苫米地 伸泰

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 15:13
 
アバター
研究者氏名
苫米地 伸泰
 
トマベチ ノブヤス
eメール
n-tomabechinittai.ac.jp
所属
日本体育大学
部署
体育学部 スポーツトレーニングセンター
職名
助教
学位
学士(体育学)(日本体育大学), 修士(教育学)(北海道大学)
科研費研究者番号
40828240
Twitter ID
@nobu19890915

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本体育大学 体育学部 スポーツトレーニングセンター 助教
 

学歴

 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 教育学院 博士後期課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
北海道大学大学院 教育学院 修士課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本体育大学 体育学部 体育学科
 

受賞

 
2018年10月
第31回日本トレーニング科学会 トレーニング科学研究賞 奨励賞
 

論文

 
Effects of milk intake combined with exercise on upper respiratory tract infection in older adults during winter
Shinohara, M., Kuroda, Y., Tomabechi, N., Ishihara, T., & Mizuno, M.
Gazzetta Medica Italiana - Archivio per le Scienze Mediche   in press    [査読有り]
Yamaguchi, T., Takizawa, K., Shibata, K., Tomabechi, N., Samukawa, M., Yamanaka, M.
Gazzetta Medica Italiana - Archivio per le Scienze Mediche   in press    [査読有り]
疲労困憊に至る異なる反復速度の低強度レジスタンストレーニングが中高齢者の筋力に及ぼす効果
苫米地伸泰,中島寿宏,秋野禎見,河口明人,柴田啓介,石原暢,瀧澤一騎,水野眞佐夫  
運動とスポーツの科学   24(1) 61-67   2018年12月   [査読有り]
Tomabechi N, Takizawa K, Shibata K, Mizuno M
Sports (Basel, Switzerland)   6(4)    2018年9月   [査読有り]
石原暢,篠原翠,村田浩美,王文娟,苫米地伸泰,水野眞佐夫
日本生理人類学会誌   21(3) 87-95   2016年8月   [査読有り]
青年期における積雪期の運動量とワーキングメモリーの関係
石原暢,篠原翠,村田浩美,王文娟,苫米地伸泰,水野眞佐夫
北海道体育学研究   51 1-7   2016年   [査読有り]
青年期における運動習慣が抑制機能とワーキングメモリーに与える効果
石原暢,篠原翠,苫米地伸泰,水野眞佐夫
北海道体育学研究   50 9-15   2015年   [査読有り]
北海道在住大学生における積雪期の運動有能感と運動習慣の関係
石原暢,篠原翠,苫米地伸泰,水野眞佐夫
北海道大学教育学研究院紀要   123 55-65   2015年

