Takamitsu Mano

J-GLOBAL         Last updated: Nov 19, 2018 at 13:39
 
Avatar
Name
Takamitsu Mano

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Fujisawa K, Akita K, Fukuda N, Kamada K, Kudoh T, Ohe G, Mano T, Tsuru K, Ishikawa K, Miyamoto Y
Journal of materials science. Materials in medicine   29(8) 121   Jul 2018   [Refereed]
高線量率イリジウム線源を用いた組織内小線源治療による舌癌治療の検討
堀永 大樹, 真野 隆充, 内田 堅一郎, 原田 耕志, 梅田 浩嗣, 岡藤 正樹, 三島 克章, 上山 吉哉
山口医学   66(4) 211-217   Oct 2017
当科において、舌扁平上皮癌患者に対しておこなった高線量率組織内照射の治療効果を検証するため、他の文献的考察をくわえて検討した。症例は14例、男性9例、女性5例で、年齢は40〜88歳(中央値:71.0歳)であった。初期治療として3例に外部照射が、11例に動注化学療法が施行された。5年局所制御率は100%であった。局所再発が2例(14.3%)、頸部リンパ節転移が3例(21.4%)に認められたが、1例の他病死を除き全例非担癌状態で生存していた。主要な有害事象は口腔粘膜炎、口内乾燥、潰瘍を伴った骨...
Umeda H, Mano T, Harada K, Tarannum F, Ueyama Y
Journal of materials science. Materials in medicine   28(8) 112   Aug 2017   [Refereed]
テリパラチド投与と外科的治療により治癒したビスフォスフォネート関連顎骨壊死の1例
真野 隆充, 梅田 浩嗣, 竹縄 隆徳, 今釜 崇, 森 亜希, 上山 吉哉
日本歯科先端技術研究所学術会誌   23(1) 11-13   Feb 2017
80歳女。既往歴に骨粗鬆症に対するアレンドロン酸内服があった。今回、約5年前にインプラント治療を受けた左下顎6・7番欠損部から出血を来たし、インプラント体の除去、掻爬術で改善せず紹介となった。受診時、左下顎6・7番欠損部に易出血性の不良肉芽の露出を認め、パノラマX線で同部に骨吸収像を認めた。左側下顎骨のビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死(ステージ0)と診断し、局所麻酔下に掻爬術を施行したが、術後2週で不良肉芽の増生を認めた。疼痛、知覚麻痺も出現し、疼痛コントロールを行い再度掻爬術を施行...
当科における高齢者の顎顔面骨骨折の臨床的検討
小出 裕実子, 真野 隆充, 堀永 大樹, 梅田 浩嗣, 山城 康太, 上山 吉哉
口腔顎顔面外傷   15(1-2) 13-17   Dec 2016
65歳以上の高齢者の顎顔面骨骨折の特徴について検討した。11年間に受診した顎顔面骨骨折213例を対象とし、65歳以上35例(男性16名、女性19名)、65歳未満178例(男性128名、女性50名)であった。65歳以上では75歳から79歳代が10例と最も多かった。65歳から74歳では男性に多いが、75歳以上の症例では女性の割合が高く、最高齢は89歳であった。受傷原因は、65歳未満では交通事故が62例(34.8%)、転倒・転落が59例(33.1%)、殴打が25例(14.0%)の順で多く、65歳...
合併損傷を伴う顎顔面骨骨折症例の臨床的検討
藤田 温志, 真野 隆充, 堀永 大樹, 梅田 浩嗣, 上山 吉哉
口腔顎顔面外傷   15(1-2) 7-12   Dec 2016
合併損傷を生じた顎顔面骨骨折の特徴を明らかにする目的で、顎顔面骨骨折の単独症例と合併症例について、後ろ向き研究による比較検討を行った。10年間に受診した顎顔面骨骨折単独症例(単独群)149例(男性97名、女性52名、1〜89歳)、合併損傷を生じた顎顔面骨骨折症例(合併群)50例(男性33名、女性17名、7〜86歳)を対象とした。両群ともに10歳代および20歳代が大きな割合を占め、合併群では60歳代の割合が比較的大きかった。受傷原因は、単独群では転倒転落、合併群では交通事故が最も多かった。受...
Harada K, Ferdous T, Horinaga D, Uchida K, Mano T, Mishima K, Park S, Hanazawa H, Takahashi S, Okita A, Fukunaga M, Maruta J, Kami N, Shibuya K, Ueyama Y
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   24(2) 953-959   Feb 2016   [Refereed]
歯科用注射針の破折迷入の2例
山城 康太, 真野 隆充, 堀永 大樹, 梅田 浩嗣, 小出 裕実子, 上山 吉哉
口腔顎顔面外傷   14(1) 21-25   Dec 2015
症例1(5歳男児)。近医の歯科にて左側上顎部第二乳臼歯のう蝕治療のため、左側上顎頬側歯肉に局所浸潤麻酔を施行、その時に患児の急な動きにより注射針が破折し軟組織内に迷入した。著者らの歯科口腔外科へ紹介となり、単純X線像では注射針の存在は確認できなかったが、3D-CTにて左側頬骨基部後方の垂直方向に針の存在が確認された。以後、CTで注射針は骨面に接しておらず、軟組織内に存在することから、左側上顎歯肉頬移行部やや頬粘膜寄りに約25mm横切開を加え、軟組織内の検索することで33Gの基部が破損した針...
Suga H, Mishima K, Nakano H, Nakano A, Matsumura M, Mano T, Yamasaki Y, Ueyama Y
Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery   42(8) 1650-1654   Dec 2014   [Refereed]
【65歳以上の患者へのインプラント治療・管理ガイド 要介護になっても対応できるために】(第3章)高齢者にインプラント治療を行った後で疾病が発症したら? インプラント治療後に大きな病気に罹患したら? インプラント治療後に脳血管疾患になったら?
真野 隆充
日本歯科評論   (別冊2014) 101-104   Jun 2014

Conference Activities & Talks

 
家族性に発生した先天性下唇瘻の1例
中川 貴之, 玉谷 哲也, 秋田 和也, 鎌田 久美子, 工藤 隆治, 福田 直志, 真野 隆充, 宮本 洋二
日本口腔科学会雑誌   Jul 2018   
血友病A保因者の抜歯経験
岡山 美穂, 真野 隆充, 佃 浩一郎, 内田 堅一郎, 上山 吉哉
有病者歯科医療   Dec 2017   
皮膚筋炎の発症を契機に下顎歯肉癌再発が発見された1例
堀永 大樹, 内田 堅一郎, 原田 耕志, 真野 隆充, 三島 克章, 上山 吉哉
日本口腔科学会雑誌   Jul 2017   
口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移におけるPET/CTの信頼性についての検討 センチネルリンパ節生検との比較
宮本 寿太郎, 真野 隆充, 原田 耕志, 上山 吉哉
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2017   
口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移におけるPET/CTの信頼性についての検討 センチネルリンパ節生検との比較
宮本 寿太郎, 真野 隆充, 原田 耕志, 上山 吉哉
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2016