Masakazu Mimaki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 30, 2019 at 21:07
 
Avatar
Name
Masakazu Mimaki
Affiliation
Teikyo University
Section
School of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Tran DH, Sugamata R, Hirose T, Suzuki S, Noguchi Y, Sugawara A, Ito F, Yamamoto T, Kawachi S, Akagawa KS, Ōmura S, Sunazuka T, Ito N, Mimaki M, Suzuki K
The Journal of antibiotics   72(10) 759-768   Oct 2019   [Refereed]
Inoue M, Uchino S, Iida A, Noguchi S, Hayashi S, Takahashi T, Fujii K, Komaki H, Takeshita E, Nonaka I, Okada Y, Yoshizawa T, Van Lommel L, Schuit F, Goto YI, Mimaki M, Nishino I
Annals of neurology   86(2) 193-202   Aug 2019   [Refereed]
永光 信一郎, 三牧 正和
小児科   60(8) 1163-1172   Jul 2019
<文献概要>「すべての子どもの健やかに育つ社会」を目指して2015年(平成27年度)から10か年計画で始まった健やか親子21(第2次)は,5年目を迎える2019年度に中間評価を受ける.2つの重点課題と3つの基盤課題の克服のため関係者,関係機関・団体が一体となって,母子保健の課題,子育て支援,虐待対策,思春期の保健指導等に取り組んでいる.子どもの健康増進,小児医療の充実のためには,公衆衛生学の視点をもって,健康問題に関するbiopsychosocialな分析と対策が必要である.本稿では健やか...
荻田 佳織, 疋田 敏之, 三牧 正和
小児科臨床 = Japanese journal of pediatrics   72(6) 783-786   Jun 2019
小澤 由衣, 三牧 正和, 佐々木 亜希子, 関口 昌央, 滝田 順子, 青天目 信, 小田 洋一郎
小児科臨床 = Japanese journal of pediatrics   72(5) 601-604   May 2019
山本 和奈, 岩島 覚, 西尾 友宏, 塩澤 亮輔, 久保田 晃, 三牧 正和
小児科   60(6) 967-973   May 2019
<文献概要>ブラインドやカーテン留め等のひも状部分が偶然,子どもの頸部に絡まり,縊頸をきたす事故が報告されている.この事故は世界的にも問題になっており,判明しているだけでも世界15か国で250件以上の死亡事故が報告されている.残念ながら,本邦でもブラインドひもによる小児縊頸事故は発生している.ほとんどの事故死は,啓発により予防することができると考えられるが,本件に関しては発生件数が減少していないのが現状である.われわれ小児科医は保護者や企業,行政と協力し,小児縊頸事故の予防,対策に徹底的に...
Nakagama Y, Hamanaka K, Mimaki M, Shintaku H, Miyatake S, Matsumoto N, Hirohata K, Inuzuka R, Oka A
Neurology. Genetics   5(2) e319   Apr 2019   [Refereed]
Hoshide Madoka, Korematsu Seigo, Miyata Rie, Mimaki Masakazu, Muramatsu Kazuhiro, Miyamoto Yusaku, Yamanaka Gaku, Shimokawa Shoko, Yamanouchi Hideo
NO TO HATTATSU   51(1) 15-18   Jan 2019
<p>  Objective: This survey aimed to determine the current usage and adverse events associated with intravenous (IV) anticonvulsants, to better understand their safety profile. Methods: We issued web-based questionnaire...
Miyamoto Yusaku, Muramatsu Kazuhiro, Hoshide Madoka, Miyata Rie, Mimaki Masakazu, Yamanaka Gaku, Shimokawa Shoko, Korematsu Seigo, Yamanouchi Hideo
NO TO HATTATSU   51(1) 19-23   Jan 2019
<p>  Objective: Drug sedation for examination and treatment, as well as for magnetic resonance imaging, is commonly performed in pediatric patients, and a "Co-proposal on sedation at the time of MRI examination" has been published. T...
Uchino S, Iida A, Sato A, Ishikawa K, Mimaki M, Nishino I, Goto YI
Human genome variation   6 19   2019   [Refereed]
Yamamoto M, Alshahni MM, Tamura T, Satoh K, Iguchi S, Kikuchi K, Mimaki M, Makimura K
Journal of clinical microbiology   56(9)    Sep 2018   [Refereed]
双胎間の輸血により低ガンマグロブリン血症をきたした一絨毛膜二羊膜双胎の1例
木本 豪, 伊藤 直樹, 蔵本 怜, 嶋田 怜士, 古川 陽介, 石田 毅, 近藤 福雄, 小林 茂俊, 三牧 正和
帝京医学雑誌   41(4) 153-159   Jul 2018
一絨毛膜二羊膜双胎(monochorionic diamniotic twin、以下、MD双胎)間の輸血により、出生時の免疫グロブリンG値(immunoglobulin G:以下、IgG)が供血児で98mg/dL、受血児で694mg/dLと不均衡を認め、IgGが供血児から受血児に移行したと考えられる症例を経験した。低ガンマグロブリン血症に伴う易感染性に対して、予防的に皮下注用免疫グロブリン製剤(subcutaneous immunoglobulin:以下、SCIG)を使用した。両児とも退院...
