鬼木 健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/10 15:28
 
アバター
研究者氏名
鬼木 健太郎
 
オニキ ケンタロウ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00613407.ja.html
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部(薬)
職名
助教
学位
博士(薬学)(熊本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
熊本大学 生命科学研究部 助教
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
熊本大学大学院 薬学教育部 医療薬学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
熊本大学 薬学部 薬科学科
 

受賞

 
2018年11月
日本臨床精神神経薬理学会 学会奨励賞
 

論文

 
Shimizu K, Oniki K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   139(1) 39   2019年   [査読有り]
Oniki K, Saruwatari J
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   139(1) 53-60   2019年   [査読有り]
Modeling of the Weight Status and Risk of Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Elderly Individuals: The Potential Impact of the Disulfide Bond-Forming Oxidoreductase A-Like Protein (DsbA-L) Polymorphism on the Weight Status.
Oniki K, Watanabe T, Kudo M, Izuka T, Ono T, Matsuda K, Sakamoto Y, Nagaoka K, Imafuku T, Ishima Y, Watanabe H, Maruyama T, Otake K, Ogata Y, Saruwatari J.
CPT:Pharmacometrics & Systems Pharmacology      2018年3月   [査読有り]
Association between oxidative stress-related genes polymorphisms and metabolic abnormalities among schizophrenia patients.
Oniki K, Ishioka M, Osaki N, Sakamoto Y, Yoshimori Y, Tomita T, Kamihashi R, Tsuchimine S, Sugawara N, Otake K, Ogata Y, Saruwatari J, Yasui-Furukori N.
Clinical Neuropsychopharmacology and Therapeutics   8 25-37   2017年12月   [査読有り]
CYP2C19 variants and epoxyeicosatrienoic acids in patients with microvascular angina.
Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Tabata N, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Hokimoto S.
International journal of cardiology. Heart & vasculature   15 15-20   2017年6月   [査読有り]
Predictive factors for effectiveness and safety of enoxaparin for total knee arthroplasty in aged Japanese patients: a retrospective review.
Sonoda A, Kondo Y, Tsuneyoshi Y, Iwashita Y, Nakao S, Ishida K, Oniki K, Saruwatari J, Irie T, Ishitsuka Y.
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences   18 3-6   2017年1月   [査読有り]
Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Tabata N, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogata Y, Matsui K, Hokimoto S.
American Jounal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology.   311(6) H1409-H1415   2016年12月   [査読有り]
Nishimura M, Ueda M, Saruwatari J, Nakashima H, Ogusu N, Aoki A, Tsuchimine S, Matsuda K, Iwashita K, Ono T, Oniki K, Shimoda K, Yasui-Furukori N
Pharmacogenetics and genomics   26(9) 403-413   2016年9月   [査読有り]
Akasaka T, Hokimoto S, Sueta D, Tabata N, Sakamoto K, Yamamoto E, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogata Y, Ogawa H
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   310(11) H1494-500   2016年6月   [査読有り]
Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogawa H
International journal of cardiology   212 54-56   2016年6月   [査読有り]
Morita K, Saruwatari J, Tanaka T, Oniki K, Kajiwara A, Miyazaki H, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Journal of diabetes and its complications      2016年6月   [査読有り]
Oniki K, Kamihashi R, Tomita T, Ishioka M, Yoshimori Y, Osaki N, Tsuchimine S, Sugawara N, Kajiwara A, Morita K, Miyata K, Otake K, Nakagawa K, Ogata Y, Saruwatari J, Yasui-Furukori N
Psychiatry research   239 190-195   2016年5月   [査読有り]
Oniki K, Morita K, Watanabe T, Kajiwara A, Otake K, Nakagawa K, Sasaki Y, Ogata Y, Saruwatari J
Nutrition & diabetes   6 e210   2016年5月   [査読有り]
Noai M, Soraoka H, Kajiwara A, Tanamachi Y, Oniki K, Nakagawa K, Ishitsu T, Saruwatari J
Acta neurologica Scandinavica   133(3) 216-223   2016年3月   [査読有り]
Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Tsujita K, Izumiya Y, Yamamuro M, Kojima S, Kaikita K, Kumagae N, Morita K, Oniki K, Nakagawa K, Matsui K, Ogawa H
Journal of cardiology   67(1) 104-109   2016年1月   [査読有り]
Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Yamabe H, Matsui K, Ogawa H.
Clinical Trials and Regulatory Science in Cardiology   17 9-14   2016年   [査読有り]
Tabata N, Sueta D, Akasaka T, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Hokimoto S.
PLoS One.   11(11) e0166240   2016年11月   [査読有り]
Prescription of triazolam for the elderly in Japan: A sub-analysis of the drug event monitoring project by the Japan Pharmaceutical Association.
Kajiwara A, Ishizuka T, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K.
Clinical Neuropsychopharmacology and Therapeutics.   7 48-53   2016年   [査読有り]
抗てんかん薬のTDMと有効血中濃度域の考え方
猿渡淳二、鬼木健太郎、平田憲史郎、石津棟暎.
臨床化学   45(3) 233-239   2016年
検査からみる神経疾患 抗てんかん薬のファルマコゲノミクス検査
鬼木健太郎、猿渡淳二.
