矢尾 正祐

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 14:58
 
アバター
研究者氏名
矢尾 正祐
 
ヤオ マサヒロ
URL
http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~urology/wp/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科泌尿器科学 医学研究科医科学専攻
職名
教授
学位
医学博士(横浜市立大学)

プロフィール

1982年 3月 横浜市立大学医学部卒業 
1990~93年 米国国立がん研究所(NIH/NCI)NCI-Frederick, Laboratory of Immunobiology(部長 Dr. Berton Zbar), visiting fellow
1993年11月 横浜市立大学医学部、泌尿器科学講座助手
1995年12月 同上、泌尿器科学講座講師
2002年 8月 同上、泌尿器科助教授
2014年 8月 同上、泌尿器科学主任教授
2016年 4月 横浜市立大学附属病院副病院長(兼任)
学会役員等)
日本泌尿器科学会、代議員、理事
日本家族性腫瘍学会、評議員
日本老年泌尿器科学会、評議員
日本尿路結石症学会、評議員
日本泌尿器腫瘍学会、代議員
日本VR医学会会員、評議員 

研究分野

 
 

受賞

 
2003年
日本泌尿器科学会 第11回日本泌尿器科学会学会賞受賞
 

論文

 
Ohtaka M, Kawahara T, Ishiguro Y, Sharma M, Yao M, Miyamoto H, Uemura H
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   25(10) 901-902   2018年7月   [査読有り]
Kawahara T, Ishiguro Y, Ohtake S, Kato I, Ito Y, Ito H, Makiyama K, Kondo K, Miyoshi Y, Yumura Y, Hayashi N, Hasumi H, Osaka K, Muraoka K, Izumi K, Teranishi JI, Uemura H, Yao M, Nakaigawa N
BMC urology   18(1) 97   2018年11月   [査読有り]
Noguchi G, Furuya M, Okubo Y, Nagashima Y, Kato I, Matsumoto K, Tanaka R, Hisasue SI, Yao M, Kishida T
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   25(9) 832-835   2018年7月   [査読有り]
Miyoshi Y, Ohtaka M, Kawahara T, Ohtake S, Yasui M, Uemura K, Yoneyama S, Yokomizo Y, Uemura H, Miyamoto H, Yao M
Urologia internationalis   1-6   2018年10月   [査読有り]
Baba M, Endoh M, Ma W, Toyama H, Hirayama A, Nishikawa K, Takubo K, Hano H, Hasumi H, Umemoto T, Hashimoto M, Irie N, Esumi C, Kataoka M, Nakagata N, Soga T, Yao M, Kamba T, Minami T, Ishii M, Suda T
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   33(10) 1785-1798   2018年6月   [査読有り]
Uemura K, Kawahara T, Ishida H, Nakaigawa N, Tanabe M, Yao M, Uemura H
Case reports in oncology   11(3) 633-637   2018年9月   [査読有り]
Ohtaka M, Kawahara T, Takamoto D, Mochizuki T, Ishida H, Hattori Y, Makiyama K, Yao M, Teranishi JI, Uemura H
Experimental and clinical transplantation : official journal of the Middle East Society for Organ Transplantation   16(5) 546-549   2018年6月   [査読有り]
Tokita T, Kawahara T, Ito Y, Tsutsumi S, Abe K, Namura K, Sano F, Shioi K, Takamoto D, Yumura Y, Nakaigawa N, Yao M, Uemura H, Wada H, Tsuura Y, Kobayashi K
Urology case reports   18 54-56   2018年5月   [査読有り]
Komeya M, Usui K, Asai T, Ogawa T, Taguri M, Kataoka K, Yao M, Matsuzaki J
World journal of urology      2018年5月   [査読有り]
Matsumoto K, Udaka N, Hasumi H, Nakaigawa N, Nagashima Y, Tanaka R, Kato I, Yao M, Furuya M
Pathology international      2018年5月   [査読有り]
Hasumi H, Furuya M, Tatsuno K, Yamamoto S, Baba M, Hasumi Y, Isono Y, Suzuki K, Jikuya R, Otake S, Muraoka K, Osaka K, Hayashi N, Makiyama K, Miyoshi Y, Kondo K, Nakaigawa N, Kawahara T, Izumi K, Teranishi J, Yumura Y, Uemura H, Nagashima Y, Metwalli AR, Schmidt LS, Aburatani H, Linehan WM, Yao M
Human molecular genetics      2018年5月   [査読有り]
Ninomiya S, Kawahara T, Mochizuki T, Yao M, Teranishi JI, Uemura H
Urology case reports   18 6-8   2018年5月   [査読有り]
Tsutsumi S, Kawahara T, Teranishi JI, Yao M, Uemura H
Molecular and clinical oncology   8(2) 320-322   2018年2月   [査読有り]
Shimokihara K, Kawahara T, Suzuki T, Mochizuki T, Takamoto D, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Uemura H
Clinical case reports   6(2) 391-394   2018年2月   [査読有り]
Ohtake S, Kawahara T, Noguchi G, Nakaigawa N, Chiba K, Uemura H, Yao M, Makiyama K
Case reports in oncological medicine   2018 7135180   2018年   [査読有り]
Shimokihara K, Kawahara T, Chiba S, Takamoto D, Yao M, Uemura H
Urology case reports   16 101-103   2018年1月   [査読有り]
Yao M
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   25(1) 5   2018年1月   [査読有り]
Sanjo H, Komeya M, Sato T, Abe T, Katagiri K, Yamanaka H, Ino Y, Arakawa N, Hirano H, Yao T, Asayama Y, Matsuhisa A, Yao M, Ogawa T
PloS one   13(2) e0192884   2018年   [査読有り]
Kuroda S, Ito H, Sakamaki K, Tabei T, Kawahara T, Fujikawa A, Makiyama K, Yao M, Uemura H, Matsuzaki J
PloS one   13(2) e0192597   2018年   [査読有り]
Kumano Y, Kawahara T, Mochizuki T, Takamoto D, Takeshima T, Kuroda S, Teranishi JI, Makiyama K, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Uemura H
Lower urinary tract symptoms      2017年11月   [査読有り]
Komeya M, Hayashi K, Nakamura H, Yamanaka H, Sanjo H, Kojima K, Sato T, Yao M, Kimura H, Fujii T, Ogawa T
Scientific reports   7(1) 15459   2017年11月   [査読有り]
Shimbori M, Osaka K, Kawahara T, Kasahara R, Kawabata S, Makiyama K, Kondo K, Nakaigawa N, Yamanaka S, Yao M
Journal of medical case reports   11(1) 297   2017年10月   [査読有り]
Araki A, Makiyama K, Yamanaka H, Ueno D, Osaka K, Nagasaka M, Yamada T, Yao M
Surgical endoscopy   31(4) 1999-2005   2017年4月   [査読有り]
Takayanagi S, Mukasa A, Nakatomi H, Kanno H, Kuratsu JI, Nishikawa R, Mishima K, Natsume A, Wakabayashi T, Houkin K, Terasaka S, Yao M, Shinohara N, Shuin T, Saito N
Neurologia medico-chirurgica   57(2) 59-65   2017年1月   [査読有り]
