髙谷 幸

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/29 14:54
 
アバター
研究者氏名
髙谷 幸
 
タカヤ サチ
eメール
tkysachihus.osaka-u.ac.jp
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科
職名
准教授
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)
科研費研究者番号
40534433

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
大阪大学 人間科学研究科 准教授
 
2011年10月
 - 
2016年9月
岡山大学 大学院・社会文化科学研究科(文) 准教授
 
2009年4月
 - 
2011年9月
日本学術振興会特別研究員 PD
 

論文

 
「外国人労働者」から「不法滞在者」へ:1980年代以降の日本における非正規滞在者をめぐるカテゴリーの変遷とその帰結
髙谷 幸
社会学評論   68(4) 531-548   2018年3月   [査読有り][招待有り]
なぜ移民政策が確立されないのか:日本における移民をめぐる政治とリベラル・トリレンマ
髙谷 幸
理論と動態   (10) 58-77   2018年2月   [査読有り]
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (41) 43-59   2016年3月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (39) 37-56   2015年3月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (39) 17-36   2015年3月
高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
文化共生学研究   (14) 89-107   2015年
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   38 37-56   2014年11月
高谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (38) 57-76   2014年11月
稲葉 奈々子, 大曲 由起子, 髙谷 幸, 樋口 直人, 鍛治 致, INABA Nanako, OMAGARI Yukiko, TANAKA Sachi, HIGUCHI Naoto, KAJI Itaru
茨城大学人文学部紀要. 人文コミュニケーション学科論集   17 31-50   2014年9月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛冶 致, 稲葉 奈々子
文化共生学研究   (13) 97-114   2014年
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛冶 致, 稲葉 奈々子
文化共生学研究   (13) 77-96   2014年
髙谷 幸
大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター年報   (11) 2-9   2014年
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (36) 81-100   2013年11月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (36) 59-79   2013年11月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致, 稲葉 奈々子
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (36) 39-58   2013年11月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (35) 59-76   2013年3月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致
岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要   (35) 39-58   2013年3月
鍛治 致, 大曲 由起子, 髙谷 幸
研究紀要   10(1) 159-184   2013年3月
髙谷 幸, 大曲 由起子, 樋口 直人, 鍛治 致
文化共生学研究   (12) 39-63   2013年
髙谷 幸
社会学評論   62(4) 554-570   2012年

書籍等出版物

 
安里和晃編 (担当:分担執筆, 範囲:2章 現代日本におけるジェンダー構造と国際結婚女性のシティズンシップ)
京都大学学術出版会   2018年1月   ISBN:4814000723
荒牧重人・榎井縁・江原裕美・小島祥美・志水宏吉・ 南野奈津子・宮島喬・山野良一 (編) (担当:分担執筆, 範囲:「生活保護世帯と子ども」「外国籍ひとり親世帯と子ども」)
明石書店   2017年4月   ISBN:4750344958
髙谷 幸
ナカニシヤ出版   2017年2月   ISBN:4779511550
西原 和久・樽本 英樹編 (担当:分担執筆, 範囲:第6章 フィリピンにおける国際移動)
有斐閣   2016年5月   ISBN:4641174210
大澤 真幸編, 菅原 和孝, 下条 信輔, 熊谷 晋一郎, 千葉 雅也, 門林 岳史, 千田 有紀, 赤川 学, 高谷 幸, 樫村 愛子, 風間 孝 (担当:分担執筆, 範囲:近代家族の臨界としての日本型国際結婚)
岩波書店   2015年12月   ISBN:4000113879
宮島 喬, 佐藤 成基, 小ヶ谷 千穂 (担当:分担執筆, 範囲:グローバル化のなかの福祉社会)
有斐閣   2015年3月   ISBN:4641174067
Jiyoung Song and Alistair D. B. Cook eds. (担当:分担執筆, 範囲:“Making Irregular Migrants Insecure in Japan”)
Routledge   2014年8月   ISBN:0415732999
吉原和男(編者代表)蘭信三、伊豫谷登士翁、塩原良和、関根政美、山下晋司、吉原直樹(編) (担当:分担執筆, 範囲:「日本の中の移住者支援団体」)
丸善出版   2013年11月   ISBN:4621087193
移住労働者と連帯する全国ネットワーク編 (担当:分担執筆, 範囲:「コンビニが成り立っているのは移住者のおかげ?!」)
合同出版   2012年3月   ISBN:4772603891
大澤 真幸 (担当:分担執筆, 範囲:ハンナ・アーレント――政治と生命/生活の再定義にむけて)
左右社   2012年   ISBN:9784903500676
移住連貧困プロジェクト編 (担当:分担執筆, 範囲:「在日フィリピン人女性にとっての貧困―国際結婚女性とシングルマザー」(稲葉奈々子と共著))
現代人文社   2011年6月   ISBN:487798481X
近藤 敦, 塩原 良和, 鈴木 江理子 (担当:分担執筆, 範囲:脱出のプロセスのなかで―日本人の子どもを養育する非正規滞在女性にとっての在留特別許可)
日本評論社   2010年11月   ISBN:4535518076
佐伯 啓思, 柴山 桂太 (担当:分担執筆, 範囲:第三の道)
ナカニシヤ出版   2009年   ISBN:9784779503603