低親和性自己抗体の関連が疑われたクームス陰性自己免疫性溶血性貧血の一例
中村 こずえ, 山本 美佳智, 小山 隆之, 三牧 正和, 亀崎 豊実
日本小児血液・がん学会雑誌   54(5) 433-437   Apr 2018
自己免疫性溶血性貧血(AIHA)症例の約10%は直接クームス試験(DAT)が陰性である。DAT陰性となる要因の一つとして低親和性赤血球自己抗体が関係することがある。低親和性赤血球自己抗体によるAIHAが示唆された重症貧血(Hb5.3g/dL)の4歳1ヵ月女児を報告する。症例はAIHAが疑われたが、試験管法DATは陰性であった。ステロイド治療したところ貧血の改善を認めDAT陰性AIHAと診断した。貧血の程度はステロイド量に依存したため、rituximabの治療を行った。部分改善となり診断5年...
Kuroda Y, Mizuno Y, Mimaki M, Oka A, Sato Y, Ogawa S, Kurosawa K
Clinical dysmorphology   26(4) 224-227   Oct 2017   [Refereed]
Shimoda K, Mimaki M, Fujino S, Takeuchi M, Hino R, Uozaki H, Hayashi M, Oka A, Mizuguchi M
Brain & development   39(7) 629-632   Aug 2017   [Refereed]
児童養護施設・乳児院等嘱託医への実態調査報告
村田 祐二, 永光 信一郎, 海老澤 元宏, 廣瀬 伸一, 三牧 正和, 安 炳文, 井上 信明, 加治 正行, 齋藤 伸治, 星野 崇啓, 田中 恭子, 小倉 加恵子, 作田 亮一, 小川 厚, 種部 恭子, 広瀬 宏之, 秋山 千枝子, 日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会
日本小児科学会雑誌   121(7) 1289-1291   Jul 2017
永光 信一郎, 秋山 千枝子, 阿部 啓次郎, 安 炳文, 井上 信明, 加治 正行, 齋藤 伸治, 佐藤 武幸, 田中 英高, 村田 祐二, 三牧 正和, 山中 龍宏, 平岩 幹男, 伊藤 悦朗, 廣瀬 伸一, 五十嵐 隆, 日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会
日本小児科学会雑誌   121(5) 891-899   May 2017
日本小児科学会会員と小児科を受診した保護者を対象に、思春期医療または思春期の課題に関するアンケート調査を実施し、その現状について検討した。会員20854名にアンケートを発送し、医師5218名と保護者3602名より回答を得た。思春期の子ども達の診療または相談経験がある医師は82.9%であった。診療や相談内容については、不登校が80.7%と最も多く、次いで肥満が58.1%、発達障害が53.8%、月経異常が48.0%、虐待が9.4%、性感染・避妊・中絶などの性関連が4.2〜6.6%であった。親子...
Ohta S, Isojima T, Mizuno Y, Kato M, Mimaki M, Seki M, Sato Y, Ogawa S, Takita J, Kitanaka S, Oka A
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   59(1) 99-102   Jan 2017   [Refereed]
Natsume J, Hamano SI, Iyoda K, Kanemura H, Kubota M, Mimaki M, Niijima S, Tanabe T, Yoshinaga H, Kojimahara N, Komaki H, Sugai K, Fukuda T, Maegaki Y, Sugie H
Brain & development   39(1) 2-9   Jan 2017   [Refereed]
Nakamura Kozue, Yamamoto Mikachi, Koyama Takayuki, Mimaki Masakazu, Kamesaki Toyomi
The Japanese Journal of Pediatric Hematology / Oncology   54(5) 433-437   2017
<p>Direct Coombs test (DAT)-negative autoimmune hemolytic anemia (AIHA) accounts for approximately 10% of AIHA cases. Low-affinity IgG may contribute to the negative test results. We report the case of a girl aged 4 years and 1 month with severe a...
