Yoshitaka Kubota

J-GLOBAL         Last updated: Dec 26, 2018 at 09:42
 
Avatar
Name
Yoshitaka Kubota
Research funding number
10375735

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Adipose-derived stem cells (ASCs) and ceiling culture-derived preadipocytes (ccdPAs) cultured from subcutaneous fat tissue differed in their epigenetic characteristics and in osteogenic potential.
Sasahara Y, Kubota Y, Kosaka K, Adachi N, Yamaji Y, Nagano H, Akita S, Kuroda M, Tanaka T, Bujo H
Plastic Reconstructive Surgery   in press    2019   [Refereed]
Akita S, Yamaji Y, Tokumoto H, Sasahara Y, Tezuka T, Kubota Y, Kuriyama M, Mitsukawa N
Microsurgery   38(4) 407-412   May 2018   [Refereed]
Tokumoto H, Akita S, Kubota Y, Kuriyama M, Mitsukawa N
Annals of Plastic Surgery   80(4) 379-383   Apr 2018   [Refereed]
Yamaji Y, Akita S, Akita H, Miura N, Gomi M, Manabe I, Kubota Y, Mitsukawa N
Scientific Reports   8(1) 5921   Apr 2018   [Refereed]
Akita S, Ogata F, Manabe I, Mitsuhashi A, Nakamura R, Yamaji Y, Kubota Y, Mitsukawa N
Microsurgery   37(8) 910-916   Nov 2017   [Refereed]
Akita S, Tokumoto H, Yamaji Y, Sasahara Y, Kubota Y, Kubo M, Kuriyama M, Mitsukawa N
Journal of Reconstructive Microsurgery   33(8) 571-578   Oct 2017   [Refereed]
Baba Y, Kaneko H, Takemoto M, Ide K, Haga Y, Kanda T, Akita S, Kubota Y, Kuroda M, Kitagawa Y, Yokote K
Journal of Diabetes Investigation      Sep 2017   [Refereed]
Akita S, Yamaji Y, Tokumoto H, Adachi N, Sasahara Y, Kubota Y, Kuriyama M, Mitsukawa N
Plastic and Reconstructive Surgery      Jul 2017   [Refereed]
Kira-Koizumi T, Mitsukawa N, Morishita T, Akita S, Kubota Y, Satoh K
The Journal of Craniofacial Surgery   28(4) 1068-1070   Jun 2017   [Refereed]
Akita S, Nakamura R, Yamamoto N, Tokumoto H, Ishigaki T, Yamaji Y, Sasahara Y, Kubota Y, Mitsukawa N, Satoh K
Plastic and Reconstructive Surgery   139(6) 1366e   Jun 2017   [Refereed]
Akita S, Mitsukawa N, Tokumoto H, Kubota Y, Kuriyama M, Sasahara Y, Yamaji Y, Satoh K
Plastic and Reconstructive Surgery   139(5) 1214e   May 2017   [Refereed]
Mitsukawa N, Omori N, Tominaga M, Akita S, Kubota Y, Kuriyama M, Satoh K
The Journal of Dermatology   43(11) 1382-1384   Nov 2016   [Refereed]
Mitsukawa N, Uchida Y, Sasahara Y, Akita S, Kubota Y, Kuriyama M, Satoh K
The Journal of Craniofacial Surgery   27(6) 1558-1560   Sep 2016   [Refereed]
Akita S, Mitsukawa N, Tokumoto H, Kubota Y, Kuriyama M, Sasahara Y, Yamaji Y, Satoh K
Plastic and Reconstructive Surgery   138(3) 510e-8e   Sep 2016   [Refereed]
Mitsukawa N, Kubota Y, Akita S, Hasegawa M, Saiga A, Satoh K
Lower Urinary Tract Symptoms   8(3) 191-193   Sep 2016   [Refereed]
Kosaka K, Kubota Y, Adachi N, Akita S, Sasahara Y, Kira T, Kuroda M, Mitsukawa N, Bujo H, Satoh K
American Journal of Physiology. Cell Physiology   311(2) C322-9   Aug 2016   [Refereed]
Akita S, Nakamura R, Yamamoto N, Tokumoto H, Ishigaki T, Yamaji Y, Sasahara Y, Kubota Y, Mitsukawa N, Satoh K
Plastic and Reconstructive Surgery   138(2) 192e-202e   Aug 2016   [Refereed]
Combination Treatment of Artificial Dermis and Basic Fibroblast Growth Factor for Skin Defects: A Histopathological Examination.
Mitsukawa N, Higaki K, Ito N, Muramatsu H, Karube D, Akita S, Kubota Y, Satoh K
Wounds : a compendium of clinical research and practice   28(5) 158-166   May 2016   [Refereed]
Tokumoto H, Akita S, Mitsukawa N, Hasegawa M, Kubota Y, Adachi N, Suzuki T, Satoh K
Microsurgery   36(4) 325-329   May 2016   [Refereed]

