小幡 文弥

J-GLOBALへ         更新日: 12/06/29 14:26
 
アバター
研究者氏名
小幡 文弥
 
オバタ フミヤ
通称等の別名
小幡 文弥
URL
http://www.ahs.kitasato-u.ac.jp/~men_eki/index.html
所属
北里大学
部署
医療衛生学部
職名
教授

プロフィール

免疫系と神経変性疾患との関連について興味を持っています。現在は特に、パーキンソン病におけるミクログリアの関与について研究を進めています。

研究分野

 
 

委員歴

 
1995年
   
 
日本組織適合性学会  評議員
 

論文

 
Maekawa T, Mori S, Sasaki Y, Miyajima T, Azuma S, Ohta E, Obata F
Molecular neurodegeneration   7 15   2012年4月   [査読有り]
Iseki Y, Nakahara M, Kubo M, Obata F, Harigae H, Takahashi S
International journal of molecular medicine   29 319-323   2012年2月   [査読有り]
Kawakami F, Yabata T, Ohta E, Maekawa T, Shimada N, Suzuki M, Maruyama H, Ichikawa T, Obata F
PloS one   7 e30834   2012年   [査読有り]
Ohta E, Kawakami F, Kubo M, Obata F
FEBS letters   585(14) 2165-2170   2011年7月   [査読有り]
Kubo M, Kamiya Y, Nagashima R, Maekawa T, Eshima K, Azuma S, Ohta E, Obata F
Journal of neuroimmunology   229(1-2) 123-128   2010年12月   [査読有り]
Maekawa T, Kubo M, Yokoyama I, Ohta E, Obata F
Biochemical and biophysical research communications   392(3) 431-435   2010年2月   [査読有り]
Ohta E, Kubo M, Obata F
Biochemical and biophysical research communications   391(1) 242-247   2010年1月   [査読有り]
Ohta E, Katayama Y, Kawakami F, Yamamoto M, Tajima K, Maekawa T, Iida N, Hattori S, Obata F
Biochemical and biophysical research communications   390(3) 710-715   2009年12月   [査読有り]
Satake W, Nakabayashi Y, Mizuta I, Hirota Y, Ito C, Kubo M, Kawaguchi T, Tsunoda T, Watanabe M, Takeda A, Tomiyama H, Nakashima K, Hasegawa K, Obata F, Yoshikawa T, Kawakami H, Sakoda S, Yamamoto M, Hattori N, Murata M, Nakamura Y, Toda T
Nature genetics   41(12) 1303-1307   2009年12月   [査読有り]
[Educational program in the Medical Science Course, Kitasato University School of Allied Health Sciences].
Kitasato H, Takahashi S, Ohbu M, Obata F, Ogawa Z, Sato Y, Hattori M, Saito-Taki T, Hara K, Okano T, Kubo M, Maruyama H, Tsuchiya B, Okazaki T, Ishii N, Nishimura Y, Takada N, Abe M, Hachimura K, Tanigawa K, Katagiri M
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   56 606-611   2008年7月   [査読有り]
Ohta E, Hasegawa K, Gasser T, Obata F
Neuroscience letters   417 21-23   2007年4月   [査読有り]
Ohta E, Funayama M, Ichinose H, Toyoshima I, Urano F, Matsuo M, Tomoko N, Yukihiko K, Yoshino S, Yokoyama H, Shimazu H, Maeda K, Hasegawa K, Obata F
Archives of neurology   63 1605-1610   2006年11月   [査読有り]
Tomiyama H, Li Y, Funayama M, Hasegawa K, Yoshino H, Kubo S, Sato K, Hattori T, Lu CS, Inzelberg R, Djaldetti R, Melamed E, Amouri R, Gouider-Khouja N, Hentati F, Hatano Y, Wang M, Imamichi Y, Mizoguchi K, Miyajima H, Obata F, Toda T, Farrer MJ, Mizuno Y, Hattori N
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   21 1102-1108   2006年8月   [査読有り]
Ohta E, Toyoshima I, Funayama M, Ichinose H, Hasegawa K, Obata F
Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   20 1083-1084   2005年8月   [査読有り]
Funayama M, Hasegawa K, Ohta E, Kawashima N, Komiyama M, Kowa H, Tsuji S, Obata F
Annals of neurology   57 918-921   2005年6月   [査読有り]
Croute F, Beau B, Murat JC, Vincent C, Komatsu H, Obata F, Soleilhavoup JP
Journal of toxicology and environmental health. Part A   68 703-718   2005年5月   [査読有り]
Komatsu H, Obata F
Biomedical chromatography : BMC   17 345-350   2003年7月   [査読有り]
Komatsu H, Hoshino A, Funayama M, Kawahara K, Obata F
Free radical research   37 293-299   2003年3月   [査読有り]
Funayama M, Hasegawa K, Kowa H, Saito M, Tsuji S, Obata F
Annals of neurology   51 296-301   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
戸田達史, 佐竹渉, 安藤祐子, 西岡竜也, 上田健博, 古和久朋, 富山弘幸, 渡邊雅彦, 玉岡晃, 武田篤, 中島健二, 長谷川一子, 小幡文弥, 川上秀史, 佐古田三郎, 山本光利, 服部信孝, 村田美穂
神経変性疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   114-117   2012年
前川達則, 森小百合, 宮島任司, 佐々木唯, 小宮佳澄, 東貞弘, 太田悦朗, 小幡文弥
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   53rd 234   2012年
太田悦朗, 川上文貴, 久保誠, 小幡文弥
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   53rd 229   2012年
佐藤威文, 久保誠, 田畑健一, 黒坂慎二, 柳澤信之, 松本和将, 藤田哲夫, 佐藤絵里奈, 伊東一郎, 小幡文弥, 三枝信, 岡安勲, 那須保友, 公文裕巳, 馬場志郎
日本癌治療学会誌   46(2) 704   2011年9月
佐藤威文, 久保誠, 田畑健一, 黒坂眞二, 柳澤信之, 松本和将, 藤田哲夫, 佐藤絵里奈, 伊東一郎, 小幡文弥, 那須保友, 公文裕巳, 馬場志郎
日本泌尿器科学会雑誌   102(2) 342   2011年3月

書籍等出版物

 
移植抗原(HLA)遺伝子のDNAタイピング(川上正也編.医学の中の遺伝子工学)
国際医学出版   1992年   
HLAに関する最近の進歩 (共著)
Current Review 臨床検査   1990年   
Sequence analysis of the T-cell receptor utilized for recognition of allogeneic HLA-class II molecules.
(Oxford University Press)in"HLA 1991"Tsuji, Aizawa, Sasazuki eds.   1992年   
T-cell recognition of HLA-class II molecules.
(Oxford University Press)in"HLA 1991"Tsuji, Aizawa, Sasazuki eds.   1992年   
DNA typing of the transplantation antigen (HLA) gene.
1992年   

Works

 
第11回国際組織適合性ワークショップ「T細胞コンポーネント」組織座長
1991年
オリゴヌクレオチドプローブによる日本人集団のHLA・DRタイピングに関する特許
1991年
新規なDNA塩基配列およびその用途に関する特許
1991年

競争的資金等の研究課題

 
移植免疫学
パーキンソン病発症機構の解明
保健医療分野における基礎研究推進事業
研究期間: 2001年 - 2020年
遺伝性パーキンソン病の原因分子LRRK2の機能とその変異による神経変性機構を解明し、治療法開発に繋げる