ナロック

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/25 17:39
 
アバター
研究者氏名
ナロック
eメール
narroggmail.com
所属
東北大学
部署
文学研究科
学位
哲学博士(Ruhr-Universitat Bochum), 学術博士(東京大学)

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / 歴史変化、日本語、類型論

論文

 
Heiko Narrog
The Grammaticalization of Tense, Aspect, Modality and Evidentiality: A Functional Perspective   75-110   2017年9月
© 2017 Walter de Gruyter GmbH, Berlin/Boston. All rights reserved. In this paper I discuss the issue of the relationship between form and function in grammaticalization, claiming that a correlation between formal and functional development only ho...
Kees Hengeveld, Heiko Narrog, Hella Olbertz
The Grammaticalization of Tense, Aspect, Modality and Evidentiality: A Functional Perspective   1-12   2017年9月
Heiko Narrog, Bernd Heine
The Cambridge Handbook of Historical Syntax   7-27   2017年1月
© Cambridge University Press 2017. IntroductionGrammaticalization in its broadest sense can be taken as any process that leads to the creation of grammar. We understand it more narrowly here in accordance with the classical definition by Kuryłowic...
Three types of subjectivity, three types of intersubjectivity, their dynamicization and a synthesis
Narrog, Heiko
Van Olmen, Daniel, Ghesquière, Lobke & Hubert Cuyckens (eds). Aspects of Grammaticalization. Amsterdam: Benjamins.   19-46   2017年1月   [査読有り][招待有り]
Insubordination in Japanese diachronically
Narrog, Heiko
Evans, Nick & Honré Watanabe (eds) Insubordination. Amsterdam: Benjamins   247-281   2016年11月   [査読有り]
Japanese transitivity pairs through time - a historical and typological perspective
Narrog, Heiko
Kageyama, Taro & Wesley M. Jacobsen (eds) Transitivity and Valency Alternations. Berlin: Mouton de Gruyter   249-287   2016年8月   [査読有り][招待有り]
Exaptation in Japanese and Beyond
Narrog, Heiko
Van de Velde, Freek & Muriel Norde (eds) Exaptation and Language Change. Amsterdam: Benjamins   93-120   2016年3月   [査読有り]
Heine Bernd, Narrog Heiko, Long Haiping
Studies in Language   40(1) 137-175   2016年   [査読有り]
日本語自他動詞対のコード化の頻度論的動機付け ―大規模コーパスによる検証
ナロック・ハイコ
パルデシ・プラシャント、ナロック・ハイコ、桐生和幸編『有対動詞の通言語的研究―日本語と諸言語の対照から見えてくるもの』くろしお出版   25-41   2015年6月   [招待有り]
Narrog Heiko
Language Sciences   47 148-160   2015年1月   [査読有り]
Topic phrases in conditional and causal clauses – evidence for different degrees of clause integration
Narrog, Heiko
Linguistische Berichte Sonderheft   20 143-162   2015年   [査読有り]
Haspelmath Martin, Calude Andreea, Spagnol Michael, Narrog Heiko, Bamyaci Elif
Journal of Linguistics   50(3) 587-625   2014年11月   [査読有り]
Beyond Intersubjectification Textual uses of modality and mood in subordinate clauses as part of speech-act orientation
Narrog, Heiko
Brems, Lieselotte, Lobke Ghesquière and Freek Van de Velde (eds.) Intersubjectivity and Intersubjectification in Grammar and Discourse. Amsterdam, Benjamins   29-51   2014年8月   [査読有り]
What typology reveals about modality in Japanese. A cross-linguistic perspective
Horie, Kaoru; Narrog, Heiko
Kabata, Kaori & Tsuyoshi Ono (eds) Usage-based Approaches to Japanese Grammar. Towards the Understanding of Human Language. Amsterdam: Benjamins   109-133   2014年5月   [査読有り]
The grammaticalization chain of case functions: extension and reanalysis of case marking vs. universals of grammaticalization
Narrog, Heiko
Luraghi, Silvia & Heiko Narrog (eds) Perspectives on Semantic Roles. Amsterdam: Benjamins   71-99   2014年8月   [査読有り]
Temporality and Tense Expression in Leggbó
Udoh, Imelda; Narrog, Heiko, Ogbonna Anyanwu
California Linguistic Notes   40(2) 85-106   2013年9月   [査読有り]
Five levels in German
Narrog, Heiko
Tsunoda, Tasaku (ed) Five Levels in Clause Linkage, vol. 2. Joso: Matsueda Publishers.   1217-1266   2013年   [査読有り]
Grammaticalization of Space in Korean and Japanese
Narrog, Heiko; Rhee, Seongha
Robbeets, Martine & Hubert Cuyckens (eds) Shared Grammaticalization in the Transeurasian Languages. Amsterdam: Benjamins   287-315   2013年   [査読有り][招待有り]
Modality and speech-act orientationModality and speech-act orientation
Narrog, Heiko
van der Auwera, Johan & Jan Nuyts (eds) Grammaticalization and (Inter-)Subjectification. Brussels: Royal Flemish Academy of Belgium for Sciences and the Arts   21-36   2012年10月   [査読有り][招待有り]
Modality and speech-act orientation
van der Auwera, Johan & Jan Nuyts (eds) Grammaticalization and (Inter-)Subjectification. Brussels: Royal Flemish Academy of Belgium for Sciences and the Arts   21-36   2012年10月   [招待有り]
Bernd Heine, Heiko Narrog
The Oxford Handbook of Linguistic Analysis      2012年9月
© 2010 editorial matter and organization Bernd Heine and Heiko Narrog. All rights reserved. This introductory chapter first sets out the purpose of the book, which is to provide the student of language with alternatives that have been proposed in ...
Heiko Narrog
The Oxford Handbook of Case   593-600   2012年9月
© editorial matter and organization Andrej Malchukov and Andrew Spencer 2009, chapters their several authors 2009. All rights reserved. Instrumental case typically marks the semantic role of an instrument. There are seven strategies for the coding...
