飯田 泰三

J-GLOBALへ         更新日: 15/11/20 03:02
 
アバター
研究者氏名
飯田 泰三
 
イイダ タイゾウ
所属
島根県立大学
部署
島根県立大学 総合政策学部 総合政策学科
職名
教授
学位
法学博士

Misc

 
「中村哲先生の沖縄文化研究-論文「琉球王国形成の思想」の意義」
飯田 泰三
『法政大学沖縄文化研究所所報』   第59号 1-3   2006年
「内田百聞と法政大学」
飯田 泰三
『法政文芸』   第2号 165-171   2006年
「言論人・福沢諭吉の誕生-明治十四年における苦渋の選択」
飯田 泰三
『福沢諭吉年鑑』   第32号 3-28   2005年
「井上角五郎-福沢の朝鮮「開化」戦略の担当者」
飯田 泰三
『三田評論』   第1083号 40-46   2005年
<法政大学におけるドイツ>の歴史-「法政におけるドイツ年2005/06」に寄せて(その2)」
飯田 泰三
『法政』   第32巻5号 34頁   2005年

書籍等出版物

 
「解説」
みすず書房   2006年   
「戦時体制下の図書館」
法政大学   2006年   
『戦後精神の光芒――丸山眞男と藤田省三を読むために』
みすず書房   2006年   
「序説――法政大学の「戦後」」
法政大学   2004年   
解説 岩波茂雄と岩波文化の時代
岩波書店   2003年   

講演・口頭発表等

 
■「日本における伝統の多義性および伝統と革新の関係構造」国際シンポジウム「東アジアの国家発展における伝統の役割」、於韓国精神文化研究院、2003年9月30日
2000年   
■「近代日本における“ロシア”イメージの変遷――明治期を中心に」International Conference, "Japan and Russia: Dialogue and Cultural Interaction", YEAR OF JAPAN IN RUSSIA, Sakhalin State University、2003年9月16日
2000年   
■「開国後1894年までの日本ナショナリズムの展開」韓国東洋政治思想史学会創立大会、於ソウル延世大学校、2003年3月29日
2000年   
■「日本における社会進化論の受容と政治思想」第1回日韓政治思想学会共同学術大会、於ソウル江西大学校、2002年5月18日
2000年   
■「開国後1894年までの日本ナショナリズムの展開」韓国東洋政治思想史学会創立大会、於ソウル延世大学校、2003年3月29日
2000年