Clinical Neuroscience   34(10) 1170-1171   2016年
Kajiwara A, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Ishizuka T, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K
Aging & mental health   20(6) 611-615   2016年   [査読有り]
Kajiwara A, Kita A, Saruwatari J, Miyazaki H, Kawata Y, Morita K, Oniki K, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Journal of diabetes research   2016 4626382   2016年   [査読有り]
Soraoka H, Oniki K, Matsuda K, Ono T, Taharazako K, Uchiyashiki Y, Kamihashi R, Kita A, Takashima A, Nakagawa K, Yasui-Furukori N, Kadowaki D, Miyata K, Saruwatari J
Biological & pharmaceutical bulletin   39(9) 1468-1474   2016年   [査読有り]
Morita K, Masuda N, Tanaka T, Saruwatari J, Oniki K, Kajiwara A, Otake K, Ogata Y, Nakagawa K
Clinical chemistry and laboratory medicine   53(12) e339-41   2015年11月   [査読有り]
Kajiwara A, Kita A, Saruwatari J, Oniki K, Morita K, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Ishizuka T, Nakagawa K
Clinical drug investigation   35(9) 593-600   2015年9月   [査読有り]
Morita K, Masuda N, Oniki K, Saruwatari J, Kajiwara A, Otake K, Ogata Y, Nakagawa K
Toxicology letters   236(2) 117-122   2015年7月   [査読有り]
Arima Y, Hokimoto S, Akasaka T, Mizobe K, Kaikita K, Oniki K, Nakagawa K, Ogawa H
Journal of cardiology   65(6) 494-500   2015年6月   [査読有り]
Hokimoto S, Akasaka T, Tabata N, Arima Y, Tsujita K, Sakamoto K, Kaikita K, Morita K, Kumagae N, Yamamoto E, Oniki K, Nakagawa K, Ogawa H
Thrombosis research   135(6) 1081-1086   2015年6月   [査読有り]
Jinnouchi H, Morita K, Tanaka T, Kajiwara A, Kawata Y, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Otake K, Ogata Y, Yoshida A, Hokimoto S, Ogawa H
Cardiovascular diabetology   14 49   2015年5月   [査読有り]
Morita K, Saruwatari J, Tanaka T, Oniki K, Kajiwara A, Otake K, Ogata Y, Nakagawa K
Diabetes & metabolism   41(1) 91-94   2015年2月   [査読有り]
Hokimoto S, Tabata N, Akasaka T, Arima Y, Kaikita K, Morita K, Kumagae N, Oniki K, Nakagawa K, Ogawa H
Journal of cardiovascular pharmacology   65(2) 148-152   2015年2月   [査読有り]
Morita K, Miyazaki H, Saruwatari J, Oniki K, Kumagae N, Tanaka T, Kajiwara A, Otake K, Ogata Y, Arima Y, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa K
Toxicology letters   232(1) 221-225   2015年1月   [査読有り]
Sueta D, Hokimoto S, Enomoto K, Ono T, Tabata T, Kajiwara I, Kaikita K, Saruwatari J, Oniki K, Nakagawa K, Ogawa H
International journal of cardiology   186 210-212   2015年   [査読有り]
Marume K, Hokimoto S, Tabata N, Akasaka T, Tsujita K, Sakamoto K, Yamamoto E, Yamamuro M, Kaikita K, Oniki K, Nakagawa K, Ogawa H
International journal of cardiology   187 231-233   2015年   [査読有り]
Tanamachi Y, Saruwatari J, Noai M, Kamihashi R, Soraoka H, Yoshimori Y, Ogusu N, Oniki K, Yasui-Furukori N, Ishitsu T, Nakagawa K
Neuropsychiatric disease and treatment   11 1007-1014   2015年   [査読有り]
Oniki K, Saruwatari J, Izuka T, Kajiwara A, Morita K, Sakata M, Otake K, Ogata Y, Nakagawa K
PloS one   10(7) e0132640   2015年   [査読有り]
Nakashima H, Oniki K, Nishimura M, Ogusu N, Shimomasuda M, Ono T, Matsuda K, Yasui-Furukori N, Nakagawa K, Ishitsu T, Saruwatari J
PloS one   10(10) e0141266   2015年   [査読有り]
Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Arima Y, Kaikita K, Kumagae N, Morita K, Miyazaki H, Oniki K, Nakagawa K, Matsui K, Ogawa H
Thrombosis research   134(5) 939-944   2014年11月   [査読有り]
Saruwatari J, Takashima A, Yoshida K, Soraoka H, Ding TB, Uchiyashiki Y, Tsuda Y, Imamura M, Oniki K, Miyata K, Nakagawa K
Basic & clinical pharmacology & toxicology   115(4) 360-365   2014年10月   [査読有り]
Mizobe M, Hokimoto S, Akasaka T, Arima Y, Kaikita K, Morita K, Miyazaki H, Oniki K, Nakagawa K, Ogawa H
Thrombosis research   134(1) 72-77   2014年7月   [査読有り]
Kajiwara A, Saruwatari J, Kita A, Oniki K, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Ishizuka T, Nakagawa K
Clinical drug investigation   34(6) 431-435   2014年6月   [査読有り]
Hokimoto S, Chitose T, Mizobe M, Akasaka T, Arima Y, Kaikita K, Iwashita S, Morita K, Miyazaki H, Oniki K, Matsui K, Nakagawa K, Ogawa H
