柴 邦代

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/18 13:53
 
アバター
研究者氏名
柴 邦代
eメール
kuniyonrs.aichi-pu.ac.jp
URL
http://researchmap.jp/692059/
所属
愛知県立大学
部署
看護学部 看護学科
職名
准教授
学位
修士(看護学)(愛知県立看護大学), 博士(看護学)(愛知県立大学)
科研費研究者番号
40413306

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
愛知県立大学 看護学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
愛知きわみ看護短期大学 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
愛知きわみ看護短期大学 講師
 
1987年4月
 - 
1994年12月
津島市立看護専門学校 専任教員
 
1983年4月
 - 
1987年3月
聖路加国際病院 小児病棟 看護師
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
愛知県立大学 看護学研究科(博士後期課程) 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
愛知県立看護大学 看護学研究科(修士課程) 
 
1979年4月
 - 
1983年3月
聖路加看護大学 看護学部 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
愛知県立大学  教養教育改革検討WG
 
2018年4月
 - 
現在
愛知県立大学(地域連携C)  医療分野ポルトガル語・スペイン語実施委員会
 
2018年7月
 - 
2018年9月
国際津波防災学会  第2回都市共生防災分科会会合運営チーム
 

論文

 
プレパレーション前から処置後までの鼻部皮膚温度の変化による入院児のストレス状態の評価 花びら型プレパレーション・ツールを用いて
服部 淳子, 柴 邦代, 西原 みゆき, 汲田 明美, 三宅 香織, 岡崎 章
小児保健研究   77(4) 373-379   2018年7月   [査読有り]
大学とエリア支援保育所との連携による育児支援システムの構築
服部淳子,汲田明美,柴邦代 他
愛知県立大学看護学部紀要   23 113-117   2017年12月   [査読有り]
勲章的花びら型プレパレーション・ツールの評価
柴 邦代 他
愛知県立大学看護学部紀要   23 47-55   2017年12月   [査読有り]
入院児と保護者向けに開発された事故危険回避教育ツールの評価
柴邦代 他
愛知県立大学看護学部紀要   23 31-38   2017年12月   [査読有り]
柴 邦代,山口桂子,大津廣子
日本看護研究学会雑誌   38(4) 47-59   2015年9月   [査読有り]
小児看護学実習における関係形成を支援する教授活動に関する研究ー尺度開発と関連要因の検討ー
柴 邦代
愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻      2013年3月
柴 邦代、山口桂子
愛知県立大学看護学部紀要   18 9-18   2012年12月
大屋 演子, 石井 成郎, 柴 邦代
愛知きわみ看護短期大学紀要   7 135-143   2011年5月
大屋 演子, 石井 成郎, 柴 邦代
愛知きわみ看護短期大学紀要   7 125-133   2011年5月
柴 邦代, 三宅 香織
愛知きわみ看護短期大学紀要   7 97-102   2011年5月

