黒川和宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/28 11:26
 
アバター
研究者氏名
黒川和宏
所属
国際医療福祉大学
部署
薬学部 薬学科
職名
講師
学位
博士(薬学)(星薬科大学)
科研費研究者番号
30454846

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2012年3月
川崎医科大学 薬理学教室 助教
 
2012年4月
 - 
2016年3月
川崎医科大学 薬理学教室 講師
 
2016年4月
 - 
現在
国際医療福祉大学 薬学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
星薬科大学 大学院 医療薬学科  
 

委員歴

 
2005年4月
 - 
現在
日本薬理学会 学術評議員
 
2005年4月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会 学術評議員
 
2007年4月
 - 
現在
日本アルコール・薬物医学会 学術評議員
 
2016年4月
 - 
現在
日本ストレス学会 学術評議員
 
2016年10月
 - 
現在
日本薬理学会 代議員
 

受賞

 
2019年10月
日本ストレス学会 日本ストレス学会奨励賞(高田賞) フレジノキサンはストレス誘発ミエリン障害を改善する
 
2012年7月
公益財団法人川崎医学・医療福祉振興会 教育研究助成 アルコール依存症形成機序の神経化学的解析に関する研究
 
2014年10月
両備檉園記念財団 生物学研究奨励賞 アルコールの再燃における脳内エピジェネティックの解析
 

論文

 
Saito A, Miyagawa K, Miyagishi H, Kurokawa K, Umeda A, Okada Y, Tsuji M, Takeda H
Physiology & behavior   188 251-261   2018年5月   [査読有り]
Ohno R, Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Kurokawa K, Takeda H
Journal of ethnopharmacology   216 89-96   2018年4月   [査読有り]
Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Journal of neuroscience research   93(4) 660-665   2015年4月   [査読有り]
Prenatal stress disrupts the expression of central serotonergic functional factors
Miyagawa Kazuya, Saito Atsumi, Miyagishi Hiroko, Kurokawa Kazuhiro, Kato Hideaki, Tsuji Minoru, Takeda Hiroshi
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133(3) S226   2017年3月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Journal of neurochemistry   131(6) 836-847   2014年12月   [査読有り]
Interleukin-31 and prostaglandin D-2 regulate the sensation of pain through their functional antagonism in mice
Tsuji Minoru, Arai Iwao, Miyagawa Kazuya, Takeda Kotaro, Miyagishi Hiroko, Saito Atsumi, Kurokawa Kazuhiro, Akiyama Nobutake, Saito Saburo, Takeda Hiroshi
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   133(3) S180   2017年3月   [査読有り]
Implication of L-type voltage-dependent Ca2+ channels in nucleus accumbens on EtOH-drinking
Kurokawa Kazuhiro, Yamamoto Shohei, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   130(3) S127   2016年3月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   126(3) 285-290   2014年11月   [査読有り]
[Changes of neuronal function in alcohol dependence].
Kurokawa K, Yamamoto S, Ohkuma S
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(9) 1446-1449   2015年9月   [査読有り]
Implication of calmodulin in nucleus accumbens in the development of sensitization to ethanol-induced place preference after chronic ethanol treatment
Kurokawa Kazuhiro, Mizuno Koji, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   128(3) S130   2015年7月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Alcoholism, clinical and experimental research   37(5) 771-783   2013年5月   [査読有り]
cRel modulates alcohol-induced GABA(A) receptor alpha 6 subunit expression via I kappa B kinases
Mizuno Koji, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   128(3) S87   2015年7月   [査読有り]
Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   67(1) 51-55   2013年1月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Shibasaki M, Higashioka M, Oka M, Hirouchi M, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   122(4) 289-298   2013年8月   [査読有り]
[Role of intracellular Ca2+ dynamics in the development of drug dependence--Participation of Inositol 1,4,5-trisphosphate receptors].
Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence   50(2) 51-58   2015年4月   [査読有り]
Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   123(4) 306-311   2013年12月   [査読有り]
Shibasaki M, Kurokawa K, Mizuno K, Suzuki T, Ohkuma S
Alcoholism, clinical and experimental research   36(8) 1385-1396   2012年8月   [査読有り]
[Role of alteration in intracellular Ca2+ dynamics in the development of drug dependence].
Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence   49(3) 169-176   2014年6月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Journal of neuroscience research   90(8) 1626-1638   2012年8月   [査読有り]
Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Journal of neurochemistry   122(4) 702-713   2012年8月   [査読有り]
Regulatory mechanisms of nicotine-induced IP3R-1 expression via CaMKIV activation
Mizuno Koji, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   124 179P   2014年   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Shibasaki M, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   66(2) 180-186   2012年2月   [査読有り]
Implication of type 1 inositol 1, 4, 5-trisphosphate receptors (IP3Rs-1) in mouse nucleus accumbens on ethanol-induced rewarding effect
Kurokawa Kazuhiro, Mizuno Koji, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   124 219P   2014年   [査読有り]
Shibasaki M, Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   118(2) 215-224   2012年2月   [査読有り]
[Mechanisms of ethanol-induced type I IP3 receptor expression].
Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   33(4) 161-165   2013年8月   [査読有り]
Shibasaki M, Mizuno K, Kurokawa K, Suzuki T, Ohkuma S
European journal of pharmacology   671(1-3) 70-78   2011年12月   [査読有り]
Shibasaki M, Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   65(11) 1244-1250   2011年11月   [査読有り]
Kurokawa K, Shibasaki M, Kiyokage E, Mizuno K, Toida K, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   65(11) 1156-1165   2011年11月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Shibasaki M, Kiyokage E, Toida K, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   65(10) 1106-1112   2011年10月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Kiyokage E, Shibasaki M, Toida K, Ohkuma S