European journal of clinical pharmacology   70(6) 667-673   2014年6月   [査読有り]
Morita K, Oniki K, Miyazaki H, Saruwatari J, Ogata Y, Mizobe M, Yamamuro M, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa K
Journal of human hypertension   28(4) 279-281   2014年4月   [査読有り]
Kajiwara A, Kita A, Saruwatari J, Morita K, Oniki K, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Ishizuka T, Nakagawa K
The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   51(2) 221-224   2014年3月   [査読有り]
Saruwatari J, Yoshida S, Tsuda Y, Okada Y, Ogusu N, Yoshida K, Oniki K, Yasui-Furukori N, Kaneko S, Ishitsu T, Nakagawa K
Pharmacogenetics and genomics   24(3) 162-171   2014年3月   [査読有り]
Kajiwara A, Miyagawa H, Saruwatari J, Kita A, Sakata M, Kawata Y, Oniki K, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Diabetes research and clinical practice   103(3) e7-10   2014年3月   [査読有り]
A Possible Association of Sex Hormone-Binding Globulin with Weight Gain in the Valproic Acid-Treated Female Patients with Epilepsy
Junji Saruwatari, Yoshihiro Uchiyashiki, Ayami Kajiwara, Madoka Noai, Yukiko Tanamachi, Hiromi Soraoka, Mariko Deguchi, Kentaro Oniki, Norio Yasui-Furukori, Sunao Kaneko, Takateru Ishitsu, Kazuko Nakagawa
International Journal of Clinical Pharmacology & Toxicology   3(10) 106-110   2014年   [査読有り]
Ogusu N, Saruwatari J, Nakashima H, Noai M, Nishimura M, Deguchi M, Oniki K, Yasui-Furukori N, Kaneko S, Ishitsu T, Nakagaswa K
PloS one   9(11) e111066   2014年   [査読有り]
Kajiwara A, Saruwatari J, Kita A, Kamihashi R, Miyagawa H, Sakata M, Noai M, Oniki K, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Pharmacogenetics and genomics   23(12) 717-720   2013年12月   [査読有り]
Kajiwara A, Saruwatari J, Sakata M, Morita K, Kita A, Oniki K, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Ishizuka T, Nakagawa K
Drug safety   36(10) 981-987   2013年10月   [査読有り]
Fujisue K, Sugiyama S, Ono T, Matsuzawa Y, Akiyama E, Sugamura K, Matsubara J, Kurokawa H, Kaikita K, Iwashita S, Sumida H, Hokimoto S, Oniki K, Nakagawa K, Matsui K, Ogawa H
Circulation. Cardiovascular interventions   6(5) e66   2013年10月   [査読有り]
Morita K, Saruwatari J, Miyagawa H, Uchiyashiki Y, Oniki K, Sakata M, Kajiwara A, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Cardiovascular diabetology   12 132   2013年9月   [査読有り]
Fujisue K, Sugiyama S, Ono T, Matsuzawa Y, Akiyama E, Sugamura K, Matsubara J, Kurokawa H, Kaikita K, Iwashita S, Sumida H, Hokimoto S, Oniki K, Nakagawa K, Matsui K, Ogawa H
Circulation. Cardiovascular interventions   6(4) 452-459   2013年8月   [査読有り]
Oniki K, Hori M, Saruwatari J, Morita K, Kajiwara A, Sakata M, Mihara S, Ogata Y, Nakagawa K
Toxicology letters   220(2) 143-149   2013年7月   [査読有り]
Sakata M, Oniki K, Kita A, Kajiwara A, Uchiyashiki Y, Saruwatari J, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Diabetes research and clinical practice   100(2) e39-41   2013年5月   [査読有り]
Nakagawa T, Kajiwara A, Saruwatari J, Hamamoto A, Kaku W, Oniki K, Mihara S, Ogata Y, Nakagawa K
Pharmacogenetics and genomics   23(1) 34-37   2013年1月   [査読有り]
Saruwatari J, Yasui-Furukori N, Kamihashi R, Yoshimori Y, Oniki K, Tsuchimine S, Noai M, Sato Y, Nakagami T, Sugawara N, Saito M, Fujii A, Kajiwara A, Mihara S, Ogata Y, Kaneko S, Nakagawa K
Neuropsychiatric disease and treatment   9 1683-1698   2013年   [査読有り]
Saruwatari J, Deguchi M, Yoshimori Y, Noai M, Yoshida S, Ogusu N, Oniki K, Yoshida S, Yasui-Furukori N, Kaneko S, Ishitsu T, Nakagawa K
Epilepsy research   99(1-2) 183-186   2012年3月   [査読有り]
Hori M, Oniki K, Nakagawa T, Takata K, Mihara S, Marubayashi T, Nakagawa K
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   29(2) 164-168   2009年2月   [査読有り]
Seo T, Ishitsu T, Oniki K, Abe T, Shuto T, Nakagawa K
The Journal of pharmacy and pharmacology   60(5) 631-635   2008年5月   [査読有り]
Oniki K, Umemoto Y, Nagata R, Hori M, Mihara S, Marubayashi T, Nakagawa K
Toxicology letters   178(3) 143-145   2008年5月   [査読有り]
Oniki K, Hori M, Takata K, Yokoyama T, Mihara S, Marubayashi T, Nakagawa K