Andrej Malchukov, Heiko Narrog
The Oxford Handbook of Case   518-534   2012年9月   [査読有り][招待有り]
© editorial matter and organization Andrej Malchukov and Andrew Spencer 2009, chapters their several authors 2009. All rights reserved. It is probably true that cases which are restricted to one specific meaning are rarer than cases subsuming seve...
Bernd Heine, Heiko Narrog
The Oxford Handbook of Linguistic Analysis      2012年9月
© 2010 editorial matter and organization Bernd Heine and Heiko Narrog. All rights reserved. Grammaticalization can be understood as a process by which grammar is created; more narrowly, it is defined as the development from lexical to grammatical ...
Heiko Narrog
English Text Construction   5 29-52   2012年5月
This paper discusses textual uses of modality and mood forms in English and Japanese and claims that they all represent a shift from subjective through intersubjective to the textual. As the shift towards textual function is difficult to define in...
Introduction
Narrog, Heiko; Heine, Bernd
Narrog, Heiko & Bernd Heine (eds.) The Oxford Handbook of Grammaticalization   1-16   2011年10月
Grammaticalization in Japanese
Narrog, Heiko; Ohori Toshio
Narrog, Heiko & Bernd Heine (eds) The Oxford Handbook of Grammaticalization   775-785   2011年   [査読有り]
A diachronic dimension in maps of case functions
Narrog, Heiko
Linguistic Discovery   8(1) 233-254   2010年11月   [査読有り]
Heiko Narrog
Morphology   20 205-237   2010年5月
This paper explores the order of meaningful elements in the Japanese verbal complex. The 'verbal complex' refers to the verbal predicate extended both by affixes and by morphologically independent items in periphrastic constructions, corresponding...
Heiko Narrog
Linguistic Typology   14 71-126   2010年5月
This article presents a crosslinguistic study of the association of event-oriented modal categories, particularly the potential and the necessitive, with non-canonical case marking of the subject and voice-related constructions. It is estimated th...
Grammaticalization
Narrog, Heiko; Heine, Bernd
Heine, Bernd & Heiko Narrog (eds.) The Oxford Handbook of Linguistic Analysis. Oxford: Oxford University Pres   401-423   2010年1月   [招待有り]
Introduction
Heine, Bernd; Narrog, Heiko
Heine, Bernd & Heiko Narrog (eds.) The Oxford Handbook of Linguistic Analysis. Oxford: Oxford University Press   1-25   2010年1月   [招待有り]
Grammaticalization and semantic maps
Narrog, Heiko; van der Auwera, Johan
Narrog, Heiko & Bernd Heine (eds.) The Oxford Handbook of Grammaticalization. Oxford University Press   318-327   2011年   [査読有り]
(Inter)subjectification in the domain of modality and mood - Concepts and cross-linguistic realities
Narrog, Heiko; Heine, Bernd
Davidse, Kristin, Lieven Vandelanotte, Hubert Cuyckens (eds.) Subjectification, Intersubjectification and Grammaticalization. Berlin: Mouton de Gruyter   385-429   2010年   [査読有り]
Modality, Modariti and Predication - the Story of Modality in Japan
Narrog, Heiko
Japanese Modality : Exploring Its Scope and Interpretation   9-35   2009年3月   [査読有り][招待有り]
モダリティと文の階層構造
ナロック・ハイコ
月刊言語   38(1) 34-41   2009年1月   [査読有り]
A note on modality and aspect in Saramaccan
Narrog, Heiko
Abraham, Werner & Leiss, Elisabeth (eds) Modality-Aspect Interfaces – Implications and Typological Solutions. Amsterdam: John Benjamins.   359-368   2008年6月   [査読有り]
The aspect-modality link in Japanese and beyond
Narrog, Heiko
Abraham, Werner & Leiss, Elisabeth (eds.) Modality-Aspect Interfaces – Implications and Typological Solutions. Amsterdam: John Benjamins.   279-307   2008年6月   [査読有り]
モダリティ表現の意味変化と主観化
ナロック・ハイコ
日本認知言語学会論文集   8 628-631   2008年5月   [査読有り]
日本語自他動詞対における有標性差の動機付け
ナロック・ハイコ
角田三枝・佐々木冠・塩谷亨編『他動性の通言語的研究』くろしお出版   295-306   2007年11月   [査読有り]
日本語自他動詞対の類型論的位置づけ
ナロック・ハイコ
レキシコンフォーラム   3 161-193   2007年7月   [査読有り]
Heiko Narrog, Shinya Ito
STUF - Sprachtypologie und Universalienforschung   60 273-292   2007年1月
Semantic maps are tools which represents cross-linguistic regularities in the mapping of meaning on form. Although they have become increasingly popular in semantic studies since the late 1990s, they have been associated with a number of methodolo...
Exaptation, Grammaticalization, and Reanalysis
Narrog, Heiko
California Linguistic Notes   32(1) 1-26   2007年1月   [査読有り]
Narrog, Heiko
Journal of Historical Pragmatics   8(2) 269-294   2007年5月   [査読有り]
A Renaissance for Historical Linguistics
ナロック・ハイコ
English Linguistics   23(2) 554-572   2006年11月   [査読有り][招待有り]
従属節におけるモダリティ形式の使用
ナロック・ハイコ
日本語文法   6(1) 21-37   2006年3月   [査読有り]
話し言葉における可能表現 ― 認知的・談話的・教育的視点からの考察
ナロック・ハイコ、堀江薫
南雅彦編『言語学と日本語教育IV』くろしお出版      2005年9月   [査読有り]
Elements of space grammar in Leggbó
Narrog, Heiko
Journal of Asian and African Studies   69 25-63   2005年4月   [査読有り]
Narrog, Heiko
Language Sciences   27(2) 165-192   2005年3月   [査読有り]
ナロック ハイコ
日本語の研究   1(3) 108-122   2005年
自立語または統語構造が付属語化,接尾辞化していくという形態的過程が文法化論の出発点となっているが,現在行われている文法化論はむしろ意味・機能面に集中している。そして,特に形態変化が豊富な日本語においては,形態変化のあり方,とりわけ形態変化の規則性は明確に記述されているとは言えない。本稿は,日本語の文法化における形態的側面に焦点を当て,動詞活用・派生体系の形態変化に基づいて四つの原則,つまり(1)(自立語の)接尾辞化,(2)形態的統合,(3)音韻的短縮,(4)活用語尾化が働いていると指摘する...
