山田崇弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/22 14:35
 
アバター
研究者氏名
山田崇弘
 
ヤマダ タカヒロ
eメール
taka0197kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20419948.ja.html
所属
京都大学
学位
博士(医学)(北海道大学大学院)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年6月
 - 
現在
京都大学医学部附属病院遺伝子診療部 特定准教授
 
2016年9月
 - 
2017年5月
北海道大学大学院医学研究科総合女性医療システム学講座 特任准教授
 
2013年4月
 - 
2016年8月
北海道大学大学院 総合女性医療システム学講座 特任講師
 
2009年8月
 - 
2013年3月
北海道大学 大学病院 助教
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
北海道大学 大学院 医学研究科
 
1989年4月
 - 
1995年3月
北海道大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
現在
日本遺伝カウンセリング学会  評議員
 
2013年4月
 - 
現在
日本遺伝カウンセリング学会  編集委員会
 
2013年4月
 - 
現在
日本遺伝カウンセリング学会  研修委員会
 
2013年4月
 - 
現在
日本遺伝カウンセリング学会  遺伝学的検査委員会
 
2012年11月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  評議員
 

受賞

 
2007年11月
財団法人武田科学振興財団 財団法人武田科学振興財団研究助成金 胎盤の発生発達及び周産期疾患におけるオートファジーの機能的役割の解明
 
2004年10月
トロント小児病院研究トレーニングコンペティション
 

論文

 
山田崇弘
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol   224 165-169   2018年5月   [査読有り]
A novel heterozygous ITGB3 p.T720del inducing spontaneous activation of integrin αIIbβ3 in autosomal dominant macrothrombocytopenia with aggregation dysfunction.
山田崇弘
Annals of Hematology   97(4) 629-640   2018年4月   [査読有り]
Maternal age-specific risk for trisomy 21 based on the clinical performance of NIPT and empirically derived NIPT age-specific positive and negative predictive values in Japan.
山田崇弘
J Hum Genet      2018年   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(8) 1350-1352   2017年8月   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(8) 1245-1255   2017年8月   [査読有り]
Post-partum podocyturia following pre-eclamptic pregnancy.
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(6) 1008-1013   2017年6月   [査読有り]
Effects of childbirth on podocyturia in women with normotensive uncomplicated pregnancies.
山田崇弘
Am J Physiol Renal Physiol   312(6) F1112-F1119   2017年6月   [査読有り]
Effect of urine creatinine level during pregnancy on dipstick test.
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(6) 967-973   2017年6月   [査読有り]
Maternal bradycardia occurring prior to onset of HELLP syndrome in a woman with pre-eclampsia.
山田崇弘
BMJ Case Rep      2017年5月   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(5) 866-872   2017年5月   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(5) 873-879   2017年5月   [査読有り]
山田崇弘
Prenat Diagn   37(5) 491-496   2017年5月   [査読有り]
Follow-Up Study on Fetal CT Radiation Dose in Japan: Validating the Decrease in Radiation Dose.
山田崇弘
Am J Roentgenol   208(4) 862-867   2017年4月   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(3) 505-510   2017年3月   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(2) 257-264   2017年2月   [査読有り]
山田崇弘
J Obstet Gynaecol Res   43(1) 34-41   2017年1月   [査読有り]
山田崇弘
J Hum Genet   61(7) 647-652   2016年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
半田 康, 星 信彦, 山田 崇弘, 岸田 達朗, 平山 恵美, 蝦名 康彦, 長 和俊, 山田 秀人, 奥山 和彦, 佐川 正, 櫻木 範明, 藤本 征一郎
日本産科婦人科學會雜誌   2000年2月1日   
日下 剛, 山田 崇弘, 山下 陽一郎, 佐川 正, 遠藤 隆志, 藤田 美悧, 藤本 征一郎
日本臨床細胞学会雑誌   1999年3月22日   
松田 直, 奥山 和彦, 山田 崇弘, 藤本 俊郎, 長 和俊, 根岸 広明, 星 信彦, 松本 憲則, 古林 与志安, 藤本 征一郎
日本産科婦人科學會雜誌   1998年2月20日   
山下 陽一郎, 佐川 正, 古屋 充子, 山田 崇弘, 山田 秀人, 山本 律, 藤野 敬史, 櫻木 範明, 藤本 征一郎
日本産科婦人科學會雜誌   1998年2月20日   
山田 崇弘, 佐川 正, 荒川 三紀雄, 藤田 美俐, 藤本 征一郎
日本臨床細胞学会雑誌   1997年3月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 山田 崇弘
本年における研究実施状況と得られた結果は以下の通りであった.1.正常および妊娠高血圧腎症(preeclampsia:PE)や妊娠高血圧、(PIH)におけるオートファジー遺伝子APG9L1とAPG9L2の胎盤発現の検討APG9L1, APG9L2, NOS3の発現パターンを正常胎盤とPEおよびPIH胎盤で比較する為に胎盤絨毛を147検体収集.その内,正常69例,PE14検体,PIH12検体に関して定量RTPCR法で各遺伝子の発現量の比較を行った.まず正常検体でAPG9L1, APG9L2, ...