Ito H, Kondo K, Kawahara T, Kaneta T, Tateishi U, Ueno D, Namura K, Kobayashi K, Miyoshi Y, Yumura Y, Makiyama K, Hayashi N, Hasumi H, Osaka K, Yokomizo Y, Teranishi JI, Hattori Y, Inoue T, Uemura H, Yao M, Nakaigawa N
Cancer chemotherapy and pharmacology   79(5) 855-861   2017年5月   [査読有り]
Nakaigawa N, Kondo K, Ueno D, Namura K, Makiyama K, Kobayashi K, Shioi K, Ikeda I, Kishida T, Kaneta T, Minamimoto R, Tateishi U, Inoue T, Yao M
BMC cancer   17(1) 39   2017年1月   [査読有り]
Tomita Y, Fukasawa S, Shinohara N, Kitamura H, Oya M, Eto M, Tanabe K, Kimura G, Yonese J, Yao M, Motzer RJ, Uemura H, McHenry MB, Berghorn E, Ozono S
Japanese journal of clinical oncology   1-8   2017年4月   [査読有り]
Miyoshi Y, Uemura K, Kawahara T, Yoneyama S, Hattori Y, Teranishi JI, Ohta JI, Takebayashi S, Yokomizo Y, Hayashi N, Yao M, Uemura H
Clinical genitourinary cancer      2016年12月   [査読有り]
Labrousse-Arias D, Martínez-Alonso E, Corral-Escariz M, Bienes-Martínez R, Berridy J, Serrano-Oviedo L, Conde E, García-Bermejo ML, Giménez-Bachs JM, Salinas-Sánchez AS, Sánchez-Prieto R, Yao M, Lasa M, Calzada MJ
The Journal of cell biology   216(3) 835-847   2017年3月   [査読有り]
Hasumi H, Hasumi Y, Baba M, Nishi H, Furuya M, Vocke CD, Lang M, Irie N, Esumi C, Merino MJ, Kawahara T, Isono Y, Makiyama K, Warner AC, Haines DC, Wei MH, Zbar B, Hagenau H, Feigenbaum L, Kondo K, Nakaigawa N, Yao M, Metwalli AR, Marston Linehan W, Schmidt LS
Human molecular genetics   26(2) 354-366   2016年12月   [査読有り]
Furuya K, Kawahara T, Narahara M, Tokita T, Fukui S, Imano M, Mitome T, Ito Y, Izumi K, Osaka K, Yokomizo Y, Hayashi N, Hasumi H, Nawata S, Kawano T, Yao M, Uemura H
Scandinavian journal of urology   1-7   2017年3月   [査読有り]
Furuya M, Hasumi H, Baba M, Tanaka R, Iribe Y, Onishi T, Nagashima Y, Nakatani Y, Isono Y, Yao M
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   97(3) 343-351   2016年12月   [査読有り]
Ito H, Makiyama K, Kawahara T, Osaka K, Izumi K, Yokomizo Y, Nakaigawa N, Yao M
BMC cancer   16(1) 944   2016年12月   [査読有り]
Tanegashima T, Yamaguchi Y, Hamanoue H, Yao M, Furuya M, Aihara M
The Journal of dermatology      2016年12月   [査読有り]
Shimokihara K, Kawahara T, Hayashi Y, Tsutsumi S, Takamoto D, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Uemura H
International journal of surgery case reports   32 22-24   2017年   [査読有り]
Furuya M, Yao M, Tanaka R, Nagashima Y, Kuroda N, Hasumi H, Baba M, Matsushima J, Nomura F, Nakatani Y
Clinical genetics   90(5) 403-412   2016年11月   [査読有り]
Hayashi Y, Kawahara T, Iwashita H, Shimokihara K, Tsutsumi S, Takamoto D, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Inayama Y, Uemura H
Case reports in oncology   9(3) 802-805   2016年11月   [査読有り]
Ohtaka M, Kawahara T, Mochizuki T, Takamoto D, Hattori Y, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Hasumi H, Yokomizo Y, Hayashi N, Kondo K, Yao M, Miyamoto H, Uemura H
International journal of surgery case reports   30 106-107   2016年11月   [査読有り]
Kawahara T, Sakamaki K, Ito H, Kuroda S, Terao H, Makiyama K, Uemura H, Yao M, Miyamoto H, Matsuzaki J
BMC urology   16(1) 70   2016年11月   [査読有り]
Kondo T, Kawahara T, Chiba S, Ohtaka M, Kumano Y, Saitoh Y, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi JI, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Inayama Y, Uemura H
Case reports in oncology   9(3) 554-558   2016年9月   [査読有り]
Ito H, Makiyama K, Kawahara T, Osaka K, Izumi K, Yokomizo Y, Nakaigawa N, Yamanaka S, Yao M
Clinical genitourinary cancer   14(4) e291-7   2016年8月   [査読有り]
Tabei T, Ito H, Usui K, Kuroda S, Kawahara T, Terao H, Fujikawa A, Makiyama K, Yao M, Matsuzaki J
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   23(8) 687-692   2016年8月   [査読有り]
Yasui M, Uemura K, Yoneyama S, Kawahara T, Hattori Y, Teranishi JI, Inoue M, Ohta JI, Yokomizo Y, Yao M, Uemura H, Miyoshi Y
Japanese journal of clinical oncology      2016年8月   [査読有り]
Kasuga J, Kawahara T, Takamoto D, Fukui S, Tokita T, Tadenuma T, Narahara M, Fusayasu S, Terao H, Izumi K, Ito H, Hattori Y, Teranishi J, Sasaki T, Makiyama K, Miyoshi Y, Yao M, Yumura Y, Miyamoto H, Uemura H
BMC cancer   16 396   2016年7月   [査読有り]
Kawahara T, Miyamoto H, Ito H, Terao H, Kakizoe M, Kato Y, Ishiguro H, Uemura H, Yao M, Matsuzaki J
Urolithiasis   44(3) 231-239   2016年6月   [査読有り]
Ichimura K, Fukushima S, Totoki Y, Matsushita Y, Otsuka A, Tomiyama A, Niwa T, Takami H, Nakamura T, Suzuki T, Fukuoka K, Yanagisawa T, Mishima K, Nakazato Y, Hosoda F, Narita Y, Shibui S, Yoshida A, Mukasa A, Saito N, Kumabe T, Kanamori M, Tominaga T, Kobayashi K, Shimizu S, Nagane M, Iuchi T, Mizoguchi M, Yoshimoto K, Tamura K, Maehara T, Sugiyama K, Nakada M, Sakai K, Kanemura Y, Nonaka M, Asai A, Yokogami K, Takeshima H, Kawahara N, Takayama T, Yao M, Kato M, Nakamura H, Hama N, Sakai R, Ushijima T, Matsutani M, Shibata T, Nishikawa R, Intracranial Germ Cell Tumor Genome Analysis Consortium.
