基本情報

所属
千葉大学医学部附属病院 次世代医療構想センター 特任教授 (センター長)
横浜市立大学医学部臨床統計学 非常勤講師
国立保健医療科学院保健医療経済評価研究センター 客員研究員
早稲田大学 招聘研究員
愛知医科大学学際的痛みセンター 客員研究員
神奈川県立保健福祉大学大学院 非常勤講師
学位
公衆衛生学修士(MPH)(2012年3月 東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻)
医学博士(PhD)(2018年3月 千葉大学大学院医学研究院)

連絡先
kensuke0511gmail.com
研究者番号
60801735
J-GLOBAL ID
201301096501950317

外部リンク

1978年横浜市生まれ、左利き。1997年慶應義塾高等学校卒業、2000年東京大学教養学部中退、2007年千葉大学医学部医学科卒業、2012年東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻修了(MPH:公衆衛生学修士)、2018年千葉大学大学院医学研究院修了(PhD:医学博士)。
精神科医として千葉大学医学部附属病院等で精神科薬物療法、認知行動療法、リエゾン・コンサルテーション精神医学の実践、難治性統合失調症の臨床研究や地域移行支援、並行して産業医として製造業の現場や医療機関でのメンタルヘルス対策の実務、および医学生・研修医・コメディカルへの教育に従事。
「For the patient.」を実現し、かつ持続可能な医療のあり方を探るため2015年4月厚生労働省に入省。医系技官として保険局と医政局を併任し、医療ビッグデータとしてのレセプト情報等データベース(NDB)のシステム更改と機能増強・利用規制の緩和、NDBオープンデータの仕様検討と作成・公開、医療情報連携ネットワークを介した診療情報共有に対する診療報酬の設計、遠隔診療のエビデンス構築に資する研究班の立ち上げ、診療ガイドラインを活用したEBMの普及推進など、医療情報に関連した政策立案と制度設計に関わる。その中で制度に直結する政策研究が足りない事を実感し、2017年からは厚生労働省と国立保健医療科学院を併任して主に医療経済分析の領域にて政策研究を実施。

2018年3月、厚生労働省退官。
2018年4月より医療機関の持続可能性をテーマに千葉大学医学部附属病院にて病院経営・管理学についての教育研究および産業医業務を行い、同時に千葉県庁健康福祉部医療整備課にて県内の医師確保・偏在対策に取り組む。
2019年8月より、千葉県をモデルとし持続可能で質の高い医療の提供を実現する目的で設置された、千葉大学医学部附属病院 次世代医療構想センターのセンター長 特任教授に着任。

2020年4月より千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局に参画。重症者の入院調整や、臨時の医療施設の設置に関連した事業に参加。2020年12月より、厚生労働省成田空港検疫所検疫課医員として、検疫の現場で陽性者の健康管理にあたる。2021年2月、一般社団法人保健医療リテラシー推進社中を設立して代表理事となる。同法人による新型コロナワクチン啓発プロジェクト「こびナビ」代表として活動する。
国立保健医療科学院、千葉大学、横浜市立大学、早稲田大学、群馬医療福祉大学、首都大学東京、神奈川県立保健福祉大学などで医療情報、医療政策、精神保健、行動科学等の講演・講義を行い、特に若手専門職へ医療政策・公衆衛生分野の魅力とやりがいを伝えている。
レセプトデータを用いた保険診療の実態分析、保健医療に関する政策研究、さらに科学的根拠に基づく公衆衛生(EBPH:Evidence Based Public Health)の実現とそれを担う人材育成に関心を持っている。           当面は新型コロナウイルス感染症対策に対し、空港検疫所、都道府県対策本部、政策研究、ワクチン啓発の方法により解決を目指す。


【千葉大学医学部附属病院内での所属】
次世代医療構想センター長・特任教授
スタッフケアセンター産業医
病院経営管理学研究センター/病院長企画室
医師キャリア支援センター

【客員教員等】
東京大学大学院 医学系研究科精神保健学 客員研究員(2012‐2017)
千葉大学 医学部 公衆衛生学・認知行動生理学 非常勤講師(2015‐2019)
横浜市立大学 医学部 臨床統計学 非常勤講師(2017‐現職)
国立保健医療科学院 保健医療経済評価分析センター 客員研究員(2018‐現職)
群馬医療福祉大学 看護学部・リハビリテーション学部 臨床教授(2018‐2020)
早稲田大学 ソーシャル・ヒューマン・キャピタル研究所 招聘研究員(2018‐現職)
愛知医科大学 学際的痛みセンター 客員研究員(2019-現職)
首都大学東京 人文社会学部人間社会学科心理学教室 関係行政論 非常勤講師(2019‐2020)
神奈川県立保健福祉大学大学院 ヘルスイノベーション研究科 非常勤講師(2019‐現職)

【研究テーマ】  
NDB(レセプト情報等データベース)を用いた医療の実態分析   
地域医療構想と効率的な医療提供体制   
病院経営・管理学
情報通信・遠隔技術を用いた保健医療サービスの提供
医療専門職のメンタルヘルス対策
公衆衛生領域の人材確保と育成
地域医療の人材確保と育成

【国家資格】
医師(第463468号)
精神保健指定医(第19255号)
労働衛生コンサルタント〈保健衛生〉(保―第6098号)
公認心理師(第33532号)
【その他資格】                                               日本精神神経学会認定 精神科専門医・指導医                                 社会医学系専門医協会認定 社会医学系専門医・指導医                             日本医療情報学会認定 医療情報技師                                     日本医師会認定 産業医(第0902045号:2020年1月失効)                           ※以後、労働衛生コンサルタントとして産業医資格を維持                            日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士(2014年4月取得―2019年3月失効)


経歴

  16

受賞

  1

論文

  18

主要なMISC

  37

書籍等出版物

  11

講演・口頭発表等

  250

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  13

その他

  13