猿渡 俊介

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/18 05:24
 
アバター
研究者氏名
猿渡 俊介
 
サルワタリ シュンスケ
URL
http://www-int.ist.osaka-u.ac.jp
所属
大阪大学
部署
情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻
職名
准教授
学位
科学(東京大学)
科研費研究者番号
50507811

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院情報科学研究科 准教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
静岡大学 大学院情報学研究科 講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
静岡大学 大学院情報学研究科 助教 (テニュアトラック)
 
2008年4月
 - 
2012年3月
東京大学 先端科学技術研究センター 助教
 

受賞

 
2013年3月
情報処理学会・ITS研究会・優秀論文賞
 
2012年11月
情報処理学会・MBL研究会・優秀論文賞
 
2012年5月
情報処理学会・DICOMO2012・優秀論文賞
 
2011年9月
情報処理学会・MBL研究会・優秀論文賞
 
2010年7月
情報処理学会・山下記念研究賞
 

論文

 
In-band Full-duplex Medium Access Control Design for Heterogeneous Wireless LAN
Md. Abdul Alim, Makoto Kobayashi, Shunsuke Saruwatari, Takashi Watanabe
EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking   Vol. 2017    2017年5月   [査読有り]
医療情報ネットワークにおけるOpenFlowを用いた動的経路制御の一検討
岩崎 裕輔, 小野 悟, 猿渡 俊介, 渡辺 尚
   2017年6月
無線全二重データ電力同時伝送を用いた機器内センサネットワークのワイヤレス化の検討
川崎 慈英, 小林 真, 猿渡 俊介, 渡辺 尚
   2017年6月
軍艦島モニタリングシステムの実装とその運用
岡田 隆三, 黒木 琴海, 倉田 成人, 濱本 卓司, 富岡 昭浩, 大胡 拓矢, 田村 博規, 河本 満, 大島 純, 渡辺 尚, 猿渡 俊介
   2017年8月
上下分離可能型異種無線ネットワークにおける基地局選択手法に関する考察
上熊須 匠, 小林 真, 猿渡 俊介, 渡辺 尚
   2017年8月

Misc

 
荒木拓也, 猿渡俊介, 渡辺尚
全国大会講演論文集   2013(1) 413-415   2013年3月
環境発電型の無線センサネットワークでは,環境から得られる電力量に基づいてメディアアクセス制御することで,データ収集率を向上することができる.しかしながら,送信電力コストと受信電力コストはハードウェアの消費電力に強く依存するにも関わらず,RFチップ等の消費電力は今なお改善され続けているため,現状では最適なメディアアクセス制御を定義するのが困難である.本稿では,MACプロトコルにおける送信電力制御が環境発電型の無線センサネットワークのデータ収集性能に与える影響を送信電力コストと受信電力コストを...
稲葉友紀, 猿渡俊介, 渡辺尚
全国大会講演論文集   2013(1) 411-413   2013年3月
環境発電型無線センサネットワークの課題の1つが不安定な電源供給である.本稿では,環境発電の状態が変動する中で,得られる電力を最大限に活用するデータ収集率を実現するために,レートレス符号を用いたデータ収集プロトコルについて述べる.
小寺志保, 中川翔, 西田昇平, 猿渡俊介, 渡辺尚
全国大会講演論文集   2013(1) 355-357   2013年3月
マルチホップ通信は電波の減衰が小さい環境において,複数の端末を経由して通信するため,シングルホップ通信より低いスループットとなることが予想される.一方で,伝送距離や障害物の影響により電波の減衰が大きい環境下では,シングルホップ通信よりも1ホップあたりの電波の減衰が小さくなるため,高いスループットが得られると考えられる.本稿では,シングルホップ通信とマルチホップ通信のスループットを実機実験により比較し検証する.実験環境として,OLSR(Optimized Link State Routing...
荒木拓也, 猿渡俊介, 渡辺尚
情報処理学会全国大会講演論文集   75th(3) 3.413-3.414-414   2013年3月
環境発電型の無線センサネットワークでは,環境から得られる電力量に基づいてメディアアクセス制御することで,データ収集率を向上することができる.しかしながら,送信電力コストと受信電力コストはハードウェアの消費電力に強く依存するにも関わらず,RFチップ等の消費電力は今なお改善され続けているため,現状では最適なメディアアクセス制御を定義するのが困難である.本稿では,MACプロトコルにおける送信電力制御が環境発電型の無線センサネットワークのデータ収集性能に与える影響を送信電力コストと受信電力コストを...

書籍等出版物

 
画像電子情報ハンドブック
猿渡 俊介 (担当:共著)
東京電機大学出版局   2008年2月   

講演・口頭発表等

 
"IoTに鑑みる光インターコネクション・光デバイス技術に対する期待 ~ワイヤレスネットワークからインフラ診断技術まで~" [招待有り]
猿渡 俊介
電子情報通信学会総合大会 依頼シンポジウム「次世代コンピューティングと光技術」   2018年   
"建築構造空間におけるIoTの適用とワイヤレス技術" [招待有り]
猿渡 俊介
電子情報通信学会 通信ソサイエティ主催ワークショップ 「IoT: Getting Out of Hype Cycle ハイプからの脱却」   2018年   
"IoT + AI = Industry 4.0? ~ソフトウェア化するハードウェア~"
猿渡 俊介
ダイセルイノベーションパーク   2018年   
"依頼講演: 全二重無線通信の可能性 ~電力伝送からBackscatter通信まで~"
猿渡 俊介
電子情報通信学会無線通信システム(RCS)研究会   2018年   
"実習・GNU Radioで始めるSDR入門" [招待有り]
猿渡 俊介
CQエレクトロニクス・セミナ   2018年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
リアルタイム無線通信システムの設計と実装に関する研究
若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
小型・低消費電力・低コストで実現されるデバイス連携技術に関する研究
特別推進研究
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月