Acta neuropathologica   131(6) 889-901   2016年6月   [査読有り]
Kato I, Iribe Y, Nagashima Y, Kuroda N, Tanaka R, Nakatani Y, Hasumi H, Yao M, Furuya M
Human pathology   52 74-82   2016年6月   [査読有り]
Kawahara T, Fusayasu S, Izumi K, Yokomizo Y, Ito H, Ito Y, Kurita K, Furuya K, Hasumi H, Hayashi N, Myoshi Y, Miyamoto H, Yao M, Uemura H
BMC urology   16(1) 32   2016年6月   [査読有り]
Hasumi H, Baba M, Hasumi Y, Furuya M, Yao M
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   23(3) 204-210   2016年3月   [査読有り]
Izumi K, Ito Y, Miyamoto H, Miyoshi Y, Ota J, Moriyama M, Murai T, Hayashi H, Inayama Y, Ohashi K, Yao M, Uemura H
Oncotarget   7(12) 14153-14160   2016年3月   [査読有り]
Kawahara T, Furuya K, Nakamura M, Sakamaki K, Osaka K, Ito H, Ito Y, Izumi K, Ohtake S, Miyoshi Y, Makiyama K, Nakaigawa N, Yamanaka T, Miyamoto H, Yao M, Uemura H
BMC cancer   16 185   2016年3月   [査読有り]
Ohtaka M, Kawahara T, Kumano Y, Maeda Y, Kondo T, Mochizuki T, Ishida H, Hattori Y, Teranishi J, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Inayama Y, Uemura H
Journal of medical case reports   10 48   2016年3月   [査読有り]
Minamimoto R, Nakaigawa N, Nagashima Y, Toyohara J, Ueno D, Namura K, Nakajima K, Yao M, Kubota K
Abdominal radiology (New York)   41(3) 521-530   2016年3月   [査読有り]
Iribe Y, Yao M, Tanaka R, Kuroda N, Nagashima Y, Nakatani Y, Furuya M
The American journal of pathology   186(2) 337-346   2016年2月   [査読有り]
Nakaigawa N, Kondo K, Tateishi U, Minamimoto R, Kaneta T, Namura K, Ueno D, Kobayashi K, Kishida T, Ikeda I, Hasumi H, Makiyama K, Kubota Y, Inoue T, Yao M
BMC cancer   16 67   2016年2月   [査読有り]
Uemura K, Miyoshi Y, Kawahara T, Yoneyama S, Hattori Y, Teranishi J, Kondo K, Moriyama M, Takebayashi S, Yokomizo Y, Yao M, Uemura H, Noguchi K
BMC cancer   16 109   2016年2月   [査読有り]
Kawahara T, Yokomizo Y, Ito Y, Ito H, Ishiguro H, Teranishi J, Makiyama K, Miyoshi Y, Miyamoto H, Yao M, Uemura H
BMC cancer   16 111   2016年2月   [査読有り]
Komeya M, Kimura H, Nakamura H, Yokonishi T, Sato T, Kojima K, Hayashi K, Katagiri K, Yamanaka H, Sanjo H, Yao M, Kamimura S, Inoue K, Ogonuki N, Ogura A, Fujii T, Ogawa T
Scientific reports   6 21472   2016年2月   [査読有り]
Miyoshi Y, Yoneyama S, Kawahara T, Hattori Y, Teranishi J, Kondo K, Moriyama M, Takebayashi S, Yokomizo Y, Yao M, Uemura H, Noguchi K
BMC cancer   16 128   2016年2月   [査読有り]
Kuroda S, Fujikawa A, Tabei T, Ito H, Terao H, Yao M, Matsuzaki J
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   23(1) 69-73   2016年1月   [査読有り]
Mitome T, Furuya K, Imano M, Osaka K, Yokomizo Y, Hayashi N, Nakaigawa N, Yamanaka S, Yao M
Clinical case reports   4(1) 5-8   2016年1月   [査読有り]
Kondo T, Kawahara T, Matsumoto T, Yamamoto Y, Tsutsui M, Ohtani M, Ohtaka M, Kumano Y, Maeda Y, Mochizuki T, Mori K, Asai T, Kuroda S, Takeshima T, Hattori Y, Teranishi J, Miyoshi Y, Yumura Y, Yao M, Inayama Y, Uemura H
Case reports in oncology   9(1) 235-240   2016年1月   [査読有り]
Maeda Y, Kawahara T, Kumano Y, Ohtaka M, Kondo T, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi J, Miyoshi Y, Yumura Y, Miyamoto H, Yao M, Uemura H
Urologia internationalis   96(1) 123-124   2016年   [査読有り]
Maeda Y, Kawahara T, Koizumi M, Ito H, Kumano Y, Ohtaka M, Kondo T, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi J, Yumura Y, Miyoshi Y, Yao M, Miyamoto H, Uemura H
BioMed research international   2016 6197353   2016年   [査読有り]
Yokomizo Y, Kawahara T, Miyoshi Y, Otani M, Yamanaka S, Teranishi J, Noguchi K, Yao M, Uemura H
BioMed research international   2016 4083183   2016年   [査読有り]
Ohtake S, Kawahara T, Kasahara R, Ito H, Osaka K, Hattori Y, Teranishi JI, Makiyama K, Mizuno N, Umemoto S, Miyoshi Y, Nakaigawa N, Miyamoto H, Yao M, Uemura H
BioMed research international   2016 9846823   2016年   [査読有り]
Osaka K, Makiyama K, Nakaigawa N, Yao M
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   22(11) 1000-1005   2015年11月   [査読有り]
Ito H, Kuroda S, Kawahara T, Makiyama K, Yao M, Matsuzaki J