Hikita T, Kodama H, Ogita K, Kaneko S, Nakamoto N, Mimaki M
Pediatric neurology   57 29-33   Apr 2016   [Refereed]
Sato Y, Wakabayashi K, Ogawa E, Motoyama K, Kodama H, Kobayashi S, Mimaki M
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society      Jan 2016   [Refereed]
Saitsu H, Fukai R, Ben-Zeev B, Sakai Y, Mimaki M, Okamoto N, Suzuki Y, Monden Y, Saito H, Tziperman B, Torio M, Akamine S, Takahashi N, Osaka H, Yamagata T, Nakamura K, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Shiina M, Ogata K, Matsumoto N
European journal of human genetics : EJHG   24(1) 129-134   Jan 2016   [Refereed]
山口有紗, 下田木の実, 三牧正和, 太田さやか, 水野葉子, 高橋長久, 岩崎博之, 岡明, 水口雅
小児科臨床   68(9) 1737-1743   Sep 2015
Mimaki M, Shiihara T, Watanabe M, Hirakata K, Sakazume S, Ishiguro A, Shimojima K, Yamamoto T, Oka A, Mizuguchi M
Brain & development   37(7) 714-718   Aug 2015   [Refereed]
Formosa LE, Mimaki M, Frazier AE, McKenzie M, Stait TL, Thorburn DR, Stroud DA, Ryan MT
Human molecular genetics   24(10) 2952-2965   May 2015   [Refereed]
森川美佳, 三牧正和, 高橋長久, 内野俊平, 水野葉子, 岩崎博之, 水口雅, 五十嵐隆
小児科臨床   67(6) 995-1000   Jun 2014
黒田友紀子, 三牧正和, 寺嶋宙, 佐藤敦志, 高橋寛, 狩野博嗣, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   116(6) 985-989   Jun 2012
Mimaki M, Wang X, McKenzie M, Thorburn DR, Ryan MT
Biochimica et biophysica acta   1817(6) 851-862   Jun 2012   [Refereed]
Tucker EJ, Mimaki M, Compton AG, McKenzie M, Ryan MT, Thorburn DR
Human mutation   33(2) 411-418   Feb 2012   [Refereed]
Takahashi K, Oka A, Mizuguchi M, Saitoh M, Takita J, Sato A, Mimaki M, Kato M, Ogawa S, Igarashi T
Brain & development   33(4) 353-356   Apr 2011   [Refereed]
Mimaki M, Hatakeyama H, Komaki H, Yokoyama M, Arai H, Kirino Y, Suzuki T, Nishino I, Nonaka I, Goto Y
Annals of neurology   68(6) 845-854   Dec 2010   [Refereed]
Tumurkhuu M, Saitoh M, Sato A, Takahashi K, Mimaki M, Takita J, Takeshita K, Hama T, Oka A, Mizuguchi M
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   52(4) 557-562   Aug 2010   [Refereed]
Kato M, Takita J, Takahashi K, Mimaki M, Chen Y, Koh K, Ida K, Oka A, Mizuguchi M, Ogawa S, Igarashi T
The Journal of pediatrics   155(6) 937-939   Dec 2009   [Refereed]
Sato A, Mizuguchi M, Mimaki M, Takahashi K, Jimi H, Oka A, Igarashi T
Brain & development   31(8) 622-624   Sep 2009   [Refereed]
Okumura A, Kidokoro H, Shoji H, Nakazawa T, Mimaki M, Fujii K, Oba H, Shimizu T
Pediatrics   123(6) e1052-8   Jun 2009   [Refereed]
Mimaki M, Hatakeyama H, Ichiyama T, Isumi H, Furukawa S, Akasaka M, Kamei A, Komaki H, Nishino I, Nonaka I, Goto Y
Mitochondrion   9(2) 115-122   Apr 2009   [Refereed]
Sakata R, Usui T, Mimaki M, Araie M
Archives of ophthalmology (Chicago, Ill. : 1960)   126(3) 431-432   Mar 2008   [Refereed]
Takahashi K, Saitoh M, Hoshino H, Mimaki M, Yokoyama Y, Takamizawa M, Mizuguchi M, Lin ZM, Yang Y, Igarashi T
Neuropediatrics   38(3) 157-159   Jun 2007   [Refereed]
Hayashi T, Kubota M, Mimaki M, Tomita S, Horio K
No to hattatsu. Brain and development   38(5) 359-362   Sep 2006   [Refereed]
Yamasoba T, Goto Y, Komaki H, Mimaki M, Sudo A, Suzuki M
Neuroscience letters   395(1) 18-22   Feb 2006   [Refereed]
Clinical and molecular analysis of Mowat-Wilson syndrome associated with ZFHX1B mutations and deletions at 2q22-q24.1.
Ishihara N, Yamada K, Yamada Y, Miura K, Kato J, Kuwabara N, Hara Y, Kobayashi Y, Hoshino K, Nomura Y, Mimaki M, Ohya K, Matsushima M, Nitta H, Tanaka K, Segawa M, Ohki T, Ezoe T, Kumagai T, Onuma A, Kuroda T, Yoneda M, Yamanaka T, Saeki M, Segawa M, Saji T, Nagaya M, Wakamatsu N
Journal of medical genetics   41(5) 387-393   May 2004   [Refereed]
Mimaki M, Ikota A, Sato A, Komaki H, Akanuma J, Nonaka I, Goto Y
Journal of human genetics   48(1) 47-50   2003   [Refereed]
Mimaki M, Uno A, Fukumizu M, Haruhara N
No to hattatsu. Brain and development   34(3) 268-273   May 2002   [Refereed]
Sudoh A, Sugai K, Miyamoto T, Mimaki M, Fukumizu M, Hanaoka S, Sasaki M
No to hattatsu. Brain and development   34(1) 23-29   Jan 2002   [Refereed]

Misc

 
治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 痙攣重積
三牧 正和
日本医事新報   (4972) 51-51   Aug 2019
【指定難病ペディア2019】個別の指定難病 神経・筋系 レット症候群[指定難病156]
三牧 正和
日本医師会雑誌   148(特別1) S111-S112   Jun 2019
【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 神経・筋疾患 急性小脳失調症 オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群を含めて
内野 俊平, 三牧 正和
小児内科   50(増刊) 746-747   Nov 2018
三牧 正和
医学のあゆみ   267(3) 240-245   Oct 2018
小児期発症の神経疾患や筋疾患には難治性のものが多いが、小児医療の進歩などによって思春期・成人期を迎える患者が増加している。しかし、濃厚な医療的ケアを要する重症患者が多い、病状が急変しやすい、知的障害や発達障害を併存する、疾患・病態の特殊性に対応できる専門家が少ないなど、神経・筋疾患領域では移行期医療を困難にする要因が多数存在する。この状況を乗り越えるためには、患者が生活する医療圏を守るべき医療従事者が、地域の患者の生命の安全を担保することを自らの責務と認識することが出発点となる。そして、個...
