MIE KUMACHI

J-GLOBAL         Last updated: Apr 19, 2019 at 22:27
 
Avatar
Name
MIE KUMACHI
E-mail
kumachircakita.ac.jp
Affiliation
The Japanese Red Cross Akita College of Nursing

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Watanabe N, Matsuoka Y, Kumachi M, Hamazaki K, Horikoshi M, Furukawa TA
Journal of psychiatric research   102 72-80   Jul 2018   [Refereed]
Watanabe N, Furukawa TA, Horikoshi M, Katsuki F, Narisawa T, Kumachi M, Oe Y, Shinmei I, Noguchi H, Hamazaki K, Matsuoka Y
Trials   16 36   Jan 2015   [Refereed]
行動制限最小化研修開催による隔離・身体的拘束施行割合とスタッフの意識の変化
川内 健三, 熊地 美枝, 宇都宮 智, 佐藤 真希子, 西村 武彦, 永田 郁子
日本精神科看護学術集会誌   57(2) 60-64   Sep 2014
精神科病棟では隔離・身体的拘束最小化に向けて取り組みがなされているが、隔離・身体的拘束患者の割合は増加している。隔離・身体的拘束使用防止のコア戦略では隔離・身体的拘束実施減少のために教育を受ける機会が与えられなければならないと述べられている。よって、行動制限最小化研修を開催し、研修前後での隔離・身体的拘束施行割合の変化と研修を受けたスタッフの行動制限に関する意識の変化を明らかにすることを研究目的とする。研修を受けた医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士を研究対象とし、研修前後3ヵ月の隔離...
川内 健三, 坂下 利香, 熊地 美枝, 等々力 信子, 宇都宮 智
日本精神保健看護学会誌   23(1) 51-60   Jun 2014
研究目的は精神科病棟の看護師が隔離・身体拘束を最小化するために実施している看護介入を明らかにすることである。精神科病棟での看護を3年以上経験した看護師12名に対し半構造化面接を行い、質的帰納的に分析した。その結果、精神科病棟の看護師は、【患者を知るための関わり】【協働関係を目指した関わり】【患者に自分や周りの状況への気づきを促す関わり】【他のスタッフと共に行動制限解除の可能性を拡大する】【患者の人権を尊重した関わり】を行っていた。これらの看護介入を行うためには、【患者の人権を尊重した関わり...
医療観察法病棟における常時観察への取り組み 行動制限最小化と安全性の確保
熊地 美枝, 美濃 由紀子, 高橋 直美, 宮本 真巳
日本精神科看護学会誌   54(3) 177-181   Dec 2011
医療観察法病棟では、精神疾患に起因する重大な他害行為を行った既往があり自傷他害の危険性が高い患者に対して、マンパワーを活用し、入院時から治療契約を結び援助関係づくりに努めること、必要時には24時間の常時観察を行うことを通じて、行動制限最小化に一定の成果を上げてきた。そこで本研究は、全国の指定入院医療機関を対象に、医療観察法病棟で行われている行動制限最小化への取り組みの効果を確認し、抱えている課題を明らかにしながら、得られた知見や技法を一般の精神医療に適用するための方策について検討することを...

Misc

 
濃厚なかかわりとチームアプローチからケアの原点を見つめる 触法精神障がい者の看護実践の試み 入院時の綿密なかかわりとインフォームドコンセントの実際
佐藤 るみ子, 熊地 美枝, 久保田 東司, 大迫 充江
精神科看護   32(8) 54-61   Jul 2005
吉岡 洋治, 齋藤 ゆみ, 峯岸 由紀子, 駿河 絵理子, 菊池 謙一郎, 小平 京子, 古地 順子, 大久保 祐子, 岩井 知子, 熊地 美枝, 村上 礼子
看護管理   10(11) 914-919   Nov 2000
高齢者施設においてどんな感染症問題があるか,その対策はどうかを調査した.感染症問題が全体の半数近くに発生しており,その対応に困っている施設が多かったこと,感染症の予防対策について,現場に役立つ専門家のアドバイスを求めている施設が多かった.介護保険制度の実施に伴い,重要な位置を占める各施設にとって,感染症問題はその存続を左右する大きな問題である.施設内の看護職,感染症の専門家,そして行政が一体となった感染症予防の体制づくりがより明確に必要となってきている.今回の調査は,栃木県内の高齢者施設で...

Conference Activities & Talks

 
依存症看護はじめの一歩 いいとこ探し始めませんか?
高野 歩, 熊地 美枝, 関口 慎治, 上野 昭子
日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集   Jun 2017   
当院における入院中の自殺未遂・既遂患者の特徴
松田 悠, 亀井 雄一, 熊地 美枝, 梅津 珠子, 岡崎 光俊, 中込 和幸
精神神経学雑誌   Aug 2016   
医療観察法病棟における常時観察をめぐる相互作用体験 常時観察を経験した入院対象者の語りから
熊地 美枝
司法精神医学   Mar 2016   
質の高い看護実践を目指した新たな取り組み 統合失調症発症早期の方へ手帳を活用した心理教育の実践 SDM(Shared Decision Making)の推進を目指して
熊地 美枝
日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集   Jun 2015   
統合失調症患者手帳の開発
柴岡 三智, 熊地 美枝, 浪久 悠, 根岸 典子, 山田 美紗子, 佐伯 幸治, 山之内 芳雄, 伊藤 弘人, 黒木 規臣, 中込 和幸
精神神経学雑誌   Jun 2014   

Research Grants & Projects

 
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for Research Activity start-up
Project Year: Oct 2017 - Mar 2019    Investigator(s): MIE KUMACHI