Urolithiasis   43(5) 467-475   2015年10月   [査読有り]
Kuroda S, Ito H, Sakamaki K, Tabei T, Kawahara T, Terao H, Fujikawa A, Makiyama K, Yao M, Matsuzaki J
Urology   86(4) 697-702   2015年10月   [査読有り]
Kawahara T, Fukui S, Sakamaki K, Ito Y, Ito H, Kobayashi N, Izumi K, Yokomizo Y, Miyoshi Y, Makiyama K, Nakaigawa N, Yamanaka T, Yao M, Miyamoto H, Uemura H
Oncotarget   6(31) 32169-32176   2015年10月   [査読有り]
Kumano Y, Kawahara T, Chiba S, Maeda Y, Ohtaka M, Kondo T, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi J, Miyoshi Y, Yumura Y, Inayama Y, Yao M, Uemura H
Case reports in oncology   8(3) 394-398   2015年9月   [査読有り]
Ito Y, Ishiguro H, Kobayashi N, Hasumi H, Watanabe M, Yao M, Uemura H
The Prostate   75(10) 1009-1019   2015年7月   [査読有り]
Makiyama K, Yamanaka H, Ueno D, Ohsaka K, Sano F, Nakaigawa N, Yao M, Kubota Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   22(6) 572-576   2015年6月   [査読有り]
Maeda Y, Kawahara T, Tanabe M, Kumano Y, Ohtaka M, Kondo T, Mochizuki T, Hattori Y, Teranishi J, Miyoshi Y, Yumura Y, Inayama Y, Yao M, Uemura H
Case reports in oncology   8(2) 279-284   2015年5月   [査読有り]
Ito H, Kuroda S, Kawahara T, Makiyama K, Yao M, Matsuzaki J
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   22(4) 372-377   2015年4月   [査読有り]
Ito H, Sakamaki K, Kawahara T, Terao H, Yasuda K, Kuroda S, Yao M, Kubota Y, Matsuzaki J
BJU international   115(3) 446-451   2015年3月   [査読有り]
Furuya M, Hong SB, Tanaka R, Kuroda N, Nagashima Y, Nagahama K, Suyama T, Yao M, Nakatani Y
Cancer science   106(3) 315-323   2015年3月   [査読有り]
Iribe Y, Kuroda N, Nagashima Y, Yao M, Tanaka R, Gotoda H, Kawakami F, Imamura Y, Nakamura Y, Ando M, Araki A, Matsushima J, Nakatani Y, Furuya M
Pathology international   65(3) 126-132   2015年3月   [査読有り]
Hasumi H, Baba M, Hasumi Y, Lang M, Huang Y, Oh HF, Matsuo M, Merino MJ, Yao M, Ito Y, Furuya M, Iribe Y, Kodama T, Southon E, Tessarollo L, Nagashima K, Haines DC, Linehan WM, Schmidt LS
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(13) E1624-31   2015年3月   [査読有り]
Mitome T, Yao M, Udaka N, Fusayasu S, Izumi K, Osaka K, Hayashi N, Nakaigawa N, Nagashima Y, Kubota Y
Canadian Urological Association journal = Journal de l'Association des urologues du Canada   9(1-2) E30-2   2015年1月   [査読有り]
Kawahara T, Ito H, Terao H, Uemura H, Yao M, Matsuzaki J
International journal of surgery case reports   10 56-58   2015年   [査読有り]
Luchetti A, Walsh D, Rodger F, Clark G, Martin T, Irving R, Sanna M, Yao M, Robledo M, Neumann HP, Woodward ER, Latif F, Abbs S, Martin H, Maher ER
International journal of endocrinology   2015 138573   2015年   [査読有り]
Sato T, Katagiri K, Kojima K, Komeya M, Yao M, Ogawa T
PloS one   10(6) e0130171   2015年   [査読有り]
Yao M, Murakami T, Shioi K, Mizuno N, Ito H, Kondo K, Hasumi H, Sano F, Makiyama K, Nakaigawa N, Kishida T, Nagashima Y, Yamanaka S, Kubota Y
Cancer medicine   3(4) 845-854   2014年8月   [査読有り]
Kakizoe M, Yao M, Tateishi U, Minamimoto R, Ueno D, Namura K, Makiyama K, Hayashi N, Sano F, Kishida T, Kobayashi K, Noguchi S, Ikeda I, Ohgo Y, Taguri M, Morita S, Inoue T, Kubota Y, Nakaigawa N
BMC cancer   14 390   2014年6月   [査読有り]
[Pathological diagnosis of renal tumors: up to date].
Nagashima Y, Aoki I, Kondo K, Nakaigawa N, Kishida T, Miyagi Y, Yao M
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   62(6) 568-577   2014年6月   [査読有り]
Ito H, Sano F, Ogawa T, Yao M
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   21(1) 108-112   2014年1月   [査読有り]
Tsukada J, Jinzaki M, Yao M, Nagashima Y, Mikami S, Yashiro H, Nozaki M, Mizuno R, Oya M, Kuribayashi S
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   20(11) 1105-1111   2013年11月   [査読有り]
Sano F, Fusayasu S, Otake S, Yamanaka H, Tatenuma T, Sakata R, Makiyama K, Nakaigawa N, Yao M, Kubota Y
Journal of medical ultrasonics (2001)   40(4) 463-465   2013年10月   [査読有り]
[A case of metastatic renal cell carcinoma associated with Birt-Hogg-Dubé syndrome treated with molecular-targeting agents].
