鈴木英治

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/26 09:20
 
アバター
研究者氏名
鈴木英治
 
スズキ エイジ
eメール
suzukikiui.ac.jp
URL
http://kiui.jp/
所属
吉備国際大学
部署
文化財総合研究センター
職名
教授
学位
学士(工学)(東洋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
吉備国際大学 アニメーション文化学科 教授
 
2001年4月
 - 
2015年3月
吉備国際大学 文化財修復国際協力学科 教授
 
1978年4月
 - 
1980年3月
興国ゴム工業株式会社
 
1980年3月
 - 
1991年6月
大平製紙株式会社
 
1980年6月
 - 
1999年2月
有限会社キャット 取締役
 

学歴

 
 
 - 
1978年3月
東洋大学 工学部 応用化学科専攻
 

Misc

 
総社市旧堀和平亭に由来する下張文書の収集と資料化について
鈴木英治
文化財情報学研究   (15) 55-62   2018年3月
Franz von Bayros関係資料3点の保存・修理報告
鈴木英治
文化財情報学研究   (15) 47-54   2018年3月
書籍保存におけるオリジナリティを考える 〜東北大学附属図書館所蔵貴重書に対する保存修復事例から〜
鈴木英治
文化財保存修復学会 第34回大会研究発表要旨集      2013年7月
本の修復における和紙の利用について−1970年代以前の欧米の状況−
鈴木英治
文化財情報学研究   (9) 13-18   2012年3月
幕末に作成・刊行された和刻洋書の素材と構造
鈴木英治
文化財情報学研究   (8)    2011年3月
児島虎次郎招来「ルノワール画集」の修復
鈴木英治
『文化財情報学研究』 創刊号      2004年3月
修復記録と情報の公開―図書資料を中心として
鈴木英治
『文化財情報学研究』 創刊号      2004年3月
近世書物製作技術の周辺
鈴木英治
『文化財情報学研究』 創刊号      2004年3月
島根県美都町広兼家紙漉き資料の調査・保存--中間報告として
鈴木英治
文化財情報学研究   (1) 123-126   2004年3月
甦る古書
鈴木英治
『ユリイカ 詩と批評』 第29巻第7号      1997年6月

書籍等出版物

 
『資料保存ワークショップ記録集−資料はいつまで利用できるのか−』
鈴木英治 (担当:共著, 範囲:図書館資料への段階的保存手当て−その考え方と事例−)
日本図書館協会   1995年3月   
紙の劣化と資料保存
鈴木英治
日本図書館協会   1993年7月   
図書館と資料保存ー酸性紙問題から10年の歩みー
鈴木英治 (担当:共著)
雄松堂   1995年1月   
記録資料の保存と修復−文書・書籍を未来に遺す–
鈴木英治 (担当:共著)
アグネ技術センター   1995年2月   

講演・口頭発表等

 
姫路市立美術館所蔵「國富奎三コレクション」作品修復分析報告会 [招待有り]
鈴木英治
2019年2月23日   

競争的資金等の研究課題

 
『姫路市立美術館所蔵「國富コレクション」作品の絵画修復及び科学分析調査』事業: 吉備国際大学受託事業
研究期間: 2018年8月 - 2019年2月    代表者: 大原 秀之