Yoshio Tanaka

J-GLOBAL         Last updated: Sep 21, 2019 at 21:25
 
Avatar
Name
Yoshio Tanaka
E-mail
yotanakaphar.toho-u.ac.jp
Affiliation
Toho University
Section
Faculty of Pharmaceutical Sciences
Job title
Professor
Degree
PhD
Research funding number
60188349
ORCID ID
0000-0002-8341-3809

Published Papers

 
Obara K, Horiguchi S, Shimada T, Ikarashi T, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y
Journal of pharmacological sciences   140(2) 197-200   Jun 2019   [Refereed]
Obara K, Imanaka S, Fukuhara H, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y
Clinical and experimental pharmacology & physiology   46(5) 444-455   May 2019   [Refereed]
Obara K, Michino M, Ito M, Ao L, Sawada A, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y
Pharmacology   103(3-4) 189-201   2019   [Refereed]
Obara K, Ao L, Ogawa T, Ikarashi T, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y
Biological & pharmaceutical bulletin   42(2) 280-288   2019   [Refereed]
Obara K, Suzuki S, Shibata H, Yoneyama N, Hamamatsu S, Yamaki F, Higai K, Tanaka Y
Biological & pharmaceutical bulletin   42(5) 736-743   2019   [Refereed]
Yamaki F, Obara K, Tanaka Y
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   139(5) 793-805   2019   [Refereed]
Obara K, Fujii A, Arie C, Harada N, Yamaki F, Matsuo K, Yoshio T, Tanaka Y
Pharmacology   104(1-2) 43-50   2019   [Refereed]
Obara K, Tanaka Y
Biological & pharmaceutical bulletin   42(7) 1064-1068   2019   [Refereed]
Shiina S, Kanemura A, Suzuki C, Yamaki F, Obara K, Chino D, Tanaka Y
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   54 1-12   2018   [Refereed]
Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S, Obara K, Yamaki F, Higai K, Tanaka Y
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   54 13-27   2018   [Refereed]

Misc

 
各種統合失調症治療薬のアセチルコリンエステラーゼ(AChE)活性阻害作用の検討
藤井 彩乃, 小原 圭将, 八巻 史子, 田中 芳夫
応用薬理   94(5-6) 101-101   Jul 2018
イソプレナリンによるモルモット結腸縦走筋の弛緩反応にはβ1とβ3-アドレナリン受容体が関与する
鶴岡 優里, 山岸 理沙, 曽根 知世, 山崎 玖美, 茅野 大介, 椎名 俊介, 小原 圭将, 八巻 史子, 檜貝 孝慈, 田中 芳夫
応用薬理   94(5-6) 115-115   Jul 2018
雌性モルモットの近位および遠位尿道でのノルアドレナリンの収縮作用に対する各種抗うつ薬の影響
小原 圭将, 今中 智子, 福原 央香, 宇野 準二, 茅野 大介, 田中 芳夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 68-68   Mar 2016
ラット胸部大動脈のβ-アドレナリン受容体(β-ADR)を介した弛緩反応に関するK+チャネル分子種の薬理学的同定
椎名 俊介, 橋本 瑛里, 小原 圭将, 茅野 大介, 田中 芳夫
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 178-178   Mar 2016
モルモット下部尿路の収縮機能に対するジスチグミンとベタネコールの作用の比較
小原 圭将, 相川 直己, 佐藤 恭輔, 茅野 大介, 田中 芳夫
応用薬理   85(5-6) 101-114   Dec 2013
モルモット下部尿路の収縮機能に対するジスチグミンとベタネコールの作用について検討した。ジスチグミンは、交感神経が優位である蓄尿期には何ら膀胱収縮反応を引き起こさず、副交感神経の興奮時に神経終末からアセチルコリンが大量に放出された場合にのみ、その分解を強力に阻害することにより膀胱平滑筋の収縮反応を増強した。ベタネコールは、直接的な筋収縮作用を持つために、副交感神経の活動が優位でない蓄尿期の膀胱平滑筋にも作用してこれを収縮させ、蓄尿期内圧の上昇、排尿感覚と排尿量の減少した排尿反射をもたらすと考...