Nakamura M, Yao M, Sano F, Sakata R, Tatenuma T, Makiyama K, Nakaigawa N, Kubota Y
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   59(8) 503-506   2013年8月   [査読有り]
Sano F, Makiyama K, Tatenuma T, Sakata R, Yamanaka H, Fusayasu S, Nakayama T, Nakaigawa N, Yao M, Kubota Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association   20(6) 637-639   2013年6月   [査読有り]
Ito H, Kawahara T, Terao H, Ogawa T, Yao M, Kubota Y, Matsuzaki J
Journal of endourology   27(6) 715-721   2013年6月   [査読有り]
Nagashima Y, Kuroda N, Yao M
Japanese journal of clinical oncology   43(3) 233-242   2013年3月   [査読有り]
Slater AA, Alokail M, Gentle D, Yao M, Kovacs G, Maher ER, Latif F
Epigenetics   8(3) 252-267   2013年3月   [査読有り]
[A case of myocardiac metastasis of clear cell renal carcinoma successfully treated with sunitinib].
Tatenuma T, Yao M, Sakata R, Sano F, Makiyama K, Nakaigawa N, Nakayama T, Inayama Y, Kubota Y
Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   59(2) 97-101   2013年2月   [査読有り]
Kawahara T, Sakata R, Kawahara K, Ito H, Miyoshi Y, Sano F, Nakaigawa N, Uemura H, Yao M, Kubota Y, Makiyama K
Current urology   6(3) 118-123   2013年1月   [査読有り]
Sakata R, Shimoyamada H, Yanagisawa M, Murakami T, Makiyama K, Nakaigawa N, Inayama Y, Ohashi K, Nagashima Y, Yao M, Kubota Y
Case reports in pathology   2013 973865   2013年   [査読有り]
Ito H, Kawahara T, Terao H, Ogawa T, Yao M, Kubota Y, Matsuzaki J
PloS one   8(6) e65060   2013年   [査読有り]

Misc

 
腹腔鏡下腎部分切除術の患者特異的シミュレーション
槙山 和秀, 大竹 慎二, 荒木 あずみ, 逢坂 公人, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   30(3) 221-221   2017年11月
腹腔鏡下副腎摘除術における良性腫瘍と悪性腫瘍の比較検討
軸屋 良介, 槙山 和秀, 今野 真思, 逢坂 公人, 蓮見 壽史, 林 成彦, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   30(3) 228-228   2017年11月
尿路外悪性腫瘍に伴う水腎症に対する金属尿管ステントの臨床的検討
逢坂 公人, 軸屋 良介, 荒木 あずみ, 村岡 研太郎, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   30(3) 251-251   2017年11月
FDG PET/CTを用いた1st line分子標的治療終了後の予後予測の有用性の検討
中井川 昇, 近藤 慶一, 金田 朋洋, 南村 和宏, 上野 大樹, 小林 一樹, 岸田 健, 池田 伊知郎, 蓮見 壽史, 槙山 和秀, 林 成彦, 逢坂 公人, 村岡 研太郎, 井上 登美夫, 矢尾 正祐
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 O5-6   2017年10月
ラジウム223使用症例における予後予測因子の検討
堤 壮吾, 野澤 昌弘, 三好 康秀, 河原 崇司, 横溝 由美子, 林 成彦, 矢尾 正祐, 吉村 一宏, 上村 博司, 植村 天受
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 O6-6   2017年10月
神経内分泌分化を伴う去勢抵抗性前立腺癌の分化予測マーカーの探索
望月 拓, 三好 康秀, 大高 茉莉, 河原 崇司, 矢尾 正祐, 上村 博司
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 O8-6   2017年10月
筋層非浸潤性膀胱癌におけるアンドロゲン受容体の膀胱内再発予測因子としての有用性
安井 将人, 河原 崇, 泉 浩司, 矢尾 正祐, 石黒 斉, 上村 博司, 三好 康秀
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P14-6   2017年10月
転移性去勢抵抗性前立腺癌におけるantiandrogen withdrawal syndromeの検討
米山 脩子, 三好 康秀, 安井 将人, 植村 公一, 熊野 曜平, 大高 茉莉, 河原 崇司, 服部 裕介, 寺西 淳一, 太田 純一, 横溝 由美子, 林 成彦, 上村 博司, 矢尾 正祐
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P61-4   2017年10月
前立腺癌ホルモン療法におけるGn-RHアンタゴニスト切替療法の前向き多施設共同試験
横溝 由美子, 林 成彦, 山中 竹春, 田栗 正隆, 岸田 健, 滝沢 明利, 太田 純一, 土屋 ふとし, 池田 伊知郎, 矢尾 正祐, 上村 博司
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P61-6   2017年10月
【新腎・泌尿器癌(下)-基礎・臨床研究の進歩-】 陰茎癌 陰茎癌多数症例の臨床的検討
春日 純, 高本 大路, 湯村 寧, 矢尾 正祐, 佐々木 毅
日本臨床   75(増刊7 新腎・泌尿器癌(下)) 551-556   2017年10月
尿道周囲異常知覚(尿漏れしていないのに尿漏れしている感じ)を訴える高齢女性に対するアリピプラゾール(エビリファイ)の効果
関口 由紀, 中村 綾子, 前田 佳子, 榎本 香織, 藤崎 章子, 二宮 典子, 矢尾 正祐
日本排尿機能学会誌   27(1) 287-287   2016年12月
Advanced Laparoscopy 鏡視下手術の限界に挑戦 硬い腎周囲脂肪を伴う最大径10cmの腎腫瘍に対する腹腔鏡下腎部分切除術
槙山 和秀, 逢坂 公人, 荒木 あずみ, 篠木 理沙, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   29(3) 220-220   2016年11月
腹腔鏡下腎部分切除における長期腎機能の推移
逢坂 公人, 荒木 あずみ, 横溝 由美子, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   29(3) 281-281   2016年11月
鏡視下腎部分切除術における複数動脈症例の検討
荒木 あずみ, 槙山 和秀, 滝澤 弘樹, 篠木 理沙, 逢坂 公人, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   29(3) 281-281   2016年11月
f-TUL術後に後腹膜血腫・敗血症性ショックとなり血友病が発覚した腎結石の一例
山下 大輔, 逢坂 公人, 滝沢 弘樹, 篠木 理沙, 荒木 あずみ, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
Japanese Journal of Endourology   29(3) 299-299   2016年11月
GPNMBはTFE3活性化腎細胞癌の診断マーカーとして有用である
馬場 理也, 古屋 充子, 蓮見 壽史, 加藤 生真, 長嶋 洋治, 黒田 直人, 高橋 渡, 河野 吉昭, 元島 崇信, 矢尾 正祐, 江藤 正俊
西日本泌尿器科   78(増刊) 167-167   2016年10月
腎尿管全摘症例におけるサルコペニアの検討
堤 壮吾, 河原 崇司, 下木原 航太, 林 悠大朗, 高本 大路, 望月 拓, 服部 裕介, 寺西 淳一, 湯村 寧, 三好 康秀, 槙山 和秀, 矢尾 正祐, 上村 博司
西日本泌尿器科   78(増刊) 188-188   2016年10月
精子形成を長期間維持できるin vitro精巣組織培養システムの開発
古目谷 暢, 林 功晃, 山中 弘行, 三條 博之, 小島 一晃, 片桐 久美子, 佐藤 卓也, 矢尾 正祐, 木村 啓志, 藤井 輝夫, 小川 毅彦
日本生殖内分泌学会雑誌   21 27-31   2016年8月
逢坂 公人, 横溝 由美子, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
臨床泌尿器科   70(8) 565-572   2016年7月
家族性腎癌はまれではあるが,両側性または多発性に発症する.治療の中心は腎温存手術であるが,腎機能維持の点から多くの症例に対し腫瘍核出術が推奨される.また,一度の手術で複数の腫瘍を切除することもまれではなく,阻血は可能な限り行わないことが望ましい.再度の手術が必要になる可能性があるため,腎門部操作を最低限に留めること,Gerota筋膜は手術終了時には修復することで術後の癒着を軽減させる.家族性腎癌は生涯にわたりフォローアップが必要となり,治療介入時期の判断も含めた正確な診断と外科的技術が求め...