講演・口頭発表等

 
Complexities of the experiences and negotiations of their belongings of migrant Filipino women married to Japanese men
髙谷 幸
ISA World Congress of Sociology   2018年7月21日   
なぜ移民政策が確立されないのか?:現代日本における移民をめぐる政治とリベラル・トリレンマ
髙谷幸
阪大人科セミナー   2018年4月19日   
現代日本におけるフィリピン母子世帯の現状 [招待有り]
髙谷幸
第3回日韓ひとり親研究会   2017年12月10日   
Why Hasn't Established the Official Migration Policy? [招待有り]
The 8th Kobe University Brussels European Centre Symposium   2017年11月21日   
現代日本における移民の編入様式──家族・ジェンダー・市場
髙谷幸
日本社会学会第90会大会   2017年11月4日   
ジェンダー化された編入様式:(2)家族を通じた分岐
髙谷幸
関東社会学会第65回大会   2017年6月3日   
現代日本のジェンダー構造と国際結婚女性のシティズンシップ [招待有り]
髙谷幸
第21回 「移民の参加と排除に関する日仏研究会」   2017年3月4日   
現代日本におけるメンバーシップの境界:非正規滞在家族の合法化を例に [招待有り]
髙谷幸
大阪大学社会学研究会   2016年7月30日   
在日フィリピン人母子世帯の貧困 [招待有り]
髙谷幸
法政大学大原社会問題研究所『子どもの労働と貧困』研究会   2015年12月9日   
在日フィリピン人女性のトランスナショナルな市民社会への参加 [招待有り]
髙谷幸
多文化関係学会   2015年11月15日   
ポストナショナルな社会的連帯の想像力――非正規滞在者権利運動の事例分析
髙谷幸
日本社会学会第88回大会   2015年9月   
国勢調査にみる在日コリアンの社会経済的地位の動態──(3) 家族の変容
髙谷幸
日本社会学会第87回大会   2014年11月   
Making Irregular Migrants Vulnerable: A Tangle of Biopolitics and Morals in Japan
髙谷 幸
XVIII ISA World Congress of Sociology   2014年7月19日   
Citizenship of Long-Term Migrant Filipino Women in Japan: Impacts of Positions in Japanese Families
髙谷 幸
XVIII ISA World Congress of Sociology   2014年7月17日   
Filipino Wives in Japan Serving as Mediators in Transnational Civil Societies
髙谷 幸
IUAES Inter-Congress 2014   2014年5月16日   
Relationship between Labor Force Participation and Marital Status of Female Migrants in Japan
髙谷 幸
ISA RC06 (CFR) Seminar on “Reconstruction of Intimate and Public Spheres in a Global Perspective   2011年9月13日   
批判的移民理論のために――シティズンシップ・ジェンダー・境界
髙谷幸
日本社会学会第84回大会   2011年9月   
How Do the Care Roles of Migrant Women Change After International Divorce?
髙谷 幸
2010年10月11日   
日本における非正規滞在者(移民)の排除と脱出 [招待有り]
髙谷幸
関東社会学会例会   2010年2月   
Migrant Workers and Migrant Policy in Japan [招待有り]
The 4th Asia Human Rights Forum   2009年2月   

