Kentaro YAMADA

J-GLOBAL         Last updated: Oct 18, 2019 at 00:06
 
Avatar
Name
Kentaro YAMADA
Affiliation
Oita University
Section
Faculty of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Isomura M, Yamada K, Noguchi K, Nishizono A
The Journal of general virology   98(11) 2689-2698   Nov 2017   [Refereed]
Manalo DL, Yamada K, Watanabe I, Miranda MEG, Lapiz SMD, Tapdasan E, Petspophonsakul W, Inoue S, Khawplod P, Nishizono A
Zoonoses and public health   64(5) 355-362   Aug 2017   [Refereed]
Kimitsuki K, Yamada K, Shiwa N, Inoue S, Nishizono A, Park CH
The Journal of veterinary medical science   79(6) 970-978   Jun 2017   [Refereed]
Virojanapirom P, Yamada K, Khawplod P, Nishizono A, Hemachudha T
Archives of virology   161(11) 3255-3261   Nov 2016   [Refereed]
Shimatsu T, Shinozaki H, Kimitsuki K, Shiwa N, Manalo DL, Perez RC, Dilig JE, Yamada K, Boonsriroj H, Inoue S, Park CH
Journal of virological methods   237 40-46   Nov 2016   [Refereed]

Misc

 
【高病原性病原体による感染症対策-BSL-4施設により変わる研究-】基礎病態 狂犬病の未解決課題に挑む
山田 健太郎, 西園 晃
最新医学   74(4) 504-509   Apr 2019
忘れてはいけない熱帯感染症・輸入感染症 狂犬病
西園 晃, 山田 健太郎
感染症   44(3) 113,109-119,109   May 2014
狂犬病は狂犬病ウイルスによって引き起こされる致死性脳炎で、ヒトを含めた全ての哺乳類が感染発症しうる代表的な人獣共通感染症の一つである。狂犬病は日本を含むごく一部の清浄国を除き、全世界で流行しており、今もなお公衆衛生上の問題となっている。ヒトへの感染経路は主に感染動物からの咬傷を介してであるが、臓器移植により感染した例も報告されている。発症後の治療法については未だ確立されたものはないが、ワクチンによる予防が可能であり、ワクチン未接種で曝露した場合でも発症前であればワクチンの連続投与による曝露...
西園 晃, 山田 健太郎
ウイルス   62(2) 183-196   Dec 2012
ラブドウイルス科のウイルス粒子形態は特徴的な砲弾型もしくは桿菌型を呈し、そのゲノムは非分節一本鎖マイナス鎖のRNAで、その全長は約11〜16kbである。ラブドウイルスはRNAウイルスの中でもその種類および多様性に富むウイルスで、哺乳類から植物に至るまで実に幅広い宿主から分離されている。ラブドウイルスのゲノムには共通して3'端より順番に5つの構造蛋白質遺伝子(N、P、M、GおよびL蛋白質遺伝子)がコードされており、加えてウイルス種によってはアクセサリー遺伝子が認められる。ラブドウイルス科のウ...
【ウイルス感染症検査診断の新しい展開】 イムノクロマト法による狂犬病とデング熱の迅速検査法
山田 健太郎, 西園 晃
臨床と微生物   39(6) 713-719   Nov 2012
狂犬病およびデング熱は現在では国内感染は認められていないが、海外では通年で流行が認められる。狂犬病は2006年に2例の輸入症例が確認され、デング熱についても輸入症例が年々増加傾向にある。しかし、流行国ではない我が国において、これらの感染症の検査体制は整備されているとはいいがたい。これらの疾患のイムノクロマトキットによる診断システムは迅速・簡便・安価であるため、今後、現場への積極的な導入が期待される。現場での即時検査と診断は、アウトブレイク時の早期発見・制圧や適切な治療を可能にする。しかし、...
【最近注目される微生物 その臨床的意義と検査法(ウイルス)】 診断法の進歩 イムノクロマトキットによる狂犬病の迅速簡便検査法
山田 健太郎, 西園 晃
臨床と微生物   36(3) 263-267   May 2009