基本情報

所属
久留米大学高次脳疾患研究所 名誉教授
学位
医学博士(久留米大学大学院)

J-GLOBAL ID
201501009602866222
researchmap会員ID
B000243426

外部リンク

30年にわたりミトコンドリア病の研究に従事してきた。ここに来て初めて、医師になって以来の人生の目標である「社会貢献」ということが、少しずつ形に表せるようになってきた。アルギニン治療の発見、ピルビン酸ナトリウムの創薬、そして非専門家でもミトコンドリア病を簡単に診断できるバイオマーカーGDF15の発見と、トランスレーショナルリサーチを実践できる環境が整ってきた。振り返ると、私のミトコンドリア病研究の契機となった久留米大学小児科研究室(山下文雄名誉教授・芳野信名誉教授・吉田一郎名誉教授の指導)でのReye症候群の研究から始まり、東京の国立精神・神経センターでのミトコンドリア病機能解析(埜中征哉武蔵病院名誉院長)、米国コロンビア大学での分子病態解明(DiMauro教授、Schon教授)、そして米国から帰国後に、研究を続けることを見守ってくれた久留米大学医学部小児科の加藤裕久名誉教授、松石豊次郎名誉教授、山下裕史朗主任教授に感謝する。最後に、私の研究を文句も言わず、継続して支援してくれた家族に心から感謝する。

学歴

  2

論文

  123

MISC

  339

共同研究・競争的資金等の研究課題

  31

社会貢献活動

  1