Misc

 
先天性副耳下腺瘻から移行したと考えられる頬部瘻孔の1例
新井 美波, 三川 信之, 窪田 吉孝
日本形成外科学会会誌   38(9) 491-495   Sep 2018   [Refereed]
低線量放射線照射による移植脂肪細胞生着率向上の可能性
安達 直樹, 窪田 吉孝, 三川 信之
茨城県臨床医学雑誌   (53) 117-118   Mar 2018   [Refereed]
下肢続発性リンパ浮腫患者に対する腹壁形成とlymphatic microsurgery
秋田 新介, 山路 佳久, 窪田 吉孝, 笹原 資太郎, 手塚 崇文, 緒方 英之, 三川 信之
日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集   44回 152-152   Dec 2017
リンパ浮腫治療の標準化をめざして:適応、治療結果の定量評価 リンパ浮腫非侵襲評価方法の確立と侵襲的定量評価方法の開発
秋田 新介, 山路 佳久, 窪田 吉孝, 手塚 崇文, 笹原 資太郎, 三川 信之
日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集   44回 81-81   Dec 2017
毛細血管奇形に対する新しいPDL治療機器と当科での試み
笹原 資太郎, 力久 直明, 窪田 吉孝, 秋田 新介, 林 みどり, 安田 紗緒理, 金井 雅彦, 三川 信之
日本レーザー医学会誌   38(3) 291-291   Oct 2017   [Refereed]
共用シャワーでのhydrotherapyにおける院内感染防止対策
窪田 吉孝, 三川 信之, 秋田 新介, 笹原 資太郎, 吉良 智恵, 金沢 雄一郎, 長谷川 正和, 佐藤 兼重
熱傷   41(1) 15-25   Mar 2015   [Refereed]
【背景】水治療(hydrotherapy)は創面の洗浄で治癒促進を図る方法である。共用設備でのhydrotherapyには、院内感染のリスクが報告されている。Hydrotherapyに用いていた共用シャワー設備のMRSA汚染が明らかになり、院内感染対策チーム(以下ICT)と共同で感染拡大防止に取り組んだ結果について報告する。【症例および方法】症例1:共用シャワーでのhydrotherapyを避けることで多剤耐性菌感染を回避できた症例。80歳女性、III度を主とした4%TBSA熱傷受傷、急性...
熱傷重症度判定基準における特殊部位熱傷項目の意義
窪田 吉孝, 内田 光智子, 久保 麻衣子, 秋田 新介, 笹原 資太郎, 小泉 智恵, 金沢 雄一郎, 三川 信之, 佐藤 兼重
熱傷   41(1) 34-44   Mar 2015   [Refereed]
【背景】Artzの基準等の熱傷重症度判定基準には、熱傷面積などの生命予後に関連する項目と、特殊部位熱傷などの機能的・整容的予後に関連する項目とが含まれている。特殊部位熱傷項目において基準に該当するとして拾い上げる患者対象が広くなりすぎると、軽症の患者も重症と判定されることになり診療実態との乖離が生じうる。われわれは本邦で地域の中核病院として比較的幅広く熱傷診療を行っている施設において、特殊部位熱傷に注目して診療実態との関連を調査した。【方法】一施設後方視的コホート研究にて、特殊部位熱傷に注...
涙腺導管貯留嚢胞の1例
小坂 健太朗, 窪田 吉孝, 三川 信之, 佐藤 兼重
日本形成外科学会会誌   35(2) 116-119   Feb 2015   [Refereed]
29歳男。2年前に左眼瞼を打撲し、1ヵ月前より同部位に腫瘤が出現した。受診時、左眉毛直下中央部に径10mmの円形、表面平滑、弾性硬の皮下腫瘤を認めた。単純MRIのT1、T2強調像では前頭筋深層に左眼窩上縁より前方に突出する15mm大の楕円形病変を認め、T1、T2強調像とも高信号を呈した。前頭筋深層の脂肪腫や皮様嚢腫、結節性筋膜炎などを疑い、局所麻酔下に摘出術を施行した。病理診断は涙腺導管貯留嚢胞で、術後7年の現在、明らかな再発はなく、異常も認めない。
下腿に発生したPinkus腫瘍の1例
安達 直樹, 窪田 吉孝, 三川 信之, 秋田 新介, 佐藤 兼重
日本形成外科学会会誌   34(5) 342-346   May 2014   [Refereed]
