外村大

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/21 13:37
 
アバター
研究者氏名
外村大
 
トノムラ マサル
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻
職名
教授
学位
博士(文学)(早稲田大学)

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東京大学大学院 総合文化研究科地域文化研究専攻 教授
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学大学院文学研究科(博士後期課程)  
 
1988年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学大学院文学研究科(修士課程)  
 
1984年4月
 - 
1988年3月
早稲田大学第一文学部  
 

論文

 
1940年代の在日朝鮮人と日本人:帝国秩序下の多文化状況の展開と帰結
外村大
移民研究年報   (22) 43-61   2016年   [査読有り]
日本人は「在日朝鮮人問題」をどう考えてきたか?
外村大
ヨーロッパ研究   (14) 55-60   2015年
戦後日本における朝鮮植民地支配の歴史認識
外村大
神奈川大学評論   (81) 82-90   2015年
戦後日本政治のなかの在日朝鮮人問題
外村大
歴史評論   (788) 48-60   2015年   [査読有り]
日韓条約以後の「在日朝鮮人問題」の展開
外村大
日韓関係史 1965-2015 Ⅰ 政治(木宮正史・李元徳編、東京大学出版会)   397-417   2015年
日本人は朝鮮植民地支配をどう考えてきたか
外村大
日本空間   (15) 62-98   2014年   [査読有り]
日本人は「在日朝鮮人問題」をどう考えてきたか:現代日本における排外主義の歴史的前提
外村大
日本学   (38) 40-70   2014年   [査読有り]
外村 大
植民地文化研究 : 資料と分析   (13) 2-10   2014年
安定成長期日本の外国人労働者―グローバリゼーション下の移動の胎動
外村大
アジア太平洋討究   (19) 277-291   2013年3月
戦後日本に残留した朝鮮人被動員者数とその背景
外村大
コリアン・スタディーズ   (1) 63-75   2013年   [査読有り]
安定成長期日本の外国人労働者:グローバリゼーションの下の移動の胎動
外村大
アジア太平洋討究   (20) 277-291   2013年   [査読有り]
戦後日本の保守政治勢力と在日朝鮮人:単一民族志向の定着まで
外村大
日本学   (36) 37-64   2013年   [査読有り]
序説Ⅲ:日本帝国と朝鮮人の移動:議論と政策、高度経済成長期後半の日本における外国人労働者問題
外村大
帝国以後の人の移動:ポストコロニアリズムとグローバリズムの交錯点(蘭信三編著、勉誠出版)      2013年
外村 大, 羅 京洙
移民研究年報   (15) 77-95   2009年3月
外村 大
アジア遊学   (92) 44-55   2006年10月
外村 大
戦争責任研究   (45) 61-69   2004年
外村 大
社会科学討究   43(3) 623-653   1998年3月
外村 大
社会科学討究   42(3) 993-1025   1997年3月
外村 大
社會科學討究   41(3) 313-341   1996年

Misc

 
書評『「国がない」ディアスポラの歴史』(李里花 かんよう出版)
外村大
週刊読書人   (3140)    2016年
解説 江戸の町の営みを支えた人びとに思いをよせて
外村大
弾左衛門と江戸の被差別民(浦本誉至史、筑摩書房)   291-295   2016年
やさしい人びとの平和な国? 日本と日本人について考える
外村大
紛争・対立・暴力:世界の地域から考える(竹内進・西崎文子編、岩波書店)      2016年
労務動員の実態 記憶に残して(インタビュー)
外村大
北海道新聞      2015年10月
70年目に必要な「知らないこと」の自覚
外村大
TESORO(ソウル新聞ジャパン)   (22)    2015年8月

書籍等出版物

 
外村 大
岩波書店   2012年3月   ISBN:4004313589
原尻 英樹編著, 六反田 豊編著, 外村 大編著
明石書店   2011年12月   ISBN:4750335088
明石書店   2006年11月   ISBN:4750324345
外村 大
緑蔭書房   2004年4月   ISBN:4897742625