Journal of neurochemistry   118(5) 773-783   2011年9月   [査読有り]
Implication of type 1 inositol 1, 4, 5-trisphosphate receptors (IP(3)Rs-1) on ethanol-induced rewarding effect in mice
Kurokawa Kazuhiro, Mizuno Koji, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   121 66P   2013年   [査読有り]
Shibasaki M, Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S
Journal of neurochemistry   118(6) 1056-1066   2011年9月   [査読有り]
Effect of GABA(A) receptors activation on ethanol-induced type 1 IP3 receptors up-regulation
Mizuno Koji, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   121 135P   2013年   [査読有り]
Mizuno K, Kurokawa K, Shibasaki M, Ohkuma S
Brain research   1414 10-21   2011年9月   [査読有り]
Shibasaki M, Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S
European journal of pharmacology   651(1-3) 137-145   2011年1月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Shibasaki M, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   117(2) 87-97   2011年10月   [査読有り]
Kurokawa K, Mizuno K, Shibasaki M, Ohkuma S
Journal of neurochemistry   115(5) 1206-1214   2010年12月   [査読有り]
Mechanism of type 1 IP3 receptors (IP(3)Rs-1) up-regulation via dopamine receptor
Mizuno Koji, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   118 66P   2012年   [査読有り]
Kurokawa K, Shibasaki M, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   64(11) 822-828   2010年11月   [査読有り]
Shibasaki M, Kurokawa K, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   64(6) 440-444   2010年6月   [査読有り]
Shibasaki M, Inoue M, Kurokawa K, Ogou S, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   114(2) 234-237   2010年10月   [査読有り]
Shibasaki M, Kurokawa K, Katsura M, Ohkuma S
Synapse (New York, N.Y.)   63(5) 365-368   2009年5月   [査読有り]
[Functional homology between alcohol dependence and mood disorder].
Shibasaki M, Kurokawa K, Ohkuma S
Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence   46(3) 337-346   2011年6月   [査読有り]
Sasaki Kazuhiro, Kurokawa Kazuhiro, Makita Shuichi, Tamada Daiki, Lim Yiheng, Cense Barry, Yasuno Yoshiaki
MEMS ADAPTIVE OPTICS V   7931    2011年   [査読有り]
Implication of N-methyl-D-aspartate for upregulation of ryanodine receptor function in methamphetamine-induced rewarding effect
Kurokawa Kazuhiro, Shibasaki Masahiro, Mizuno Koji, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   115 99P   2011年   [査読有り]
Actin dynamics in ethanol-induced physical dependence
Shibasaki Masahiro, Mizuno Koji, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   115 117P   2011年   [査読有り]
alpha(1)-adrenergic receptors regulate nadolol-induced beta-adrenergic receptor up-regulation
Mizuno Kouji, Kurokawa Kazuhiro, Shibasaki Masahiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   115 185P   2011年   [査読有り]
Role of actin depolymerizing factor on methamphetamine-induced rewarding effect in mice
Shibasaki Masahiro, Kurokawa Kazuhiro, Mizuno Koji, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112 87P   2010年   [査読有り]
Implication of ryanodine receptor for upregulation of L-type voltage-gate calcium channel function in the morphine-induced rewarding effect
Kurokawa Kazuhiro, Shibasaki Masahiro, Mizuno Koji, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112 86P   2010年   [査読有り]
Implication of Vps34 for up-regulation of L-type high voltage-gated calcium channel function in the morphine-induced rewarding effect
Shibasaki Masahiro, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   109 99P   2009年   [査読有り]
Role of alpha 2/delta subunits of high voltage-gated calcium channels in the development of behavioral sensitization induced by methamphetamine
Kurokawa Kazuhiro, Shibasaki Masahiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   109 99P   2009年   [査読有り]
Katsura M, Shibasaki M, Kurokawa K, Tsujimura A, Ohkuma S
Journal of neurochemistry   103(6) 2518-2528   2007年12月   [査読有り]
Functional involvement of high voltage-gated calcium channel (HVCC) beta subunits in alcohol (EtOH) psychological dependence.
Katsura Masashi, Shibasaki Masahiro, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   106 92P   2008年   [査読有り]
Suzuki T, Shindo K, Miyatake M, Kurokawa K, Higashiyama K, Suzuki M, Narita M
European journal of pharmacology   574(1) 39-48   2007年11月   [査読有り]
Implication of alpha 2/delta subunits of high voltage-gated calcium channels on the methamphetamine- and morphine-induced psychological dependence
Kurokawa Kazuhiro, Shibasaki Masahiro, Ohkuma Seitaro
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN   128 115-116   2008年   [査読有り]
Shibasaki M, Katsura M, Kurokawa K, Torigoe F, Ohkuma S
Journal of pharmacological sciences   105(2) 177-183   2007年10月   [査読有り]
Mechanisms of up-regulation of L-type high voltage calcium channel by activation of IP3 receptrs in morphine-induced rewarding effect
Sibasaki Masahiro, Kurokawa Kazuhiro, Ohkuma Seitaro
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN   128 117-118   2008年   [査読有り]
Shiokawa M, Narita M, Nakamura A, Kurokawa K, Inoue T, Suzuki T
European journal of pharmacology   570(1-3) 108-110   2007年9月   [査読有り]
[Difference in mechanisms between psychological and physical dependence].
Katsura M, Shibasaki M, Kurokawa K, Ohkuma S
Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence   42(5) 481-486   2007年10月   [査読有り]
Involvement of inflammatory pathway in methamphetamine-induced neurotoxicity
Ikegami Daigo, Narita Minoru, Kurokawa Kazuhiro, Niikura Keiichi, Miyoshi Kan, Miyagawa Kazuya, Suzuki Masami, Suzuki Tsutomu
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN   127 166-168   2007年   [査読有り]