ナロック ハイコ
言語研究   2005(128) 33-72   2005年
モダリティの文法範疇の中に統語的振る舞いの異なる下位カテゴリーが含まれている可能性があることは,以前より注目されている.また,形式文法論においても機能主義的・類型論的文法論においても,その下位カテゴリーの,機能的カテゴリーの階層構造における位置が普遍的であるという主張がなされている.本研究では,スリナムのクレオール語であるサラマッカ語の動詞句におけるモダリティの文法的標示の統語的振る舞いを調査し,その結果を「役割と指示の文法」(RRG)と「機能主義文法」(FG)で提案されたモダリティの階層...
Narrog, Heiko
Cognitive Linguistics   16(4) 677-731   2005年   [査読有り]
Modalitäten vergleichend
ナロック・ハイコ
独語独文学研究年報   31 258-272   2004年12月   [査読有り]
言語類型論の観点から見たモダリティー ―日韓語・英独語の対照に基づいて―
ナロック・ハイコ
Kansai Linguistic Society   24 260-270   2004年10月   [査読有り]
Semantic Maps and Implicational universals as windows on cognition
Narrog, Heiko
日本認知言語学会論文集   4 442-457   2004年9月   [査読有り]
多言語における抽象関係概念のコード化—英語のwithとそれに対応するレッグボ語、日本語の比較—
ナロック、ハイコ
藤滋・堀江薫・中村渉編 『対照言語学の新展開』 ひつじ書房   457-482   2004年7月   [招待有り]
Heiko Narrog
Diachronica   21 351-392   2004年1月
Modern Japanese has a morphological causative, formed by suffixes on the verb, and lexical causatives. The morphological causative has been in use since Late Old Japanese. However, the etymology of this morphological causative and the status of re...
メリ、ベシの過去と「連体ナリ」
ナロック・ハイコ
国語国文   842 49-66   2004年   [査読有り]
意味論的カテゴリーとしての「モダリティ」
ナロック、ハイコ
大堀壽夫編 『認知言語学2:カテゴリー化(シリーズ言語学 第3巻)』   217-251   2002年4月   [査読有り]
Narrog, Heiko
Journal of East Asian Linguistics   11(2) 123-167   2002年4月   [査読有り]
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   50 23-59   2002年3月
Leggbo verb inflection: A semantic and phonological particle analysis
Narrog, Heiko
Proceedings of the 28th Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society   399-410   2002年   [査読有り]
ナロック ハイコ
言語文化部研究報告叢書   44 103-118   2001年3月
Heiko Narrog
Folia Linguistica Historica   20 47-62   1999年12月
ナロック ハイコ
言語文化部紀要   37 105-117   1999年9月
ナロック ハイコ
言語文化部紀要   37 25-65   1999年9月
Morphologisch-typologische Überlegungen zum Japanischen im Vergleich zum Deutschen und Chinesischen
Narrog, Heiko
Nitta Haruo, Minoru Shigeto und Götz Wienold (Hrsg.): Kontrastive Studien zur Beschreibung des Japanischen und des Deutschen. München: iudicium   257-276   1999年   [査読有り]
日本語動詞の活用体系
ナロック・ハイコ
日本語科学   4 7-30   1998年10月   [査読有り]
–mas.u: Die Grammatikalisierung von Höflichkeit
Narrog, Heiko
Referate des 10. Deutschsprachigen Japanologentages vom 9. bis 12. Oktober 1996 in München   688-696   1997年10月   [査読有り]
日本語の形態論的変遷と言語変化の方向性
ナロック・ハイコ
白馬夏季言語学会論文集   7 37-48   1996年3月   [査読有り]
Modern Japanese Verb Inflexion as an Instance of Grammaticalization
Narrog, Heiko
Japan Center in Prague (ed.): The Japanese Traditional Thought and the Present   151-158   1996年2月   [査読有り]
Maschinenlesbare Textkorpora im Japanischen: Erstellung und Nutzung
Narrog, Heiko
Japanstudien   8 223-237   1996年   [査読有り]
A Typology of Japanese Clause Structure
Narrog, Heiko
Bochumer Jahrbuch zur Ostasienforschung   19 147-164   1996年   [査読有り]

Misc

 
文法化
ナロック・ハイコ
日本語文法史研究   3 241-254   2016年12月   [査読有り][依頼有り]
ナロック ハイコ
国語研プロジェクトレビュー   5(3) 139-140   2015年2月
現代語自他対一覧表
ナロック・ハイコ、パルデシ・プラシャント、影山太郎、赤川史朗
パルデシ・プラシャント、ナロック・ハイコ、桐生和幸編『有対動詞の通言語的研究―日本語と諸言語の対照から見えてくるもの』   431-464   2015年
MICHAELIS, Susanne et al. (eds) 2013: The Atlas of Pidgin & Creole Language Structures. Oxford: Oxford University Press. MICHAELIS, Susanne et al. (eds) 2013: The Survey of Pidgin and Creole Languages. Oxford: Oxford University Press.
ナロック・ハイコ
Linguist List   25(2185)    2014年5月   [査読有り]
Osterkamp, Sven. 2011. Nicht-monosyllabische Phonogramme im Altjapanischen. Kritische Bestandaufnahme und Systematisierung der Fälle vom Typ oñgana. Wiesbaden: Harrassowitz.
ナロック・ハイコ、ホィットマン・ジョン
Cahiers de Linguistique Asie Orientale   42(1) 72-76   2013年8月   [査読有り][依頼有り]
Fleischer, Jürg; Schallert, Oliver: Historische Syntax des Deutschen. Eine Einführung. Tübingen: Narr, 2011
ナロック・ハイコ
Info DaF   40(2-3) 195-196   2013年4月   [査読有り]
Narrog Heiko
Studies in Language   35(4) 913-926   2011年12月   [査読有り][依頼有り]
XU, WEIYUAN 2007. A study of Chinese colour terminology. (LINCOM Studies in Chinese Linguistics 01.) Munich: LINCOM Europa.