75歳女。右下腿外側の膝下約10cmに、径24×26mmの境界明瞭で扁平隆起した表面やや不整な淡紅色腫瘤を認めた。疼痛やそう痒感はなく、弾性硬で下床との可動性が良好であった。基底細胞上皮腫やBowenなどの低悪性度の皮膚腫瘍を否定できず、また高齢で病変も小さかったため、局所麻酔下に全切除生検を行った。病理組織学的所見では弱拡大で表皮から連続する上皮索の網目状構造、線維成分やムチン質の豊富な間質成分を、強拡大で基底細胞様細胞の柵状配列を認め、Pinkus腫瘍と診断した。術後8年の現在、再発は...
広範囲熱傷患者に対する集中治療室における熱傷手術の検討
窪田 吉孝, 三川 信之, 小坂 健太朗, 外薗 寿典, 安達 直樹, 秋田 新介, 笹原 資太郎, 長谷川 正和, 渡邉 栄三, 織田 成人, 佐藤 兼重
熱傷   40(1) 40-45   Mar 2014   [Refereed]
われわれは集中治療室(ICU)入院中の広範囲熱傷患者の一部に対して、超早期手術の実現を目的としてICU病室で熱傷手術を行っている。しかし、ICU熱傷手術中に絶縁監視装置の警報発報事案を経験し、中央手術室(OR)とは環境が異なることによるリスクが存在する可能性が考えられたため、広範囲熱傷手術をICUで行うことの利点と問題点を検討した。ORに移動することなくICUで熱傷手術を行うことには、連続した周術期管理が可能になることや、搬送に伴うリスクをなくせるという利点があるが、ICUとORとの間には...
Le Fort型骨きりにおける合併症、特に重篤合併症とその回避についての考察
秋田 新介, 窪田 吉孝, 力久 直昭, 三川 信之, 佐藤 兼重
日本頭蓋顎顔面外科学会誌   27(3) 268-278   Sep 2011   [Refereed]
帝王切開術後瘢痕部から離れて発生した腹壁子宮内膜症の1例
久保 麻衣子, 内田 光智子, 窪田 吉孝
日本形成外科学会会誌   31(9) 652-654   Sep 2011   [Refereed]
31歳女。左下腹部の腫瘤、月経時の疼痛を主訴とした。帝王切開術の既往があった。左下腹部に2cm大の皮下腫瘍があり、腫瘍の中心は瘢痕の左側端より3cm頭側、1cm右側に位置していた。腹部造影MRIで皮下腫瘍はT1強調像で低信号、T2強調像で内部不均一な低信号を伴う高信号を呈し、Gd造影で不均一な造影効果を認めた。局所麻酔下に摘出術を行い、腫瘍は皮下脂肪織内にあり、腹直筋筋膜と一部癒着していたためこれを含めて摘出した。病理組織学的には子宮内膜細胞に類似した1層の円柱上皮が多数の腺管構造を作り、...
Silent typeの臍部子宮内膜症の1例
小泉 智恵, 輪湖 雅彦, 遠藤 秀治, 窪田 吉孝, 佐藤 兼重
臨床皮膚科   65(6) 452-455   May 2011   [Refereed]
45歳,女性.臍窩を埋めるように無症候性に発育する弾性硬の臍部腫瘤を認めた.術前生検で,異所性子宮内膜症と診断し,全摘出術を行った.臍部子宮内膜症は異所性子宮内膜症全体のなかでは非常に頻度が低いものの,臍部腫瘍に限ると30%前後を占める疾患である.そのなかでも自験例は典型的な症状を欠くsilent typeであり,30〜40歳代,女性の腹壁軟部腫瘤の場合,無症候性の本疾患も念頭に入れるべきである.(著者抄録)
アパセラムにより再建した下顎骨欠損の1例
小泉 智恵, 黒木 知明, 窪田 吉孝
日本形成外科学会会誌   27(2) 145-150   Feb 2007   [Refereed]
症例は23歳女性で飼育馬に下顎を蹴られて来院、下顎に開放骨折を認め入院となった。初診時、オトガイ部に約7cmにわたる挫創が存在し、口腔内に交通しており、骨折線は左オトガイ孔に及び、左オトガイ神経はオトガイ孔内で切断・欠損していた。オルソパントモグラフィー及び3DCTにて骨皮質の剥離に伴うオトガイ部粉砕骨折が確認された。開放骨折に対して洗浄・デブリドマン後に一期的に創を閉鎖し脱臼歯牙を仮固定し、受傷7日目に術前に作成した顎モデルに基づきアーチバーを装着して輪ゴム牽引による顎間固定を行った。更...
上腕動脈再建を行った非開放性肘関節後方脱臼の1例
窪田 吉孝, 坪 健司
日本マイクロサージャリー学会会誌   18(3) 299-303   Aug 2005   [Refereed]
14歳男.左手をついて倒れた際に左肘関節を過伸展し,左肘の疼痛および変形を認め受診した.X線撮影で左肘関節外後方脱臼を認め,徒手整復を行った.しかし,左橈骨動脈は整復前後のいずれにおいても触知不能であり,ドップラー血流計所見より上腕動脈の肘関節部での外傷性血管攣縮と考えギプスシーネ固定を行った.経過観察を行っていたが,その後も橈骨動脈の拍動は触知不能であり,intravenous digital subtraction angiography(IV-DSA)を行った.上腕動脈は上腕骨遠位関...
