MORITA Takashi

J-GLOBAL         Last updated: May 30, 2017 at 13:24
 
Avatar
Name
MORITA Takashi
Degree
Docteur en Science de l'Information et de la Communication(Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociale, Paris-France)
Research funding number
60267325

Profile

ー 都市構造の記号論的研究
ー 統計地図の記号表現に関する研究
ー 眼球運動測定による視覚変数に関する研究
ー 都市情報システムの標準化に関する研究
ー 道路管理情報の標準化に関する研究
ー 都市環境の国際比較に関する研究
ー デジタルアトラスの構築に関する研究
ー 電子国土基本図に関する研究
ー ユビキタスマッピングに関する研究
ー 地図記号設定の公募に関する研究
ー ハザードマップ作成に関する研究
ー 地図の起源に関する研究
ー 地図による環境表現に関する研究
ー 外国人向けの案内情報のあり方に関する研究
ー 地名の英語表記に関する研究

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Hosei University Faculty of Engineering and Design, Department of Civil and Environmental Engineering
 
Apr 1971
 - 
Jul 1972
Researcher, Mitsubishi Research Institute, Inc.
 
Apr 1981
 - 
Nov 1986
Senior Researcher, Cartographic Information Center
 
Apr 1981
 - 
Mar 1998
lecturer, Musashino Art University, School of Design
 
Dec 1986
 - 
Mar 1994
Senior Researcher, Kokusai Kogyo, Co., Ltd.
 

Education

 
Oct 1974
 - 
Jan 1979
Science de l'Information et de la Communication, Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales
 

Committee Memberships

 
Feb 2013
   
 
Japan Cartographers Association  president
 
Apr 2004
 - 
Mar 2005
Japan Cartographers Association、Executive Committee  Chairman
 
Aug 2003
   
 
International Cartographic Association, Commission on Ubiquitous Mapping  Chairman
 
Apr 2003
   
 
Japan Cartographers Association, Commission on Ubiquitous Mapping  chairman
 
Apr 2003
 - 
Mar 2013
Geographic Information systems Association, SIG on Maps and Spatial Representation  Chairman of the Special Interest Group
 

Awards & Honors

 
Feb 2010
日本国際地図学会論文賞, Japan Cartographers Association
 
石田恵一、森田 喬、イメージマップおよび視覚的データ分析による街路イメージの日仏比較、地図、Vol.47, No.1、pp.12-26、2009

Published Papers

 
Transition of Factory Location and Use of Vacant Lots in Tokyo: An Analysis Based on National Land Base Map and Developing a View Toward Compact City
Konodai Keizai Kenkyu   25(3) 119-133   Mar 2015
東京における低層・中高層建物の混在を工場跡地利用の変遷から追い、この混在が単純な郊外部の縮退によるコンパクトシティ化を困難なものにしている事を論じたもの。
ミャンマーの首都ネピドー
都市計画   63(3) 2   May 2014
ミャンマーの首都ネピドーの都市計画上の特徴について述べたもの
住居表示システムの国際比較と類型化
平成25年度日本地図学会定期大会発表論文・資料集   58-59   Aug 2013
イタリア・カモニカ渓谷の岩絵地図の位置的コンテクスト
平成25年度日本地図学会定期大会発表論文・資料集   8-9   Aug 2013
The Cartographic Journal   48(2) 86-91   May 2011   [Refereed]

Misc

 
2019年国際地図学会議東京大会誘致の経緯
森田 喬
地図情報   35(3) 25-25   Nov 2015   [Invited]
表紙の情報デザインの変遷とアトラスの概念
地域開発   (通巻600) 103-104   Sep 2014
雑誌「地域開発」の表紙デザインの変遷について経緯をあとづけたもの
第26回国際地図学会議(ドイツ、ドレスデン)参加報告
地図   52(1) 32-47   Apr 2014
第26回国際地図学会議の参加報告
国土地理院の新しい2万5千分の1地形図整備・刊行に寄せて
地図   51(3) 39   Sep 2013   [Refereed]
地図学会の地図
地図   51(3) 27-32   Sep 2013   [Refereed]

Books etc

 
水都学V 特集水都研究 フランスの地域形成にみる横糸と縦糸 ー流域圏とインフラ整備
森田喬 陣内秀信・高村雅彦編 (Part:Joint Work)
法政大学出版局   Mar 2016   ISBN:978-4-588-78025-7
別冊太陽228徳川家康 江戸の都市計画
平凡社   Apr 2015   ISBN:978-4-582-92228-8
江戸の都市計画の国際的視野での特徴
Geographic Information Science -GIS Standard-
古今書院   Mar 2015   ISBN:978-4-7722-5286-7
GISのスタンダード教科書
イギリスの水都研究(科研S報告書) 第2章イギリスの地理的特徴と交通輸送網
法政大学エコ地域デザイン研究所   Oct 2013   
I部第2章「イギリスの地理的特徴と交通輸送網」の項担当
The Dictionary of Human Geography
丸善出版   Oct 2013   ISBN:978-4-621-08687-2
「地図」の項目担当

Conference Activities & Talks

 
Takashi Morita
the 26th International Cartographic Conference   25 Aug 2015   International Cartographic Association
history of the commission on ubiquitous mapping established in 2002 and the evolution of main topics in this domain
Mapping diversity and the quality issues
Takashi Morita
Joint workshop on ubiquitous mapping and cartographic theory   21 Aug 2015   ICA commission on ubiquitous mapping and cartographic theory
discuss between the theoretical(rational) and the esthetic(nominal) expression on the diversity of mapping representation
森田 喬
日本地図学会定期大会特別セッション1 地図とインフォグラフィックス   7 Aug 2015   日本地図学会
インフォグラフィックスの基本構造を地図表現の歴史と重ね合わせて紹介し、地図は位置に関する情報が表現されるため何らかの具象的要素が入るが、ダイアグラムなど地図以外についても完全な抽象化よりもコンテクストが入る表現が好まれることを示した。
森田 喬
日本地図学会定期大会   7 Jul 2015   日本地図学会
フランスの地図学者ベルタン氏の唱えた理論がフランス国内では応用ソフトに採用され広く普及しており、それは作図の自動化システムではなく対話型の作図支援システムであることを示した。
分かりやすいハザードマップの要件とは?
日本学術会議学術フォーラム われわれはどこに住めばよいのか −地図を作り、読み、災害から身を守る−   20 Jun 2015   日本学術会議
1)ハザードマップとは? 2)分かりやすさへの要件
3)現状の検討 4)まとめ・展望 としてハザードマップのあり方を展望したもの

Others

 
Aug 2015
国連の支援のもとに国際地図年が2015−2016に開催されるがその意義と活用方法、および2019年開催の国際地図学会議を東京に誘致する活動を行っている(その後開催決定)がその現状を報告