ナロック・ハイコ
e-language   2010(October 5th)    2010年10月   [査読有り]
WÄRNSBY, ANNA 2006. (De)coding modality: The case of must, may, måste, and kan. (Lund studies in English 13.) Lund: Lund University Press
ナロック・ハイコ
e-language   2010(October 4th)    2010年10月   [査読有り]
BIGGAM, CAROLE P. & CHRISTIAN J. KAY (eds). 2006. Naturalness and iconicity in language. Vol. 1: Language and culture. Amsterdam: John Benjamins. PITCHFORD, NICOLA J. & CAROLE P. BIGGAM (eds). 2006. Naturalness and iconicity in language. Vol. 2: Psycholog
ナロック・ハイコ
e-language   2010(October 3rd)    2010年10月   [査読有り]
TSUNODA, TASAKU & TARO KAGEYAMA (eds) 2006. Voice and grammatical relations: In honor of Masayoshi Shibatani (Typological studies in language 65). Amsterdam: John Benjamins.
ナロック・ハイコ
e-language   2010(May 28th)    2010年5月   [査読有り]
HENRIKSSON, HENRIK 2006. Aspektualität ohne Aspekt? Progressivität und Imperfektivität im Deutschen und Schwedischen. (Lunder germanistische Forschungen 68.) Stockholm: Almqvist & Wiksell International
ナロック・ハイコ
e-language   2010(May 27th)    2010年5月   [査読有り]
GEERAERTS, DIRK 2006. Words and other wonders: Papers on lexical and semantic topics. Berlin: Mouton de Gruyter, 2005
ナロック・ハイコ
e-language   2010(May 26th)    2010年5月   [査読有り]
Tomita, Naoko: Der Informationsaufbau in Erzählungen. Eine sprachvergleichende Untersuchung des Japanischen, des Deutschen und des Englischen zum Einfluss von einzelsprachlichen Systemeigenschaften auf die makrostrukturelle Planung. München: iudicium, 200
ナロック・ハイコ
Info DaF   37(2-3) 327-329   2010年4月   [査読有り]
Härtl, Holden: Implizite Informationen. Sprachliche Ökonomie und interpretative Komplexität bei Verben. Berlin: Akademie Verlag, 2008
ナロック・ハイコ
Info DaF   37(2-3) 198-199   2010年4月   [査読有り]
Garlin, Edgaris & Stefan Merkle: KIKUS Deutsch. Bildkarten. – Arbeitsblätter Bildkärtchen. – Arbeitsblätter 1. – Arbeitsblätter 2. – Arbeitsblätter 3. München: Hueber, 2009
ナロック・ハイコ
Info DaF   37(2-3) 179-181   2010年4月   [査読有り]
Stalph, Jürgen, Irmela Hijiya-Kirschnereit, Wolfgang Schlecht & Koji Ueda (Hrsg.) Großes japanisch-deutsches Wörterbuch. Band 1: A-I. München: Iudicium, 2009
ナロック・ハイコ
OAG Notizen   2010(4) 25-29   2010年4月   [査読有り]
FRAWLEY, WILLIAM (ed) 2005. The Expression of Modality. Berlin: Mouton de Gruyter, 2005.
ナロック・ハイコ
e-language   2010(March 25th)    2010年3月   [査読有り]
Willems, Klaas and Ludovic De Cuypere (eds) 2008: Naturalness and iconicity in language. Amsterdam: John Benjamins.
ナロック・ハイコ
e-language   2010(March 24th)    2010年3月   [査読有り]
Towards More Informative Maps. Author’s reply to ‘The Best of Two Maps’ by Sander Lestrade (2010)
ナロック・ハイコ
Linguistic Discovery   8(1) 257-258   2010年   [査読有り]
Optimizing Classical Maps. Comment on ‘AnalyzingSemantic Maps:A Multifactorial Approach’by Andrej L. Malchukov (2010)
ナロック・ハイコ
Linguistic Discovery   8(1) 199-201   2010年   [査読有り]
Evidentiality in Epistemic Modality –Let's Get the Whole Picture. Comment on ‘Building a Semantic Map: Top-Down versus Bottom-Up Approaches’ by Ferdinand de Haan (2010)
ナロック・ハイコ
Linguistic Discovery   8(1) 118-122   2010年   [査読有り]
What Should Be on a Map? Comment on ‘Semantic Maps as Metrics on Meaning’ by Michael Cysouw (2010)
ナロック・ハイコ
Linguistic Discovery   8(1) 96-98   2010年   [査読有り]
By "with" initiated prepositional Objects in the Romance Languages
Narrog Heiko
Studies in Language   34(4) 943-951   2011年5月   [査読有り][依頼有り]
Sohar-Yasuda, Kaori: Transitivität im Deutschen und Japanischen. Frankfurt/M.: Lang, 2007
ナロック・ハイコ
Info DaF   36(4) 402-403   2009年9月   [査読有り]
Smirnova, Elena: Die Entwicklung der Konstruktion würde + Infinitiv im Deutschen. Eine funktional-semantische Analyse unter besonderer Berücksichtigung sprachhistorischer Aspekte. Berlin: de Gruyter, 2006
ナロック・ハイコ
Info DaF   36(4) 400-401   2009年9月   [査読有り]
Doitchinov, Serge: Modalverben in der Kindersprache. Kognitive und linguistische Voraussetzungen für den Erwerb von epistemischem können. Berlin: Akademie Verlag, 2007
ナロック・ハイコ
Info DaF   36(4) 394-395   2009年9月   [査読有り]
López-Couso, María José; Seoane, Elena (eds.) Rethinking Grammaticalization: New perspectives. Amsterdam: Benjamins, 2008; Seoane, Elena; López-Couso, María José (eds.) Theoretical and Empirical Issues in Grammaticalization. Amsterdam: Benjamins, 2008
ナロック・ハイコ
Linguist List   20(2282)    2009年6月   [査読有り]
日本語学
ナロック・ハイコ
月間言語   38(5) 12-15   2009年5月   [依頼有り]
Gohl, Christine: Begründen im Gespräch. Eine Untersuchung sprachlicher Praktiken zur Realisierung von Begründungen im gesprochenen Deutsch. Tübingen: Niemeyer, 2006.
