唐澤 秀明

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/21 14:55
 
アバター
研究者氏名
唐澤 秀明
所属
東北大学 消化器外科学
職名
助教
学位
医学博士(東北大学)

プロフィール

平成17年4月~平成21年3月:東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学分野
平成21年4月~平成21年12月:東北大学病院 胃腸外科 医員
平成22年1月~平成25年3月:アメリカ合衆国 国立がん研究所/国立衛生研究所(National Cancer Institute/National Institutes of Health) 客員研究員
平成25年4月~現在:東北大学病院 総合外科(旧胃腸外科)/東北大学大学院医学系研究科消化器外科学 助教

研究分野

 
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
東北大学大学院医学系研究科  
 
1997年4月
 - 
2003年3月
東北大学医学部  
 

受賞

 
2018年11月
日本癌治療学会 ESMO Asia 2018 Travel Grant
 
2017年7月
第26回がん転移学会 優秀ポスター賞
 
2007年4月
第107 回日本外科学会定期学術集会 iPos 賞
 

論文

 
Kanehara K, Ohnuma S, Kanazawa Y, Sato K, Kokubo S, Suzuki H, Karasawa H, Suzuki T, Suzuki C, Naitoh T, Unno M, Abe T
Scientific reports   9(1) 12739   2019年9月   [査読有り]
Aizawa T, Karasawa H, Funayama R, Shirota M, Suzuki T, Maeda S, Suzuki H, Yamamura A, Naitoh T, Nakayama K, Unno M
Cancer medicine      2019年8月   [査読有り]
Takenami T, Maeda S, Karasawa H, Suzuki T, Furukawa T, Morikawa T, Takadate T, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Unno M
BMC cancer   19(1) 318   2019年4月   [査読有り]
Sato H, Ishida M, Motoi F, Sakata N, Aoki T, Suzuki H, Yamamura A, Karasawa H, Hata T, Ohtsuka H, Mizuma M, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Kamei T, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgery today      2018年9月   [査読有り]
Watanabe K, Nagao M, Suzuki H, Karasawa H, Ohnuma S, Musha H, Funayama Y, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today   48(4) 455-461   2018年4月   [査読有り]
Nakayama S, Karasawa H, Suzuki T, Yabuuchi S, Takagi K, Aizawa T, Onodera Y, Nakamura Y, Watanabe M, Fujishima F, Yoshida H, Morikawa T, Sase T, Naitoh T, Unno M, Sasano H
Cancer medicine   6(6) 1264-1274   2017年6月   [査読有り]
Katagiri M, Karasawa H, Takagi K, Nakayama S, Yabuuchi S, Fujishima F, Naitoh T, Watanabe M, Suzuki T, Unno M, Sasano H
Histology and histopathology   32(4) 351-360   2017年4月   [査読有り]
Yamamura A, Miura K, Karasawa H, Motoi F, Mizuguchi Y, Saiki Y, Fukushige S, Sunamura M, Shibata C, Unno M, Horii A
Biochemical and biophysical research communications   484(1) 138-143   2017年2月   [査読有り]
[Endoscopy-Assisted Partial Duodenal Resection for Duodenal Adenoma in a Patient with Familial Adenomatous Polyposis].
Hirashima T, Ohnuma S, Karasawa H, Watanabe K, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Tanaka N, Nagao M, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(3) 518-520   2018年3月   [査読有り]
[A Case of Curatively Resected Ascending Colon Cancer with Ovarian Metastasis and Peritoneal Dissemination after Chemotherapy].
Mochizuki Y, Karasawa H, Shimodaira H, Ohnuma S, Watanabe K, Maeda S, Nagao M, Aoki T, Kudo K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1711-1713   2017年11月   [査読有り]

Misc

 
唐澤 秀明, 高木 尚之, 大沼 忍, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
手術   72(3) 307-313   2018年3月
【最新版 "腸閉塞"を極める!】疾患別 診断と治療 慢性偽性腸閉塞症
渡辺 和宏, 内藤 剛, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 武者 宏昭, 亀井 尚, 海野 倫明
臨床外科   73(7) 830-834   2018年7月
<文献概要>ポイント ◆慢性偽性腸閉塞症(CIPO)の診断は,(1)慢性の腸閉塞症状,(2)腸管拡張所見,(3)器質的狭窄を認めない,の3項目が基本となる.◆CIPOは原発性と続発性に分類され,鑑別が重要である.◆治療の中心は栄養管理・薬物治療であるが,難治の場合には外科治療が考慮されることもある.◆小腸限局型・大腸小腸型では腸管切除の有効率は低いため,胃瘻造設や小腸瘻造設などの減圧手術にとどめる.
肛門管扁平上皮癌に対する集学的治療
唐澤 秀明, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 土屋 堯裕, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 2009-2010   2017年11月
2005年以降に化学放射線療法を施行した肛門管扁平上皮癌5例の治療成績を後方視的に検討した。症例は女性4例、男性1例、年齢中央値は70(42〜80)歳、治療前の進行度はStage I 3例、Stage IIIa 1例、Stage IIIb 1例であった。全例に根治的化学放射線療法を施行し、照射線量は59.4〜65Gyで、併用化学療法は4例にMMC+5-FU、1例にCDDPが選択されていた。4例(80%)でCRが得られたが、高度進行癌であった1例は腫瘍の残存を認め、後方骨盤内臓全摘術・両側鼠...
他臓器浸潤直腸癌に対する術前化学放射線療法の有用性
唐澤 秀明, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 鈴木 秀幸, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P152-4   2017年10月
パルスウォータージェットメスの腹腔鏡下大腸切除への応用
唐澤 秀明, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   22(7) EP127-01   2017年12月

書籍等出版物

 
Cancer Stem Cells
Hideaki Karasawa, Nadia P. Castro, Maria Cristina Rangel, David S. Salomon (担当:分担執筆, 範囲:The Role of Cripto‐1 in Cancer and Cancer Stem Cells)
John Wiley & Sons, Inc.   2014年1月   

競争的資金等の研究課題

 
癌関連線維芽細胞によるWntシグナル経路を介した大腸癌転移促進機構の解明
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C) 研究分担者
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 武者 宏昭
大腸癌の多様性を制御する「マイクロエクソン」の同定
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 唐澤 秀明
浸潤病変の局所制御と術後機能温存を両立する微弱衝撃波パルスジェットメスの開発
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(A) 研究分担者
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 中川 敦寛
パルスジェットメスを用いた腹腔鏡下大腸切除術の開発
内視鏡医学研究振興財団: 研究助成(B)
研究期間: 2017年2月 - 2018年3月    代表者: 唐澤 秀明
大腸癌に対するCripto-1標的療法の実現に向けて
日本学術振興会: 科研費 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 唐澤 秀明
Cripto-1を標的とした大腸癌個別化治療法の確立
日本学術振興会: 科研費 研究活動スタート支援
研究期間: 2013年9月 - 2014年3月    代表者: 唐澤 秀明
IAPファミリーを標的とした新規大腸癌治療法の開発
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 唐澤 秀明