Misc

 
乳幼児期に先天異常の子どもを亡くした母親が父親の言動により受けた影響
磯村ゆき子・服部淳子・柴邦代
日本家族看護学会第25回学術集会抄録集   111   2018年8月   [査読有り]
新設直後の教育的介入から1年後のNICU看護師の家族看護に対するケア内容
岩月悦子・加藤明美・山本房美・汲田明美・柴邦代・山口桂子
日本家族看護学会第25回学術集会抄録集   199   2018年8月   [査読有り]
外来・入院連携で清潔間歇的自己導尿の獲得への取り組み
岡根尚代・中山薫・小田川真由美・三輪友美・木村友美・早川美恵子・汲田明美・柴邦代
日本小児看護学会第28回学術集会   228   2018年6月
間歇的自己導尿の必要な患児がセルフケアを獲得し継続するために必要な看護
小田川真由美・三輪友美・木村友美・中山薫・岡根尚代・早川美恵子・汲田明美・柴邦代
日本小児看護学会第28回学術集会   229   2018年6月   [査読有り]
新設されたNICUに勤務する看護師への教育的介入による変化ー質問紙調査を通して
加藤明美・山本房美・岩月悦子・汲田明美・柴邦代・服部淳子
日本家族看護学会第24回学術集会抄録集   170   2017年7月   [査読有り]
事故危険回避教育ツールを使用した事故防止対策の看護師による評価
西川広紀・柴邦代・植木美貴子・木村友美・汲田明美・服部淳子・岡崎章
日本小児看護学会第27回学術集会   261   2017年7月   [査読有り]
気道狭窄のため乳児期に気管切開した子どもに対する母親の体験と思い-気管切開口を閉鎖する可能性がある子どもの母親に焦点を当てて
池尾美帆・服部淳子・柴邦代
日本小児看護学会第27回学術集会   143   2017年7月   [査読有り]
新設されたNICUに勤務する看護師への教育的介入による変化ーケアカンファレンスを通して
岩月悦子・加藤明美・山本房美・汲田明美・柴邦代・服部淳子
日本家族看護学会第24回学術集会録集   169   2017年7月   [査読有り]
「入院中の小児に対する事故危険回避教育ツール」導入の効果-保護者の評価と事故防止行動に関する意識の変化
木村友美・西川広紀・植木美貴子・柴邦代・汲田明美・天草百合江・服部淳子・岡崎章
日本小児看護学会第26回学術集会講演集   176   2016年6月   [査読有り]
入院患児に対する効果的なプレパレーション・ツールの開発-看護師による評価-
柴邦代・服部淳子・西原みゆき・汲田明美・三宅香織・井上真理子・田中理恵・岡崎章
日本小児看護学会第25回学術集会講演集   219   2015年6月   [査読有り]
入院患児に対する効果的なプレパレーション・ツールの開発-入院患児の保護者による評価
汲田明美・服部淳子・西原みゆき・柴邦代・三宅香織・井上真理子・田中理恵・岡崎章
日本小児看護学会第25回学術集会講演集   220   2015年6月   [査読有り]
プレパレーションの共有化に向けて 子どもの発達・性格に合わせたカスタマイズ プレパレーションの実際
柴 邦代
日本看護科学学会学術集会講演集   34回 191-191   2014年11月
柴邦代
日本看護科学学会学術集会講演集   34th 191   2014年11月
学生と患児との関係形成を支援する教授活動の関連要因
柴 邦代, 山口 桂子, 大津 廣子
日本看護科学学会学術集会講演集   33回 622-622   2013年12月
柴邦代, 山口桂子, 大津廣子
日本看護科学学会学術集会講演集   33rd 622   2013年12月
柴邦代, 山口桂子, 大津廣子
日本看護研究学会雑誌   36(3) 236   2013年7月
「小児看護学実習関係形成支援教授活動尺度」の開発
柴 邦代, 山口 桂子, 大津 廣子
日本看護研究学会雑誌   36(3) 236-236   2013年7月
小児看護学実習における学生と患児との関係形成支援のための教授活動に関する質的研究(第1報)
柴 邦代, 山口 桂子
日本看護科学学会学術集会講演集   31回 379-379   2011年12月
柴邦代, 山口桂子
日本看護科学学会学術集会講演集   31st 379   2011年12月
看護短期大学1年生を対象とした学力強化学習 平成22年度後期の成果と課題
大屋 演子, 石井 成郎, 柴 邦代, 御田村 相模, 石田 弘子, 近藤 裕子, 市川 恭子, 加藤 弘美
愛知きわみ看護短期大学紀要   7 135-143   2011年5月
本学7期生(平成22年度入学生)を対象に、1年生前期に「人体の構造・機能I」の学力強化学習を行った。その結果、科目テストの成績は向上した。また、再試者も減少した。そこで、後期は自己学習能力が増しているであろうと期待した。しかし、授業中小テストを12回行った結果は平均得点率40.2%であり、高い得点は得られていなかった。そこで教務委員会は、後期で学んだ「人体の構造・機能II」の知識を再確認し、不足している知識を強化するという目的で、後期にもクラス全体の学力強化学習として、今までの12回の授業...
看護短期大学1年生を対象とした学力強化学習 平成22年度前期の成果と課題
大屋 演子, 石井 成郎, 柴 邦代, 御田村 相模, 石田 弘子, 近藤 裕子, 加藤 弘美
愛知きわみ看護短期大学紀要   7 125-133   2011年5月
本研究報告は教務委員会が主体となって、国家試験の出題科目となっている専門基礎分野の「人体の構造・機能I」60時間(2単位)の学力が低下している7期生(平成22年度入学生)の状況を危惧し、学力強化学習を計画し、実施した。具体的には、1学年前期で学んだ「人体の構造・機能I」の知識を再確認し、不足している知識を強化するという目的で、授業時に行われている12回の小テストと同じ内容で再度小テストを実施した。その後、できなかったところ、分からなかったところを自己学習の形態でノートを作成する手法を用い再...
看護学生による幼児向け入院オリエンテーションDVD制作の取り組み
柴 邦代
日本小児看護学会第19回学術集会講演集   275   2009年7月   [査読有り]
手づくり玩具創造演習の実習における効果に関する研究
柴 邦代
日本小児看護学会第18回学術集会講演集   229   2008年6月   [査読有り]
石井 成郎, 柴 邦代, 磯部 尚美
デザイン学研究. 研究発表大会概要集   (54) 12-13   2007年6月
Recently, various educational courses focusing on creativity called "creativity education" have been conducted in higher education. In such creativity education, students experience product design activities that help them acquire a creative attit...
柴 邦代
クリニカルスタディ   28(1)    2007年1月
石井 成郎, 柴 邦代, 磯部 尚美
日本デザイン学会研究発表大会概要集   54(0) A06-A06   2007年
近年の学校教育においては、自ら主体的に考え、行動する「創造的な態度」の育成が求められている。本研究は、これまで工学教育やデザイン教育を対象に実施されてきた創造性教育の実践を看護教育の領域に適用することを目的とする。看護教育における創造性は、患者の身体・精神・社会的条件に合った看護実践ができる資質と定義することができる。本研究では小児看護学演習の授業を対象に、おもちゃの製作を通して創造性を育成する授業をデザインした。本授業の有効性を評価するために、学習者の作業記録の分析を行った。その結果、対...
柴邦代
准看護婦資格試験   42(1) 75   2001年1月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(15) 75   2000年12月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(13) 75   2000年11月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(12) 75   2000年10月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(10) 75   2000年9月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(9) 75   2000年8月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(8) 75   2000年7月
柴邦代
准看護婦資格試験   41(6) 75   2000年6月