Misc

 
スコポラミン誘発健忘モデルマウスにおけるドコサヘキサエン酸-ホスファチジルセリン複合体製剤の学習記憶改善効果
持田 淳美[齋藤], 宮川 和也, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 君島 秀尚, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   24(1) 33-44   2019年3月
近年、補完代替医療の一環として、認知症に対する各種栄養素あるいは食品成分の有用性が注目されている。本研究では、スコポラミン誘発健忘モデルマウスを用いて、ドコサヘキサエン酸-ホスファチジルセリン複合体(DHA-PS)製剤の学習記憶改善効果について検討した。その結果、DHA-PS製剤が、ドコサヘキサエン酸(DHA)製剤やホスファチジルセリン(PS)製剤よりも優れた学習記憶改善効果を有することが明らかとなった。しかしながら、DHA-PS製剤が学習記憶改善効果を示す条件において、海馬におけるアセチ...
ストレス疾患とエピゲノム ヒストンアセチル化によるストレスレジリエンスの獲得
宮川 和也, 齋藤 淳美, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 辻 稔, 武田 弘志
ストレス科学   33(2) 112-112   2018年10月
ストレス適応および非適応モデルマウスの海馬における5-HT1A受容体および輸送タンパク質KIF13Aの細胞内分布の特徴
宮岸 寛子, 辻 稔, 齋藤 淳美, 黒川 和宏, 宮川 和也, 武田 弘志
ストレス科学   33(2) 156-156   2018年10月
胎生期ストレスが惹起する不安感受性の亢進と抑肝散の治療効果
宮川 和也, 齋藤 淳美, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 辻 稔, 武田 弘志
ストレス科学   33(2) 157-157   2018年10月
ストレス適応の形成に白血病阻止因子が関与する
黒川 和宏, 辻 稔, 宮岸 寛子, 斎藤 淳美, 宮川 和也, 武田 弘志
ストレス科学   33(2) 158-158   2018年10月
情動調節における脳内ATP感受性カリウムチャネルの関与
齋藤 淳美, 宮川 和也, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 辻 稔, 梅田 啓, 岡田 泰昌, 武田 弘志
ストレス科学   33(2) 159-159   2018年10月
アルコール依存の再燃における脳内エピジェネティクスの解明
黒川 和宏, 宮川 和也, 宮岸 寛子, 斎藤 淳美, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(抄録号) 118-118   2018年8月
ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬のストレス適応形成促進作用における脳内セロトニン神経機能変化
武田 弘志, 宮川 和也, 齋藤 淳美, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 辻 稔
国際医療福祉大学学会誌   23(抄録号) 119-119   2018年8月
モルヒネ誘発鎮痛作用に対するIL-31の増強効果 鎮痛補助薬としての可能性
辻 稔, 宮川 和也, 黒川 和宏, 宮岸 寛子, 齋藤 敦美, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(抄録号) 120-120   2018年8月
胎生期ストレスが惹起する後天的ストレス脆弱性のエピジェネティクス制御メカニズム
宮川 和也, 齋藤 淳美, 黒川 和宏, 宮岸 寛子, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(抄録号) 121-121   2018年8月
Kir6.2遺伝子欠損マウスの情動行動異常と脳内モノアミン神経の機能的連関
齋藤 淳美, 宮川 和也, 黒川 和宏, 宮岸 寛子, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(抄録号) 123-123   2018年8月
ストレス適応機構おける5-HT1A受容体細胞内輸送のメカニズム
宮岸 寛子, 辻 稔, 宮川 和也, 黒川 和宏, 齋藤 淳美, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(抄録号) 125-125   2018年8月
ATP感受性カリウムチャネルKir6.2のストレス応答における役割
齋藤 淳美, 宮川 和也, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 梅田 啓, 岡田 泰昌, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(1) 44-51   2018年3月
ATP感受性(KATP)カリウムチャネルのサブユニットのひとつであるKir6.2は、脳内に広く存在しているが、特に、ストレス応答に重要な脳部位に豊富に存在しており、Kir6.2がストレス応答に関与している可能性が示唆される。本研究では、Kir6.2をコードする遺伝子(KCNJ11)を標的破壊して得られたKir6.2-/-マウスを用いることにより、Kir6.2のストレス応答における役割について検討を行った。その結果、Kir6.2-/-マウスへの急性拘束ストレス刺激負荷により血中コルチコステロ...
ストレス適応形成過程における海馬ヒストンアセチル化の意義
武田 弘志, 宮川 和也, 齋藤 淳美, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 辻 稔