講演・口頭発表等

 
Effects of weekly resistance training in university physical education class during snow season on muscle mass, strength and jump performance
Shibata, K., Tomabechi, N., Takizawa, K., Yamaguchi, T., Mizuno, M
International Conference on Strength Training 2018   2018年12月   
低酸素環境下での間欠的激運動中の活動筋酸素化動態について
高橋生季,苫米地伸泰,沖田孝一,森田憲輝
北海道体育学会第58回大会   2018年12月   
同⼀仕事量で回転数の異なる⾼強度・間⽋的⾃転⾞トレーニングが最⼤酸素摂取量と筋機能に及ぼす効果
苫米地伸泰,瀧澤一騎,柴田啓介,水野眞佐夫
第31回日本トレーニング科学会大会   2018年10月   
ウェイトリフティング選⼿の競技パフォーマンスおよびパワー発揮特性における性差について
恵良友也,菊池直樹,小畑直之,塩島絵未,槇野陽介,八角卓克,寺田健太郎,苫米地伸泰,曽我利明,西山哲成
第31回日本トレーニング科学会大会   2018年10月   
ストレングストレーニングにおける強度設定とトレーニング効果の性差に関する研究
菊池直樹,梶規子,小畑直之,岡田隆,寺田健太郎,八角卓克,苫米地伸泰,曽我利明,恵良友也,西山哲成
第31回日本トレーニング科学会大会   2018年10月   
同一仕事率で回転数の異なる高強度間欠的自転車運動の生理応答
苫米地伸泰,瀧澤一騎,柴田啓介,水野眞佐夫
第73回日本体力医学会大会   2018年9月   
同一仕事率で回転数の異なる高強度・間欠的自転車運動が主観的運動強度とPhysical Activity Enjoyment Scaleに及ぼす急性効果
苫米地伸泰,水野眞佐夫
日本運動・スポーツ科学学会第25回大会   2018年6月   
経口摂取されたエタノールの分解速度は筋力と関係するが有酸素性能力とは関係しない
瀧澤一騎,山口太一,柴田 啓介,苫米地伸泰
北海道体育学会第57回大会   2017年12月   
持久走パフォーマンス改善のためのダイナミックストレッチングを含んだより良いウォームアッププロトコル
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介,苫米地伸泰,寒川美奈,山中正紀,東郷将成,保科圭汰,佐藤未来
第6回日本トレーニング指導学会大会   2017年12月   
12週間の有酸素トレーニングによって持久性能力が向上すると飲酒後の呼気中アルコール濃度が高くなる
瀧澤一騎,山口太一,柴田啓介,苫米地伸泰
第72回日本体力医学会大会   2017年9月   
総挙上重量を統一したスクワット運動において疲労困憊までの反復がホルモン応答及び筋損傷に及ぼす影響
柴田啓介,瀧澤一騎,山口太一,苫米地伸泰,野坂和則,水野眞佐夫
第72回日本体力医学会大会   2017年9月   
走運動ウォームアップ後のダイナミックストレッチング実施による持久走パフォーマンス改善はストレッチング後の休息時間がカギとなる
山口太一,瀧澤一騎,寒川美奈,山中正紀,柴田啓介,苫米地伸泰,東郷将成,保科圭汰,佐藤未来
第72回日本体力医学会大会   2017年9月   
Alcohol degradiation might be accelerated by muscle hypertrophy training.
Takizawa, K., Shibata, K., Tomabechi, N.
10th International Conference on Strength Training   2016年12月   
Effects of low-intensity resistance training with different movement velocities to failure on muscle mass and strength in elderly adults
Nobuyasu Tomabechi, Toshihiro Nakajima, Akito Kawaguchi, Yoshimi Akino, Kazuki, Takizawa, Masao Mizuno
International Conference of Strength Training   2016年12月   
中高齢者における異なる反復速度の低強度レジスタンス運動の効果と総収縮時間の関係
苫米地伸泰,中島寿宏,河口明人,秋野禎見,瀧澤一騎,水野眞佐夫
第71回日本体力医学会大会   2016年9月   
ウォーミングアップにおけるウィンドスプリントに意味はあるのか?
瀧澤一騎,山口太一,柴田啓介,苫米地伸泰
第71回日本体力医学会大会   2016年9月   
異なる反復速度の低強度レジスタンストレーニングが中高齢者の筋量に及ぼす効果と総収縮時間の関係
苫米地伸泰,中島寿宏,秋野禎見,水野眞佐夫
日本運動・スポーツ科学学会第23回大会   2016年7月   
Exercise combined with milk intakes suppresses morbidity and symptoms for upper respiratory tract inflammation during winter in elderly individuals
Hiromi Murata, Midori Shinohara, Toru Ishihara, Yuta Kuroda, Nobuyasu Tomabechi, Masao Mizuno
European College of Sports Science   2016年7月   
種々のウォームアッププロトコルが持久走パフォーマンスに及ぼす急性の効果
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介,苫米地伸泰,東郷将成,保科圭汰,東郷哲史
第4回日本トレーニング指導学会大会   2015年12月   
高齢者における運動と牛乳飲用の併用が唾液IgA濃度および急性上気道炎の罹患に与える効果
篠原翠,石原暢,黒田裕太,苫米地伸泰,水野眞佐夫
第 13 回日本栄養改善学会北海道支部学術総会   2015年12月   
走運動後の速度の異なるダイナミックストレッチングが持久走パフォーマンスに及ぼす急性の効果
山口太一,瀧澤一騎,苫米地伸泰,柴田啓介,保科圭汰,東郷将成
第70回日本体力医学会大会   2015年9月   
高齢者における運動及び牛乳乳製品摂取の習慣と上気道感染症の罹患の関係
村田浩美,篠原翠,石原暢,黒田裕太,苫米地伸泰,水野眞佐夫
第70回日本体力医学会   2015年9月   
筋肥大トレーニングでアルコール代謝が速くなるかもしれない
瀧澤一騎,苫米地伸泰,柴田啓介,水野眞佐夫
第70回日本体力医学会   2015年9月   
異なる反復速度の低強度レジスタンス運動の効果と総収縮時間の関係
苫米地伸泰,瀧澤一騎,水野眞佐夫
第70回日本体力医学会   2015年9月   
高齢者のスポーツと牛乳・乳製品摂取習慣が冬期における上気道感染症に及ぼす影響
篠原翠,石原暢, 黒田裕太,苫米地伸泰,水野眞佐夫
第17回日本体力医学会北海道地方会   2015年4月   
異なる反復速度の低強度レジスタンス運動の筋肥大効果と総収縮時間との関係
苫米地伸泰,瀧澤一騎,水野眞佐夫
第17回日本体力医学会北海道地方会   2015年4月   
ウォームアップにおける20秒×1セットのスタティックストレッチングは持久走パフォーマンスを低下させない
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介,苫米地伸泰
第27回日本トレーニング科学会大会   2014年11月   
異なる反復速度の低強度レジスタンス運動が筋厚と筋機能に及ぼす影響
苫米地伸泰,瀧澤一騎,水野眞佐夫
第27回日本トレーニング科学会   2014年11月   
10回×1セットの動作速度の速いダイナミックストレッチングは持久走パフォーマンスを向上させる
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介,苫米地伸泰,保科圭汰
第69回日本体力医学会大会   2014年9月   
雪かき運動にも乳酸閾値はある
瀧澤一騎,柴田啓介,佐藤由理,苫米地伸泰,鈴木克典,水野眞佐夫
第69回日本体力医学会   2014年9月   
7週間にわたる異なる反復速度の低強度レジスタンス運動による筋力増強効果
苫米地伸泰,瀧澤一騎,水野眞佐夫
第69回日本体力医学会   2014年9月   
最大下走運動前において摂取する炭水化物食品の違いによる影響
瀧澤一騎,水野眞佐夫,柴田啓介,佐藤由理,苫米地伸泰
第16回日本体力医学会北海道地方会   2014年4月   
介護作業が主観的疲労感と体力に及ぼす影響~2週間にわたる連続的調査~
苫米地伸泰,瀧澤一騎,田中孝之,鈴木善人
北海道体育学会第53回大会   2013年12月   
比較的短い伸張時間のスタティックストレッチングは持久的な走運動パフォーマンスを低下させない
山口太一,瀧澤一騎,柴田啓介,苫米地伸泰,保科圭汰
第68回日本体力医学会   2013年9月   
介護作業従事者の日常業務が疲労感と体力に及ぼす影響
苫米地伸泰,瀧澤一騎,田中孝之,鈴木善人
第15回日本体力医学会北海道地方会   2013年8月   

担当経験のある科目