資料公開

資料公開

タイトル
カテゴリ 研究論文
概要 日本の学校・高等機関においては学級内で意見を述べることはあまり多くはない。では他国の場合はどうであろうか。この研究の目的はアメリカの地方大学における他国の留学生にインタビューし、学級内における意見発表の状況、意見発表を阻害している原因を調査することである。研究結果は、教員が自己肯定理論を活用することにより、学生が意見を述べやすい教室環境を創り出すことができる可能生を提示した。