先天代謝異常症の視点からみた発達障害
三牧 正和
臨床神経生理学   46(5) 418-418   Oct 2018
ヨウ素摂取と甲状腺機能、成長発達との関連に関する研究 学童全国調査による日本人のヨウ素摂取状況に関する研究(第3報)
布施 養善, 伊藤 善也, 山口 真由, 浦川 由美子, 塚田 信, 三牧 正和, 児玉 浩子
成長科学協会研究年報   (41) 57-65   Oct 2018
日本人のヨウ素栄養状態についてのナショナルデータを作成することを目的に、全国47都道府県において地域のヨウ素栄養状態の国際的評価基準方法である6〜12歳の児童の尿中ヨウ素濃度を測定し、同時に保護者への栄養調査によるヨウ素摂取量調査を行った。調査は2013年から継続しており、今回は平成29年度の研究成果を記載した。測定可能な尿検体の得られた23998名の児童について集計した。年齢は5.9〜14.9歳で平均(標準偏差)9.6(1.7)歳であった。尿中ヨウ素濃度値は、13から66643μg/Lに...
ヨウ素摂取過剰による甲状腺機能障害を正確に評価する方法の開発(中間報告)
布施 養善, 伊藤 善也, 吉田 宗弘, 山口 真由, 浦川 由美子, 塚田 信, 横山 次郎, 三牧 正和, 児玉 浩子
成長科学協会研究年報   (41) 147-150   Oct 2018
日本における社会的養護の現状と小児科医の役割 児童養護施設等嘱託医への実態調査報告
村田 祐二, 光永 信一郎, 海老澤 元宏, 廣瀬 伸一, 三牧 正和, 安 炳文, 井上 信明, 加治 正行, 斎藤 伸治, 星野 崇啓, 田中 恭子, 小倉 加恵子, 作田 亮一, 小川 厚, 種部 恭子, 広瀬 宏之, 秋山 千枝子
日本小児科学会雑誌   122(2) 209-209   Feb 2018
【診断と治療のABC[130]発達障害】(第4章)臨床的見立て 先天代謝異常と発達障害
三牧 正和
最新医学   別冊(発達障害) 139-146   Jan 2018
先天代謝異常症には、乳幼児期に発症して精神発達に異常を来す疾患が数多くあり、その一部では自閉や多動傾向など、発達障害の特徴が前景に立つことがある。特に身体的特徴や神経合併症が乏しい疾患においては、意識して診療にあたり検査しなければ、診断に至らないことがあるので注意が必要である。治療可能な疾患もあるため、発達障害診療において、基礎疾患を見逃すことのないよう心がけることが大切である。(著者抄録)
熱性けいれん 診療と生活指導のアップデート
三牧 正和
東京都医師会雑誌   70(8) 741-747   Sep 2017
生体試料、食品中のヨウ素含有量測定法の確立についての研究(中間報告)
布施 養善, 伊藤 善也, 吉田 宗弘, 山口 真由, 浦川 由美子, 塚田 信, 横山 次郎, 小川 英伸, 三牧 正和, 児玉 浩子
成長科学協会研究年報   (40) 157-159   Sep 2017
毛髪を含めた生体試料(血清、母乳)、および食品中のヨウ素量の測定法の確立について行っている研究の進捗状況などについて報告した。ヨウ素の測定には、誘導結合プラズマ質量分析計を用いることとし、機器の操作方法について習熟するため、セミナーに参加、実習を行った。今後、成長科学協会ヨウ素関連委員会が行っている「ヨウ素を多量に含む食品摂取の健康リスクについて-甲状腺機能への影響についての研究-」において調査対象とした健常成人男女約1000名の血清および尿でヨウ素濃度を測定するとともに、過去の研究で収集...
