山中 吾郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/09 13:34
 
アバター
研究者氏名
山中 吾郎
eメール
gyamanakmri-jma.go.jp
所属
気象庁気象研究所
部署
全球大気海洋研究部
職名
室長
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

論文

 
Incorporation of satellite-derived thin-ice data into a global OGCM simulation
Toyoda, T., K. Iwamoto, L. S. Urakawa, H. Tsujino, H. Nakano, K. Sakamoto, G. Yamanaka, Y. Komuro, S. Nishino, and J. Ukita
Climate Dynamics      2019年9月   [査読有り]
Development of a 2km-resolution ocean model covering the coastal seas around Japan for operational application
Sakamoto, K., H. Tsujino, H. Nakano, S. Urakawa, T. Toyoda, N. Hirose, N. Usui and G. Yamanaka
Ocean Dynamics      2019年8月   [査読有り]
Effects of inclusion of adjoint sea ice rheology on backward sensitivity evolution examined using an adjoint ocean–sea ice model
Toyoda, T., N. Hirose, L. S. Urakawa, H. Tsujino, H. Nakano, N. Usui, Y. Fujii, K. Sakamoto, and G. Yamanaka
Monthly Weather Review   147(6) 2154-2162   2019年5月   [査読有り]
Interdecadal variability of the North Equatorial Undercurrent (NEUC) found in the longterm hydrographic observation along 137 ºE
Ishizaki, H., T. Nakano, H. Nakano, and G. Yamanaka
Journal of Oceanography   75(5) 395-414   2019年3月   [査読有り]
Git とRedmine を用いた気象研究所共用海洋モデル「MRI.COM」の開発管理
28. 坂本圭, 辻野博之, 中野英之, 浦川昇吾, 山中吾郎
海の研究   27 175-188   2018年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
SI-CAT海洋プロダクトに基づく日本周辺海況の将来予測
山中吾郎, 中野英之, 豊田隆寛, 坂本圭, 浦川昇吾, 辻野博之, 西川史朗, 若松剛, 石川洋一
日本海洋学会2019年度秋季大会   2019年9月27日   
Development of the Japanese Coastal Ocean Monitoring and Forecasting System and future plans for the next decade
Yamanaka, G., K. Sakamoto, N. Usui, N. Hirose, S. Urakawa, H. Nakano, T. Toyoda, Y. Fujii, H. Tsujino, and N. Kohno
OceanObs'19   2019年9月17日   
日本周辺のSI-CAT海洋プロダクトの検証
山中吾郎, 中野英之, 坂本圭, 豊田隆寛, 浦川昇吾, 辻野博之, 西川史朗, 若松剛, 石川洋一
JpGU meeting 2019   2019年5月   
Bias correction for CMIP5 wind forcing: inplications for projections of 21st centruy sea level around Japan
Yamanaka, G., S. Nishikawa, T. Wakamatsu, H. Ishizaki, H. Tsujino, H. Nakano, T. Toyoda, S. Urakawa, K. Sakamoto, and Y. Tanaka
AGU Fall Meeting 2018   2018年12月14日   
日本沿岸海況監視予測システムによる日本海循環の再現
広瀬成章, 碓氷典久, 坂本圭, 辻野博之, 山中吾郎, 中野英之, 浦川昇吾, 豊田隆寛, 藤井陽介, 高野洋雄
日本海洋学会2018年度秋季大会   2018年9月28日   

競争的資金等の研究課題

 
1990年代半ばに生じた熱帯太平洋十年規模変動の位相反転メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山中 吾郎
海水の光学的特性が太平洋の十年規模変動に及ばす影響
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 山中 吾郎
大気海洋結合モデルを用いたENSOにおけるバリアレイヤー振動モード役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 藤井 陽介
海洋大循環における小規模擾乱の熱輸送・塩分輸送に果たす役割に関する数値的研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 平原 幹俊