ナロック・ハイコ
Info DaF   35(2-3) 223-224   2008年6月   [査読有り]
Geeraerts, Dirk (ed.): Cognitive Linguistics: Basic Readings. Berlin: Mouton de Gruyter, 2005.
ナロック・ハイコ
Info DaF   35(2-3) 214-215   2008年6月   [査読有り]
Gamerschlag, Thomas: Komposition und Argumentstruktur komplexer Verben. Berlin: Akademie Verlag, 2005.
ナロック・ハイコ
Info DaF   35(2-3) 212-213   2008年6月
Teruya, Kazuhiro: A Systemic Functional Grammar of Japanese. London: Continuum, 2006.
ナロック・ハイコ
Linguist List   19(606)    2008年2月   [査読有り]
ナロック ハイコ, アーウィン マーク
日本語の研究   4(3) 114-119   2008年
Ogawa, Akio: Dativ und Valenzerweiterung. Syntax, Semantik und Typologie. Tübingen: Stauffenburg, 2005
ナロック・ハイコ
Info DaF   34(2-3) 277-279   2007年6月   [査読有り]
Knobloch, Clemens; Schaeder, Burkhard (Hrsg.): Wortarten und Grammatikalisierung. Perspektiven in System und Erwerb. Berlin: de Gruyter, 2005; Leuschner, Torsten; Mortelmans, Tanja; De Groodt, Sarah (Hrsg.): Grammatikalisierung im Deutschen. Berlin: de Gr
ナロック・ハイコ
Info DaF   34(2-3) 228-230   2007年6月   [査読有り]
Narrog Heiko
Language   83(2) 453-454   2007年6月   [査読有り]
Agency and Impersonality. Their Linguistic and Cultural Manifestations. By Yamamoto Mutsumi. Benjamins 2006
ナロック・ハイコ
Linguist List   18(402)    2007年2月   [査読有り]
Narrog, Heiko
Language   82(2) 463-464   2006年6月   [査読有り]
Epistemic Modality. Functional Properties and the Italian System. By Pietrandrea, Paola. Amsterdam: Benjamins, 2005
ナロック・ハイコ
Linguist List   17(1542)    2006年5月   [査読有り]
Polysemy: Flexible patterns of meaning in language and mind, ed. By Brigitte Nerlich et al. Berlin: Mouton de Gruyter, 2005.
ナロック・ハイコ
Language   81(4) 1017-1018   2005年12月   [査読有り]
Ellipsis and reference tracking in Japanese, by Shigeko Nariyama. Amsterdam: John Benjamins, 2003
ナロック・ハイコ
Language   81(4) 1017-1017   2005年12月   [査読有り]
Modality and the Japanese language, by Yuki Johnson. Ann Arbor: The University of Michigan, 2003
ナロック・ハイコ
Language   81(4) 1008-1009   2005年12月   [査読有り]
Narrog Heiko
LANGUAGE   81(2) 530-531   2005年6月   [査読有り]
Evidentiality, by Alexandra Aikhenvald. Oxford: Oxford University Press, 2004
ナロック・ハイコ
SKY Journal of Linguistics   18 379-388   2005年   [査読有り]
Narrog Heiko
LANGUAGE   80(4) 904-905   2004年12月   [査読有り]
大学には「できるようになる」初習外国語教育は本当にありえないのか -北大、カリフォルニア大学バークレー校、慶応大学の外国語教育体制の比較
ナロック、ハイコ
大学院国際広報メディア研究科・言語文化部紀要   43 93-99   2002年12月
職場における女性
ナロック、ハイコ
江口豊編『ドイツ語インテンシヴコース1999』   78-79   2002年8月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 4-5   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 5-12   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 5-8   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 8-10   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 10-12   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 12-13   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 25-28   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 53-54   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 71-73   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 74-75   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 76-77   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 77-78   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 83-86   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 82-83   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 78-82   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 1-13   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46 3-4   2001年6月
ナロック ハイコ
国際広報メディア研究科・言語文化部研究報告叢書   46    2001年6月
ナロック ハイコ, フックス ビルギット 編
言語文化部研究報告叢書   44    2001年3月
ナロック ハイコ
言語文化部研究報告叢書   44 13-16   2001年3月
大塚 譲, 下田 恭子, アルノルト ダーニエル, ドープラ フェリツィタス, ナロック ハイコ, パーペンティン ハイケ
言語センタ-広報language studies   (9) 13-28   2001年3月
論文・研究ノート
GROß, Thomas M.: Kleines Handbuch japanischer Funktionsgefüge. Hamburg: Buske, 1998
ナロック・ハイコ
Nachrichten der Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens   167(1/2) 405-410   2001年   [依頼有り]
日本語研究の新世紀 - 文法史の視点
ナロック・ハイコ
国語学   203 105-106   2000年12月   [依頼有り]
HASSELBERG, Iris: Verbalkomposita im Japanischen. Hamburg, 1996
ナロック・ハイコ
Journal of the Association of Teachers of Japanese   33(2) 76-86   1999年7月   [査読有り]
HASSELBERG, Iris: Lexikon japanischer Verbalkomposita. Hamburg, 1996; TAGASHIRA Yoshiko und Jean HOFF: Handbook of Japanese Compound Verbs – Nihongo fukugô dôshi handobukku. Tôkyô, 1986.