75歳以上の腎細胞癌患者に対する手術療法の検討
近藤 慶一, 川畑 さゆき, 野口 和美, 矢尾 正祐, 福井 沙知, 今野 真思, 小林 一樹, 太田 純一, 森山 正敏, 北見 一夫, 酒井 直樹
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-036   2016年4月
未治療転移性前立腺癌におけるlow-molecular-weight protein tyrosine phosphataseの発現とその予後に関する検討
大高 茉莉, 安井 将人, 植村 公一, 米山 修子, 望月 拓, 河原 崇司, 服部 裕介, 寺西 淳一, 湯村 寧, 横溝 由美子, 上村 博司, 三好 康秀, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-112   2016年4月
当院における乳頭状腎癌に対する分子標的治療の経験
篠木 理沙, 伊藤 悠城, 横溝 由美子, 逢坂 公人, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐, 梅田 茂明, 立石 陽子, 大橋 健一
日本泌尿器科学会総会   104回 OP-071   2016年4月
根治的切除術を施行した腎細胞癌症例の長期治療成績
野口 剛, 中井川 昇, 南村 和弘, 太田 純一, 小林 一樹, 近藤 慶一, 岸田 健, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 OP-083   2016年4月
前立腺癌に対する病期診断・局在診断としてのMRIの有用性の検討
小泉 充之, 三好 康秀, 望月 拓, 河原 崇司, 服部 裕介, 寺西 淳一, 湯村 寧, 上村 博司, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-212   2016年4月
ホルモン感受性転移性前立腺癌における一次ホルモン治療効果予測因子としてのbone scan indexの有用性
米山 脩子, 安井 将人, 植村 公一, 河原 崇史, 服部 裕介, 寺西 淳一, 太田 純一, 横溝 由美子, 田栗 正隆, 上村 博司, 三好 康秀, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-217   2016年4月
転移性去勢抵抗性前立腺癌に対する新規ホルモン療法導入前後におけるBone Scan Indexの予後予測因子としての有用性の検討
植村 公一, 安井 将人, 米山 脩子, 望月 拓, 河原 崇司, 服部 裕介, 寺西 淳一, 湯村 寧, 横溝 由美子, 上村 博司, 三好 康秀, 太田 純一, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-218   2016年4月
横浜市大附属病院におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術の初期経験
佐藤 元己, 中井川 昇, 篠木 理沙, 笠原 亮, 川畑 さゆき, 新堀 萌香, 伊藤 悠城, 横溝 由美子, 逢坂 公人, 蓮見 壽史, 林 成彦, 槙山 和秀, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-258   2016年4月
当院における上部尿路内視鏡検査施行症例の臨床的検討
逢坂 公人, 槙山 和秀, 笠原 亮, 川畑 さゆき, 新堀 萌香, 林 成彦, 近藤 慶一, 中井川 昇, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-272   2016年4月
先天性膀胱尿管逆流に対する経尿道的Dextranomer Hyaluronic Acid Copolymer(Deflux)注入療法の手術成績
前田 陽子, 寺西 淳一, 大高 茉莉, 熊野 曜平, 近藤 拓也, 望月 拓, 河原 崇司, 服部 裕介, 湯村 寧, 三好 康秀, 上村 博司, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP1-316   2016年4月
転移性去勢抵抗性前立腺癌における前立腺組織内アンドロゲン濃度
三好 康秀, 河原 崇司, 横溝 由美子, 安井 将人, 植村 公一, 米山 脩子, 湯村 寧, 望月 拓, 服部 裕介, 寺西 淳一, 上村 博司, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 OP-242   2016年4月
外科的治療が困難な進行性腎細胞癌におけるFDG PET/CT評価の有用性
中井川 昇, 近藤 慶一, 槙山 和秀, 林 成彦, 蓮見 壽史, 逢坂 公人, 横溝 由美子, 井上 登美夫, 矢尾 正祐
日本泌尿器科学会総会   104回 PP3-172   2016年4月
【泌尿器科医が知っておくべき遺伝性・家族性疾患:最近のTopics】 von Hippel-Lindau病とその原因遺伝子の変異
近藤 慶一, 矢尾 正祐
泌尿器外科   28(10) 1595-1600   2015年10月
von Hippel-Lindau(VHL)病は常染色体優性遺伝性の腫瘍症候群であり、小脳脊髄血管芽種・網膜血管腫・副腎褐色細胞腫・膵神経内分泌腫瘍・淡明細胞型腎癌等を発症する。この疾患はVHL腫瘍抑制遺伝子の異常によって生じる。この遺伝子の機能は多彩だが、特にHIFαの分解制御を介したVEGFやPDGFの発現調整は、今日の淡明細胞型腎癌に対する分子標的薬開発の基礎となった。(著者抄録)
【泌尿器科医が知っておくべき遺伝性・家族性疾患:最近のTopics】 Birt-Hogg-Dube(BHD)症候群
蓮見 壽史, 馬場 理也, 古屋 充子, 矢尾 正祐
泌尿器外科   28(10) 1607-1612   2015年10月
Birt-Hogg-Dube(BHD)症候群は癌抑制遺伝子であるfolliculin(FLCN)の変異により生じる常染色体優性遺伝性の腎癌症候群である。BHD症候群にはHybrid oncocytic/chromophobe tumors(HOCT)を始めとする様々な組織形態をとる腎腫瘍を両側多発性に生じる他、線維毛包腫、多発肺嚢胞、反復性の自然気胸がみられる。腎腫瘍の治療は外科的切除を第一選択とするが、腎腫瘍は同時性または異時性、そして両側多発性に発生しうるため、生涯にわたった制癌および...