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 24-24   2018年3月
アルコールの自発摂取における脳内Ca2+動態の関与
黒川 和宏, 辻 稔, 宮川 和也, 宮岸 寛子, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 28-28   2018年3月
ヒストン修飾を介した縫線核セロトニン合成酵素の発現機構の解明
宮川 和也, 齋藤 淳美, 黒川 和宏, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 28-28   2018年3月
抑肝散の慢性投与はシグマ1(σ1)受容体作動薬による恐怖条件付けストレス反応の増強を抑制する(Repeated treatment with yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, suppresses the increase in the conditioned fear response induced by sigma1(σ1) receptor agonist in mice)
大野 凜太郎, 宮岸 寛子, 辻 稔, 齋藤 淳美, 宮川 和也, 黒川 和宏, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(1) 37-43   2018年3月
抑肝散は、不安などのストレス性精神症状を改善することが報告されている漢方薬である。最近、著者らは、セロトニン神経伝達を促進させる抗うつ薬であるフルボキサミンの抗不安様効果を、抑肝散が相乗的に増強することを見出した。一方、フルボキサミンは、シグマ1(σ1)受容体に対してアゴニストとして作用することが報告されている。そこで、本研究では、フルボキサミンの抗不安様効果に対する抑肝散の増強効果におけるσ1受容体の役割について検討した。選択的σ1受容体作動薬であるSA4503(1mg/kg、i.p.)...
ATP感受性カリウムチャネルKir6.2のストレス応答における役割
齋藤 淳美, 宮川 和也, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 梅田 啓, 岡田 泰昌, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   23(1) 44-51   2018年3月
ATP感受性(KATP)カリウムチャネルのサブユニットのひとつであるKir6.2は、脳内に広く存在しているが、特に、ストレス応答に重要な脳部位に豊富に存在しており、Kir6.2がストレス応答に関与している可能性が示唆される。本研究では、Kir6.2をコードする遺伝子(KCNJ11)を標的破壊して得られたKir6.2-/-マウスを用いることにより、Kir6.2のストレス応答における役割について検討を行った。その結果、Kir6.2-/-マウスへの急性拘束ストレス刺激負荷により血中コルチコステロ...
ストレス適応形成過程における海馬ヒストンアセチル化の意義
武田 弘志, 宮川 和也, 齋藤 淳美, 宮岸 寛子, 黒川 和宏, 辻 稔
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 24-24   2018年3月
アルコールの自発摂取における脳内Ca2+動態の関与
黒川 和宏, 辻 稔, 宮川 和也, 宮岸 寛子, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 28-28   2018年3月
ヒストン修飾を介した縫線核セロトニン合成酵素の発現機構の解明
宮川 和也, 齋藤 淳美, 黒川 和宏, 辻 稔, 武田 弘志
国際医療福祉大学学会誌   22(抄録号) 28-28   2018年3月
ストレス誘発情動変化と脳内過分極活性化環状ヌクレオチド依存性チャネル
黒川 和宏, 齋藤 淳美, 宮岸 寛子, 宮川 和也, 辻 稔, 武田 弘志
ストレス科学   32(2) 164-164   2017年10月
ストレス適応障害にはEAAT2のユビキチン修飾が関与する
宮岸 寛子, 齋藤 淳美, 大野 凜太郎, 黒川 和宏, 宮川 和也, 辻 稔, 武田 弘志
ストレス科学   32(2) 165-165   2017年10月
ストレス適応および非適応モデルマウスの脳内における5-HT1A受容体細胞内分布の特徴
宮岸 寛子, 辻 稔, 宮川 和也, 齋藤 淳美, 黒川 和宏, 武田 弘志
ストレス科学   31(2) 162-162   2016年10月
エタノール誘発報酬効果の逆耐性形成におけるtype 1 1,4,5-trisphosphate receptors(IP3Rs-1)の関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
アルコールと医学生物学   34 26-27   2016年6月
アルコール依存症モデルにおけるNKCC1の役割
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
アルコールと医学生物学   34 28-28   2016年6月
【Bz受容体アゴニスト 使いこなすために押さえておきたいポイント】 BzRAsのPK-PDとBzRAs間の違いを徹底理解! BzRAsのファーマコダイナミックス
大熊 誠太郎, 黒川 和宏, 山本 昇平
薬局   66(12) 2961-2966   2015年11月
<Key Points>中枢神経系に存在するGABAA受容体は主に2つのα、2つのβ、1つのγサブユニットからなる5量体で、その活性化は過分極を介し神経細胞の抑制をもたらす。ベンゾジアゼピン(Bz)はαおよびγサブユニットの境界領域に結合し、非Bz系薬剤(Z薬物)は類似の部位に結合してGABAA受容体機能を増強させる。BzおよびZ薬物の薬理作用の差異はα1、α2、α3およびα5 GABAA受容体に対する作用の強さの相違に起因する。BzおよびZ薬物(エスゾピクロンを除く)はα1 GABAA受...
