論文

査読有り
2018年3月

足関節底屈運動制限下における歩行蹴り出し時の中足指節関節背屈角度 より歩きやすい短下肢装具開発のための予備研究

神奈川県立保健福祉大学誌
  • 米津 亮
  • ,
  • 黒澤 千尋
  • ,
  • 島津 尚子
  • ,
  • 鈴木 智高
  • ,
  • 岩田 晃
  • ,
  • 淵岡 聡

15
1
開始ページ
15
終了ページ
20
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
神奈川県立保健福祉大学

歩行動作に支障をきたすような整形外科疾患の現病歴がない18歳から21歳迄の健常女性10名(平均19.7±0.8歳)を対象とした。使用する短下肢装具(AFO)は、中足指節関節の背屈運動を妨げないよう内側楔状骨レベルの横アーチを目安に前足部をカットアウトしたポリプロピレン製を用いた。歩行動作の計測は、同一日内に裸足、AFO装着下の順に11mの歩行路を設け実施した。歩行速度、ステップ長は裸足の条件と前足部をカットしたAFOで有意差を認めなかった。その他、周期時間、立脚期と遊脚期の割合、ストライド長、および歩行率のいずれの項目も有意差を認めなかった。歩行蹴り出し時における中足指節関節最大背屈角度は、裸足の条件で68.8±0.5度、前足部をカットしたAFOでは57.7±6.2度で有意差を認めた。この地点での下腿前傾角度は、裸足の条件で48.8±5.0度、前足部をカットしたAFOでは48.1±5.1度で有意差を認めなかった。足関節背屈角度は裸足の条件で-14.6±5.0度、前足部をカットしたAFOでは1.5±1.0度であった。

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20180403450001&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F120006482520&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_3.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20180403450001&url=http%3A%2F%2Fid.nii.ac.jp%2F1358%2F00000038%2F&type=%90_%93%DE%90%EC%8C%A7%97%A7%95%DB%8C%92%95%9F%8E%83%91%E5%8Aw%81F%90_%93%DE%90%EC%8C%A7%97%A7%95%DB%8C%92%95%9F%8E%83%91%E5%8Aw%8B%40%8A%D6%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80266_3.gif
ID情報
  • ISSN : 1349-4775
  • 医中誌Web ID : 2018218959

エクスポート
BibTeX RIS