宮部 滋樹

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/13 13:57
 
アバター
研究者氏名
宮部 滋樹
eメール
miyabetara.tsukuba.ac.jp

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 システム情報系 助教
 
2007年4月
 - 
2007年9月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2007年10月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2008年2月
 - 
2009年2月
ジョージア工科大学 客員研究員
 
2009年5月
 - 
2010年10月
国立大学法人 東京大学 大学院情報理工学系研究科 特任研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2003年3月
神戸大学 工学部 電気電子工学科
 
2003年4月
 - 
2005年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報処理学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年9月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報処理学専攻
 

論文

 
多変量確率モデルによる脳波の信号分離
栗花,悠輔;宮部,滋樹;ルトコフスキ,トマシュ;松本,佳泰;山田,武志;牧野,昭二
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   112(479) 161-166   2013年3月
信号源分離の主流をなす枠組である独立成分分析は,無数の信号源が混合された脳波の観測信号から目的信号成分を高精度に分離するのは難しい.本稿では,脳内の個々の現象に関連する脳波の振幅変化を脳波イベントと定義し,無数の信号源により生成される脳波イベントの観測が,それぞれ短時間では局所的に零平均多変量正規分布に従うという確率モデルを定式化する.時間周波数領域で脳波イベントがスパースに発生すると仮定すると,観測信号の尤度は混合正規分布で表され,EMアルゴリズムによって脳波イベントのパラメタを推定する...
Hori, Miyo;Yamada, Kazuo;Ohnishi, Junji;Sakamoto, Shigeko;Takimoto-Ohnishi, Eriko;Miyabe, Shigeki;Murakami, Kazuo;Ichitani, Yukio
NEUROSCIENCE LETTERS   536 85-89   2013年3月
Shigeki, Miyabe;Hiroshi, Saruwatari;Kiyohiro, Shikano;Yosuke, Tatekura
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics   E89-A(3) 716-726   2006年3月   [査読有り]
Shigeki, Miyabe;Yoichi, Hinamoto;Hiroshi, Saruwatari;Kiyohiro, Shikano;Yosuke, Tatekura
EURASIP Journal on Advances in Signal Processing   2007(57470) 1--13   2007年12月   [査読有り]
Yuuki, Haraguchi;Shigeki, Miyabe;Hiroshi, Saruwatari;Kiyohiro, Shikano;Toshiyuki, Nomura
Proc. International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2008)   177-180   2008年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011
Takeda, Kazuma;Kameoka, Hirokazu;Sawada, Hiroshi;Araki, Shoko;Miyabe, Shigeki;Yamada, Takeshi;Makino, Shoji (担当:分担執筆, 範囲:Underdetermined BSS With Multichannel Complex NMF Assuming W-Disjoint Orthogonality of Source)
IEEE   2011年1月   ISBN:9781457702556
2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011
Miura, Shin;Nakajima, Hirofumi;Miyabe, Shigeki;Makino, Shoji;Yamada, Takeshi;Nakadai, Kazuhiro (担当:分担執筆, 範囲:Restoration of Clipped Audio Signal Using Recursive Vector Projection)
IEEE   2011年1月   ISBN:9781457702556

講演・口頭発表等

 
AMPLITUDE-BASED SPEECH ENHANCEMENT WITH NONNEGATIVE MATRIX FACTORIZATION FOR ASYNCHRONOUS DISTRIBUTED RECORDING
Chiba, Hironobu; Ono, Nobutaka; Miyabe, Shigeki; Takahashi, Yu; Yamada, Takeshi; Makino, Shoji
14th International Workshop on Acoustic Signal Enhancement (IWAENC)   2014年9月   
VIRTUALLY INCREASING MICROPHONE ARRAY ELEMENTS BY INTERPOLATION IN COMPLEX-LOGARITHMIC DOMAIN
Katahira, Hiroki; Ono, Nobutaka; Miyabe, Shigeki; Yamada, Takeshi; Makino, Shoji
21st European Signal Processing Conference (EUSIPCO)   2013年9月   
Underdetermined BSS With Multichannel Complex NMF Assuming W-Disjoint Orthogonality of Source
Takeda, Kazuma;Kameoka, Hirokazu;Sawada, Hiroshi;Araki, Shoko;Miyabe, Shigeki;Yamada, Takeshi;Makino, Shoji
IEEE Region 10 Conference on TENCON   
Restoration of Clipped Audio Signal Using Recursive Vector Projection
Miura, Shin;Nakajima, Hirofumi;Miyabe, Shigeki;Makino, Shoji;Yamada, Takeshi;Nakadai, Kazuhiro
IEEE Region 10 Conference on TENCON   

競争的資金等の研究課題

 
高次モーメントを用いた高分解能方位推定
情報通信ブレークスルー基礎研究21
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月
多チャネルセンサによる信号到来方位の推定のための高次モーメント分析法について取り組む。古典的な共分散分析よりも高い方位分解能を有し、また従来の高次キュムラント分析よりも計算効率が高く、またカーネル法を用いることにより無限次まで拡張することができる。
非同期分散マイクロホンアレーによる音声の協調/分離
(選択しない)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
複数のモバイル機器を用いた非同期分散マイクロホンアレーにより、音声を分離・強調し、テレビ会議の議事録や音声モニタリングへ応用する。通常のマイクロホンアレーでは基地として扱える録音開始時刻とサンプリングの動機や、音源及びセンサの位置を同定し、簡易な録音装置を複数集めてマイクロホンアレーと同様の処理を実現する。
多変量モデルによる脳波波形分離と脳‐機械インタフェースへの応用
脳科学研究
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
音声信号分離において、伝達関数ゆらぎをもつ信号の混合を多変量確率モデルにより分離する手法が提案されている。これは信号言が点では表せない脳波の分離に適しているということに着目し、この多変量モデルを用いて脳波を分離し、目的成分を強調して脳波を分離するフレームワークの研究を行う。