【小児科ケースカンファレンス】先天代謝異常、内分泌疾患 先天代謝異常症(ミトコンドリア病)
三牧 正和
小児科診療   80(増刊) 76-79   Apr 2017
【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】神経疾患 急性小脳失調症
三牧 正和
小児内科   48(増刊) 354-357   Nov 2016
毛髪中ヨウ素濃度分析によるヨウ素摂取量の評価についての研究(中間報告)
布施 養善, 伊藤 善也, 吉田 宗弘, 山口 真由, 浦川 由美子, 塚田 信, 横山 次郎, 小川 英伸, 三牧 正和, 児玉 浩子
成長科学協会研究年報   (39) 131-134   Sep 2016
【熱性けいれんの診療の現在】 熱性けいれんの定義と年長児の有熱時発作
三牧 正和
日本医事新報   (4813) 24-28   Jul 2016
<Point>▼熱性けいれんとは、主に生後6〜60ヵ月までの乳幼児期に起こる、通常は38℃以上の発熱に伴う発作性疾患(けいれん性、非けいれん性を含む)である。発作症状の多くは強直や間代けいれんであるが、けいれん性のものに限らないこと、すなわち、脱力や一点凝視のみなどの発作もありうることに注意が必要である▼熱性けいれんの診断は除外診断によってなされる。髄膜炎などの中枢神経感染症、代謝異常、その他の明らかな発作の原因がみられないものを指し、てんかんの既往がある場合も除外される▼年長児の有熱性け...
三牧正和
小児科診療   79 108   Apr 2016
三牧正和
小児科診療   79 121   Apr 2016
三牧正和
小児科   57(4) 385-392   Apr 2016
【てんかん】 ピンポイント小児医療 てんかんの診断 新生児・乳児にみられるてんかん
星野 英紀, 三牧 正和
小児内科   47(9) 1459-1463   Sep 2015
<Key Points>(1)新生児・乳児期のけいれんでは、まず感染症や代謝異常などの急性疾患を鑑別し、ついで脳波検査、画像検査によりてんかん症候群診断を行う。(2)新生児・乳児期のけいれんは、非てんかん性の症状や良性てんかんも多い一方、てんかん性脳症や発作による退行を呈する一群が存在するため、早期に診断し治療を開始することが望まれる。(3)近年のゲノム解析技術の進歩により、これまで原因のわからなかったてんかん症候群の原因遺伝子が発見されている。(著者抄録)
高橋長久, 水野葉子, 太田さやか, 下田木の実, 岩崎博之, 三牧正和, 岡明
日本小児科学会雑誌   119(2) 405-405   Feb 2015
水野葉子, 三牧正和, 太田さやか, 下田木の実, 高橋長久, 岩崎博之, 岡明, 水口雅
日本小児科学会雑誌   119(2) 463-463   Feb 2015
慢性循環器疾患が思春期患児とその家族に及ぼす心理社会的影響と展望(Psychosocial impact of heart disease on adolescent and parents in Japan)
山口 有紗, 平田 陽一郎, 進藤 考洋, 犬塚 亮, 清水 信隆, 榊原 秀人, 渡邊 恵理, 岩崎 美和, 三牧 正和, 岡 明
日本小児科学会雑誌   119(2) 234-234   Feb 2015
内野俊平, 熊田聡子, 佐藤敦志, 白井育子, 八谷靖夫, 栗原栄二, 三牧正和, 内藤悦雄, 後藤雄一
脳と発達   47(1) 64-64   Jan 2015
山口有紗, 下田木の実, 佐久間啓, 太田さやか, 水野葉子, 高橋長久, 岩崎博之, 三牧正和, 岡明, 水口雅
脳と発達   47(1) 63-63   Jan 2015
大竹明, 奥山虎之, 長友太郎, 三牧正和, 山崎太郎, 徐朱けん, 武田充人, 志村優, 和田敬仁
「ミトコンドリア病診療の質を高める、レジストリシステムの構築、診断基準・診療ガイドラインの策定および診断システムの整備を行う臨床研究」に関する研究 平成26年度 委託業務成果報告書   29-34   2015
小坂仁, 長友太郎, 三牧正和, 大竹明
「ミトコンドリア病診療の質を高める、レジストリシステムの構築、診断基準・診療ガイドラインの策定および診断システムの整備を行う臨床研究」に関する研究 平成26年度 委託業務成果報告書   17-21   2015
才津浩智, 深井綾子, 酒井康成, 三牧正和, 三牧正和, 岡本伸彦, 鈴木保宏, 門田行史, 齊藤洋, 鳥尾倫子, 赤峰哲, 高橋長久, 小坂仁, 山形崇倫, 中村和幸, 中島光子, 鶴崎美徳, 三宅紀子, 椎名政昭, 緒方一博, 松本直通
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   60th 296   2015
岩崎博之, 水野葉子, 太田さやか, 下田木の実, 高橋長久, 三牧正和, 岡明, 水口雅
脳と発達   46(6) 452-452   Nov 2014
岩崎博之, 太田さやか, 下田木の実, 水野葉子, 高橋長久, 三牧正和, 岡明, 水口雅
