基本情報

所属
北海道医療大学 薬学部薬理学講座臨床薬理毒理学 教授
学位
医学博士(北海道大学)

J-GLOBAL ID
201501017114520213

外部リンク

1990年北海道大学医学部卒業。北海道大学大学院医学研究科精神医学分野および関連病院で不安障害と感情障害の臨床に従事しながら、恐怖条件付けストレスモデルによる不安の実験的研究を行った。2006年に同大神経薬理学分野へ移り、不安の脳内メカニズム、SSRIの作用機序、幼若期ストレス、うつ病の動物モデル等の研究を行い、准教授を務めた後、2017年より北海道医療大学薬学部臨床薬理毒理学に教授として就任した。現在行っている研究は下記の4項目です。
1.不安の脳内メカニズム、特に扁桃体5-HT神経系についての研究(北大神経薬理および解剖発生学分野との共同研究)
2.うつ病動物モデルの視床下部-下垂体-副腎(HPA)機能についての研究(神戸大精神科および福島医大生体機能研究部門との共同研究)
3.自殺者におけるテロメア短縮現象に関する研究(神戸大精神科および福島医大生体機能研究部門との共同研究)
4.動物の採餌行動を用いた行動制御の脳内機序の研究(北大理学部行動知能学研究室との共同研究)

研究キーワード

  6

学歴

  2

委員歴

  3

論文

  75

MISC

  37

書籍等出版物

  5

共同研究・競争的資金等の研究課題

  10