MISC

2020年1月

ブロダルマブ投与中に慢性副鼻腔炎急性増悪から眼窩蜂窩織炎を生じた尋常性乾癬の1例 (特集 角化症・炎症性角化症)

皮膚科の臨床
  • 石川 秀幸
  • ,
  • 高村 直子
  • ,
  • 山口 由衣
  • ,
  • 渡邉 裕子
  • ,
  • 浅見 美穂
  • ,
  • 渡辺 雪彦
  • ,
  • 渡邊 友也
  • ,
  • 野島 雄介
  • ,
  • 相原 道子

62
1
開始ページ
22
終了ページ
26
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
金原出版

<文献概要>69歳,男性。52歳時に尋常性乾癬を発症し,66歳時に当科を初診した。各種生物学的製剤で効果を維持できず,69歳時にブロダルマブへ変更し,皮疹は改善した。変更6ヵ月後に左上眼瞼の浮腫,疼痛が出現した。頭部CTで左篩骨洞から左眼窩内に突出する膿瘍を認め,眼窩蜂窩織炎と診断した。耳鼻科にて切開排膿,抗菌薬投与,プレドニゾロン40mg/日を投与し改善した。一時ブロダルマブを中止していたが,中止1ヵ月後より乾癬が再燃したため投与を再開した。眼窩蜂窩織炎は,慢性副鼻腔炎から進展する,高リスクの疾患である。生物学的製剤投与中,副鼻腔炎の発症リスクが増加する可能性も報告されており,生物学的製剤投与中の患者において副鼻腔炎のコントロールも重要である。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/40022142884
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00208643
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/030224339
Jamas Url
http://search.jamas.or.jp/link/ui/2020107449

エクスポート
BibTeX RIS