長嶋 洋治, 岩本 和香子, 黒田 直人, 近藤 恒徳, 矢尾 正祐
画像診断   35(12) 1452-1462   2015年9月
VHL遺伝子 淡明細胞腎癌の原因遺伝子の同定とその腫瘍化機構
矢尾 正祐
横浜医学   66(4) 563-575   2015年10月
腎癌は、腎実質に発生する悪性腫瘍の約90%を占める。その発症機構に関しては、過去30年にわたる分子遺伝学・分子生物学的解析、とりわけ遺伝性腎腫瘍症候群の解析とそれらの原因遺伝子の同定をきっかけとして、その分子腫瘍化機構がもっともよく理解されてきた腫瘍といえる。腎癌のうち最も頻度の高い病理組織型が淡明細胞型であり、腎癌全体の80%を占め、その遺伝子背景としてはVHL癌抑制遺伝子の不活性化が特徴的である。VHL遺伝子の単離とこの遺伝子を中心とした腎癌の発症機構、分子標的薬開発の知見について概説...
【Tumor syndromes】 [第5章]遺伝性腎腫瘍 CLINICAL Findings 遺伝性平滑筋腫症 腎細胞癌症候群(HLRCC)
蓮見 壽史, 矢尾 正祐
臨床画像   31(10月増刊) 179-182   2015年10月
【泌尿器科医が知っておくべき遺伝性・家族性疾患:最近のTopics】 von Hippel-Lindau病とその原因遺伝子の変異
近藤 慶一, 矢尾 正祐
泌尿器外科   28(10) 1595-1600   2015年10月
von Hippel-Lindau(VHL)病は常染色体優性遺伝性の腫瘍症候群であり、小脳脊髄血管芽種・網膜血管腫・副腎褐色細胞腫・膵神経内分泌腫瘍・淡明細胞型腎癌等を発症する。この疾患はVHL腫瘍抑制遺伝子の異常によって生じる。この遺伝子の機能は多彩だが、特にHIFαの分解制御を介したVEGFやPDGFの発現調整は、今日の淡明細胞型腎癌に対する分子標的薬開発の基礎となった。(著者抄録)
【泌尿器科医が知っておくべき遺伝性・家族性疾患:最近のTopics】 Birt-Hogg-Dube(BHD)症候群
蓮見 壽史, 馬場 理也, 古屋 充子, 矢尾 正祐
泌尿器外科   28(10) 1607-1612   2015年10月
Birt-Hogg-Dube(BHD)症候群は癌抑制遺伝子であるfolliculin(FLCN)の変異により生じる常染色体優性遺伝性の腎癌症候群である。BHD症候群にはHybrid oncocytic/chromophobe tumors(HOCT)を始めとする様々な組織形態をとる腎腫瘍を両側多発性に生じる他、線維毛包腫、多発肺嚢胞、反復性の自然気胸がみられる。腎腫瘍の治療は外科的切除を第一選択とするが、腎腫瘍は同時性または異時性、そして両側多発性に発生しうるため、生涯にわたった制癌および...
【家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向-】 原因遺伝子 MET
中井川 昇, 近藤 慶一, 岸田 健, 矢尾 正祐
日本臨床   73(増刊6 家族性腫瘍学) 331-335   2015年8月
腎癌のバイオマーカー FDG PET/CT 進行性腎細胞癌の新たなImaging Biomarkerとしての可能性
中井川 昇, 矢尾 正祐
腎癌研究会会報   (45) 23-23   2015年7月
Xp11.2転座腎細胞癌発癌機構の解明
馬場 理也, 蓮見 壽史, 黄 瑩, 入江 信子, 長嶋 洋治, 矢尾 正祐, 江藤 正俊, 尾池 雄一, 須田 年生, Linehan W. Marston
腎癌研究会会報   (45) 27-27   2015年7月
FLCN結合蛋白FNIP1およびFNIP2の腎臓における役割
蓮見 壽史, 馬場 理也, 矢尾 正祐
腎癌研究会会報   (45) 28-28   2015年7月
泌尿器疾患における遺伝子診断最前線 遺伝性腎がん症候群の遺伝子診断と診療の現状
矢尾 正祐, 中井川 昇, 槙山 和秀, 近藤 慶一, 古屋 充子, 浜之上 はるか
泌尿器外科   28(臨増) 611-612   2015年5月
Birt-Hogg-Dube症候群に発症した転移性腎癌に対する分子標的治療の経験
中村 麻美, 矢尾 正祐, 佐野 太, 坂田 綾子, 蓼沼 知之, 槙山 和秀, 中井川 昇, 窪田 吉信
泌尿器科紀要   59(8) 503-506   2013年8月
56歳男性。左腰背部痛を主訴とした。精査にて左腎癌および多発性肺転移と診断され、開腹による根治的腎摘除術が施行された。病理組織学的に乳頭状腎癌、G2、pT2aN0M1であり、術後は多発性肺転移に対しIL-2による全身化学療法を開始した。だが、3ヵ月時点でPDであったことから引き続きIFNαに切り替えたが、3ヵ月でPDとなり終了した。その後もS-1の臨床試験に参加しSDとなったが、28ヵ月後にはPDとなり終了した。以後、治療中、皮膚線維腫、多発肺嚢胞、自然気胸がみられたことよりBHD症候群が...
