大出 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/09 22:48
 
アバター
研究者氏名
大出 尚子
学位
博士(文学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
2018年3月
学習院大学 国際研究教育機構 客員研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
北海道大学 大学院文学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2013年
 - 
2014年3月
学習院大学 学長付国際研究交流オフィス 客員研究員
 
2012年10月
 - 
2013年3月
学習院大学 学長付国際研究交流オフィス PD共同研究員
 
2010年6月
 - 
2013年3月
筑波大学 人文・文化学群 非常勤講師
 
2012年8月
 - 
2012年9月
学習院大学 東洋文化研究所 PD共同研究員
 
2012年4月
 - 
2012年9月
茨城大学 大学教育センター 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2012年7月
学習院大学 東洋文化研究所 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2011年9月
茨城大学 大学教育センター 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2011年3月
学習院大学 東洋文化研究所 「東アジア学」共創プロジェクト客員研究員
 
2010年4月
 - 
2010年6月
筑波大学 大学院人文社会科学研究科 博士特別研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
筑波大学 日本学術振興会特別研究員(DC1)
 

論文

 
北村千代治伝—海を渡った考古学者—
相原淳一・大出 尚子
『東北歴史博物館研究紀要』   (18) 27-58   2017年3月   [招待有り]
「満洲国」以前の瀋陽故宮と古物陳列所—瀋陽故宮文物の「運京」を中心に—
大出 尚子
『史境』   (73) 65-81   2017年3月   [査読有り]
大出 尚子
東洋文化研究   14 1-28   2012年3月
This research is a comparative study highlighting the differences between the Government-General Museum of Korea, a museum that served as the national museum of Korea under the"official empire," and the National Museum of Manchukuo that served as ...
満洲移民政策の転換と暉峻義等の調査研究活動
大出 尚子
史峯   11 1-25   2010年3月

Misc

 
【書評】「「時間旅行」の指南書」『古写真・絵葉書で旅する東アジア150年』
大出 尚子
『東方』   (451) 24-27   2018年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
博物館という装置
大出 尚子 (担当:共著, 範囲:「満洲国」の博物館事業と帝国主義・植民地主義)
勉誠出版   2016年3月   
世界の蒐集–アジアをめぐる博物館・博覧会・海外旅行
大出 尚子 (担当:共著, 範囲:清室財産と清朝復辟–奉天故宮博物館の閉鎖をめぐって–)
山川出版社   2014年2月   
「満洲国」博物館事業の研究
大出 尚子
汲古書院   2014年1月   

競争的資金等の研究課題

 
清末以降の博物館事業・清室財産・清朝復辟問題からみた満洲国の実相
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 大出 尚子
『「満洲国」博物館事業の研究』
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(研究成果公開促進費)
研究期間: 2013年       代表者: 大出 尚子
博物館事業よりみた「満洲国」における「民族協和」の実態に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 大出 尚子