Pharmacogenetics and genomics   18(3) 275-277   2008年3月   [査読有り]
Hori M, Oniki K, Ueda K, Goto S, Mihara S, Marubayashi T, Nakagawa K
Pharmacogenomics   8(10) 1307-1314   2007年10月   [査読有り]
Oniki K, Ueda K, Hori M, Mihara S, Marubayashi T, Nakagawa K
Clinical pharmacology and therapeutics   81(5) 634-635   2007年5月   [査読有り]
Saruwatari J, Matsunaga M, Ikeda K, Nakao M, Oniki K, Seo T, Mihara S, Marubayashi T, Kamataki T, Nakagawa K
European journal of clinical pharmacology   62(12) 995-1001   2006年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
臨床薬理遺伝学に基づくDsbA-L と肥満関連疾患予防に関する多角的検討
鬼木健太郎、猿渡淳二
日本薬学会第138年会   2018年3月25日   
メリンジョ由来レスベラトロールがアディポネクチン多量体化能に及ぼす影響:二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験
中嶋あずさ、鬼木健太郎、小畑祐衣、坂本優季、瀬口優里、斉藤百香、木村彩、徳丸尚人、渡邊丈久、宮田敬士、猿渡淳二
日本薬学会第138年会   2018年3月25日   
新規肺機能低下予測因子の解明を目的としたdisulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子多型に関する臨床的検討
小畑祐衣、鬼木健太郎、瀬口優里、杉田円香、益田菜月、松田和樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月25日   
PNPLA3遺伝子型と身体活動に基づく非アルコール性脂肪性肝疾患の個別化予防戦略への試み
武藤奈瑠美、鬼木健太郎、工藤未来、守田和憲、渡邊丈久、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月25日   
抗うつ薬パロキセチンの血中濃度と治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
岩下知磨、富田哲、上田幹人、猿渡淳二、青木顕子、西村美紀、土嶺章子、鬼木健太郎、下田和孝、古郡規雄
第27回日本臨床精神神経薬理学会   2017年11月2日   
クロザピンの治療期間と血中濃度に関する母集団薬物動態解析
森田和弥、鬼木健太郎、赤嶺由美子、三國雅彦、黒木俊秀、功刀浩、猿渡淳二、古郡規雄
第27回日本臨床精神神経薬理学会   2017年11月2日   
A population pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis of valproic acid in pediatric patients with epilepsy
Saruwatari J, Iwashita K, Sugita M, Nakashima H, Ogusu N, Shimomasuda M, Oniki K, Ishitsu T
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology   2017年9月24日   
アディポネクチン並びにその関連遺伝子が肺機能低下に及ぼす影響
小畑祐衣、鬼木健太郎、瀬口優里、杉田円香、益田菜月、松田和樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第58回日本人間ドック学会学術大会   2017年8月24日   
非アルコール性脂肪性肝疾患におけるPNPLA3遺伝子型と身体活動の関係
武藤奈瑠美、鬼木健太郎、工藤未来、守田和憲、渡邊丈久、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第58回日本人間ドック学会学術大会   2017年8月24日   
Modeling & Simulation解析を用いた薬効・副作用予測から疾患予防への展開 [招待有り]
鬼木健太郎、猿渡淳二
医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム   2017年7月1日   
Disulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子と肺機能低下に関する検討
小畑祐衣、鬼木健太郎、武藤奈瑠美、瀬口優里、杉田円香、益田菜月、松田和樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム   2017年7月1日   
Developing a Prediction Model to Clarify the Relationship between the BMI and the Risk for Nonalcoholic Fatty Liver Disease Based on a Modeling and Simulation Approach
Kentaro Oniki, Yuki Sakamoto, Miku Kudo, Tatsumasa Ono, Kazuki Matsuda, Narumi Muto, Tomoko Izuka, Takehisa Watanabe, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Junji Saruwatari
American Diabetes Association's 77th Scientific Sessions   2017年6月9日   
BMIの個体間変動に基づくNAFLD予測モデルの構築とその予防的応用に関する検討
鬼木健太郎、工藤未来、小野達昌、松田和樹、武藤奈瑠美、居塚智子、渡邊丈久、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第16回分子予防環境医学研究会大会    2017年2月3日   
生活習慣病におけるALDH2遺伝子型の臨床的意義と予防的応用に関する検討
守田和憲、鬼木健太郎、吉田陽、陣内秀昭、掃本誠治、小川久雄、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第16回分子予防環境医学研究会大会    2017年2月3日   
KCNQ1遺伝子多型(rs2237892)を用いた2型糖尿病とその合併症の個別化予防に関する検討
坂本優季、鬼木健太郎、梶原彩文、吉田陽、田原迫昂佑、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、栗並昇、陣内冨男、梶原敬三、陣内秀昭、猿渡淳二
第56回日本臨床化学会年次学術集会   2016年12月2日   
糖尿病血管合併症の性差に関する臨床的検討
守田彩文、鬼木健太郎、吉田陽、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、栗並昇、陣内冨男、梶原敬三、猿渡淳二、陣内秀昭
第56回日本臨床化学会年次学術集会   2016年12月2日   
小児の成長に伴うBMI増加を考慮した小児てんかん患者におけるバルプロ酸誘発性BMI変動予測モデルの構築
杉田円香、松田和樹、野相まどか、棚町有紀子、鬼木健太郎、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月1日   
個別化治療を目指したカルバマゼピンの治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
松田和樹、鬼木健太郎、吉田志保、津田義之、大楠直樹、吉田昂佑、今村元紀、小野達昌、丁トンヒン、石津棟暎、猿渡淳二
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月1日   
BMIの個体間変動に基づくNAFLDリスクの予測モデルの構築 [招待有り]
鬼木健太郎、工藤未来、小野達昌、武藤奈瑠美、渡邊丈久、猿渡淳二
第108回日本消化器病学会九州支部例会・第102 回日本消化器内視鏡学会九州支部例会   2016年11月25日   
患者背景に基づく血中濃度域の設定を目指したバルプロ酸の治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
猿渡淳二、鬼木健太郎、松田和樹、中嶋洋生、大楠直樹、小野達昌、古郡規雄、石津棟暎
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
酸化ストレスに関係する遺伝子多型と統合失調症患者のメタボリックシンドロームに関する横断研究