長嶋 洋治, 谷口 多美代, 黒田 直人, 矢尾 正祐
臨床泌尿器科   67(1) 13-18   2013年1月
腎細胞癌は組織亜型ごとに,異なる分子生物学的異常と臨床像を呈する。2004年に改訂された腎腫瘍WHO分類では,分子生物学的事項が加味されている。2011年4月,WHO分類に準拠して改訂された『腎癌取扱い規約(第4版)』が出版された。本稿では分子標的治療との関係を視野に入れて,『腎癌取扱い規約(第4版)』における変更点を概説する。(著者抄録)
中井川 昇, 小林 一樹, 矢尾 正祐, 窪田 吉信
臨床泌尿器科   67(1) 53-59   2013年1月
われわれは癌の生物学的活性の1つの指標である糖の取り込みの状態を画像として描出するFDG PET/CTを腎細胞癌の生物学的活性を評価するimaging biomarkerと考えることによって,(1)個々の進行性腎細胞癌症例の生命予後の予測が可能であること,(2)治療開始1ヵ月目でソラフェニブ,スニチニブといったTKIの抗腫瘍効果の判定が可能であること,(3)エベロリムスの効果予測ができる可能性があることを明らかにしてきたので,自験例を中心に進行性腎癌診療におけるFDG PET/CTの有用性...
【進行性腎癌の臨床:分子標的治療薬 up-to-date】 新しい画像診断・評価法 バイオマーカーとしてのFDG PET/CT
中井川 昇, 矢尾 正祐, 窪田 吉信
泌尿器外科   25(5) 1175-1180   2012年5月
われわれは進行性腎癌病変の糖の取り込みの程度をFDG PET/CTによって定量化し、これをImaging Biomarkerと考えることで、進行性腎癌患者の治療方針の決定・修正において必要な様々な情報が得られることを報告してきた。本稿では、実症例を交えながらFDG PET/CTによって個々の進行性腎癌症例の生命予後やtyrosin kinase inhibitorの治療効果を予測することが可能であることを示すとともに、現在検討中のmTOR阻害剤による治療への応用を紹介する。(著者抄録)
本邦von Hippel-Lindau病に伴う褐色細胞腫の特徴 全国疫学調査とその解析結果
執印 太郎, 山崎 一郎, 蘆田 真吾, 田村 賢司, 矢尾 正祐, 篠原 信雄
家族性腫瘍   12(2) A50-A50   2012年5月
【泌尿器癌のフォローアップに有用な画像診断と腫瘍マーカー】 進行性腎細胞癌の画像マーカーとしてのFDG PET/CT
中井川 昇, 矢尾 正祐, 窪田 吉信
泌尿器外科   25(1) 3-10   2012年1月
われわれは組織の生物学的活性の指標の一つである糖の取り込みを画像化するFDG PET/CTによって進行性腎癌の評価を行い、(1)治療開始前のFDGの集積が高い症例ではその生命予後が不良であること、(2)TKI治療開始後1ヵ月目のFDG PET/CTで腫瘍サイズ、FDGの集積の変化を評価することでその後の無増悪生存期間と全生存期間が延長することを明らかにしてきた。FDG PET/CTは進行性腎細胞癌の生物学的活性を評価するImaging Biomarkerとして活用することで治療方針の決定・...
(Session 1)疫学、診断(画像、病理、分子発生学)、予後因子 腎癌 分子発生学
矢尾 正祐, 中井川 昇, 長嶋 洋治, 岸田 健
泌尿器外科   24(特別増刊) 715-716   2011年5月
矢尾 正祐
臨床泌尿器   61(11) 6   2007年
腎腫瘍の分子生物学
矢尾 正祐
病理と臨床   28(10)    2010年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 矢尾 正祐
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 矢尾 正祐
DNAマイクロアレイの網羅的発現情報をもとに、腎癌病理組織型別また予後別の遺伝子発現変動の状態を調べた。その結果、サイトカイン治療時代だけではなく最近の分子標的治療を施行した場合でも腎癌の有意な予後因子となりうる高Ca血症の主要原因遺伝子であるPTHLH遺伝子発現に着目して解析を進めた。まず腎癌多数検体例(淡明細胞型:542例、非淡明細胞型:82例)よりRNAを抽出、ここからcDNAを調整した。引き続きリアルタイムPCR法によりPTHLHの発現量を測定した。その結果、腎癌組織型のうちの約8...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 矢尾 正祐
腎癌はその組織型、遺伝子型、病態の異なる複数の腫瘍亜型で構成されていることが明らかになりつつある。我々は淡明細胞腎癌の転移の有無で発現量が大きく変動している遺伝子群のうち、3ヶ(AQP1, PLTP, PTHLH)に着目し、腎腫瘍500例以上について定量的リアルタイムPCRを用いて発現検証を行った。3遺伝子の発現は腎腫瘍組亜型ごとに特徴的なパターンがみられ、さらに患者予後とも密接に関連することを見出した。これらの3遺伝子は腎癌の組織型および予後診断に有用であることが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 矢尾 正祐
腎癌のうちもっとも頻度の高い淡明細胞型を対象に、転移と強く関連する遺伝子候補をマイクロアレイ・データより粗抽出し、これらの遺伝子について、臨床経過の明らかな多数例の腎癌検体で定量的real-time PCR法により遺伝子発現量を測定し、臨床病理因子、病態や予後、VHL遺伝子変異の有無との関係について解析を行った。まずVCAMl, ADFP遺伝子について400例以上の淡明細胞腎癌で発現量/臨床病態の関係について検討を行い、VCAMlは根治術後の再発予後判定にまたADFPは癌死予後の判定・予測...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 矢尾 正祐
腎細胞癌は生物学的特性の全く異なる複数の腫瘍亜型から構成されていることが明らかになりつつある。我々はこれまでにマイクロアレイ解析を用いて、最も頻度の高い淡明細胞型腎癌で高発現している遺伝子群を100ヶ以上抽出してきた。それらの中でadipose-differentiation related protein (ADFP)が、淡明細胞型で特異的に高発現していることをreal-time PCR法、免疫染色法で確認した。今回この遺伝子の発現レベルをreal-time PCRで定量し、淡明細胞腎癌...