ナロック・ハイコ
Japanstudien   11 328-337   1999年7月   [査読有り]
RICHTER, Steffi: Ent-Zweiung — Wissenschaftliches Denken in Japan zwischen Tradition und Moderne
ナロック・ハイコ
OAG   1997(Oktober) 34-37   1997年10月   [査読有り]
ドイツにおける日本語の研究
ナロック・ハイコ
国文学解釈と鑑賞   6(7) 146-164   1996年7月   [査読有り]
「すみません」の文化学
ナロック・ハイコ
日本語論   2(5) 136-142   1994年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Grammaticalization from a Typological Perspective
Narrog, Heiko; Bernd Heine (担当:共編者, 範囲:468pp)
Oxford University Press   2018年10月   
The Cambridge Handbook of Japanese Linguistics
Narrog, Heiko (担当:分担執筆, 範囲:Modality)
Cambridge University Press   2018年4月   
Handbook of Japanese Contrastive Linguistics
Narrog, Heiko (担当:分担執筆, 範囲:Modality in Japanese from a crosslinguistic perspective.)
Mouton De Gruyter   2018年2月   
The Oxford Handbook of Evidentiality
Narrog, Heiko; Yang, Wenjiang (担当:分担執筆, 範囲:Evidentiality in Japanese)
Oxford University Press   2018年1月   
Unity and diversity in grammaticalization
Bisang, Walter & Andrej Malchukov (担当:共著, 範囲:Back again to the future: How to account for directionality in grammatical change)
Language Science Press   2017年10月   
Handbook of Japanese Syntax
Narrog, Heiko (担当:分担執筆, 範囲:The morphosyntax of grammaticalization in Japanese)
Mouton De Gruyter   2017年10月   
The Cambridge Handbook of Linguistic Typology
Narrog, Heiko (担当:分担執筆, 範囲:Grammaticalization and typology)
Cambridge University Press   2017年4月   
Hengeveld, Kees; Narrog, Heiko; Olbertz, Hella (担当:共編者)
De Gruyter Mouton   2017年9月   ISBN:9783110517293
The Oxford Handbook of Modality and Mood
Narrog, Heiko (担当:分担執筆, 範囲:The expression of non-epistemic modal categories)
Oxford University Press   2016年7月   
Heine Bernd, Narrog Heiko (担当:共編者)
Oxford University Press   2015年   ISBN:9780199677078
Pardeshi Prashant, 桐生 和幸, Narrog Heiko (担当:共編者)
くろしお出版   2015年   ISBN:9784874246795
日本語文法事典
ナロック・ハイコ (担当:分担執筆, 範囲:アナロジー(類推)、依存文法、ヴェンク、歴史言語学、)
大修館書店   2014年10月   
澤田治美編『モダリティⅠ:理論と方法』
ナロック・ハイコ (担当:分担執筆, 範囲:モダリティの定義をめぐって)
ひつじ書房   2014年9月   
Luraghi Silvia, Narrog Heiko (担当:共編者)
John Benjamins Pub. Co.   2014年   ISBN:9789027206879
The Languages of Japan and Korea
Irwin, Mark; Narrog, Heiko (担当:分担執筆, 範囲:Late Middle Japanese)
Routledge   2012年5月   
Harada Sekkei. Unfathomable Depths. Drawing Wisdom From a Classical Zen Poem. Boston: Wisdom Publications.
Narrog, Heiko; Gu, Hongliang (担当:共著)
Wisdom Publications   2012年   
Narrog Heiko
Oxford University Press   2012年   ISBN:9780199694372
Heine, Bernd; Narrog, Heiko (担当:共編者)
Oxford University Press   2012年   ISBN:9780199658398
Narrog, Heiko; Heine, Bernd (担当:共編者)
Oxford University Press   2011年   ISBN:9780199586783
Heine Bernd, Narrog Heiko (担当:共編者)
Oxford University Press   2010年1月   ISBN:9780199544004
斎藤 倫明, 大木 一夫, 尾上 圭介, 小針 浩樹, 石神 照雄, 仁田 義雄, 野村 剛史, 工藤 浩, 井島 正博, 山東 功, Narrog Heiko, 服部 隆, 釘貫 亨, 今野 真二 (担当:分担執筆, 範囲:『日本文法論』における文成立関連の概念とヨーロッパの言語学―陳述、統覚作用、モダリティ、ムード)
ひつじ書房   2010年12月   ISBN:9784894765344
The ハプスブルグ – Treasures of the Habsburg Monarchy – 140th Jubilee of the Friendship Treaty between Austria-Hungary and Japan.
