Ishii Masaki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 29, 2019 at 10:54
 
Avatar
Name
Ishii Masaki
Affiliation
Musashino University
Section
Faculty of Pharmacy Department of Pharmaceutical Sciences

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Dec 2018
Hiratani Memorial Award, Teikyo University Institute of Medical Mycology
 

Published Papers

 
Matsumoto Y, Ishii M, Hasegawa S, Sekimizu K
Communications biology   2 157   2019   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   12(4) 185-188   Aug 2018   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K.
Drug Discoveries & Therapeutics   12(2) 88-91   2018   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K.
Drug Discoveries & Therapeutics   12(3) 122-125   2018   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Yamada T, Abe S, Sekimizu K
Scientific reports   7(1) 12289   Sep 2017   [Refereed]
Tabuchi F, Matsumoto Y, Ishii M, Tatsuno K, Okazaki M, Sato T, Moriya K, Sekimizu K
The Journal of antibiotics   70(8) 907-910   Jul 2017   [Refereed]
Tabuchi F, Matsumoto Y, Ishii M, Tatsuno K, Okazaki M, Sato T, Moriya K, Sekimizu K
The Journal of antibiotics   70(6) 771-774   Jun 2017   [Refereed]
Ishii M, Nishida S, Kataoka K, Nishiyama Y, Abe S, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   11(1) 25-29   Mar 2017   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Nishida S, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   11(1) 30-34   Mar 2017   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Nakamura I, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   11(1) 1-5   Mar 2017   [Refereed]
Nishida S, Ishii M, Nishiyama Y, Abe S, Ono Y, Sekimizu K
Frontiers in microbiology   8 436   2017   [Refereed]
Matsumoto Y, Ishii M, Shimizu K, Kawamoto S, Sekimizu K
Medical mycology journal   58(4) E131-E137   2017   [Refereed]
Matsumoto Y, Ishii M, Sekimizu K
Scientific reports   6 26354   May 2016   [Refereed]
Matsumoto Y, Yasukawa J, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sekimizu K
Scientific reports   6 22894   Mar 2016   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   10(1) 9-13   Feb 2016   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(4) 234-237   Aug 2015   [Refereed]
Inagaki Y, Matsumoto Y, Ishii M, Uchino K, Sezutsu H, Sekimizu K
Scientific reports   5 11180   Jun 2015   [Refereed]
Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K
Drug discoveries & therapeutics   9(3) 178-183   Jun 2015   [Refereed]
Matsumoto Y, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sugita T, Sumiya E, Sekimizu K
Scientific reports   5 10722   May 2015   [Refereed]
Matsumoto Y, Ishii M, Ishii K, Miyaguchi W, Horie R, Inagaki Y, Hamamoto H, Tatematsu K, Uchino K, Tamura T, Sezutsu H, Sekimizu K
Biochemical and biophysical research communications   455(3-4) 159-164   Dec 2014   [Refereed]

Misc

 
腸球菌YM0831は、ヒトにおけるショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制する
松本 靖彦, 石井 雅樹, 関水 和久
日本細菌学雑誌   73(1) 70-70   Feb 2018
カイコを用いた経口抗白癬薬評価のための動物モデルの確立
石井 雅樹, 松本 靖彦, 山田 剛, 安部 茂, 関水 和久
日本細菌学雑誌   73(1) 123-123   Feb 2018
ショ糖の摂食による血糖値の上昇を抑制する物質の探索のためのカイコの応用
松本 靖彦, 石井 雅樹, 関水 和久
Medical Mycology Research   8(1) 33-38   Dec 2017
ショ糖は、様々な食品に添加される代表的な甘味料である。しかし、ショ糖の過剰な摂取は血糖値の上昇を導き、肥満や糖尿病などの生活習慣病の発症や悪化を引き起こす。よって、ショ糖摂取による血糖値の上昇を抑制する物質の発見は、生活習慣病の予防法や治療法の開発に有用である。血糖値は、ショ糖の腸管内における分解、吸収のあと、全身の様々な臓器の働きにより調節される。そのため血糖値の上昇を阻害する物質の活性を評価するためには動物実験が必要となる。我々は、マウスなどの哺乳動物よりも費用や倫理的な問題が小さいカ...
抗真菌薬開発のためのカイコを用いた糸状菌の感染モデル
石井 雅樹, 松本 靖彦, 山田 剛, 安部 茂, 関水 和久
Medical Mycology Research   8(1) 39-43   Dec 2017
糸状菌はヒトに様々な感染症を引き起こす真菌である。アスペルギルス症などの全身感染症は高齢者や免疫抑制剤を投与した患者では重篤化しやすく、また白癬などの表在性感染症はその患者数が非常に多く、ともに重要な疾患である。一方で、その治療薬の開発は遅れている。この一因として哺乳類を使用した動物モデルでは大規模で網羅的な探索研究が難しいことがあげられる。代替え動物としての無脊椎動物の使用は哺乳類では困難な抗真菌薬開発のための大規模な探索研究を助けるツールとなりうる。本総説では、近年、我々が確立したカイ...
病原性真菌Cryptococcus neoformansの感染機構の解明のためカイコの利用
松本 靖彦, 石井 雅樹, 関水 和久
Medical Mycology Research   7(1) 21-25   Dec 2016
真菌感染症は、皮膚や深部組織に真菌が侵入、定着することにより発症する。真菌症に対する治療や予防法を開発するためには、病原性真菌の感染機構の理解が重要である。真菌感染症を理解するためには、動物個体を用いた感染実験が必要である。我々は、深在性真菌症を引き起こすCryptococcus neoformansによる感染症の理解および治療薬探索のためのカイコを用いた感染実験の利用を提案している。カイコは、マウスなどの哺乳動物と比べて飼育するためのコストが低く、動物を殺傷することによって生じる倫理的問...