大崎夏海、猿渡淳二、富田哲、石岡雅道、土嶺章子、菅原典夫、吉森友紀、上橋諒子、鬼木健太郎、古郡規雄
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
母集団薬効動態解析による小児てんかん患者でのバルプロ酸誘発性体重増加の予測モデルの構築
松田和樹、杉田円香、野相まどか、棚町有紀子、鬼木健太郎、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
Glutathione S-transferaseに着目した統合失調症患者の肥満やメタボリック症候群の遺伝的予測因子の検討 [招待有り]
猿渡 淳二、鬼木健太郎、古郡規雄
第18回感情・行動・認知(ABC)研究会   2016年10月22日   
KCNQ1遺伝子多型(rs2237892)と2型糖尿病の臨床経過に関する検討
坂本優季、鬼木健太郎、梶原彩文、河田優希、猿渡淳二、吉田陽、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、栗並昇、陣内冨男、梶原敬三、陣内秀昭
第26回日本医療薬学会年会   2016年9月17日   
性差に着目した血清尿酸値と肺機能に関する縦断的解析
益田菜月、鬼木健太郎、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第26回日本医療薬学会年会   2016年9月17日   
統合失調症患者の肥満に対するdisulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子多型の影響
猿渡淳二、鬼木健太郎、上橋諒子、富田哲、石岡雅道、土嶺章子、菅原典夫、大﨑夏海、大竹宏治、緒方康博、古郡規雄
第46回日本神経精神薬理学会年会   2016年7月2日   
抗てんかん薬バルプロ酸の治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
鬼木健太郎、中嶋洋生、西村美紀、大楠直樹、小野達昌、松田 和樹、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月25日   
てんかん患者を対象としたバルプロ酸誘発性の体重増加に関する母集団薬力学解析
猿渡淳二、松田和樹、杉田円香、野相まどか、棚町有紀子、大楠直樹、中嶋洋生、古郡規雄、石津棟暎、鬼木健太郎
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月25日   
小児におけるカルバマゼピンの自己誘導を考慮した母集団薬物動態解析
松田 和樹, 鬼木 健太郎, 吉田 志保, 津田 義之, 大楠 直樹, 吉田 昂佑, 今村 元紀, 小野 達昌, 岩下 知磨, 丁 トンヒン, 石津 棟暎, 猿渡 淳二
TDM研究   2016年5月   
小児の成長や疾患の影響を考慮したバンコマイシンの初期投与設計モデルの構築
小野 達昌, 浦田 由紀乃, 平田 憲史郎, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 陣上 祥子
TDM研究   2016年5月   
非アルコール性脂肪性肝疾患におけるPNPLA3遺伝子型と運動強度の関係
武藤 奈瑠美, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二
第52回日本肝臓学会総会   2016年5月19日   
Aldehyde dehydrogenase2遺伝子変異が非アルコール性脂肪性肝疾患に及ぼす影響
鬼木 健太郎, 渡邊 丈久, 武藤 奈瑠美, 佐々木 裕, 猿渡 淳二
第52回日本肝臓学会総会   2016年5月19日   
Disulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子変異と統合失調症患者の肥満との関係
鬼木 健太郎, 大崎 夏海, 上橋 諒子, 富田 哲, 石岡 雅道, 土嶺 章子, 菅原 典夫, 大竹 宏治, 緒方 康博, 古郡 規雄, 猿渡 淳二
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
抑肝散が薬物代謝酵素活性に及ぼす影響に関する臨床薬理学的検討
空岡 裕美, 鬼木 健太郎, 松田 和樹, 小野 達昌, 内屋敷 佳弘, 上橋 諒子, 北 愛矢菜, 高嶋 綾佳, 門脇 大介, 宮田 敬士, 猿渡 淳二
日本薬学会年会要旨集   2016年3月   
抗コリン作用薬の負荷が摂食嚥下障害に与える影響について Anticholinergic burden scaleを用いた検討
高田 恵司, 内田 一樹, 建山 幸, 安田 広樹, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二
日本静脈経腸栄養学会雑誌   2016年1月   
糖尿病における血管障害の性差に関する臨床的検討
河田優希,梶原彩文,鬼木健太郎,北愛矢菜,坂本優季,大﨑夏海,宮川春奈,坂田美咲,守田和憲,猿渡淳二,吉田陽,井島廣子,宮本文夫,杉山正悟,稗島州雄,栗並昇,陣内冨男,梶原敬三,陣内秀昭,中川和子
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム   2015年11月19日   
小児てんかん患者のアドヒアランス・コンプライアンスを高めるための臨床薬理学的検討 [招待有り]
猿渡淳二,鬼木健太郎,石津棟暎
第42回日本小児臨床薬理学会学術集会   2015年11月14日   
臨床研究に必要な統計学的手法の基本~最新の研究報告も含めて~ [招待有り]
鬼木健太郎
平成27年度第2回熊本県病院薬剤師会精神科領域研究会   2015年11月7日   
P450 oxidoreductaseの遺伝子多型を考慮したカルバマゼピンの母集団薬物動態解析
松田 和樹, 猿渡 淳二, 吉田 志保, 津田 義之, 大楠 直樹, 吉田 昂佑, 今村 元紀, 小野 達昌, 丁 トンヒン, 鬼木 健太郎, 石津 棟暎, 中川 和子
臨床薬理   2015年11月   
バルプロ酸を服用する若年てんかん患者の肥満に及ぼすCYP2C19遺伝子多型の検討
猿渡 淳二, 野相 まどか, 空岡 裕美, 梶原 彩文, 棚町 有紀子, 鬼木 健太郎, 石津 棟暎, 中川 和子
臨床薬理   2015年11月   
抑肝散が健康成人男性の薬物代謝酵素活性に及ぼす影響
空岡裕美, 松田和樹, 小野達昌, 内屋敷佳弘, 上橋諒子, 北愛矢菜, 高嶋綾佳, 鬼木健太郎, 門脇大介, 宮田敬士, 中川和子, 猿渡淳二
第25回日本臨床精神神経薬理学会   2015年10月29日   
鬼木 健太郎, 武藤 奈瑠美, 森田 和憲, 居塚 智子, 梶原 彩文, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 熊谷 直樹, 大竹 宏治, 緒方 康博, 中川 和子, 猿渡 淳二
日本医療薬学会年会講演要旨集   2015年10月23日   
The impact of aldehyde dehydrogenase 2 polymorphism on the incidence and progression of lifestyle disease
Kazunori Morita, Kentaro Oniki, Seiji Hokimoto, Junji Saruwatari, Akira Yoshida, Hideaki Jinnouchi, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Hisao Ogawa and Kazuko Nakagawa
International Symposium on Chronic Inflammatory Diseases, Kumamoto (ISCIDK2015) Kumamoto(Japan)   2015年10月16日   
Associations among γ-glutamyltransferase (GGT) 1 genotype, serum GGT level and risk of acute coronary syndrome
Tanaka T, Morita K, Oniki K, Kajiwara A, Arima Y, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa K.
第79回日本循環器学会学術集会   2015年4月24日   
Interactive effects of aldehyde dehydrogenase 2*2 allele and current-smoking on the risk of myocardial infarction and hypertriglyceridemia
Morita K, Oniki K, Tanaka T, Kajiwara A, Ogata Y, Arima Y, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa K.
第79回日本循環器学会学術集会   2015年4月24日   