ナロック・ハイコ (担当:共訳, 範囲:pp. 48-51, 57, 61, 65, 73, 78-81, 84, 88, 90, 110, 116-7, 120-1, 124, 126-9, 136-8)
読売新聞東京本社   2009年12月   
ウィーン世紀末展 - Österreichische Malerei und Zeichnung von 1900 bis 1930, mit Schwerpunkt “Egon Schiele”, aus dem Leopold Museum, Wien
ナロック、ハイコ (担当:共訳, 範囲:pp. 180-198)
印象社   2007年9月   
Narrog Heiko, 江口 豊, 鈴木 純一, 寺田 龍男, 橋本 聡 (担当:編者)
北海道大学言語文化部   2001年6月   
Japanische Verbflexive und flektierbare Suffixe
Narrog, Heiko
Harrassowitz Verlag   1999年   

講演・口頭発表等

 
文法化研究の動向 [招待有り]
ナロック・ハイコ
第2回 日本語と近隣言語における文法化ワークショップ (GJNL-2)   2017年11月18日   
類型論的観点から文法化を考える ―日本語を中心に― [招待有り]
ナロック・ハイコ
日本フランス語学会2016年度シンポジウム   2016年5月28日   
The ordering of functional categories in the Japanese verb cluster [招待有り]
ナロック、ハイコ
Morphology & Lexicon Forum 2015   2015年9月6日   
Limits of (inter)subjectification in late stages of grammaticalization [招待有り]
ナロック・ハイコ
Johannes Gutenberg-Universität Mainz   2015年8月5日   
Grammaticalization In Japanese and Across Languages
ナロック・ハイコ
東北大学大学院国際文化研究科附属言語脳認知総合科学研究センター 第1回国際シンポジウム『文法化と言語類型論』   2015年7月7日   
Grammaticalization In Japanese and Across Languages. Introduction – Cross-linguistic session [招待有り]
ナロック・ハイコ
国立国語研究所国際シンポジウム『文法化:日本語研究と類型論的研究』   2015年7月3日   
日本語における文法化 ― 文法化研究から見た特徴と課題 [招待有り]
ナロック・ハイコ
国立国語研究所国際シンポジウム『文法化:日本語研究と類型論的研究』   2015年7月3日   
文法化の地域性と日本語における文法化 [招待有り]
ナロック・ハイコ
第122回 NINJAL(国語研)サロン   2015年2月10日   
日本語の共時的・通時的研究 [招待有り]
ナロック・ハイコ
国際シンポジウム『グローバル化する世界における日本語・日本学研究』   2015年1月27日   
モダリティ、ムード概念の発生と継承 [招待有り]
ナロック・ハイコ
東京大学文法学研究会 2014年度連続公開講義   2014年9月27日   
Grammaticalization and typology [招待有り]
ナロック・ハイコ
Guest lecture. Max-Planck Institute for Evolutionary Anthropology Leipzig   2014年8月26日   
モダリティ ―類型論的・通時的視点から― [招待有り]
ナロック・ハイコ
第44回 NINJAL(国語研)コロキウム   2014年2月4日   
Grammaticalization and semantic change in the area of modality [招待有り]
ナロック、ハイコ
Workshop “The Grammaticalization of Tense, Aspect, Mood and Modality from a Functional Perspective”; University of Amsterdam   2013年10月19日   
Modern Japanese transitivity pairs from a frequency perspective [招待有り]
ナロック・ハイコ、パルデシ・プラシャント
Guest lecture. Max-Planck Institute for Evolutionary Anthropology Leipzig   2013年8月21日   
(Inter)subjectification and its limits in secondary grammaticalization [招待有り]
ナロック・ハイコ
21st International Conference on Historical Linguistics   2013年8月5日   
日本語自他動詞対研究の課題
ナロック・ハイコ
国立国語研究所『NINJAL Typology Festa』   2013年3月23日   
有対動詞間の派生関係の動機づけ:大規模なコーパスに基づく検証 [招待有り]
ナロック・ハイコ、パルデシ・プラシャント、赤川史郎
国立国語研究所『「述語構造の意味範疇の普遍性と多様性」研究発表会』   2013年2月16日   
日本語の自他動詞対の類型と歴史 [招待有り]
ナロック・ハイコ
東北大学文学研究科 第374回国語学研究会   2012年12月14日   
日本語自他動詞対の類型論的位置づけと歴史
ナロック・ハイコ
国立国語研究所『「述語構造の意味範疇の普遍性と多様性」研究発表会』   2012年11月18日   
Insubordination in Japanese diachronically [招待有り]
ナロック・ハイコ
Symposium "Dynamics of Insubordination. 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   2012年10月27日   
Coding causal-noncausal verb alternations: a form-frequency correspondence explanation
ナロック・ハイコ
The 5th Syntax of the World’s Languages (SWL 5)   2012年10月1日   
モダリティとヴォイス [招待有り]
ナロック・ハイコ
Morphology & Lexicon Forum 2012   2012年9月23日   
Coding causal-noncausal verb alternations: a form-frequency correspondence explanation
ナロック・ハイコ
45th Annual Meeting of the Societas Linguistica Europaea   2012年8月31日   
Japanese transitivity pairs through time [招待有り]
ナロック・ハイコ
Max-Planck Institute for Evolutionary Anthropology Leipzig   2012年8月27日   
ソトから見た日本語と日本語教育 [招待有り]
ナロック・ハイコ
東北大学・タマサート大学大学間学術交流協定締結記念国際シンポジウム『グローバル時代の日本語研究に向けて』   2012年7月13日   
ドイツ語における五段階 [招待有り]
ナロック
NINJAL共同研究発表会『節連接へのモーダル的・発話行為的な制限』国立国語研究所   2012年3月11日   
.The limits of subjectification [招待有り]
ナロック・ハイコ
University of Leuven, Belgium, Department of Linguistics   2011年12月16日   
階層構造モデルの比較と検証 ―テンス・アスペクト・モダリティ・ムードを中心に [招待有り]
ナロック・ハイコ
NINJAL共同研究発表会『節連接へのモーダル的・発話行為的な制限』国立国語研究所   2011年10月15日   
Comparative grammaticalization in Japanese and Korean [招待有り]
ナロック・ハイコ
Symposium Shared Grammaticalization in the Transeurasian Languages. University of Leuven, Belgium   2011年9月22日   
Exaptation in Japanese
ナロック・ハイコ
20th International Conference on Historical Linguistics   2011年7月26日   
Modality and Speaker-Orientation [招待有り]
ナロック・ハイコ
International Conference on Grammaticalization & (Inter)Subjectification. Brussels (Belgium)   2010年11月11日   
Directionality in semantic and syntactic change – the case of modality [招待有り]
ナロック・ハイコ
ACLC Workshop on Grammaticalization. Universiteit van Amsterdam   2010年11月10日   
The Japanese verb cluster and universal hierarchies of functional categories [招待有り]
ナロック・ハイコ
Harvard University, Department of Linguistics Language Universals and Linguistic Fieldwork workshop series. Fall 2010-11   2010年11月4日   
Grammaticalization in Japanese
ナロック・ハイコ
The Yenching Scholars’ Talk Series. Harvard-Yenching Institute   2010年9月26日   
Synchrony and diachrony in transitivity pairs
ナロック・ハイコ