てんかん研究   32(2) 437-437   Sep 2014
林健一郎, 張田豊, 三浦健一郎, 磯島豪, 安戸裕貴, 太田さやか, 下田木の実, 高橋長久, 岩崎博之, 三牧正和, 岡明, 新橋玲子, 新妻隆広
日本小児科学会雑誌   118(8) 1254-1255   Aug 2014
【子どものけいれん】 熱性けいれんとは何か
三牧 正和
チャイルド ヘルス   17(6) 376-379   Jun 2014
森川 美佳, 三牧 正和, 髙橋 長久
小児科臨床   67(6) 995-1000   Jun 2014
林健一郎, 林泰佑, 進藤考洋, 平田洋一郎, 清水信隆, 犬塚亮, 張田豊, 三浦健一郎, 三牧正和, 岡明, 岩中督, 軍神正隆, 中島勧
日本小児救急医学会雑誌   13(2) 214-214   May 2014
熱性けいれん診療ガイドライン策定 委員会案とパブリックコメント クリニカルクエスチョン ジアゼパム予防投与、抗てんかん薬、解熱剤、注意すべき薬剤
久保田 雅也, 金村 英秋, 三牧 正和
脳と発達   46(Suppl.) S169-S169   May 2014
閉眼と光刺激で誘発される頻回複雑部分発作を呈した三歳男児
下田 木の実, 水野 葉子, 太田 さやか, 高橋 長久, 岩崎 博之, 三牧 正和, 水口 雅, 岡 明
脳と発達   46(Suppl.) S297-S297   May 2014
18トリソミーにおけるてんかん性無呼吸の臨床的特徴
竹中 暁, 佐藤 敦志, 有賀 裕道, 柿本 優, 生井 良幸, 高橋 長久, 太田 さやか, 水野 葉子, 下田 木の実, 岩崎 博之, 三牧 正和, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   46(Suppl.) S335-S335   May 2014
線状皮脂腺母斑症候群にWest症候群を合併し、水頭症をきたしシャント造設に至った1症例
高橋 長久, 太田 さやか, 水野 葉子, 下田 木の実, 岩崎 博之, 三牧 正和, 水口 雅, 岡 明
脳と発達   46(Suppl.) S337-S337   May 2014
10番染色体短腕部分欠失の2症例
太田 さやか, 水野 葉子, 下田 木の実, 高橋 長久, 岩崎 博之, 三牧 正和, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   46(Suppl.) S338-S338   May 2014
ミトコンドリア呼吸鎖異常症の診断におけるBlue-Native電気泳動(BN-PAGE)
水野 葉子, 三牧 正和, 太田 さやか, 下田 木の実, 高橋 長久, 岩崎 博之, 斉藤 真木子, 岡 明, 水口 雅, 後藤 雄一
脳と発達   46(Suppl.) S374-S374   May 2014
エベロリムスにて上衣下巨細胞性星細胞腫による水頭症が改善した結節性硬化症の1女性例
岩崎 博之, 太田 さやか, 下田 木の実, 水野 葉子, 高橋 長久, 三牧 正和, 岡 明, 斉藤 真木子, 水口 雅
脳と発達   46(Suppl.) S422-S422   May 2014
稲冨淳, 八鍬瑛子, 太田英仁, 橋本みゆき, 中釜悠, 増井礼子, 柳澤敦広, 佐藤敦志, 三牧正和, 堀尾惠三
日本小児科学会雑誌   118(2) 248-248   Feb 2014
眞下秀明, 太田さやか, 水野葉子, 下田木の実, 高橋長久, 岩崎博之, 三牧正和, 岡明, 水口雅
脳と発達   46(1) 59-59   Jan 2014
磯島豪, 田村麻由子, 太田さやか, 加藤元博, 三牧正和, 滝田順子, 北中幸子, 岡明
日本遺伝子診療学会大会プログラム・抄録集   21st 264   2014
鳥尾倫子, 酒井康成, 三牧正和, 高橋長久, 財津浩智, 松本直通, 原寿郎
日本遺伝子診療学会大会プログラム・抄録集   21st 330   2014
磯島豪, 田村麻由子, 太田さやか, 加藤元博, 三牧正和, 滝田順子, 北中幸子, 岡明
日本小児内分泌学会学術集会プログラム・抄録集   48th 149   2014
三牧正和
小児科学レクチャー   3(6) 1400-1404   Nov 2013
【徹底解説!小児のてんかん-多様な事例からエキスパートの「観察眼」を身につける-】 脳波所見の読み方、考え方 熱性けいれんと脳波
三牧 正和
小児科学レクチャー   3(6) 1400-1404   Nov 2013
<point>熱性けいれんは乳幼児期の発熱に伴うけいれんで、ほとんどはてんかんに移行することなく自然に改善する予後良好の病態で、無熱時のけいれんを反復するてんかんとは区別すべきである。急性期に脳波検査を行う臨床的意義は大きくないが、急性脳炎・脳症などとの鑑別が必要な場合には有用である。発作間欠期の脳波では、傾眠期の全般性棘徐波などの突発波を認めることがあるが、てんかんの診断根拠としてはいけない。単純型熱性けいれん児における脳波検査は、熱性けいれんの再発や、のちのてんかん発症の予測に役立たな...
