamic...

講演・口頭発表等

 
Therapeutic effects of p38 MAP kinase inhibitor on bladder dysfunct ion in mice with spinal cord injured (SCI)
Nobutaka Shimizu, Takahisa Suzuki, Ei-ichiro Takaoka, Joombeom Kwon , Naoki Wada, Takahiro Shimizu, AkihideHirayama , Hirotsugu Uemura, Anthony J Kanai , William C. de Groat , Naoki Yoshimura
AUA (San Francisco)   2018年5月21日   
ROLE OF NERVE GROWTH FACTOR IN HYPEREXCITABILITY OF CAPSAICIN SENSITIVE BLADDER AFFERENT NEURONS IN SPINAL CORD INJURED MICE.
Shimizu T.,Majima T., Suzuki T., Shimizu N., Wada N.Kadekawa K., Takai S., Takaoka E., Kwon J.,Tyagi P., Saito M., Yoshimura N.
ICS2017(FLORENCE)   2017年9月14日   
Role of B3-Adrenoceptors in the control of the urethral continence Function in Female RATS.
Kwon J., Suzuki T., Takaoka E., Shimizu N., Takai S., Shimizu T., Cho D., Yoshimura N.
ICS2017(FLORENCE)   2017年9月14日   
Functional Analysis of urethral continence Reflexes using simultaneous Bladder and urethral pressure Recordings in a Rat Model of sui induced by Multiple simulated Birth traumas.
Kwon J., Suzuki T., Takaoka E., Shimizu N., Takai S.,Cho D., Yoshimura N.
ICS2017(FLORENCE)   2017年9月13日   
Role of the Serotonergic system in urethral continence Reflexes During sneezing in Rats.
Suzuki T., Shimizu T., Kwon J., Wada N.,Takai S., Shimizu N., Takaoka E.,
ICS2017(FLORENCE)   2017年9月13日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 清水信貴