Yuki Maruyama

J-GLOBAL         Last updated: Nov 25, 2019 at 10:37
 
Avatar
Name
Yuki Maruyama
E-mail
eat.the.lobstergmail.com
Affiliation
Okayama University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Tsuboi I, Araki M, Fujiwara H, Iguchi T, Hiraki T, Arichi N, Kawamura K, Maruyama Y, Mitsui Y, Sadahira T, Kubota R, Nishimura S, Sako T, Takamoto A, Wada K, Kobayashi Y, Watanabe T, Yanai H, Kitagawa M, Tanabe K, Sugiyama H, Wada J, Shiina H, Kanazawa S, Nasu Y
Acta medica Okayama   73(3) 269-272   Jun 2019   [Refereed]
Maruyama Y, Sadahira T, Araki M, Mitsui Y, Wada K, Edamura K, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association      May 2019   [Refereed]
Maruyama Y, Sadahira T, Araki M, Mitsui Y, Wada K, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y
Journal of robotic surgery      May 2019   [Refereed]
Mitsui Y, Sadahira T, Araki M, Maruyama Y, Wada K, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe M, Watanabe T, Nasu Y
Japanese journal of clinical oncology   49(2) 183-189   Nov 2018   [Refereed]
Nishimura S, Wada K, Araki M, Sadahira T, Maruyama Y, Mitsui Y, Tanimoto R, Kobayashi Y, Watanabe T, Nasu Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25(4) 247-252   Apr 2019   [Refereed]

Misc

 
高位精巣摘除術後14年後に再発をきたしたStage I期セミノーマの1例(VERY LATE RELAPSE AND MANAGEMENT OF CLINICAL STAGE I SEMINOMA AFTER ORCHIECTOMY: A CASE REPORT)
和田里 章悟, 定平 卓也, 高本 篤, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡邉 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友, 柳井 広之
西日本泌尿器科   81(1) 45-48   Feb 2019
Stage I期セミノーマの手術後には補助治療を行わず経過観察とするsurveillanceが現在の主流となっており、再発率は13〜20%と言われている。補助治療の有無によらず、再発の大半は手術後2年以内が占める。以降の再発は晩期再発と呼ばれ区別されているが、そのリスク因子は明確になっていない。手術後5年以降の再発は0.8%〜2.5%と報告されており、術後10年を超えての再発はさらに稀である。今回、我々は高位精巣摘除術14年後に発生したセミノーマ晩期再発を経験したので、若干の文献的考察を加...
当院で施行した先行的腎移植の検討
坪井 一朗, 荒木 元朗, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 窪田 理沙, 定平 卓也, 西村 慎吾, 和田 耕一郎, 小林 泰之, 渡邉 豊彦, 北川 正史, 田邊 克幸, 杉山 斉, 和田 淳, 那須 保友
日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回 142-142   Feb 2019
生体腎移植における術前抗ドナー抗体が治療成績にもたらす影響
丸山 雄樹, 荒木 元朗, 和田 耕一郎, 坪井 一朗, 河村 香澄, 光井 洋介, 窪田 理沙, 西村 慎吾, 山下 里美, 渡邉 豊彦, 那須 保友
日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集   52回 170-170   Feb 2019
超細径HDIGスコープを用いた直視下腎杯穿刺とPCNLの初期成績
和田 耕一郎, 公文 裕巳, 谷本 竜太, 荒木 元朗, 本郷 智拡, 三井 將雄, 松尾 聡子, 坪井 一朗, 佐久間 貴文, 和田里 章悟, 河村 香澄, 丸山 雄樹, 光井 洋介, 前原 貴典, 窪田 理沙, 大岩 裕子, 定平 卓也, 岩田 健宏, 西村 慎吾, 高本 篤, 佐古 智子, 枝村 康平, 杉本 盛人, 小林 泰之, 石井 亜矢乃, 渡部 昌実, 渡邉 豊彦, 那須 保友
西日本泌尿器科   80(12) 700-700   Dec 2018
尿道腫瘤を認めたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例
河村 香澄, 丸山 雄樹, 定平 卓也, 光井 洋介, 西村 慎吾, 高本 篤, 甲斐 誠二, 和田 耕一郎, 谷本 竜太, 杉本 盛人, 小林 泰之, 荒木 元朗, 渡部 昌実, 渡辺 豊彦, 那須 保友, 田中 健大
西日本泌尿器科   80(12) 678-683   Dec 2018
症例は64歳、女性。2007年に関節リウマチの診断を受け、2008年よりメトトレキサート(MTX)内服中であった。2015年に繰り返す発熱で近医を受診。CTで子宮頸癌および両肺多発転移を疑われた。当院婦人科で子宮頸部パンチ生検を施行するも悪性所見なく、肺結節も自然消退したため経過観察となっていた。2017年2月、症状が再燃し近医を受診した。CTで左下葉結節影、右肺門リンパ節腫脹、腹腔内リンパ節腫脹および左腎盂拡張を認め、PET-CTで左腎門部リンパ節、尿道、上咽頭に高集積を認めた。MTX関...

Conference Activities & Talks

 
Comparison of longitudinal health-related quality of life outcomes between the anterior and posterior surgical approach to robot-assisted radical prostatectomy.
Yuki Maruyama
European Association of Urology 19   15 Mar 2019   
Prognostic impact of bleomycin pulmonary toxicity on the outcome of patients with testicular cancer
Yuki Maruyama
The American Urological Association 2018   18 Mar 2018