書籍等出版物

 
エビデンスに基づく小児看護ケア関連図
柴 邦代 (担当:共編者, 範囲:分担執筆、関連図編集)
中央法規出版   2016年8月   

講演・口頭発表等

 
「子育てプログラム」の実践報告-A大学とB区エリア支援保育所の連携ー
汲田明美・林由紀・浅岡裕子・柴邦代・服部淳子
第7回日本小児診療多職種研究会   2018年11月24日   
大学とエリア支援保育所との連携による育児支援システムの構築
柴邦代・服部淳子・汲田明美
第7 回日本小児診療多職種研究会   2018年11月24日   
乳幼児期に先天異常の子どもを亡くした母親が父親の言動により受けた影響
磯村ゆき子・服部淳子・柴邦代
日本家族看護学会第25回学術集会   2018年9月2日   
新設直後の教育的介入から1年後のNICU看護師の家族看護に対するケア内容
岩月悦子・加藤明美・山本房美・汲田明美・柴邦代・山口桂子
日本家族看護学会第25回学術集会   2018年9月2日   
自閉症を伴う重度知的障害者の母親が子供の肥満を容認するに至ったプロセス
野中光代・古田加代子・柴邦代
日本看護研究学会第44回学術集会   2018年8月19日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ヘルスケア教育のための「子ども健康手帳」の開発
日本学術振興会 学術研究助成基金: 科学研究費助成事業 基盤C
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 服部淳子
守山区エリア支援保育所との連携による防災および育児支援システムの構築
愛知県立大学: 平成30年度学長特別教員研究費
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 柴 邦代
在日外国人の子どもと保護者『危険回避教育ツール』の開発
日本学術振興会 学術研究助成基金: 科学研究費助成事業 基盤C
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 柴 邦代
発達障害の種類や程度に則しカズタマイズ可能なプレパレーション・ツールの開発
日本学術振興会 学術研究助成基金: 科学研究費助成事業 基盤C
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 服部淳子

社会貢献活動

 
がん看護学総論:家族看護理論
【講師】  愛知県立大学看護実践センター  認定看護師教育課程「がん性疼痛看護分野」  2018年10月25日
実習指導の実際:小児看護学実習②
【講師】  愛知県看護研修センター  臨地実習指導者講習会  2018年10月18日
領域別実習指導の実際:小児看護学
【講師】  独立行政法人国立病院機構東海北陸グループ  助産師・看護師実習指導者講習会  2018年9月27日
熱中症の対応等について
【講師】  愛知県小牧市保育課  保育士研修会  2018年8月29日
あなたと未来のこどものために
【講師】  椙山女学園中学  道徳 生と性の講演会  2018年7月3日

その他

 
2018年   守山区エリア支援保育所との連携による防災および育児支援システムの構築
H26年に本学看護学部のある名古屋市で開始された、エリア支援保育所事業の一環として、H29年3月には本学看護学部と名古屋市守山区エリア支援保育所との間で「保育の質向上事業実施にかかる協定書」を締結している。これにより、エリア支援保育所と本学看護学部の協力連携体制が確立し、「子育て学習会」「子育て相談会」などを継続して実施してきている。
当初、モデル事業として開始された本事業は、継続実施の必要性が高いと考え、モデル事業終了後も継続実施している。H30年度は、愛知県立大学学長特別教員研究費の助成を受けて、本事業を継続し、その成果を学会等での公表を予定している。