Kiyomi Arai

J-GLOBAL         Last updated: Sep 18, 2019 at 16:14
 
Avatar
Name
Kiyomi Arai
E-mail
k_araishinshu-u.ac.jp
Affiliation
Shinshu University
Research funding number
50509700

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Actual Addiction of Athletes and Factors Affecting the Problem – Focus on the players and the people around them
Kiyomi Arai , Yukiko Kawaguchi , Nobuaki Morita , Masaki Ienaga , Noriko Tanaka , Seiichiro Tahara , Takashi Matsui , Masakazu Yamamoto , Chie Inagi , Yoshinori Taguchi
Japanese Journal of Sports Psychiatry   16 18-30   Aug 2019   [Refereed]
大学生のアディクションの実態と問題化のリスク要因の検討 飲酒とギャンブルに関する質問紙調査から
新井 清美, 渡邊 敦子, 岡坂 昌子
日本アルコール関連問題学会雑誌   19(2) 77-84   May 2018
アルコールとギャンブルに焦点を当て、大学生のアディクションの実態を把握すること、そして、アディクションのリスク要因を検討することを目的に、関東圏内4大学の大学生644名(回答数550名、回収率85.4%、分析対象546名)を対象とした質問紙調査を行った。その結果、AUDITで中リスク以上と判定される者は約20%、SOGSでギャンブル障害と判定される者は1.8%であった。さらに、学年、SOGS得点、運動・スポーツ系課外活動所属が飲酒のリスクを高める要因として示された。飲酒、ギャンブルともに問...
【家族支援】 薬物依存症家族への支援 全国家族調査の結果を踏まえた、相談機関別の支援
新井 清美
日本アルコール関連問題学会雑誌   18(2) 19-23   Mar 2017
【家族支援】 薬物依存症家族への支援 2008年全国家族調査との比較
新井 清美
日本アルコール関連問題学会雑誌   18(2) 15-18   Mar 2017
ギャンブル障害の深刻化に影響する要因の検討
新井 清美, 森田 展彰, 大谷 保和, 田中 紀子
日本アルコール・薬物医学会雑誌   51(3) 153-172   Jun 2016   [Refereed]
自助グループ(Gamblers Anonymous:GA)に通う者、依存症回復施設に入所する病的ギャンブラー300名を対象に、ギャンブル障害の深刻化に影響する要因についての質問紙調査を実施した。176名(男性162名、女性14名)から回答が得られた。ギャンブル・借金に関する家族の状況、初めてギャンブルを経験した年齢、経験したことのあるギャンブルの種類、SOGS(the South Oaks gambling Screen:SOGS)、ギャンブル後に生じる事柄、ギャンブルをし過ぎた時の対処法...
病的ギャンブリングの認識における変化のプロセス ギャンブル問題が深刻化する過程に焦点を当てて
新井 清美, 森田 展彰, 田中 紀子, 佐藤 拓
アディクションと家族   31(2) 150-158   Jun 2016   [Refereed]
ARAI KIYOMI, MORITA NOBUAKI
月刊細胞   47(14) 711-715   Dec 2015   [Invited]
我が国では健康日本21、さらには2014年6月1日に施行されたアルコール健康障害対策基本法により、アルコールに起因する問題を持つ者への早期介入に重点が置かれるようになった。早期介入のためには飲酒のリスクを判断し、段階に応じた対応が求められる。本研究では、危険な飲酒のリスク判断として健康的な飲酒からアルコール依存症へと飲酒行動が変わっていくプロセスと、問題を深刻化させる要因、飲酒リスクの段階に応じた介入について検討した。(著者抄録)
危険な飲酒(Hazardous drinking)のプロセスに影響する要因の検討
新井 清美, 森田 展彰, 垣渕 洋一, 新貝 憲利
日本社会精神医学会雑誌   24(3) 313-313   Aug 2015
Study on the intervention in accordance with the risk judgment and the stage of addiction
Kiyomi Arai
University of Tsukuba      Mar 2015   [Refereed]
Arai K, Oka M, Motegi E
Journal of addictions nursing   25(1) 35-40   Jan 2014   [Refereed]