【依存症-最近注目されている依存症を中心に-】 アルコール依存症形成機序
黒川 和宏, 山本 昇平, 大熊 誠太郎
日本臨床   73(9) 1446-1449   2015年9月
アルコール依存時のアルコール自発摂取に対するgabapentinの効果
黒川 和宏, 山本 昇平, 大熊 誠太郎
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 167-167   2015年9月
薬理系薬学 禁煙中の渇望は腹側被蓋野のドパミン神経細胞でCRFを遊離して生じる
黒川 和宏
ファルマシア   51(8) 805-805   2015年8月
飲酒と行動の異常 アルコール自発摂取量の増加に対する細胞内カルシウム動態の役割
黒川 和宏, 山本 昇平, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   50(4) 196-196   2015年8月
アルコール自発摂取に対するgabapentinの作用
黒川 和宏, 山本 昇平, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   50(4) 245-245   2015年8月
睡眠薬依存再考 睡眠薬依存の脳内基盤 神経薬理学的観点から
大熊 誠太郎, 黒川 和宏
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   40回 120-120   2015年7月
【運転パフォーマンスと睡眠問題】 薬剤性眠気のメカニズムをめぐって
大熊 誠太郎, 玉井 恭子, 黒川 和宏
睡眠医療   9(1) 49-54   2015年4月
2013年の道路交通法の改正に伴い、厚生労働省は医薬品の副作用、特に自動車運転や危険な機械操作等を行う場合等における眠気等について、医師および薬剤師に対し患者への適切な説明を行うよう周知している。眠気は中枢神経系に作用する睡眠薬(鎮静・催眠薬)のみならず、中枢神経系に作用する他の多くの薬物が誘発する有害作用の1つでもある。また、眠気のみならず、鎮静作用、中枢性筋弛緩、血圧低下および血糖低下等によるめまいや意識消失、易疲労感や全身倦怠感に起因した注意力低下をもたらす薬物等も、眠気を誘発する薬...
依存性薬物誘発報酬効果における細胞内Ca2+動態 Inositol 1,4,5-trisphosphate receptorsの関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   50(2) 51-58   2015年4月
現在までに、依存性薬物による精神依存形成におけるイノシトール三リン酸(IP3)受容体の役割は明らかとされていない。そこで、本稿では依存性薬物による報酬効果形成ならびに発現におけるIP3受容体の役割について最近の知見を含め概説する。Methamphetamine(METH)およびcocaineによる報酬効果の形成は、IP3受容体の拮抗薬で抑制された。一方、METHによる報酬効果の発現は、IP3受容体の拮抗薬で抑制されなかった。また、METHおよびcocaineによる報酬効果が認められたマウス...
アルコールによるGABA(A)受容体alpha6サブユニット発現調節機構
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   24回・44回 166-166   2014年11月
Nicotine慢性曝露後のEtOH誘発報酬効果の逆耐性形成におけるL型Ca2+チャネルの関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   24回・44回 196-196   2014年11月
脳機能変化からみたアルコール・薬物依存症の病態解析と治療法の開発 アルコール依存症モデルの病態生理学的解析
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   49(4) 192-192   2014年8月
薬物依存を分子から解く 依存性薬物誘発報酬効果形成における細胞内Ca2+動態の関与とその役割
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   49(4) 199-199   2014年8月
アカンプロサートの登場/その作用機序と臨床的意義 アルコール依存症のメカニズムとアカンプロサートの作用機序
大熊 誠太郎, 黒川 和宏, 水野 晃治
日本アルコール関連問題学会雑誌   16(1) 44-49   2014年7月
薬物依存形成における細胞内Ca2+動態変化の役割
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   49(3) 169-176   2014年6月
L型電位依存性Ca2+チャネル(L型 VDCCs)を介し細胞内へ流入したCa2+は、覚せい剤および麻薬などの依存性薬物による依存形成ならびに神経可塑性に重要であると知られている。また、小胞体にあるCa2+貯蔵部位であるリアノジン受容体から放出されるCa2+は、細胞内Ca2+濃度を調節している。現在までに、依存性薬物による精神依存形成時におけるL型VDCCsおよびリアノジン受容体の相互作用の詳細は明らかとされていない。そこで、本稿では依存性薬物による精神依存形成時におけるL型VDCCsおよび...
【アルコール依存症の基礎と臨床】 アルコール依存症の中枢神経機能変化
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