Sex Differences in the Risk of Coronary Artery Disease among Patients with Type 2 Diabetes
Kajiwara A, Morita K, Tanaka T, Oniki K, Jinnouchi H, Nakagawa K.
第79回日本循環器学会学術集会   2015年4月24日   
Age-related Association of a Glutathione S-transferase K1 Polymorphism (rs1917760) with Visceral Obesity and Non-alcoholic Fatty Liver Disease
Oniki K, Morita K, Tanaka T, Kajiwara A, Arima Y, Hokimoto S, Ogawa H, Ogata Y, Nakagawa K.
第79回日本循環器学会学術集会   2015年4月24日   
Glutathione S-transferase K1遺伝子変異が肥満及び非アルコール性脂肪性肝疾患に及ぼす影響
鬼木 健太郎, 居塚 智子, 守田 和憲, 坂田 美咲, 梶原 彩文, 北 愛矢菜, 熊谷 直樹, 田中 雄大, 河田 優希, 猿渡 淳二, 中川 和子, 渡邊 丈久, 吉田 陽, 陣内 秀昭, 大竹 宏治, 緒方 康博
糖尿病   2015年4月   
2型糖尿病患者の冠動脈疾患発症における性差の検討
河田 優希, 梶原 彩文, 北 愛矢菜, 坂本 優季, 大崎 夏海, 宮川 春奈, 坂田 美咲, 守田 和憲, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 井島 廣子, 宮本 文夫, 杉山 正悟, 稗島 州雄, 栗並 昇, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2015年4月   
KCNQ1遺伝子多型(rs2237892)が2型糖尿病の臨床経過に及ぼす影響
坂本 優季, 鬼木 健太郎, 梶原 彩文, 河田 優希, 守田 和憲, 大崎 夏海, 益田 菜月, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 井島 廣子, 宮本 文夫, 杉山 正悟, 稗島 州雄, 栗並 昇, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2015年4月   
Hepatocyte nuclear factor-1A遺伝子変異と肥満が2型糖尿病に及ぼす影響
守田 和憲, 田中 雄大, 益田 菜月, 宮川 春奈, 坂田 美咲, 梶原 彩文, 北 愛矢菜, 河田 優希, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 陣内 秀昭, 大竹 宏治, 緒方 康博
糖尿病   2015年4月   
個別化投与設計を目指した抗てんかん薬バルプロ酸の治療効果に関する母集団薬物動態 薬力学解析
中嶋 洋生, 猿渡 淳二, 大楠 直樹, 野相 まどか, 西村 美紀, 小野 達昌, 鬼木 健太郎, 石津 棟暎, 中川 和子
日本薬学会年会要旨集   2015年3月   
gamma-glutamyltransferase 1遺伝子多型と喫煙が急性冠症候群に及ぼす影響
田中 雄大, 守田 和憲, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 熊谷 直樹, 益田 菜月, 有馬 勇一郎, 掃本 誠治, 小川 久雄, 中川 和子
日本衛生学雑誌   2015年3月   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が慢性閉塞性肺疾患に及ぼす影響
益田 菜月, 守田 和憲, 熊谷 直樹, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 大竹 宏治, 緒方 康博, 中川 和子
日本衛生学雑誌   2015年3月   
γ-glutamyltransferase 1遺伝子多型と喫煙が慢性閉塞性肺疾患に及ぼす影響
守田 和憲, 益田 菜月, 田中 雄大, 熊谷 直樹, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 大竹 宏治, 緒方 康博, 中川 和子
日本衛生学雑誌   2015年3月   
Aldehyde dehydrogenase 2 遺伝子多型が生活習慣病に及ぼす影響~循環器疾患及び肺疾患に関する検討~
守田和憲、鬼木健太郎、猿渡淳二、吉田陽、陣内秀昭、掃本誠治、小川久雄、大竹宏治、緒方康博、中川和子
第17回Aldh2ノックアウトマウス学会   2014年11月28日   
知的障害がバルプロ酸服用患者の肥満に及ぼす影響
棚町 有紀子, 猿渡 淳二, 野相 まどか, 大楠 直樹, 吉田 志保, 吉森 友紀, 出口 真理子, 上橋 諒子, 中嶋 洋生, 鬼木 健太郎, 古郡 規雄, 兼子 直, 石津 棟暎, 中川 和子
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   2014年11月   
Female sex is an independent risk factor for diabetic microangiopathies in Japanese patients: Exploring possible mechanisms
Ayami Kajiwara, Ayana Kita, Junji Saruwatari, Hiroko Miyazaki, Kazunori Morita, Kentaro Oniki, Akira Yoshida, Hideaki Jinnouchi, Kazuko Nakagawa
7th International Symposium: Safety and Health in Agricultural and Rural Populations: Global Perspectives   2014年10月19日   
CYP2C19遺伝子多型が心血管イベントに及ぼす影響は慢性腎臓病の有無と関連するか?
田畑 範明, 掃本 誠治, 赤坂 明紀, 有馬 勇一郎, 海北 幸一, 守田 和憲, 宮崎 裕子, 鬼木 健太郎, 中川 和子, 小川 久雄
日本心臓病学会学術集会抄録   2014年9月   
γ-glutamyltransferase 1遺伝子多型が2型糖尿病患者の血管合併症に及ぼす影響
田中 雄大, 守田 和憲, 河田 優希, 梶原 彩文, 北 愛矢菜, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 吉田 陽, 陣内 秀昭, 中川 和子
日本衛生学雑誌   2014年5月   
肥満者の生活習慣病予防におけるβ3-adrenergic receptor遺伝子型の意義
熊谷 直樹, 鬼木 健太郎, 守田 和憲, 宮崎 裕子, 益田 菜月, 大崎 夏海, 猿渡 淳二, 大竹 宏治, 緒方 康博, 中川 和子
日本衛生学雑誌   2014年5月   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が生活習慣病の発症・進展に及ぼす影響
守田 和憲, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 吉田 陽, 陣内 秀昭, 掃本 誠治, 小川 久雄, 大竹 宏治, 緒方 康博, 中川 和子
日本衛生学雑誌   2014年5月   
Glutathione S-transferase K1遺伝子変異が冠動脈疾患患者の腎機能低下に及ぼす影響
居塚 智子, 鬼木 健太郎, 守田 和憲, 宮崎 裕子, 梶原 彩文, 北 愛矢菜, 熊谷 直樹, 田中 雄大, 河田 優希, 猿渡 淳二, 吉田 陽, 陣内 秀昭, 掃本 誠治, 小川 久雄, 中川 和子
糖尿病   2014年4月   
Cytochrome P450 2C19遺伝子多型が糖尿病網膜症に及ぼす影響
梶原 彩文, 北 愛矢菜, 上橋 諒子, 内屋敷 佳弘, 守田 和憲, 宮川 春奈, 坂田 美咲, 野相 まどか, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 岩下 薫子, 井島 廣子, 宮本 文夫, 杉山 正悟, 稗島 州雄, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2014年4月   
β3-adrenergic receptor遺伝子型の肥満及び肥満関連疾患予防における意義
鬼木 健太郎, 熊谷 直樹, 守田 和憲, 梶原 彩文, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 宮崎 裕子, 居塚 智子, 河田 優希, 田中 雄大, 坂本 優季, 猿渡 淳二, 吉田 陽, 陣内 秀昭, 大竹 宏治, 緒方 康博, 中川 和子
糖尿病   2014年4月   
バルプロ酸服用患者における肥満と性ホルモン及び性ホルモン結合蛋白の関係
