柴田 穣

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/16 19:54
 
アバター
研究者氏名
柴田 穣
 
シバタ ユタカ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/27408bb228393e990d55fcf3635a731e.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 化学専攻 物理化学講座 有機物理化学研究室
職名
准教授
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究分野

 
 

論文

 
KURITA, A SHIBATA, Y KUSHIDA, T
PHYSICAL REVIEW LETTERS   74(21) 4349-4352   1995年5月   [査読有り]
Shibata, Y Kurita, A Kushida, T
JOURNAL OF LUMINESCENCE   66-7(1-6) 13-18   1995年12月   [査読有り]
Shibata, Y Kurita, A Kushida, T
JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   104(12) 4396-4405   1996年3月   [査読有り]
Shibata, Y Takahashi, H Kurita, A Kushida, T
JOURNAL OF LUMINESCENCE   72-4 605-606   1997年6月   [査読有り]
Kurita, A Matsumoto, K Shibata, Y Kushida, T
JOURNAL OF LUMINESCENCE   76-7 295-298   1998年2月   [査読有り]

Misc

 
光合成系の光捕集過程を構造に立脚して理解する:理論と実験の融合で見えてきたこと
柴田 穣
日本物理学会誌   69(9) 639-643   2014年9月
開口数0.9を持つ極低温顕微鏡の開発
柴田穣,加藤渉,浪江慶祐
分光研究   63(3) 103-105   2014年
光合成系での光捕集過程を構造に立脚して理解する
柴田 穣
光合成研究   21(3) 128-134   2011年12月
光合成反応中心における光誘起電荷分離のエネルギーギャップ△Gの奇妙な温度依存性
柴田 穣, 伊藤 繁, 池上 勇
   2008年12月
時間分解ホールバーニング分光法による蛋白質構造揺らぎの時間領域観測
柴田 穣
生物物理   40 331-335   2000年9月

書籍等出版物

 
植物生理学・発生学
Lincoln Taiz, Eduardo Zeiger, Ian Max Moller, Angus, Murphy (担当:共編者, 範囲:7章)
講談社   2017年2月   

競争的資金等の研究課題

 
光合成の光反応
科学研究費補助金
研究期間: 2005年4月   

社会貢献活動

 
化学への招待
【その他】  2012年8月3日 - 2012年8月4日
以下の3つの実習を行うことで、光と分子が出会った時に起こる現象について、理解を深める。光合成についての基礎も学ぶ。実習1:パセリの葉から光合成色素を抽出し、さらにカラムクロマトグラフィによりクロロフィルa、b、いくつかのカロテノイドに分離する。実習2:実習1で得られた色素溶液などを用いて、光と色の関係や部落ライトによる色素分子からの蛍光についての実験を行う。ルミノールを用いた化学発光についての実験も行う。実習3:野草の切片を作成し、蛍光顕微鏡を用いてその断面を観察する。クロロフィルからの蛍...

その他

 
2012年10月   1分子蛍光分光による光合成タンパク質の光捕集機構の解明
1分子蛍光分光による光合成タンパク質の光捕集機構の解明