高橋長久, 内野俊平, 太田さやか, 下田木の実, 水野葉子, 岩崎博之, 三牧正和, 斎藤真木子, 水口雅
脳と発達   45(5) 396-396   Sep 2013
森貴幸, 岩崎博之, 太田さやか, 内野俊平, 下田木の実, 高橋長久, 三牧正和, 水口雅
日本小児科学会雑誌   117(7) 1153-1153   Jul 2013
内野俊平, 岩崎博之, 太田さやか, 高橋長久, 三牧正和, 水口雅, 後藤雄一
脳と発達   45(3) 248-248   May 2013
ミトコンドリアDNA m.3243A>G変異を有する308例の検討
三牧 正和, 竹下 絵里, 西野 一三, 埜中 征哉, 後藤 雄一
脳と発達   45(Suppl.) S297-S297   May 2013
ミトコンドリア病の遺伝子診断には、long PCR法、サザンブロット法、全周シークエンス法を用いた解析と総合的な判断が必要である
竹下 絵里, 三牧 正和, 西野 一三, 埜中 征哉, 後藤 雄一
脳と発達   45(Suppl.) S327-S327   May 2013
小児悪性腫瘍患者の神経合併症の実態把握
水野 葉子, 太田 さやか, 三牧 正和, 下田 木の実, 高橋 長久, 岩崎 博之, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   45(Suppl.) S377-S377   May 2013
経管栄養実施中の患児における尿中ヨウ素及び甲状腺機能検査
高橋 長久, 内野 俊平, 太田 さやか, 下田 木の実, 岩崎 博之, 三牧 正和, 水口 雅
脳と発達   45(Suppl.) S395-S395   May 2013
PDHA1遺伝子異常を認めた患者の臨床像の検討
内野 俊平, 三牧 正和, 岩崎 博之, 太田 さやか, 水野 葉子, 高橋 長久, 水口 雅, 後藤 雄一
脳と発達   45(Suppl.) S401-S401   May 2013
岩崎博之, 太田さやか, 内野俊平, 水野葉子, 高橋長久, 三牧正和, 齋藤真木子, 水口雅
日本小児科学会雑誌   117(2) 407-407   Feb 2013
山田秀人, 古谷野伸, 岡明, 井上直樹, 森岡一朗, 森内浩幸, 吉川哲史, 伊藤裕司, 浅野仁覚, 五石圭司, 三牧正和, 蝦名康彦, 谷村憲司, 平久進也, 園山綾子, 出口雅士
先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 平成23-24年度 総合研究報告書   31-53   2013
竹下絵里, 三牧正和, 吉田寿美子, 西野一三, 後藤雄一
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   58th 184   2013
山田秀人, 古谷野伸, 岡明, 井上直樹, 森岡一朗, 森内浩幸, 吉川哲史, 伊藤裕司, 浅野仁覚, 三牧正和, 蝦名康彦, 平久進也, 出口雅士
先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   29-47   2013
岡明, 三牧正和, 水野葉子, 五石圭司
先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   82   2013
高橋幸利, 角替央野, 高尾恵美子, 笠井理沙, 西村成子, 最上友紀子, 美根潤, 今井克美, 井上有史, 赤坂紀幸, 三牧正和, 今村淳
精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成22年度   209   2011
水野葉子, 内野俊平, 高橋寛, 三牧正和, 齋藤真木子, 水口雅
脳と発達   42(4) 316-316   Jul 2010
基底核病変を認めた良性乳児型チトクロームC酸化酵素欠損症と思われる姉弟例
新井 ひでえ, 田邉 雄三, 小俣 卓, 後藤 雄一, 三牧 正和
脳と発達   42(Suppl.) S354-S354   May 2010
佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅
脳と発達   41(6) 474-474   Nov 2009
高橋寛, 佐藤敦志, 三牧正和, 岡明, 水口雅
トゥレット研究会会誌   15th 26-31   Oct 2009
佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅
脳と発達   41(4) 309-309   Jul 2009
山田浩介, 関正史, 内野俊平, 永峯宏樹, 黒澤照喜, 増井礼子, 稲冨淳, 堀尾惠三, 三牧正和
日本小児科学会雑誌   113(7) 1164-1164   Jul 2009
高乳酸・ピルビン酸血症に対しケトン食療法を導入した5症例の検討
高橋 寛, 佐藤 敦志, 三牧 正和, 岡 明, 後藤 雄一, 水口 雅
脳と発達   41(Suppl.) S287-S287   May 2009
三牧正和
小児科診療   72 131   Apr 2009
三牧正和
小児科診療   72 166   Apr 2009
西田裕哉, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 五十嵐隆, 関正史, 水口雅
日本小児科学会雑誌   113(4) 764-764   Apr 2009
【小児の症候群】 神経・精神 de Sanctis-Cacchione症候群
三牧 正和
小児科診療   72(増刊) 131-131   Apr 2009
【小児の症候群】 神経・精神 Rasmussen症候群
三牧 正和
小児科診療   72(増刊) 166-166   Apr 2009
小太刀康夫, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 横山美貴, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   113(2) 461-461   Feb 2009
五石圭司, 松岡貴子, 西村力, 伊藤直樹, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 高見沢勝, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   113(2) 394-394   Feb 2009
小川敦, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   113(2) 455-455   Feb 2009