Colles骨折に対する手関節3点支持伸展位ギプス固定
水野 稚香, 坪 健司, 富田 卓, 中村 渉, 窪田 吉孝, 岸谷 正樹
東北整形災害外科学会雑誌   49(1) 39-42   Jun 2005   [Refereed]
Colles骨折30例を,ギプスの手関節伸展位を軽度にし,ギプスの圧迫点を骨折部中枢掌側,手根骨背側,手掌の3点支持とした手関節3点支持伸展位ギプス(本法)にて加療した.骨折は全て背側転位型で,AO分類ではA2が14例,A3が8例,C1が8例であった.骨折型別手関節機能評価では,good以下の症例はA2でgood 1例,A3でgood 2例,fair 1例であった.25例はexcellentで,比較的良好な成績であった.X線の最終時計測結果は,Volar tiltは平均1°,-10°以上は...
顕微鏡視下爪床下Glomus腫瘍切除の経験
窪田 吉孝, 坪 健司, 富田 卓, 中村 渉, 沼沢 拓也, 南雲 明, 水野 稚香, 岸谷 正樹
青森市民病院医誌   14(1) 29-33   Apr 2005
Glomus腫瘍に対する手術で,顕微鏡視下に側爪郭温存爪甲部分持ち上げを行い,爪床切開法にてアプローチした.対象はGlomus腫瘍5例(平均51歳)で,全例単一指単発発生例かつ爪床下発生例であった.藤井分類における発生部位は全て基部であり,骨変化はgrade Iが2例,grade IIが2例,grade IIIが1例であり,発症から手術までの罹病期間は平均3.5年であった.経過観察期間は平均1年6ヵ月で再発は認めなかった.全例,術後早期より疼痛が消失し,爪変形は軽微で整容的にも満足のいく結...
基節骨基部剥離骨折に対する経皮ピンニング
窪田 吉孝, 坪 健司, 小川 太郎, 南雲 明
日本手の外科学会雑誌   21(2) 114-117   Oct 2004   [Refereed]
基節骨基部剥離骨折8例8指を対象に,石黒法を応用した経皮ピンニングを行った.その結果,7例で骨性癒合が得られた.1例で線維性癒合となったが,この1例を含めて全例で日常生活上問題となるような疼痛,可動域制限は認めなかった
上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対し保存療法を行った3例
南雲 明, 坪 健司, 沼沢 拓也, 水野 稚香, 窪田 吉孝
青森県スポーツ医学研究会誌   12(2) 47-50   Jul 2003   [Refereed]
小児における上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(OCD)の透亮期では保存療法により治癒する可能性が指摘されている.今回,野球選手に生じた上腕骨小頭OCDに対し,MRIを用いた経過観察から,4ヵ月間の投球禁止で全例良好な結果を得ることができた.3例3肘を対象とした.全例投球禁止後約3週間で疼痛は消失した.単純レントゲン写真による評価では経過観察中,骨硬化像の増悪は認めず,分離期に移行した例はなかった.全例,投球禁止後4ヵ月目に撮影したMRIにて,T1強調像では著明な変化を認めなかったが,T2*強調画像...
内視鏡下大網採取が有用であった乳房再建の1例
亀井 譲, 鳥居 修平, 鳥山 和宏, 中山 敏, 堀 直博, 山本 将之, 窪田 吉孝
形成外科   46(5) 509-513   May 2003   [Refereed]
18歳女.左乳腺葉状肉腫のために乳腺全摘術が施行された.この症例に対して内視鏡下大網採取を行い,大網を乳房皮下に自家移植し大網を大胸筋に1cm間隔で固定して乳房を作成し良好な結果を得た

Books etc

 
【ベーシック&アドバンス 皮弁テクニック】 局所皮弁の基礎と応用
窪田 吉孝, 三川 信之
PEPARS   Mar 2018   
天井培養由来増殖性脂肪細胞の性質および採取部位による部位特異的機能差
窪田 吉孝, 小坂 健太朗, 安達 直樹, 笹原 資太郎, 秋田 新介, 黒田 正幸, 横手 幸太郎, 三川 信之
BIO Clinica   Sep 2016   
【救急で扱う顔面外傷治療マニュアル】 上顎骨骨折(Le Fort型多発骨折)
三川 信之, 窪田 吉孝, 佐藤 兼重
PEPARS   Jan 2012