武田 珂代子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/08 03:09
 
アバター
研究者氏名
武田 珂代子
 
タケダ カヨコ
eメール
kayokotakedarikkyo.ac.jp
URL
http://works.bepress.com/kayoko_takeda/
所属
立教大学
部署
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名
教授
学位
翻訳・通訳(モントレー国際大学), 翻訳通訳・異文化間研究(ロビラ・イ・ビルジリ大学)
その他の所属
立教大学立教大学
科研費研究者番号
60625804

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1995年1月
 - 
2011年6月
モントレー国際大学 翻訳通訳言語教育大学院 准教授
 
2011年9月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科 教授
 
2011年9月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻博士課程後期課程 教授
 
2011年9月
 - 
現在
立教大学 異文化コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻博士課程前期課程 教授
 

学歴

 
1989年8月
 - 
1991年5月
ミドルベリー国際大学モントレー校 翻訳通訳・言語教育大学院 翻訳・通訳
 
2004年9月
 - 
2007年10月
ロビラ・イ・ビルジリ大学 (Universitat Rovira i Virgili) 翻通訳・異文化間研究 翻通訳・異文化間研究
 

論文

 
武田 珂代子
Intelligence   (18)    2018年3月   [査読有り]
第二次世界大戦中に、米軍、英軍、豪軍、加軍がそれぞれどのように対日言語官を訓練をしたのか、彼らはどのような諜報活動に参加したのかを論じる。
武田 珂代子
AAMT Journal   67 1-2   2018年3月   [招待有り]
AIを駆使した機械翻訳・自動通訳の登場で、プロ通訳者の仕事がなくなるかについて論じる。
「翻訳通訳リテラシー教育」の提案に向けて
武田珂代子, 山田優, 辛島デイヴィッド
通訳翻訳研究   (14) 1-14   2014年12月   [査読有り]
This article explores the value of incorporating introductory courses aimed at enhancing ‘Translation and Interpreting (TI) Literacy’ into TI Education at the undergraduate level. We propose that offering courses that provide a basic literacy in T...
Kayoko Takeda
Linguistica Antverpiensia, New Series – Themes in Translation Studies   (13) 93-111   2014年12月   [査読有り]
Is 'pseudotranslation' fueling anti-Korean sentiment in Japan?
Kayoko Takeda
Crosscurrents of the Korean Wave II: proceedings of 2014 Ewha Global Top 5 Project Team--Research Institute of Korean Culture International Conference   35-45   2014年5月   [招待有り]
The concept of 'pseudotranslation' is drawn on to examine two books on Japanese political and military actions in the 20th century.

Misc

 
武田珂代子
通訳翻訳研究   (9) 291-293   2009年   [依頼有り]
武田珂代子
通訳翻訳研究   (9) 299-306   2009年

書籍等出版物

 
武田珂代子
筑摩書房   2018年8月   ISBN:978-4-480-07162-0
太平洋戦争の対日諜報戦で、捕獲した日本軍文書の翻訳、暗号解読、捕虜の尋問、プロパガンダ活動等に携わった言語官たち。終戦後は連合国軍の一員として戦犯裁判や、GHQの占領政策実施で不可欠な役割を果たした。米国、英国、オーストラリア、カナダは、語学兵をどのように動員したか。各国の言語官養成の実際、戦地での活躍、二世たちの葛藤などを一次資料に基づき論じる。
武田珂代子, マーク・ノーネス, オヘイガン統子, 隅田英一郎, 藍適齋, アンソニー・ピム, 山田優 (担当:共著, 範囲:はじめに, 通訳者と戦争, 日本占領期の通訳者, 翻訳通訳リテラシー教育のすすめ)
晃洋書房   2017年2月   ISBN:978-4-7710-2813-5
映画研究、自然言語処理、歴史学の研究者が加わって展開する境界を超えた翻訳通訳論。字幕翻訳、ゲーム・ローカリゼーション、自動通訳翻訳アプリ、戦争と通訳者、言語教育と翻訳、翻訳通訳リテラリー教育の翻訳通訳の新地平を開く。
Takeda, K., Baigorri-Jalon, J. (担当:共編者)
John Benjamins   2016年   ISBN:9789027258670
Debra Russell, Kayoko Takeda, Holly Mikkelson, Renee Jourdenais et al. (担当:共著, 範囲:Consecutive Interpreting)
Routledge   2015年   ISBN:978-0-415-81166-8
This chapter provides an overview of the cognitive models that have shaped the teaching of interpreters, including models that specifically address consecutive interpreting, and discusses the practice of consecutive interpreting, beginning with a ...
The Ashgate Handbook of Legal Translation
Le Cheng, King Kui Sin, Anne Wagner (担当:共著, 範囲:Translation of Japanese laws and regulations)
Ashagate   2014年   
This chapter first introduces law translation in 19th-century and post-war Japan, focusing on the purposes of law translation and the effect of translation on the development of Japanese legal language. It then shifts the focus to the current law ...