西島 益幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/24 21:21
 
アバター
研究者氏名
西島 益幸
 
ニシジマ マスユキ
所属
横浜市立大学
部署
国際総合科学部 経済学コース 国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻
職名
教授
学位
経済学学士(一橋大学)

プロフィール

I have been working on mixed oligopoly from the viewpoint that markets do not work as they are supposed to. Historically speaking, governments introduced their in-house provision of the services that private firms can provide, facing the poor performance of market mechanism. Economists have an obligation to answer why we have to reverse the policy that majority of people once supported.

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
公立大学法人横浜市立大学 国際総合科学部 教授
 
1996年4月
 - 
2005年3月
横浜市立大学 商学部 教授
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1984年3月
東京大学 大学院経済学研究科第二種博士課程 
 
1973年4月
 - 
1978年3月
一橋大学 経済学部 
 

委員歴

 
2003年11月
 - 
2006年11月
公認会計士試験委員
 

論文

 
The Theory of Business Enterprise, by Thorstein Veblen, New York; Scribner’s , 1904
西島 益幸
『社会科学研究』(東京大学社会科学研究所)   66(2) 77-97   2015年3月   [招待有り]
Bank Runs and Interbank Markets: A Heuristic Example
西島 益幸
社会科学研究   64(3) 101-113   2013年3月
Quality and Welfare in Mixed Duopoly: Effects of Capacity Reduction
西島 益幸
Japanese Economic Review   60(1) 97-109   2009年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
企業の経済学
西島 益幸
新世社   1998年3月   
労働経済学
西島 益幸 (担当:共著, 範囲:内部労働市場;団体交渉と労働組合;雇用、賃金の調整)
有斐閣   1989年7月   

講演・口頭発表等

 
Duopoly with Vertical Differentiation: Efficient Equilibria, Covered Market and Maximum Differentiation under the Finiteness Property
西島 益幸
European Association for Research in Industrial Economics   2016年8月27日   
Mixed Duopoly of Vertically Differentiated Services with the Maximin Public Firm
西島 益幸
Association for Public Economic Theory   2015年7月4日   
Mixed Duopoly of Vertically Differentiated Services with the Maximin Public Firm under the Finiteness Property
西島 益幸
the Asian Meeting of the Econometric Society   2014年6月   
Quality and Welfare in Mixed Oligopoly: Effects of Capacity Reduction
2007 FarEastern Meeting of the Econometric Society   2007年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
寡占企業の行動と公共政策
私的企業と公的企業が共存し、サービスの品質が問題となる寡占的市場がある。このような市場やその経済政策(特に民営化政策)の含意についての研究は少ない。私的寡占均衡と混合寡占均衡の厚生水準を比較することによって、どのような条件下で公的企業が私的企業に優越するか検討する。
寡占的企業行動と公共政策
研究期間: 2005年