齋藤真木子, 高橋寛, 佐藤敦志, 三牧正和, 岡明, 水口雅
日本小児科学会雑誌   113(2) 353-353   Feb 2009
黒田友紀子, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   113(2) 351-351   Feb 2009
西村力, 加藤元博, 滝田順子, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 井田孔明, 菊地陽, 真田昌, 小川誠司, 水口雅, 五十嵐隆
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   54th 168   2009
佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅
脳と発達   40(6) 499   Nov 2008
木村有希, 小林充, 稲冨淳, 堀尾恵三, 三牧正和, 田沼直之, 宮田理英, 林雅晴, 久保田雅也
脳と発達   40(6) 500   Nov 2008
けいれん重積型急性脳症の1症例における拡散強調画像所見の経時的変化
佐藤 敦志, 高橋 寛, 三牧 正和, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   40(6) 499-499   Oct 2008
前頭葉優位の病変を認めたけいれん重積型急性脳症の1例
木村 有希, 小林 充, 稲冨 淳, 堀尾 恵三, 三牧 正和, 田沼 直之, 宮田 理英, 林 雅晴, 久保田 雅也
脳と発達   40(6) 500-500   Oct 2008
柏井洋文, 星野英紀, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆, 熊田聡子
日本小児科学会雑誌   112(7) 1142-1142   Jul 2008
大脳基底核原発のgangliogliomaの1女児例
佐藤 敦志, 高橋 寛, 三牧 正和, 斉藤 真木子, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   40(Suppl.) S307-S307   May 2008
胎児MRIにて脳室拡大、脳梁低形成、小脳低形成を指摘された3症例の経過
高橋 寛, 佐藤 敦志, 三牧 正和, 斉藤 真木子, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   40(Suppl.) S345-S345   May 2008
初診時より大脳皮質病変と対側の基底核病変を認めたRasmussen syndromeの1例
三牧 正和, 佐藤 敦志, 高橋 寛, 伊藤 雅之, 高橋 幸利, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   40(Suppl.) S353-S353   May 2008
高度な脳浮腫が遷延した結節性硬化症に伴う急性脳症の1例
寺嶋 宙, 佐藤 敦志, 高橋 寛, 三牧 正和, 岡 明, 水口 雅
脳と発達   40(Suppl.) S371-S371   May 2008
関正史, 賀藤均, 平田陽一郎, 小野博, 香取竜生, 三牧正和, 脇田傑, 柳川幸重, 村上新, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(4) 773-773   Apr 2008
林郁子, 三牧正和, 佐藤敦志, 高橋寛, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(2) 394-394   Feb 2008
松木猛浩, 西村力, 石黒秋生, 五石圭司, 土田晋也, 佐藤敦, 三牧正和, 高見澤勝, 岡明, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(2) 409-409   Feb 2008
小玉友紀子, 狩野博嗣, 寺嶋宙, 三浦健一郎, 小太刀康夫, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(2) 255-255   Feb 2008
谷口留美, 三牧正和, 佐藤敦志, 高橋寛, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(2) 390-390   Feb 2008
小太刀康夫, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 横山美貴, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(2) 310-310   Feb 2008
自見英子, 西村力, 土田晋也, 五石圭司, 佐藤敦志, 高橋寛, 三牧正和, 岡明, 水口雅, 五十嵐隆
日本小児科学会雑誌   112(2) 376-376   Feb 2008
星野英紀, 高橋寛, 三牧正和, 斉藤真木子, 山形崇倫, 桃井真里子, 水口雅
脳と発達   40(1) 65-65   Jan 2008

Conference Activities & Talks

 
神経因性膀胱による反復性下部尿路感染症に対し、在宅での間欠的自己導尿と膀胱洗浄が奏功したTay-Sachs病の男児例
治山 芽生, 高橋 和浩, 山本 和奈, 三重野 孝太郎, 佐藤 恭弘, 磯島 豪, 星野 英紀, 三牧 正和
板橋区医師会医学会誌   Jul 2019   
Atypical childhood epilepsy with centrotemporal spikesの3例
柏井 洋文, 三牧 正和, 清水 信隆
脳と発達   May 2019   
稀発てんかん重積発作症例の臨床的特徴と治療戦略
星野 英紀, 中井 まりえ, 三牧 正和
脳と発達   May 2019   
L-dopa反応性の眼球運動異常発作を呈し、SPR変異の同定により、セピアプテリン還元酵素欠損症と診断された1例
中釜 悠, 濱中 耕平, 新宅 治夫, 宮武 聡子, 松本 直通, 久世 崇史, 清水 信隆, 廣畑 晃司, 三牧 正和
脳と発達   May 2019   
結節性硬化症における急性脳症/重症けいれん重積(第2報) リスク因子
沼本 真吾, 倉橋 宏和, 岩山 秀之, 佐藤 敦志, 久保田 雅也, 椎原 隆, 岡西 徹, 田中 竜太, 九鬼 一郎, 福山 哲広, 柏木 充, 奥村 彰久, 池野 充, 久保田 一生, 赤坂 真奈美, 三牧 正和
脳と発達   May 2019