精神科   24(5) 508-515   2014年5月
アルコール身体依存獲得後におけるnicotine誘発報酬効果形成におけるryanodine受容体の関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   142(5) 15P-15P   2013年11月
依存研究を基盤にした精神疾患の病因解明の試み アルコール依存症と気分障害の病態生理学的機序の関連性
水野 晃治, 黒川 和宏, 芝崎 真裕, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回 129-129   2013年10月
アルコール慢性曝露後におけるnicotine誘発報酬効果形成における腹側被蓋野のryanodine受容体の関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回 191-191   2013年10月
【薬物依存に関与するタンパク性分子の発現と機能】 EthanolによるType 1 IP3 Receptors(IP3Rs-1)の発現調節機構
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本神経精神薬理学雑誌   33(4) 161-165   2013年8月
依存性薬物により誘発される脳機能障害のメカニズム 薬物依存形成における細胞内Ca2+動態変化の役割
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   48(4) 72-72   2013年8月
アルコール・薬物依存症の治療標的因子を探る アルコール依存における細胞内カルシウム、クロライドイオン調節因子の発現と病態生理学的役割
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   48(4) 103-103   2013年8月
【アルコール依存症の薬物治療 アカンプロサートの登場で治療がどう変わるか】 アカンプロサートの作用機序・特徴
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
Frontiers in Alcoholism   1(1) 24-29   2013年7月
断酒補助剤であるアカンプロサートの作用機序は十分には解明されていない。アルコール依存症患者では、アルコールを慢性的に曝露されることにより中枢神経系の興奮性神経伝達と抑制性神経伝達の間に不均衡が生じると考えられている。一方、アカンプロサートはグルタミン酸およびGABA神経系に作用していることから、アカンプロサートはこれらの神経系の不均衡を修復することによりその効果が発揮するという仮説が考えられる。本稿では、アルコール依存症患者におけるアカンプロサートの治療効果がどのような作用機序によりもたら...
Ethanol誘発性type 1 IP3受容体発現増加に対するGABAA受容体の役割
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   141(3) 21P-21P   2013年3月
【Eszopiclone-基礎と臨床-】 Eszopicloneのプロフィール GABAA受容体αサブユニットへの作用
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
精神科   22(2) 179-184   2013年2月
Dopamine D2-like receptorを介したType 1 IP3 receptors(IP3Rs-1)発現調節機構
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   140(4) 8P-8P   2012年10月
薬物依存に関与するタンパク性分子の発現と機能 Ethanolによる1型IP3受容体(IP3Rs-1)の発現調節機構
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   22回・42回 96-96   2012年10月
アルコール・薬物依存 基礎から臨床まで アルコール依存形成における細胞内Ca2+動態変化の役割 Ryanodine receptorsを中心に
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   47(4) 102-102   2012年8月
Dopamine D2-like receptorによるType 1 IP3 receptor(IP3R-1)発現調節機構
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   47(4) 162-162   2012年8月
α1アドレナリン受容体によるβ1アドレナリン受容体発現調節機序
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   139(3) 24P-24P   2012年3月
【Eszopicloneの基礎と臨床】 総論 ベンゾジアゼピンとそのアゴニスト 睡眠薬の現況と課題
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
睡眠医療   6(増刊号) 137-142   2012年3月
Methamphetamine誘発報酬効果形成時の腹側被蓋野におけるryanodine受容体の発現調節へのNMDA受容体の関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   138(4) 12P-12P   2011年10月
IP3 receptors(IP3Rs)発現調節機構 dopamine D1 receptorsによるIP3R type 1の発現調節
