高橋 秀幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/16 19:54
 
アバター
研究者氏名
高橋 秀幸
 
タカハシ ヒデユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f56803acf7b882d763a8b33b86d910c9.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 システム・ソフトウェア研究部門 コミュニケーションネットワーク研究室
職名
助教
学位
博士(情報科学)(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
情報処理学会・コンシューマ・デバイス&システム研究会  幹事
 
2015年4月
 - 
現在
情報処理学会・ユビキタスコンピューティング研究会  運営委員
 
2012年4月
 - 
現在
減災情報システム合同研究委員会  運営委員
 
2016年4月
 - 
現在
Mobile Information Systems  ゲストエディタ
 
2016年4月
 - 
現在
情報処理学会・論文誌特集号「ユビキタスコンピューティングシステム(VI)」  編集委員
 

受賞

 
2007年7月
The 4th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC-07) UIC2007 Outstanding Paper Award
受賞者: Takuo Suganuma,Kazuhiro Yamanaka,Yoshikazu Tokairin,Kenji Sugawara,Norio Shiratori
 
2008年9月
Informatics Society Young Researcher Award
受賞者: Yoshihisa Sato,Takuo Suganuma,Norio Shiratori
 
2008年12月
情報処理学会 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 優秀論文賞
受賞者: Satoru Izumi,Takuo Suganuma,Tetsuo Kinoshita,Norio Shiratori
 
2008年12月
情報処理学会 第16回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ 最優秀論文賞
受賞者: Ito Taishi,Suganuma Takuo,Shiratori Norio
 
2011年9月
Informatics Society RESEARCH AWARDS
 

論文

 
Khamisi Kalegele, Kazuto Sasai, Hideyuki Takahashi, Gen Kitagata, Tetsuo Kinoshita
IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering   27(10) 2700-2716   2015年10月   [査読有り]
A Knowledge-based Network Management System Using Active Information Resources
Tetsuo Kinoshita, Gen Kitagata, Hideyuki Takahashi, Kazuto Sasai, Khamisi Kalegele
International Journal of Advanced Smart Convergence      2014年5月   [査読有り]
Priority-Based Hierarchical Operational Management for Multiagent-Based Microgrids
Takumi Kato, Hideyuki Takahashi, Kazuto Sasai, Gen Kitagata, Hak-Man Kim, Tetsuo Kinoshita
Energies   7(6) 2051-2078   2014年3月   [査読有り]
Multiagent-based processing and integration of system data
Khamisi Kalegele, Johan Sveholm, Hideyuki Takahashi, Kazuto Sasai, Gen Kitagata, Tetsuo Kinoshita
International Journal of Intelligent Systems Technologies and Applications   12(2) 128-155   2013年9月   [査読有り]
An Agent-based Network Management System Using Active Information Resources
Tetsuo Kinoshita, Gen Kitagata, Hideyuki Takahashi, Kazuto Sasai, Khamisi Kalegele
International Journal of Advanced Smart Convergence (IJASC)   2(2) 10-15   2013年11月   [査読有り][招待有り]

講演・口頭発表等

 
創造活動のための情報資源の能動的獲得と集積機能の検討
河間勇気,福谷遼太,高橋秀幸,木下哲男
第85回MBL・第71回ITS合同研究発表会   2017年11月15日   
MATCH: MultiAgent-based Tactful Cooperation Scheme for Heterogeneous IoT Devices
Shingo Yokoyama, Ryota Fukutani, Takumi Kato, Hideyuki Takahashi, Tetsuo Kinoshita
The 6th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017)   2017年10月24日   
Evacuation Guidance Support Using Cooperative Agent-based IoT Devices
Kenta Katayama, Hideyuki Takahashi, Shingo Yokoyama, Karl Gäfvert, Tetsuo Kinoshita
The 6th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017)   2017年10月24日   
An Efficient Anomaly Detection in Quasi Periodic Time-series Data A Case Study with ECG
Goutam Chakraborty, Takuya Kamiyama, Hideyuki Takahashi, Tetsuo Kinoshita
The 4th edition of the International work-conference on Time Series (ITISE 2017)   2017年9月18日   
Development of a Workpiece Evaluation Support Mechanism for Students
Ryota Fukutani, Shota Itagaki, Hideyuki Takahashi, Akinobu Ando, Tetsuo Kinoshita
The 6th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI 2017)   2017年7月9日   

競争的資金等の研究課題

 
IoT 機器を活用した沿岸部地域向け自律分散型避難行動支援システムに関する共同研究
その他の研究制度
研究期間: 2016年9月 - 現在
超高齢化社会における能動的な介護予防支援プラットフォームの開発
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 現在
被災地の地域包括ケアシステムを実現する情報連携フレームワークの研究開発
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
グリーン・ユビキタスコンピューティング環境におけるエージェント指向ミドルウェアの理論と応用
科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月

社会貢献活動

 
津波災害にドローン活用の動き
【出演, 寄稿】  2017年9月13日
サービス向上 面積広い自治体通信ネット有効 CO2排出量削減
【企画】  河北新報  2011年2月26日
地域実証実験を実施「栗原グリーンプロジェクト」(東北大学)
【企画】  大学受験パスナビ  2011年1月5日
東北大学地域実証実験を実施「栗原グリーンプロジェクト」
【企画】  旺文社・螢雪時代  2011年1月
It・Sensor Net Surfing 小型船事故対策アプリ/東京
【企画】  毎日新聞  2015年11月23日

その他

 
2016年9月   IoT 機器を活用した沿岸部地域向け自律分散型避難行動支援システムに関する共同研究
大地震や記録的な豪雨などの大きな自然災害が世界各地で発生している。東日本大震災以降、今後の大地震による巨大津波の襲来、集中豪雨、台風などの天災に備えることが喫緊の課題となっている。天災に備えて、情報通信技術(ICT)を活用した様々な災害活動・避難支援、情報共有支援システムが開発されているが、ICT研究の成果の1つの応用例として報告されていることが多い。また、災害研究の実情が反映されておらず、性能・機能評価のフィールド実験であることが多い。一方、災害の研究者によって、被災地の抱える多様な課題や天災に備えた対策・解決策が議論されているが、その知見・成果を十分に反映した避難行動支援システムの実現には至っていないといえる。本共同研究では、ICTに関するソフトウェアとハードウェア、災害(避難行動)を専門とする異分野の研究者が、津波からの避難行動支援に焦点をあて、災害現場の知見とICTを活用した避難行動支援システムの実現を目指す。
2012年7月   マルチエージェント型マイクログリッドの構築技術の研究
エージェントおよびマルチエージェント技術を適用したマイクログリッドの実現技術の研究開発を仁川大学および水原大学と共同で推進する。
2012年3月   被災地への緊急運搬及び複数接続運用が可能な移動式ICTユニットに関する 研究開発
ネットワーク機器やサーバ機器の運用に係わる管理者のノウハウを機器自身に知識として組込み、機器を能動的に動作可能な情報資源(Active Information Resource: AIR)とする、知識型移動式ICTユニット管理運用支援技術の研究開発を推進する。
2010年8月   宮城県栗原市における通信プロトコル等検証のための地域実証
宮城県栗原市において、生活拠点や都市機能が広域に分散する地域(広域分散型地域コミュニティ)を一体化し人の暮らしと自然環境が共生するICTシステムを構築するための地域実証.