今江 理恵子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 14:09
 
アバター
研究者氏名
今江 理恵子
所属
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
部署
老化機構研究チーム 分子機構
職名
研究員(主任級)
学位
博士(薬学)(東京大学)
科研費研究者番号
60584000

プロフィール

糖鎖を利用した疾患の予防・治療法の開発を目指しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年1月
 - 
現在
東京都健康長寿医療センター研究所 老化機構研究チーム 分子機構 研究員(主任級)
 
2014年4月
 - 
2016年12月
東京大学大学院薬学系研究科 衛生化学教室 助教
 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京女子医科大学医学部 第二生理学教室 助教
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東京大学大学院薬学系研究科 衛生化学教室 特任助教
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 博士課程 
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 薬学系研究科 修士課程 
 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京大学 薬学部 
 

論文

 
Imae R, Manya H, Tsumoto H, Osumi K, Tanaka T, Mizuno M, Kanagawa M, Kobayashi K, Toda T, Endo T
The Journal of biological chemistry   293(31) 12186-12198   2018年8月   [査読有り]
Nishihara R, Kobayashi K, Imae R, Tsumoto H, Manya H, Mizuno M, Kanagawa M, Endo T, Toda T
Biochemical and biophysical research communications   497(4) 1025-1030   2018年3月   [査読有り]
Imae R, Dejima K, Kage-Nakadai E, Arai H, Mitani S
Scientific reports   6 28198   2016年6月   [査読有り]
Uehara T, Kage-Nakadai E, Yoshina S, Imae R, Mitani S
PLoS genetics   11(1) e1004921   2015年1月   [査読有り]
Kage-Nakadai E, Imae R, Yoshina S, Mitani S
Methods (San Diego, Calif.)   68(3) 397-402   2014年8月   [査読有り]
Kage-Nakadai E, Imae R, Suehiro Y, Yoshina S, Hori S, Mitani S
PloS one   9(12) e114680   2014年   [査読有り]
Ohba Y, Sakuragi T, Kage-Nakadai E, Tomioka NH, Kono N, Imae R, Inoue A, Aoki J, Ishihara N, Inoue T, Mitani S, Arai H
The EMBO journal   32(9) 1265-1279   2013年5月   [査読有り]
C. elegans Deletion Mutant Consortium.
G3 (Bethesda)   2(11) 1415-1425   2012年11月   [査読有り]
Liu X, Ye B, Miller S, Yuan H, Zhang H, Tian L, Nie J, Imae R, Arai H, Li Y, Cheng Z, Shi Y
Molecular and cellular biology   32(21) 4493-4504   2012年11月   [査読有り]
Imae R, Inoue T, Nakasaki Y, Uchida Y, Ohba Y, Kono N, Nakanishi H, Sasaki T, Mitani S, Arai H
Journal of lipid research   53(3) 335-347   2012年3月   [査読有り]
Imae R, Inoue T, Kimura M, Kanamori T, Tomioka NH, Kage-Nakadai E, Mitani S, Arai H
Molecular biology of the cell   21(18) 3114-3124   2010年9月   [査読有り]
Lee HC, Inoue T, Imae R, Kono N, Shirae S, Matsuda S, Gengyo-Ando K, Mitani S, Arai H
Molecular biology of the cell   19(3) 1174-1184   2008年3月   [査読有り]

Misc

 
線虫を用いた脂質研究
今江 理恵子、河野 望、新井 洋由
生体の科学   67(3) 252-257   2016年6月   [依頼有り]
ホスファチジルイノシトールの特徴的脂肪酸鎖の形成機構と生物学的意義
今江 理恵子、新井 洋由
医学のあゆみ   248(13) 1099-1104   2014年   [依頼有り]
線虫を用いたホスファチジルイノシトールの脂肪酸組成を規定する酵素群の同定
今江 理恵子、三谷 昌平、新井 洋由
遺伝子医学MOOK   24 124-129   2013年5月   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
新規糖鎖修飾体リビトールリン酸を利用した福山型筋ジストロフィー及び類縁疾患の治療法の開発
公益財団法人 薬学研究奨励財団: 研究助成金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 今江 理恵子
ホスファチジルイノシトールの特徴的脂肪酸組成の生物学的意義の解明
日本学術振興会: 若手B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 今江 理恵子
ホスファチジルイノシトールの特徴的脂肪酸組成の皮膚恒常性における役割の解析
公益財団法人 コスメトロジー研究振興財団: 研究助成金
研究期間: 2016年12月 - 2017年6月    代表者: 今江 理恵子
二本鎖RNAの細胞間移動を制御する分子メカニズムの解明
日本学術振興会: 若手B
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 今江 理恵子
幹細胞非対称分裂におけるホスファチジルイノシトールの特異的脂肪酸組成の意義の解明
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 今江 理恵子