Misc

 
リベラルと移民:対立はどこにあるのか
髙谷 幸
『図書新聞』   (3381)    2019年1月
「移民はここにいる」現実を直視して政策の確立を
髙谷 幸
WEB RONZA      2018年11月
河村 倫哉, 宮島 喬, 山下 仁, 高谷 幸, 志水 宏吉, カワムラ ミチヤ, ミヤジマ タカシ, ヤマシタ ヒトシ, タカヤ サチ, シミズ コウキチ
未来共生学   5 14-53   2018年3月
特集 : 排外主義の台頭と多文化共生の未来Special Feature : The rise of populism and the future of multicultural society
日本で働く移住労働者をめぐる現状と課題
髙谷 幸
労働の科学   70(12)    2015年
髙谷 幸
『社会学評論』   66(3) 440-442   2015年
大曲 由起子, 髙谷 幸, 樋口 直人
多言語多文化-実践と研究 : 実践者と研究者の対話のフォーラム   4 4-22   2012年12月
高谷 幸
ピープルズ・プラン   (54) 162-164   2011年7月
細木 一十稔 ラルフ, 高谷 幸
インパクション   (174) 52-57   2010年
高谷 幸
月刊自治研   51(599) 27-34   2009年8月

競争的資金等の研究課題

 
実践と政策のダイナミクスによる多文化共生:大阪型在日外国人参加モデルと政策提言
日本学術振興会: 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業 実社会対応プログラム
研究期間: 2018年10月 - 2021年9月    代表者: 髙谷 幸
ニューカマー外国人の高齢化:高齢者予備層の戦略分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 髙谷 幸
グローバル化にともなうアジア系女性の人種認識・表象の再編成
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 髙谷 幸
在日外国人の社会経済的地位をめぐる動態分析
科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 大曲由起子
移住女性が生きる重層的親密圏とそのポリティクス
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 髙谷 幸

社会貢献活動

 
外国籍住民をめぐる現状と課題-国の施策を踏まえて―
【講師】  大阪府教育庁市町村教育室  大阪府人権教育セミナー  2019年1月28日
外国籍住民の現状から見えてくる多文化共生社会の在り方
【講師】  平成30年度大阪市人権問題研修(管理者層)  2018年11月19日
おはよう朝日・土曜日
【出演】  おはよう朝日・土曜日です  2018年11月10日
移住者の貧困からみる現代日本社会
【講師】  箕面市国際交流協会  2018年度秋の多文化ボランティアセミナー  2018年10月14日
移住者の現状と政策 〜これまでとこれから〜
【パネリスト】  あなたここにいてくれますかフェス  2018年9月29日
非正規移民からみる戦後日本の境界
【講師】  京都自由大学  2018年8月3日
在日外国人の人権を考える−日常生活の中で私たちの国際化を進めるために
【講師】  ふしみ人権の集い  2017年7月1日
移住者の貧困を考える−外国籍母子世帯を中心に
【講師】  RINK  RINK例会  2016年9月29日
「国籍選択とエスニシティ」についてのパネルディスカッション
【パネリスト】  在日本大韓民国青年会中央本部在日韓国人法曹フォーラム  2015年市民公開講座第2回「複数国籍」セミナー  2015年11月15日
移住者が暮らしやすい社会に変えていくために
【講師】  「ユニティ岡山鳥取」交流学習会  2012年12月9日