内屋敷 佳弘, 梶原 彩文, 野相 まどか, 空岡 裕美, 大楠 直樹, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 石津 棟暎, 中川 和子
日本薬学会年会要旨集   2014年3月   
Pregnane X receptor遺伝子多型が健康成人とてんかん患者のcytochrome P450 3A活性に及ぼす影響
今村 元紀, 米満 孝聖, 吉田 昂祐, 津田 義之, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 石津 棟暎, 中川 和子
日本薬学会年会要旨集   2014年3月   
2型糖尿病患者の網膜症及び腎機能低下における性差の検討
梶原彩文, 北愛矢菜, 宮崎裕子, 守田和憲, 内屋敷佳弘, 居塚智子, 熊谷直樹, 河田優希, 田中雄大, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 吉田陽, 岩下薫子, 井島廣子, 宮本文夫, 稗島州雄, 陣内冨男, 梶原敬三, 陣内秀昭, 中川和子
第7回日本性差医学・医療学会   2014年1月31日   
2型糖尿病患者の大血管障害における性差の検討
河田優希, 梶原彩文, 北愛矢菜, 守田和憲, 宮崎裕子, 熊谷直樹, 居塚智子, 田中雄大, 空岡裕美, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 吉田陽, 岩下薫子, 井島廣子, 宮本文夫, 稗島州雄, 陣内冨男, 梶原敬三, 陣内秀昭, 中川和子
第7回日本性差医学・医療学会   2014年1月31日   
非定型抗精神病薬を服用する統合失調症患者における肥満及びメタボリックシンドロームに及ぼすCLOCK遺伝子多型の検討
上橋 諒子, 猿渡 淳二, 古郡 規雄, 佐藤 靖, 中神 卓, 斉藤 まなぶ, 菅原 典夫, 藤井 学, 古郡 華子, 土嶺 章子, 吉森 友紀, 野相 まどか, 梶原 彩文, 今村 元紀, 津田 義之, 鬼木 健太郎, 兼子 直, 中川 和子
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   2013年10月   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が高血圧・冠動脈疾患・慢性心不全患者の腎機能に及ぼす影響
守田 和憲, 鬼木 健太郎, 宮崎 裕子, 猿渡 淳二, 中川 和子, 緒方 康博, 掃本 誠治, 小川 久雄
日本心臓病学会誌   2013年9月   
Glutathione S-transferase遺伝子変異と喫煙の交互作用が生活習慣病に及ぼす影響
鬼木 健太郎, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 梶原 彩文, 守田 和憲, 宮崎 裕子, 熊谷 直樹, 居塚 智子, 内屋敷 佳弘, 津田 義之, 上橋 諒子, 棚町 有紀子, 中嶋 洋生, 猿渡 淳二, 緒方 康博, 中川 和子
日本心臓病学会誌   2013年9月   
2型糖尿病患者の細小血管症における性差の検討
梶原 彩文, 北 愛矢菜, 宮崎 裕子, 宮川 春奈, 坂田 美咲, 内屋敷 佳弘, 守田 和憲, 熊谷 直樹, 居塚 智子, 河田 優希, 田中 雄大, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 陣内 秀昭
日本心臓病学会誌   2013年9月   
統合失調症患者における肥満及びメタボリックシンドロームに関わる遺伝子多型の検討
猿渡 淳二, 古郡 規雄, 吉森 友紀, 野相 まどか, 梶原 彩文, 今村 元紀, 津田 義之, 鬼木 健太郎, 佐藤 靖, 中神 卓, 斉藤 まなぶ, 菅原 典夫, 藤井 学, 古郡 華子, 土嶺 章子, 兼子 直, 陣内 秀昭, 三原 修一, 緒方 康博, 中川 和子
糖尿病   2013年4月   
糖尿病患者の動脈硬化と腎機能低下に及ぼすSuperoxide dismutase2遺伝子型の影響
熊谷 直樹, 梶原 彩文, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 居塚 智子, 宮崎 裕子, 守田 和憲, 西村 美紀, 田中 雄大, 宮川 春奈, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 中島 朝子, 井島 廣子, 宮本 文夫, 稗島 州雄, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2013年4月   
Glutatione S-transferase遺伝子多型が糖尿病腎症の発症に及ぼす影響
居塚 智子, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 宮崎 裕子, 熊谷 直樹, 梶原 彩文, 守田 和憲, 空岡 裕美, 河田 優希, 宮川 春奈, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 中島 朝子, 井島 廣子, 宮本 文夫, 稗島 州雄, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2013年4月   
2型糖尿病患者の腎機能低下における性差の検討
北 愛矢菜, 坂田 美咲, 宮崎 裕子, 熊谷 直樹, 居塚 智子, 梶原 彩文, 守田 和憲, 田中 雄大, 西村 美紀, 宮川 春奈, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 中島 朝子, 井島 廣子, 宮本 文夫, 稗島 州雄, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2013年4月   
日本薬剤師会DEM事業データに基づいたDPP-4阻害薬による副作用発現因子の検討
梶原 彩文, 北 愛矢菜, 猿渡 淳二, 鬼木 健太郎, 中川 和子, 陣内 秀昭, 石塚 忠男, 山村 正人, 村瀬 元治, 神田 晴生, 廣田 誠介
糖尿病   2013年4月   
人間ドック受診者を対象とした生活習慣病に関わる遺伝因子の検討
鬼木 健太郎, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 守田 和憲, 梶原 彩文, 宮崎 裕子, 熊谷 直樹, 居塚 智子, 内屋敷 佳弘, 津田 義之, 上橋 諒子, 棚町 有紀子, 中嶋 洋生, 河田 優希, 田中 雄大, 空岡 裕美, 西村 美紀, 猿渡 淳二, 陣内 秀昭, 三原 修一, 緒方 康博, 中川 和子
糖尿病   2013年4月   
2型糖尿病患者における尿潜血反応陽性と過剰ろ過に関する検討
宮崎 裕子, 坂田 美咲, 北 愛矢菜, 居塚 智子, 熊谷 直樹, 梶原 彩文, 守田 和憲, 河田 優希, 空岡 裕美, 宮川 春奈, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 中島 朝子, 井島 廣子, 宮本 文夫, 稗島 州雄, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2013年4月   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が糖尿病性網膜症の発症と進展に及ぼす影響
守田 和憲, 宮川 春奈, 坂田 美咲, 梶原 彩文, 北 愛矢菜, 内屋敷 佳弘, 濱本 愛, 宮崎 裕子, 居塚 智子, 熊谷 直樹, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子, 吉田 陽, 中島 朝子, 井島 廣子, 宮本 文夫, 稗島 州雄, 陣内 冨男, 梶原 敬三, 陣内 秀昭
糖尿病   2013年4月   
バルプロ酸服用患者のγ-glutamyltransferase上昇に関する母集団薬物動態 薬力学解析
猿渡 淳二, 大楠 直樹, 津田 義之, 中嶋 洋生, 野相 まどか, 棚町 有紀子, 鬼木 健太郎, 石津 棟暎, 中川 和子
日本薬学会年会要旨集   2013年3月   
糖尿病性網膜症の発症・進展における性差の検討
北愛矢菜,梶原彩文,宮川春奈,濱本愛,坂田美咲,守田和憲,内屋敷佳弘,宮崎裕子,居塚智子,熊谷直樹,鬼木健太郎,猿渡淳二,中川和子,吉田陽,江口朝子,井島廣子,稗島州雄,陣内冨男,梶原敬三,陣内秀昭.
第6回日本性差医学・医療学術集会   2013年2月1日   
熊本県薬剤師会DEM事業によるDPP-4阻害薬の副作用調査における性差の検討
梶原彩文,北愛矢菜,猿渡淳二,鬼木健太郎,中川和子,石塚忠男,山村正人,村瀬元治,神田晴生,廣田誠介.
第6回日本性差医学・医療学術集会   2013年2月1日   
糖尿病患者の腎機能低下における尿潜血反応の意義
坂田美咲,宮川春奈,梶原彩文,濱本愛,北愛矢菜,守田和憲,川瀧正容,鬼木健太郎,猿渡淳二,中川和子,吉田陽,江口朝子,井島廣子,稗島州雄,陣内冨男,梶原敬三,陣内秀昭.
