岩田 千亜紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/07 05:39
 
アバター
研究者氏名
岩田 千亜紀
所属
東洋大学
部署
社会学部
職名
助教
学位
博士(社会福祉学)(日本社会事業大学)
科研費研究者番号
40801478

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東洋大学社会学部社会福祉学科 助教
 
2016年9月
 - 
2017年3月
横浜市立大学 国際総合科学部 非常勤講師
 
1995年4月
 - 
2017年3月
グローバルリンクマネージメント株式会社 シニア研究員
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本社会事業大学大学院 社会福祉学部 研究科
 
1992年9月
 - 
1994年8月
ジャワハルラール・ネルー大学大学院 社会学部 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
日本女子大学 文学部 社会福祉学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2018年3月
立川市障害者施策推進委員会  委員
 

論文

 
子育て経験のある高機能自閉スペクトラム症圏の女性を対象とした解決志向型グループワークの有用性の検討
岩田 千亜紀
自閉症スペクトラム研究   15(2) 61-68   2018年2月   [査読有り]
障害者へのDVなどの暴力についての国際的な動向と課題:文献レビュー
岩田 千亜紀
東洋大学 社会学部紀要   55(1) 43-55   2018年1月
岩田 千亜紀, 落合 亮太, 大島 巌
障害学研究   (11) 62-86   2016年   [査読有り]
岩田 千亜紀
社会福祉学 = Japanese journal of social welfare   56(3) 44-57   2015年11月   [査読有り]
高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断されている母親およびASDが疑われる母親14名についてインタビューを行い,グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)による質的研究を実施した.その結果,対象者は,子どもの頃から親からの身体的・心理的虐待や,学校でのいじめなど,さまざまな外傷体験を有しており,結婚前から精神疾患を発症していたことが明らかにされた.さらに,妊娠・出産後は,妊娠・出産の不安,自身の特性に起因する悩み,子どもや夫,周囲との関係についてなどさまざまな悩みを抱え,思うよう...

講演・口頭発表等

 
高機能自閉スペクトラム症圏の母親のストレングスに焦点を当てた支援のあり方 [招待有り]
岩田 千亜紀
東洋大学社会福祉学会第13回大会   2017年8月6日   
高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)圏の母親への子育て支援モデルの開発
岩田 千亜紀
日本自閉症スペクトラム学会第15回研究大会   2016年8月   
高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)圏の母親の子育て困難と支援ニーズ
岩田 千亜紀
日本発達障害学会第50回大会   2015年7月   
高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)圏の母親の手記分析にみる子育て困難と支援ニーズ
岩田 千亜紀
第53回日本社会事業大学社会福祉学会   2014年6月   
高機能自閉症スペクトラム障害(ASD)圏の母親の子育て支援に関する文献的検討―高機能ASD圏の母親を対象とした子育て支援モデルの理論的構築を目指して
岩田 千亜紀
日本社会福祉学会2013年度関東部会研究集会   2014年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
高機能自閉スペクトラム症圏の母親を対象とした解決志向型グループワークの開発
日本学術振興会: 科研費 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 岩田 千亜紀
高機能自閉症スペクトラム障害(HF-ASD)圏の母親に対する解決志向アプローチ型ワークショップの開発および効果検証
三菱財団: 
研究期間: 2017年9月 - 2018年8月    代表者: 岩田 千亜紀

社会貢献活動

 
発達障害者当事者である母親の会 スマイルネット
【運営参加・支援】  2014年9月 - 現在