Misc

 
宮岡等, 森田展彰, 新井清美, 田中紀子, 川口由起子, 朝倉崇文, 稲村厚, 蒲生裕司
様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   51‐122   2016
樋口進, 成瀬暢也, 森田展彰, 吉岡幸子, 新井清美, 岡崎直人, 平山智恵
アルコール依存症に対する総合的な医療の提供に関する研究 平成27年度 総括研究報告書   171‐259   2016
樋口進, 成瀬暢也, 森田展彰, 吉岡幸子, 岡崎直人, 新井清美, 田中朋子, 平山智恵, 鈴木勝幸, 小川嘉恵, 深井美里, 北野陽子, 細尾ちあき
アルコール依存症に対する総合的な医療の提供に関する研究 平成26年度 総括研究報告書   35‐37   2015
MIYAOKA HITOSHI, TANABE HITOSHI, ISHIKAWA TOORU, MORITA NOBUAKI, ARAI KIYOMI, MATSUMOTO TOSHIHIKO, GOTO SATOSHI, INAMI MARIO, HIGUCHI SUSUMU, KOMOTO YASUNOBU, KAMIMURA EIICHI, OKAZAKI NAOTO, INAMURA ATSUSHI, TANAKA KATSUTOSHI, GAMO YUJI, MURAI TOSHIYA, YOSHIDA SEIJI, MORIYAMA NARIAKI, AKAGI TAKETOSHI, UCHIDA TSUNEHISA, NISHIMURA NAOYUKI
様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究 平成26年度 総括・分担研究報告書   89-134   2015
MIYAOKA HITOSHI, TANABE HITOSHI, ISHIKAWA TOORU, MORITA NOBUAKI, ARAI KIYOMI, MATSUMOTO TOSHIHIKO, GOTO SATOSHI, INAMI MARIO, HIGUCHI SUSUMU, KAWAMOTO YASUNOBU, KAMIMURA EIICHI, OKAZAKI NAOTO, INAMURA ATSUSHI, TANAKA KATSUTOSHI, GAMO YUJI, MURAI TOSHIYA, YOSHIDA SEIJI, MORIYAMA NARIAKI, AKAGI TAKETOSHI, UCHIDA TSUNEHISA, NISHIMURA NAOYUKI
様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   36-59   2014
Development of Assessment Tool for Factors Related to Pathological Gambling and Risk Judgment
Kiyomi Arai
Impact   2019(3) 85-87   Mar 2019   [Invited]

Conference Activities & Talks

 
SY31: The current countermeasures regarding gambling addiction in Japan SY31-3: Difficulties and supports for family members of people with gambling disorder in Japan
Nobuaki Morita , Kiyomi Arai , Noriko Tanaka , Yukiko Kawaguchi
6th. International Conference on Behavioral Addictions   19 Jun 2019   
SY24: Considering the countermeasure toward casino opening SY24-3: The process of gambling problem getting serious
Kiyomi Arai
6th. International Conference on Behavioral Addictions   18 Jun 2019   
Difficulties and supports for family members of people with gambling disorder
Nobuaki Morita, Kiyomi Arai, Noriko Tanaka,Yukiko Kawaguchi
International Society for Biomedical Research on Alcoholism   12 Sep 2018   
大学生アスリートにおけるアディクションの実態 体育系・非体育系大学生の比較
新井 清美, 森田 展彰, 川口 由起子, 水上 勝義
日本社会精神医学会雑誌   May 2018   

Research Grants & Projects

 
Development of prevention and early-intervention system for child maltreatment using the database of nationwide survey
Japan Science and Technology Agency: 
Project Year: Nov 2015 - Mar 2019    Investigator(s): Nobuaki Morita
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Satomi FUKUI
The purpose of this research was to clarify the positive and career-fulfilling experiences of nurses engaged in end-of-life care. A questionnaire was developed utilizing codes determined by an inductive content analysis of semi-structured intervie...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2010 - 2011    Investigator(s): Kiyomi ARAI
We conducted semi-structured interviews involving alcoholic patients and co-residential families at the time, and qualitative and descriptive analyses, to review prealcoholics, those in a condition from the occurrence of alcohol-causing problems t...