Eighth Biennial Conference of the Association for Linguistic Typology. University of California, Berkeley   2009年7月26日   
English vs. Other Languages: A Typological Contrast [招待有り]
Heine, Bernd; Narrog, Heiko
専修大学言語・文化研究センター主催 平成21年度第1回国際公開講座   2009年4月18日   
Current Issues in Linguistic Analysis [招待有り]
Narrog, Heiko; Heine, Bernd
専修大学言語・文化研究センター主催 平成21年度第1回国際公開講座   2009年4月18日   
コメント [招待有り]
ナロック・ハイコ
日本言語学会第137回大会 公開シンポジウム『言語変化のモデル』   2008年11月30日   
Asymmetry between positive and negative speech-act modality and the semantic map of the imperative-hortative area
Narrog, Heiko
18th International Congress of Linguists (CIL 18)   2008年7月26日   
Modal markers in the Japanese verbal complex – affix ordering and universal hierarchies of functional categories
Narrog, Heiko
13th International Morphology Meeting   2008年2月4日   
Diachronic issues in a map of case functions
Narrog, Heiko
ALT VII   2007年9月29日   
モダリティ表現の意味変化と主観化
ナロック・ハイコ
日本認知言語学会第8回大会   2007年9月23日   
Aspect and modality in the Japanese verbal system
Narrog, Heiko
Societas Linguistica Europaea; 39th Annual Meeting;   2006年9月1日   
Defining Modality in Japanese
Narrog, Heiko
Revisiting Japanese Modality, SOAS, London   2006年6月24日   
日本語自他動詞対の類型論的位置づけ
ナロック・ハイコ
Morphology and Lexicon Forum 2006   2006年5月13日   
Rebuilding Semantic Maps
Narrog, Heiko
Association for Linguistic Typology 6th Biennial Meeting   2005年7月23日   
Exaptation as an alternative to grammaticalization
Narrog, Heiko
New Reflections on Grammaticalization 3   2005年7月17日   
Modality and grammaticalization in Japanese
Narrog, Heiko
9th International Pragmatics Conference, International Pragmatics Association, 10-15 July 2005, Riva del Garda, Italy   2005年7月12日   
現代日本語のモダリティ形式の階層性
ナロック・ハイコ
日本語学会2005年度春季大会   2005年5月29日   
From Transitive to Causative in Japanese. Morphologization through exaptation. [招待有り]
Narrog, Heiko
Workshop on Transitivity and Verb Types(東北大学21世紀COEプログラム(言語認知総合科学))   2004年11月27日   
Getting on the modality ladder: event-oriented modal markers between voice and modality [招待有り]
Narrog, Heiko
第4回「言語・脳・認知」国際学術フォーラム『認知・脳・類型論:融合に向けて』   2004年9月13日   
Japanese Grammar Codes Best What Japanese Speakers Do Most: Mood and Modality in Japanese from Areal and Typological Perspectives
Horie, Kaoru; Narrog, Heiko
Symposium on Functional Approaches to Japanese Grammar; University of Alberta, Edmonton   2004年8月20日   
Potential verb forms in spoken discourse: Cognitive, discursive, and pedagogical implicationsPotential verb forms in spoken discourse: Cognitive, discursive, and pedagogical implications
Narrog, Heiko; Horie, Kaoru
Fourth International Conference on Practical Linguistics of Japanese; San Francisco State University   2004年4月4日   
言語類型論の観点から見たモダリティー ―日韓語・英独語の対照に基づいて― [招待有り]
堀江薫、ナロック・ハイコ
関西言語学会第28回大会シンポジウム   2003年10月18日   
Semantic maps and implicational universals as windows on cognitionSemantic maps and implicational universals as windows on cognition [招待有り]
ナロック・ハイコ
日本認知言語学会 第4大会 第4回JCLAシンポジウム日本認知言語学会 第4大会 第4回JCLAシンポジウム   2003年9月15日   
Diachronische Aspekte von Modalität im Deutschen und Japanischen
ナロック・ハイコ
日本独文学会 第31回語学ゼミナール   2003年8月26日   
コーパスに基づいた言語研究 - 日本語話し言葉コーパスの構築に向けて [招待有り]
ナロック・ハイコ
東北大学国際文化研究科COEプログラム   2003年1月27日   
Interkulturelle Kommunikation und Diskursanalyse [招待有り]
Narrog, Heiko
Universität Tübingen. Seminar für Japanologie   2002年11月9日   
Synchronic and diachronic aspects of polysemy in modal markers – the case of Japanese beshi.
Narrog, Heiko
University of Oregon Linguistics Department Colloquium - Winter Term 2002 Series. Eugene, Oregon   2002年3月12日   
Etymology of Japanese verb inflections and derivational suffixes [招待有り]
Narrog, Heiko
International Computer Science Institute - Japanese Linguistics Seminar. University of California, Berkeley   2002年2月25日   
日本語研究の新世紀 - 文法史の視点 [招待有り]
ナロック・ハイコ
国語学会平成12年度春季大会 シンポジウム『日本語研究の新世紀』   2000年5月27日   
ドイツ語と日本語の形態類型論的比較
ナロック・ハイコ
北海道ドイツ文学会第47回研究発表会   1998年7月11日   
Polysemy and Indeterminacy in Modal Markers – the case of Japanese besi
Narrog, Heiko
30th Annual Meeting of the Societas Linguistica Europaea   1997年8月21日   
Diachronie in der japanischen Verbmorphologie am Beispiel des honorativen Suffixverbs mas.u
Narrog, Heiko
10. Deutschsprachiger Japanologentag, München   1996年10月11日   
Modern Japanese verb inflexion as an instance of grammaticalization processes [招待有り]
Narrog, Heiko
Symposium: The Traditional Japanese Thought and the Present   1996年2月27日   
日本語の形態論的変遷と言語変化の方向性
ナロック・ハイコ
第27回白馬夏季言語学会   1995年8月25日   
Causatives as Honorifics [招待有り]
Narrog, Heiko
Symposium: Traditional and Modern in Japanese Literature and Language   1993年9月28日   
Legbo verb inflection: A semantic and phonological particle analysis
Larry Hyman, Mary Paster, Heiko Narrog, Imelda Udoh
Berkeley Linguistic Society 28 – Parasession: Field Linguistics   2002年2月18日   

Works

 
ドイツ語 I
新田春夫、ナロック・ハイコ   教材   1998年3月 - 1998年10月