第29回日本薬学会九州支部大会   2012年12月8日   
バルプロ酸服用患者の肝障害に関する母集団薬物動態-薬力学解析
大楠直樹,中嶋洋生,津田義之,野相まどか,吉田志保,今村元紀,棚町有紀子,出口真理子,鬼木健太郎,猿渡淳二,石津棟暎,中川和子.
第29回日本薬学会九州支部大会   2012年12月8日   
熊本県薬剤師会DEM事業データに基づいたDPP-4阻害薬による副作用発現因子の検討
梶原彩文,北愛矢菜,猿渡淳二,鬼木健太郎,中川和子,山村正人,村瀬元治,神田晴生,廣田誠介,石塚忠男.
第29回日本薬学会九州支部大会   2012年12月8日   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が糖尿病性網膜症の発症と進展に及ぼす影響
守田和憲,宮川春奈,濱本愛,坂田美咲,梶原彩文,北愛矢菜,内屋敷佳弘,宮崎裕子,居塚智子,熊谷直樹,鬼木健太郎,猿渡淳二,中川和子,吉田陽,江口朝子,井島廣子,稗島州雄,陣内冨男,梶原敬三,陣内秀昭.
第29回日本薬学会九州支部大会   2012年12月8日   
Cytochrome P450 2C19遺伝子多型がバルプロ酸服用患者の肥満及び肝障害に及ぼす影響
野相まどか,棚町有紀子,大楠直樹,出口真理子,吉田志保,吉森友紀,今村元紀,津田義之,上橋諒子,中嶋洋生,鬼木健太郎,猿渡淳二,石津棟暎,中川和子.
第29回日本薬学会九州支部大会   2012年12月8日   
バルプロ酸服用患者における肥満及び肝障害に及ぼす遺伝子多型の検討
野相 まどか, 猿渡 淳二, 吉田 志保, 吉森 友紀, 大楠 直樹, 今村 元紀, 津田 義之, 出口 真理子, 棚町 有紀子, 上橋 諒子, 中嶋 洋生, 鬼木 健太郎, 古郡 規雄, 兼子 直, 石津 棟暎, 中川 和子
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   2012年10月   
Association between aldehyde dehydrogenase 2 polymorphism and chronic renal failure in patients with coronary heart disease.
Miyazaki H, Morita K, Oniki K, Mizobe M, Chitose T, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa K.
第76回日本循環器学会学術集会   2012年3月16日   
Glutathione S-transferases polymorphisms as a risk factor for chronic renal failure in diabetic patients with coronary heart disease.
Morita K, Oniki K, Miyazaki H, Mizobe M, Chitose T, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa, K.
第76回日本循環器学会学術集会   2012年3月16日   
The interactive effect of pregnane X receptor and hepatocyte nuclear factor 4α polymorphisms on the duration to reach the maintenance dose of carbamazepine during monotherapy.
Saruwatari J, Yoshida S, Ogusu N, Okada Y, Tsuda Y, Oniki K, Yasui-Furukori N, Kaneko S, Ishitsu T, Nakagawa K.
2012 American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (ASCPT) Annual Meeting   2012年3月14日   
The association between the CYP2C19 genotype and clobazam dose requirements in Japanese patients with epilepsy.
Saruwatari J, Ogusu N, Shimomasuda M, Seo T, Nagata R, Yoshida S, Oniki K, Yasui-Furukori N, Kaneko S, Ishitsu T, Nakagawa K.
2012 American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (ASCPT) Annual Meeting   2012年3月14日   
熊本県薬剤師会DEM事業データに基づいた副作用発現危険因子としての性差の検討
梶原 彩文, 北 愛矢菜, 猿渡 淳二, 鬼木 健太郎, 中川 和子, 石塚 忠男, 山村 正人, 村瀬 元治, 廣田 誠介
日本薬学会年会要旨集   2012年3月   
薬物代謝酵素活性に及ぼす清上防風湯の影響に関する研究
高嶋 綾佳, 吉田 昂祐, 丁 トンヒン, 今村 元紀, 上橋 諒子, 津田 義之, 鬼木 健太郎, 猿渡 淳二, 中川 和子
日本薬学会年会要旨集   2012年3月   
熊本県薬剤師会DEM事業データに基づいた副作用における性差の検討(3)スルフォニルウレア
北愛矢菜,梶原彩文,宮川春奈,坂田美咲,鬼木健太郎,猿渡淳二,中川和子,石塚忠男,山村正人,村瀬元治,廣田誠介.
日本性差医学・医療学会第5回学術集会   2012年2月4日   
熊本県薬剤師会DEM事業データに基づいた副作用における性差の検討(2)吸入ステロイド
梶原彩文,北愛矢菜,鬼木健太郎,猿渡淳二,中川和子,石塚忠男,山村正人,村瀬元治,廣田誠介.
日本性差医学・医療学会第5回学術集会   2012年2月4日   
熊本県薬剤師会DEM事業データに基づいた副作用における性差の検討(1)超短時間型睡眠導入剤
北愛矢菜,梶原彩文,鬼木健太郎,猿渡淳二,中川和子,石塚忠男,山村正人,村瀬元治,廣田誠介.
日本性差医学・医療学会第5回学術集会   2012年2月4日   
アルデヒド脱水素酵素2の遺伝的変異が生活習慣病の発症・進展に及ぼす影響
中川和子,鬼木健太郎,守田和憲,宮川春奈,坂田美咲,梶原彩文,内屋敷佳弘,宮崎裕子,北愛矢菜,猿渡淳二,陣内秀昭,掃本誠治,小川久雄,三原修一,緒方康博.
第11回分子予防環境医学研究会   2012年1月27日   

競争的資金等の研究課題

 
DsbA-L遺伝子を標的とした新たな糖尿病予防・治療システムの構築
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 鬼木 健太郎
モデリング&シミュレーションに基づく精神神経疾患領域での個別化医療システムの構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 猿渡 淳二
レスベラトロール服用とDsbA-L並びに アディポネクチンに関する臨床研究
山田養蜂場 みつばち研究助成基金: 研究助成金
研究期間: 2017年4月 - 2017年9月    代表者: 鬼木 健太郎
性別と遺伝情報に基づいた副作用回避と個別化医療実現への取り組み
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 中川和子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 鬼木 健太郎

特許

 
2018-037824 : 新規アディポネクチン活性化剤
鬼木 健太郎

社会貢献活動

 
陣内病院 IRB委員
【助言・指導】  2016年3月1日 - 現在