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   138(4) 13P-13P   2011年10月
ニコチン/アルコール依存の病態とその解明 アルコール依存症形成の神経化学的機序 細胞内Ca動態を中心として
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   21回・41回 101-101   2011年10月
Type IIP3R発現調節におけるdopamine D1 receptorsの役割
水野 晃治, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   21回・41回 155-155   2011年10月
覚せい剤誘発精神依存形成におけるryanodine receptorの機能変化とその意義の解析
黒川 和宏
川崎医学会誌   37(2) S11-S11   2011年8月
Protracted withdrawal syndromeについて アルコール依存症におけるsensitization
黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   46(4) 70-70   2011年8月
アルコール依存症と気分障害の機能的相関性
芝崎 真裕, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   46(3) 337-346   2011年6月
長期にわたるアルコールの多量摂取に伴い気分障害や統合失調症などの精神疾患を併発することが知られている。アルコール依存症と鬱病の合併率は16〜68%に及ぶと言われている。アルコール依存時には、セロトニントランスポーター、セロトニン5-HT1A受容体、5-HT2A受容体において、鬱病と類似した脳内変化が認められる。また、鬱病発現時にみられる視床下部-下垂体-副腎皮質経路の活性化に伴うグルココルチコイドの増加が、アルコール依存症においても報告されている。
アルコール依存形成におけるactin depolymerizing factorの役割
芝崎 真裕, 黒川 和宏, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   137(3) 22P-22P   2011年3月
覚せい剤誘発精神依存形成におけるgabapentinの有用性
黒川 和宏
川崎医学会誌   36(補遺) S15-S15   2010年12月
初代培養大脳皮質神経細胞を用いたβ-adrenergic receptor(β-AR)blockadeによるβ-ARのup-regulation機序の解明
水野 晃治, 黒川 和宏, 芝崎 真裕, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   136(4) 19P-19P   2010年10月
Cocaine誘発報酬効果形成機構におけるryanodine receptors(RyRs)の関与
黒川 和宏, 水野 晃治, 芝崎 真裕, 大熊 誠太郎
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   20回・40回 136-136   2010年9月
【アルコール・薬物関連障害】 アルコール・薬物関連障害の生物学
黒川 和宏, 芝崎 真裕, 大熊 誠太郎
医学のあゆみ   233(12) 1137-1142   2010年6月
これまでに著者らはアルコールおよび覚せい剤などの依存性薬物による依存のメカニズムについて、動物モデルや培養細胞を用いて多面的な解析を行ってきた。本稿において、アルコールおよび覚せい剤の依存時におけるL型高電位開口性Ca2+チャネルおよびリアノジン受容体の変化について概説する。アルコールおよび覚せい剤による精神依存の形成は、ニフェジピンならびにダントロレンの処置により抑制が認められた。したがって、L型高電位開口性Ca2+チャネルのupregulationとそれに続くRyR活性化による細胞内C...
Ethanol誘発身体依存形成におけるβ受容体の関与
黒川 和宏, 芝崎 真裕, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   135(3) 16P-16P   2010年3月
依存性薬物誘発精神依存形成におけるgabapentinの有用性
黒川 和宏, 芝崎 真裕, 水野 晃治, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   134(4) 4P-4P   2009年10月
アルコール性障害としてのうつ病と自殺 うつ病とアルコール依存症の生物学的相同性
芝崎 真裕, 黒川 和宏, 大熊 誠太郎
日本アルコール・薬物医学会雑誌   44(4) 230-231   2009年8月
Ethanol誘発身体依存におけるgabapentinの有用性
黒川 和宏, 芝崎 真裕, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   133(3) 29P-29P   2009年3月
Morphine誘発精神依存形成におけるL型高電位開口性カルシウムチャネル(HVCCs)機能亢進に対するPI3-kinaseの関与
芝崎 真裕, 黒川 和宏, 桂 昌司, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   132(3) 13P-13P   2008年9月
Methamphetamine誘発逆耐性形成機構におけるL型高電位開口性カルシウムチャネル(HVCCs)の関与:α2/δサブユニットを中心に
黒川 和宏, 芝崎 真裕, 桂 昌司, 大熊 誠太郎
日本薬理学雑誌   132(3) 14P-14P   2008年9月

講演・口頭発表等

 
Possible involvement of hippocampal leukemia inhibitory factor in the formation of stress adaptation in mice
Minoru Tsuji, Kazuhiro Kurokawa, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida-Saito, Hiroshi Takeda
6th Congress of AsCNP   2019年10月13日   
Activation of 5-HT1A receptor protects the myelin loss in a mouse model of stress-maladaptation
Kazuhiro Kurokawa, Minoru Tsuji, Kazuya Miyagawa, Atsumi Mochida-Saito, Hiroshi Takeda
6th Congress of AsCNP   2019年10月11日   
ストレス適応の形成における白血病阻止因子の関与
○Kazuhiro Kurokawa, Minoru Tsuji, Hiroko Miyagishi, Atsumi Mochida, Hidenao Kimijima, Kazuya Miyagawa, Hiroshi Takeda
The 92th Annual Meeting of the Japanese Pharmacological Society (Osaka)   2019年3月15日   
Implication of HCN channels in the frontal cortex on the emotional abnormality of mice induced by exposure to a single restraint stress
Kazuhiro Kurokawa, Kazuya Miyagawa, Atsumi Saito, Hiroko Miyagishi, Minoru Tsuji, Hiroshi Takeda
The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology   2018年7月5日   

競争的資金等の研究課題

 
アルコール依存症形成後に対するニコチン刺激のフラッシュバック現象の分子機構
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究B: 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 黒川和宏
青年期ニコチン慢性曝露によるアルコール飲酒増加に対する分子機構と薬物治療薬の探索
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究B: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 黒川和宏